1. TOP
  2. シンガポール観光旅行
  3. ぜいたくなベイビューが楽しめる フラトンベイ ホテル シンガポール(The Fullerton Bay Hotel Singapore)マリーナベイエリア
Sponsored Link

ぜいたくなベイビューが楽しめる フラトンベイ ホテル シンガポール(The Fullerton Bay Hotel Singapore)マリーナベイエリア

マリーナベイにせり出す形で立っている超高級ホテルです。

歴史的建造物である元中央郵便局をリニューアルしたフラトンホテルの別館ともいえる存在です。

Sponsored Link

クリフォードピアの再開発で建設

マリーナベイの西岸にあるクリフォードピアの再開発に伴って2010年に建設されました。

クリフォードピア時代の船着き場をリニューアルしています。

エントランスやベイ側には昔のおもむきが残っています。

フォーブストラベルガイド2016で5つ星

フォーブストラベルガイド2016で5つ星にランクインした3軒のシンガポールのホテルの一つであるとともに、JTBホテルグレードにて最高級のSLグレードと格付けされているホテルです。

エグゼクティブ向けのコンセプトのため、宿泊料もかなり高めです。

Sponsored Link




宿泊料は窓の向きで決まる

98室ほどある宿泊ルームは床面積がほぼ同じです。

違いは窓の向きにより楽しめる景観によります。

どの部屋も窓が全面ガラスになっており、たいへん眺めがよく、室内も明るく開放的です。

デラックスルーム

4階~6階にあるCUSTOM HOUSE向きの窓の部屋です。

宿泊料の最もリーズナブルな設定となります。

プレミアルーム

4階~6階にあるクリフォードピアやマーライオンパークのある北向きの窓の部屋です。

デラックスルームの次にリーズナブルです。

ベイビュールーム

2階~6階にあるマリーナベイサンズを向いた東向きの部屋です。

宿泊料はプレミアルームより高くなります。

プレミアルームベイビュー

最もリッチなマリーナベイサンズを向いた1階の宿泊ルームです。

広いパーソナルバルコニーとリクライニングチェアがおごっています。

たった2室しかなく、ジャグジーにつかりながらマリーナベイの風景を眺めるのは最高の経験です。

ルーフトッププールの眺めがよい

6階建ての建物屋上にあるルーフトッププールは、マリーナベイやその向こうのマリーナベイサンズなど、シンガポールの美しい観光スポットをゆったりと眺めながら遊泳することができます。

プールサイドにあるルーフトップバーは心地よいひと時をプレゼントしてくれます。

Sponsored Link




アクセス

MRT東西線および南北線が通るラッフルズプレイス駅下車です。

[施設名]フラトンベイ ホテル シンガポール

[住所]80 Collyer Quay, シンガポール 049326

[URL]https://www.fullertonhotels.com/singapore/the-fullerton-bay-hotel(日本語ページあり)

[マップ]https://goo.gl/maps/qVhcMjsTPWo

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

その他の記事

  • シンガポールの地下鉄MRT完全ガイド

  • リゾートワールドセントーサ完全ガイド最新版!

  • セントーサ島観光ツアー完全ガイド

  • シンガポールの電圧とプラグについて

関連記事

  • シンガポールのカフェはおしゃれで快適!おすすめのカフェをご紹介!

  • 小さな子でも存分に楽しめる ワイルドワイルドウェット(Wild Wild Wet Waterpark)チャンギエリア

  • 甘いトーストが病みつきになる シンガポールのカヤトースト(Kaya Toast)

  • マレー系ホーカーズ ベドック マーケットプレイス(The Bedok Marketplace)チャンギエリア

  • 「アモイ バイ ファー イースト ホスピタリティ」(Amoy Hotel by Far East Hospitality)/チャイナタウン

  • 「シンガポール観光旅行ツアー6日間」ならこれだけはかかる費用と予算の相場