1. TOP
  2. シンガポール観光旅行
  3. 鳥と一緒にかごの鳥になれる ジュロンバードパーク(Jurong Bird Park)ジュロンエリア
Sponsored Link

鳥と一緒にかごの鳥になれる ジュロンバードパーク(Jurong Bird Park)ジュロンエリア

シンガポール本島の南東岸、ジュロン島を目の前に見たエリアにある鳥の動物園です。

20万平方メートルという敷地に400種類、5000羽という鳥たちがいる世界最大級の鳥類動物園といえるでしょう。

熱帯雨林地方の鳥といえばカラフルな羽に巨大なクチバシと、とても美しい鳥が多いのですが、ここには地元東南アジアだけでなく世界中からさまざまな鳥が集められています。

巨大な鳥かごの中にゲストが入っていく、というスタイルの動物園です。

ジュロンエリアには世界各地から企業が誘致されている工業団地があります。

シンガポール観光旅行の観光客はもちろん、海外転勤で来ている日系企業の方にも見てほしいパークです。

Sponsored Link




Sponsored Link

北部へ移転するバードパーク

実はジュロンエリアにあるバードパークは将来、シンガポール動物園やナイトサファリ、リバーサファリのある北部エリアへの移転が決まっています。

確かにこの4園共通チケットが発行されていてお得な割引があり、4園を巡回するSAExバスも運行されているのですが、バードパークだけが地理的に離れているのはやはり観光客誘致の面からは不利なのでしょう。

ジュロンエリアで働いている日系企業のみなさんには、今のうちに見ておいてほしいと思います。

新しいバードパークが移転すると北部エリアには熱帯雨林パークが改めて建設されて、2020年から順次オープンしていく予定です。

人工の滝アフリカンウォーターフォールエイビアリー

30メートルの落差があるという人工の滝があるのが、アフリカンウォーターフォールエイビアリーです。

ここは2万平方メートルもの敷地を囲った世界最大の鳥類飼育場です。

ツキノワテリムクやホロホロチョウやハチクイ、ミナミジサイチョウといったアフリカの鳥たち50種類、1000羽が元気に生きています。

餌付けタイムが注目イベントです。

エイビアリー内にパノレールウォーターフォール駅もあります。

熱帯雨林そのものを囲った巨大な鳥かごローリーロフト

広さ300平方メートル、高さ9階建てという巨大な空間を鳥かごにした鳥舎です。

鳥かごの中に高さ12メートルの吊り橋がある、と聞けば、そのスケールが伝わるでしょうか。

熱帯雨林の森がそのまますっぼりと覆われています。

ここにはオーストラリア原産の各種カラフルなインコたちが生息しています。

ゲストは入り口でインコ用の餌を手に入れることができ、自分の肩や手に乗るインコたちに餌をやることができます。

Sponsored Link




いくつものバードショーが見られる

キングオブザスカイショー

ワシ、タカ、フクロウといった猛禽類の出演するショーで、鷹匠を始めとする猛禽使いたちが登場します。

ホークアリーナで見ることができます。

ハイフライヤーショー

プールズアンフィシアターで見ることができます。

オウムと昼食を

ランチビュッフェが食べられるソングバードテラスで、インコなどのエンターテインメントショーが披露されます。

いろんなサイチョウがいる

東南アジアに生息しているいろんな種類のサイチョウがいます。

大きくて長くカラフルなクチバシが特徴です。

熱帯でペンギンに出会える

ペンギンコーストでは、アフリカンペンギンに出会えます。

熱帯地方でまさか!の出会いも楽しいものです。

レンタル双眼鏡もある

遠くの鳥たちを観察できる双眼鏡がレンタルされています。

ただし、初めて訪れる人は初めて見る鳥たちに圧倒されて写真を撮るのに忙しく、せっかく借りた双眼鏡を覗かずじまいということもありえます。

双眼鏡で肉眼に焼き付けるかカメラで撮影しまくるか、どちらかにしたほうがよいかもしれません。

園内を走るモノレールはトラムに変更

ガイドブックやインターネット情報に載っている「パノレール」というモノレールは廃止になってしまいました。

カラフルで流線形をしたモノレールがうっそうと樹木が茂るジャングルを背景に走る図はとてもエキセントリックなのですが、これを目当てに行ってしまうと期待外れになってしまいます。

今は、やはりカラフルなトラムが地上を走っています。

園内はアップダウンもきついので、トラムを上手に利用しましょう。

入場チケット

大人S$29、子どもS$19、シニアS$13です。

距離的には離れていますが、シンガポール動物園やナイトサファリ、リバーサファリとコラボした共通チケットが発行されています。

アクセス

シンガポール中心部からのアクセスはタクシーがお勧めです。

約30分ほどで到着します。

MRT東西線ブーンレイ駅下車し、194番か251番のバスに乗っても行けます。

[施設名]ジュロンバードパーク

[住所]2 Jurong Hill, シンガポール 628925

[営業時間]8:30-18:00

[URL]http://www.birdpark.com.sg/

[マップ]https://goo.gl/maps/PrkAbpdFgnJ2

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

その他の記事

  • スーパーマーケットで簡単に買えるシンガポール観光みやげ

  • シンガポールの通貨・為替はこうなっている

  • ベイルートグリル(アラブストリート)レバノン料理がおいしい 

  • シンガポールのミスタービーン(Mr.Bean)は豆乳スイーツが充実!

関連記事

  • シンガポール トロリー(Singapore Trolley)

  • 「シンガポール観光旅行ツアー4日間」ならこれだけはかかる費用と予算の相場

  • シンガポールのタクシーを上手に使いこなしたい

  • シンガポール観光 高級ホテルのオリジナルグッズみやげが手頃で希少

  • 超格安で行ける シンガポールモニターツアー

  • 亀ゼリーがいただける 恭和館(Gong He Guan)チャイナタウン