1. TOP
  2. シンガポールアラブストリート
  3. シンガポール、アラブストリート観光ガイド
Sponsored Link

シンガポール、アラブストリート観光ガイド

シンガポールの観光旅行に訪れたらアラブストリートも外せません。ぜひアラブストリートで中東の雰囲気を感じてください。

Sponsored Link




Sponsored Link

東南アジアで味わう中東のテイスト「アラブ・ストリート」(Arab Street)

多くのイスラム教徒が住み、また休日ともなる故郷の雰囲気を嗅ぎに自然と集まってくるのがアラブストリートです。

ヒジャブと呼ばれる覆いをつけた女性たちが歩いており、中東の雰囲気を感じることができます。

地元シンガポーリアンには「カンポングラム」というエリア名で呼ばれています。

スルタンモスクやマレーヘリテ-ジセンター、ムスリム墓地など、マレー色豊かなマレー系エリアです。

マレー王族の宮殿があったカンポングラム(Kampong Glam)

観光ガイドなどで、いわゆる「アラブストリート」として知られているエリアは、地元ではこの「カンポングラム」というエリア名で呼ばれています。

「カンポン」とは村のこと、「グラム」とはフトモモ科の樹木であるゲラムツリーを指している言葉です。

現在、マレーヘリテージセンターがある場所にはサルタンの宮殿である「イスタナカンポングラム」がありました。

アラブ商人が興したアラブストリート

アラブストリートは19世紀にアラブ商人が移り住んできたことから始まったと言われています。

ここには過去にマレー人王族が住んでいたという歴史があり、1800年代の初めにはマレー系ムスリムが多数居住していました。

1822年には公式にシンガポール内でのマレー人、イスラム教徒の居住地として割り当てられ、多くのマレー系住民にとってのホームタウンとなってきました。

サルタンモスク正面にあるブッソーラストリートは、以前は「サルタンストリート」と呼ばれており、メッカ巡礼者が集まる場所として1970年代まで使用されていました。

1989年、シンガポール政府の都市開発局によって保護区として認定され、再開発が始まり、多くの古い建造物は復元されて元の姿を観光客に提供しています。

また周辺地区は住宅街となっています。

ブッソーラストリートからサルタンモスクを眺めると、パームツリーの並木道越しに黄金のドームが見えてエキゾチックな趣がします。

輝くイスラム教モスク

周囲に多数住み着いているマレー系ムスリムのためのイスラム教モスクがあります。

黄金のドームが映える「サルタン・モスク」(Sultan Mosque)

輝く黄金のドームが見応えあります。

青の輝きがまぶしい「マラバーモスク」(Malabar Mosque)

アラビアンタイルの青い輝きが忘れられなくなります。

モスレムたちの大切なコミュニティ「ハジャファティマモスク」(Hajah Fatimah Mosque)

イスラム建築と西洋建築の折衷デザインが興味をそそります。

アラブ系料理を味わい尽す

政情不安な中東に出向かなくても味わえる本格的アラブ系料理を堪能してみましょう。

アラブ風お好み焼きともいえる

「ムルタバ」

やエジプト人シェフのエスニックレストラン、マレーシアのミルクティーである

「テタリ」

など、アラブストリートならではのテイストを満喫しましょう。

羊、鶏、牛がタップリのアラブ風お好み焼き「ムルタバ」

ムルタバとはどんな料理なのか、肉がタップリのアラブ風お好み焼き「ムルタバ」(Murtabak)でお伝えしています。

アラブストリートには、ムルタバがおいしいレストランかいつくもあります。

ムルタバががっつり食べられる「ビクトリー」(Victory)/アラブストリート

絶妙なスパイスのムルタバ「アミラーズグリルレストラン&カフェ」(Amirah’s Grill Restaurant & Cafe – Mediterranean Food)

レバノン料理がおいしい「ベイルートグリル」(Beirut Grill)

パフォーマンスも楽しいムルタバの店「ザムザム」(Zam Zam)

甘く濃厚なマレーシアンティー「テタリ」

テタリとはどんな飲み物なのか、甘く濃厚なマレーシアンティー「テタリ」でお伝えしています。

アラブストリートにはテタリを飲ませてくれるお店があります。

テタリが飲めるストリートカフェ「テタリショップ」(Teh Tarik Shop)

シンガポールスイーツのお店もあります。

広東系スイーツ 阿秋甜品(Ah Chew Desserts)

エスニックなトルコ製品が並ぶショップ

トルコ製絨毯やランプなど、日本ではなかなか見つけられないエスニックな調度品がたくさん並べられています。

アラブの伝統を受け継ぐアロマショップ

香水といえばアラブの伝統ですが、ここシンガポールのアラブストリートにもアロマショップが多数軒を連ねています。

基本となるエッセンスを調合してオリジナルアロマを生成してくれるショップもあります。

オリジナルアロマが調合できる「シファーアロマティクス」(Sifr Aromatics)

アルコールフリーのアロマ店「ジャマールカズラアロマティクス」(Jamal Kazura Aromatics)

お手頃な布製品

パシュミナ風ストールや女性イスラム教徒が頭を覆うヒジャブなどもお手頃価格で売られています。

お土産はもちろん、普段のファッションに飽きてちょっと気分を変える時にいい自分用としても手に入れたいものです。

ファッション専門店が立ち並ぶハジレーン

オシャレでハイセンスな雑貨店、ブランドバッグ、ブティック、ジュエリーなどが所狭しと並んでいます。

世界のどこのファッション業界も同じですが、ここハジレーンのファッション店舗も入れ替わりが激しく、いつも新しい顔が楽しめるよさがあります。

また、そういう中で定着しているショップは根強いファンがおり、ハイセンスな品揃えが期待できるでしょう。

エスニックファッションが揃う「バシャラヒル ブラザーズ」(Basharahil Bros)

有田焼のコラボ「スーパーママ」(Supermama)

Sponsored Link




タイ人向けショッピングモール「ゴールデン コンプレックス」

別名「リトルバンコク」とも言われるのがゴールデンコンプレックスです。

タイ人向けショップにタイ人が集まるショッピングモールです。

別名リトルバンコク「ゴールデンマイル コンプレックス」(Golden Mile Complex)

「マレーヘリテージセンター」

マレー文化や歴史を学べる博物館です。

アクセス

MRT東西線のブギス駅下車がいちばんの最寄り駅です。

[地区名]アラブ・ストリート

[URL]http://www.yoursingapore.com/content/traveller/ja/browse/see-and-do/culture-and-heritage/cultural-precincts/kampong-glam.html

[マップ]https://goo.gl/maps/xwt4FrcmtJL2

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

RaffiFull ラフィフル 旧シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

RaffiFull ラフィフル 旧シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールで女子旅を最高に楽しむ完全ガイド

  • シンガポールのおすすめスポットを全てお伝えしています!

  • シンガポール観光旅行完全ガイド

  • TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!

関連記事

  • 典雅に競馬をたしなむ「シンガポール ターフ クラブ」(Singapore Turf Club – Grandstand)/ウッドランズエリア

  • トスエスビー ラッフルズ(Thos S.B. Raffles)シティホールエリア

  • シンガポールでの株主総会について

  • タイのビザ申請の仕方、観光時やビザの種類などを全てお伝えいたします!

  • シンガポール マーライオンのお土産特集!

  • タイのアクセサリー!お土産に適したショップ・ブランド完全ガイド!