1. TOP
  2. シンガポール観光旅行
  3. 誰もが一度は対面したいマーライオン・パーク(Merlion Park)マリーナベイエリア
Sponsored Link

誰もが一度は対面したいマーライオン・パーク(Merlion Park)マリーナベイエリア

シンガポール観光旅行客で見ない人はいないという有名な観光スポットが、マーライオンパークです。

マーライオンが2頭います。

Sponsored Link

そもそもマーライオンとは

マーライオンとは、1972年当時の首相リークアンユーの提案で作られたモニュメントです。

シンガポール観光促進局が、観光旅行客が誰しも訪れたいと思うランドマークを企画してできたものです。

頭部がライオン、胴体が魚の姿をしており、常に口から水を噴き出しています。

このモニュメントのデザインをしたのが、現在は廃館となっているヴァンクリーフ水族館の学芸員だったフレイザーブラナー、彫刻として形にしたのがシンガポール地元の著名な彫刻家リムナンセンです。

全高8.6メートル、総重量70トンという巨大なモニュメントとなりました。

Sponsored Link




シンガポールの象徴としてマーライオンがデザインされた理由

シンガポールという港は古代から交易港として栄えており、当時は「タマセク」という地名で知られていました。

これはジャワ語で「海」を意味する言葉です。

このためマーライオンの下半身は、海を象徴する魚の尻尾が採用されました。

また、その後港の名称が「シンガプーラ」と名づけられました。

これはサンスクリット語でライオンを意味する「シンガ」と、町を意味する「プーラ」を合わせた造語です。

この名前は15世紀に書かれた「マレー年代記」に、スマトラ島の王子サンニラウタマがこのシンガポールの港に上陸した時にライオンを見かけた、と記されている記述から来ています。

そのため今でもシンガポールを象徴する動物はライオンなのです。

そこでマーライオンの上半身にライオンが採用されました。

こうしてライオンと魚の融合した不思議なモニュメントが完成したのです。

建設当初はマーライオンパークにいなかったマーライオン

1972年にマーライオンが登場した時には、エスプラネード近くのシンガポール川の河口にいました。

ここは伝説のサンニラウタマ王子がライオンを見た、と記載されている場所だったのです。

設置されたマーライオンは町を背に、海を見つめたポーズで置かれました。

しかし、観光客は珍しいライオンと魚の融合したモニュメントとツーショットを撮ろうにも、背中しか撮影できない、という事態が発覚しました。

そこで彫刻家のリムは、逆向きに立つ小型のマーライオンをもう一体作って設置します。

そのためシンガポール観光旅行客はやっとマーライオンとツーショットを撮ることができるようになりました。

Sponsored Link




正面から見えないという大問題

しかし新たな問題が発生します。

マーライオンのすぐそばにエスプラネード橋が建設されてしまい、正面からマーライオンを眺めることが不可能という事態になってしまったのです。

そのうえマーライオンの水を吹き上げていたポンプが故障してしまいます。

マーライオンを楽しみに世界中からやってきたシンガポール観光旅行客は、期待を裏切られたために「世界三大がっかり観光スポット」として有名になってしまいました。

そのため、2004年にマリーナベイを望む広々とした場所にマーライオンパークが建設され、マーライオンも移設されました。

現在では、マーライオンはマリーナベイへとうとうと水を吹き上げており、有名なマリーナベイサンズを正面に見据えています。

マーライオンの撮影スポット

正面から撮影するマーライオン

マーライオンは湾に突き出した形で設置されていますが、それよりもさらに湾に突き出たかっこうの桟橋からマーライオンの正面を撮影することができます。

背景にフルトンホテルやその後ろの超高層ビル群が入り込みますので、とても迫力のあるアングルとなるでしょう。

桟橋にカメラマンと被写体が立つことで、マーライオンとのツーショットも可能です。

背面から撮影するマーライオン

マーライオンに最も接近できるのが背面、側面からとなります。

背面からマーライオンを撮影すると顔は写りませんが、マリーナベイサンズと共にアングルに収めることができます。

マーライオン変わり種記念写真を撮る

桟橋から真横のマーライオンを狙い、被写体の人が口を開けてマーライオンからの水を受け止めているかのようなトリック写真を撮ることができます。

これはかなり定番の記念撮影方法です。

また手のひらにマーライオンを載せているかのようなトリック写真も面白いでしょう。

夜景と共に撮るマーライオン

夜のマーライオンはライトアップされていて、とてもキレイです。

口から噴き出す水の勢いも、昼間よりずっと迫力アップして見えます。

背景の超高層ビル群やマリーナベイサンズもとてもキレイに見えますので、上手な組み合わせで美しい夜景写真を撮ってみましょう。

マーライオンの背後にいるミニマーライオン

マーライオンと背中合わせの形で、小型のミニマーライオンも立っています。

池の中に立っていて、こちらのほうがツーショットを撮りやすそうです。

本家マーライオンの雄々しい表情とは違って、ミニマーライオンは笑った表情をしていて、親しみがもてそうです。

夜は休憩するマーライオン

マーライオンパーク自体は24時間いつでも入れますが、マーライオンの口から噴き出している水は夜23時になると止まります。

夜間撮影をする場合は、その前までに済ませておいたほうがよさそうです。

入場チケット

マーライオンパークは入場無料です。

Sponsored Link




アクセス

MRT東西線と南北線が通るラッフルズプレイス駅から徒歩で行けます。

[施設名]マーライオン・パーク

[住所]1 Fullerton Rd, シンガポール 049213

[営業時間]24時間

[URL]http://www.yoursingapore.com/content/traveller/ja/browse/see-and-do/family-fun/attraction/merlion-park.html

[マップ]https://goo.gl/maps/2HGmwojVmPF2

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

その他の記事

  • スーパーマーケットで簡単に買えるシンガポール観光みやげ

  • シンガポールの通貨・為替はこうなっている

  • ベイルートグリル(アラブストリート)レバノン料理がおいしい 

  • シンガポールのミスタービーン(Mr.Bean)は豆乳スイーツが充実!

関連記事

  • シンガポールの日焼け対策はしっかりとしておきたい

  • シンガポールのスポーツの粋を集めた シンガポールスポーツハブ(Hab Sukan Singapura)イーストコーストパーク

  • リゾートワールドセントーサ完全ガイド最新版!

  • シンガポール観光 高級ホテルのオリジナルグッズみやげが手頃で希少

  • 在京シンガポール大使館(Embassy of the Republic of Singapore TOKYO)

  • 淡水生物のオンパレード シンガポールのリバーサファリ(River Safari Singapore)アッパーセレター貯水池