1. TOP
  2. シンガポール観光旅行
  3. 過去の歴史を振り返る チャンギ博物館(The Changi Museum)チャンギエリア
Sponsored Link

過去の歴史を振り返る チャンギ博物館(The Changi Museum)チャンギエリア

チャンギ国際空港のすぐ東脇にあるのがチャンギ博物館です。

第二次世界大戦中、捕虜となった連合軍兵士たちを日本軍が収容したチャンギ刑務所に関連した展示物が展示されています。

収容された人々の写真や日記、衣類などを見ることができます。

Sponsored Link




歴史の栄枯衰退を感じさせる「バナナマネー」

博物館内にはバナナマネーと呼ばれているものが展示されています。

これは大戦中の日本軍が発行した軍票の一種です。

軍が地域を占領すると、貨幣の代わりとして発行するのが軍票です。

いわば戦時下の紙幣といえるでしょう。

この時に日本軍が発行した軍票にバナナの木が描かれていたので、通称「バナナマネー」と呼ばれたのです。

資金不足に陥った日本軍は軍票を乱発したために急激なインフレを起こし、価値がどんどんと下落していきました。

「バナナの葉っぱと同じで何の価値もない」という皮肉が、この「バナナマネー」という呼称に込められていた、と言われています。

捕虜の癒しの場であった「礼拝堂」(Changi Chapel)

捕虜となった連合軍兵士や欧米系市民たちは、刑務所内に手作りの礼拝堂を建てました。

その後1988年にレプリカの礼拝堂が再建され、チャンギ刑務所の拡張とともにこの博物館の中庭に移設されました。

現在でも捕虜の遺族や子孫がここを訪れ、祈りやミサが捧げられています。

入場チケット

入場は無料です。

Sponsored Link




アクセス

MRT東西線タンピネス駅下車したのちに、29番のバスでChangi Chapel Museum駅下車となります。

中心部や空港からタクシーで向かうのがいちばんアクセスのよい方法です。

[施設名]チャンギ博物館

[住所]1000 Upper Changi Rd N, Singapore 507707

[営業時間]9:30-17:00

[URL]http://www.changimuseum.sg/

[マップ]https://goo.gl/maps/trqXXwvCLP62

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光
旅行完全ガイド
」にてより詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールの地下鉄MRT完全ガイド

  • リゾートワールドセントーサ完全ガイド最新版!

  • セントーサ島観光ツアー完全ガイド

  • シンガポールの電圧とプラグについて

関連記事

  • 格安航空券やLCC格安航空会社で行くシンガポール観光旅行

  • シンガポールの夜景を堪能し尽くす ナイトツアー

  • アートギャラリーの複合施設 ギルマンバラックス(Gillman Barracks)ハーバーフロントエリア

  • レバノン料理がおいしい ベイルートグリル(Beirut Grill)アラブストリート

  • シンガポールのクーラー対策は重要課題

  • 懐かしさを感じさせる風格あるホテル ノスタルジア ホテル(Nostalgia Hotel)ハーバーフロントエリア