ピックアップ
シンガポールのハイナンチーファン(海南鶏飯Hai Nan Chi Fan)は海南風チキンライス

シンガポールの国民食とも言われる海南風チキンライス

海南風チキンライスのことです。

シンガポールの国民食とも言われています。

中国海南省からの中華系移民が海南島の家庭料理を持ち込んでシンガポールで広まりました。

手がかかる海南流

海南流チキンライスは鶏を丸のまま茹でるところから始まります。

ゆであがった丸鶏を天井からぶら下げて冷まし、鶏の旨みがタップリ浸み出たスープで上質なタイ米を炊き上げます。

炊き上がったライスを盛り付け、その上に冷ました丸鶏をスライスして載せて完成です。

バターライスに鶏肉を刻んで炊き込んだ日本のチキンライスとはまったくの別物といえるでしょう。

アジア各地で愛されている海南流チキンライス

海南島で発祥し、華僑の移住と共にアジア各地に広がっていった海南流チキンライス。

呼び名も味も各地でそれぞれ違います。

海南島では「ウェンチャンジー」(文昌雞)として知られています。

タイでは「カオマンガイ」が屋台で食べられています。

台湾では「ジーローファン」(雞肉飯  )、カンボジアでは「バーイ モアン」、ベトナムでは「コムガー」と、名前も調理法も少しずつ変化して愛されています。

しかし、一番有名なのはやはりシンガポールの「ハイナンチーファン」(海南鶏飯)です。

チキンライスが食べられる名店

 老舗チキンライスの店 イエット コン チキンライス(逸群鶏飯餐室Yet Con Chicken Rice & Rest)

チキンライス四天王の一角 ロイキーベスト チキンライス(黎記海南雞飯Loy Kee Best Chicken Rice)

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。