1. TOP
  2. シンガポール観光旅行
  3. シンガポールの国花ランの研究開発を進める世界的中心地 ナショナルオーキッドガーデン(National Orchid Garden)ブキティマエリア
Sponsored Link

シンガポールの国花ランの研究開発を進める世界的中心地 ナショナルオーキッドガーデン(National Orchid Garden)ブキティマエリア

シンガポールの国の花はさすが熱帯地方の国だけあってオーキッド、つまりランです。

そのランが3万平方メートルという敷地内に原種1000種類、交配種2000種類、数にして60000株も集められ、育てられているのがここナショナルオーキッドガーデン(国立洋ラン園)です。

ボタニーガーデンの中にいくつもある庭園のひとつであり、1995年にオープンしました。

ボタニックガーデンについては、世界文化遺産の植物園 ボタニックガーデン(Singapore Botanic Garden)でお伝えしています。

シンガポールは日本のようにランを温室で育てる必要もなく、屋外で普通に育てられる環境にあるので、ラン好きにはたまらない絶好のロケーションになります。

存分に育つので、ここにはランでできた丸いアーチさえあるほどです。

日本のように高価な鉢植えとして贈答品とされるのとは様子が違うのがうらやましい限りです。

Sponsored Link




Sponsored Link

世界におけるラン交配研究の最先端

このナショナルオーキッドガーデンは単に植物をたくさん集めて観光客に見せる、という場所ではありません。

ランの新種開発や研究、保護という活動において世界の最先端をいく中心地なのです。

教育プログラムが素晴らしい

さまざまなワークショップやツアーがあり、参加することができます。

ウォーキングツアーでは、約1時間半のあいだに園内を案内されながら、新種開発のための異種交配の手順や受粉の仕組みなどが学べます。

VIPオーキッドガーデン

この園ではランの鑑賞だけでなく、研究や交配も行なわれています。

ここで交配された独自の種には、ナショナルオーキッドガーデンを訪問した世界各国の首脳たちの名前がつけられ、「VIPオーキッドガーデン」として公開されています。

「マーガレットサッチャー」鉄の女の異名に似合わず可憐なピンクの花を咲かせる

「ダイアナ」大型の白い花がダイアナ妃の美しさと強さを思わせる

「ネルソンマンデラ」南アフリカ初の黒人大統領の名前がつけられ、明るいオレンジと黄色がアフリカの希望をさし示している

「明仁天皇」真っ赤で可憐なラン

「雅子皇太子妃殿下」優雅な真っ白い花びらを咲かせるラン

セレブリティガーデン

セレブリティガーデンには、世界のセレブや有名人の名前がつけられています。

「ジャッキーチェン」「リッキーマーティン」「ペヨンジュン」「演歌歌手氷川きよし」などの名前が見られます。

きよしフリークであれば見逃せません。

Sponsored Link




注目のランが目白押し

シンガポール国花バンダ ミス ジョアキム

国を代表する花として注目されているのが、この「バンダ ミス ジョアキム」です。

1893年、アグネス ジョアキムという女性の庭で自然に交配して誕生していたのを発見されました。

元種は、「バンダ ホケリアナ」と「バンダ テレス」という二種類の蘭といわれています。

薄いピンクがとてもおしとやかな印象の「バンダ ミス ジョアキム」もぜひ見ておきたいものです。

原種が集まるオーキダリウム

いろんな種が自然に、また人工的に交配して作られているランですが、もともとある原種もいいものです。

「アルンディナ・グラミニフォリア」や「デンドロビウム・シルシフローラム」など花は小ぶりでも飽きの来ないシンプルな美しさが印象的です。

ボタニックガーデンのシンボル的存在 トーチジンジャー

ランではなくジンジャー、つまり生姜の花がボタニックガーデンのシンボルとして人気を集めています。

たいまつに炎が燃えているような真っ赤で大柄な花がとても目立っています。

マレーシアからインドネシアのエリアで自生している地元原産の植物です。

黄色いランのアーチ

ランのツルが伸びた幾重ものアーチをくぐることができます。

このランは「オンシジウム・ゴールデンシャワー」という品種で、ここナショナルオーキッドガーデンにおいて1939年に作られたものです。

シンガポール原産のランはとても優雅で可憐です。

ランの女王 カトレア

カトレアはランの女王とも呼ばれ、そのゴージャスな姿がラン好きを魅了しています。

カトレアは樹木の上に根を張って成長する着生ランと呼ばれる生態を持っています。

世界最大のラン タイガーオーキッド

株の高さが7メートルにもなる大きなランです。

花ビラの黄色とブラウンの模様が虎の縞模様ににていることから、この名前がついているようです。

Sponsored Link




タンフーンシアン ミストハウス

頭上からミストが存分に降り注ぐのがミストハウスです。

「ドリテノプシス・KV・ビューティー」「バンダ・パクチョンブルー」といったさまざまなカラーリングをした胡蝶蘭の品種やバンダ属のランがあります。

植物の性質のため、ミストハウス内は湿度が高くなっていて水滴も落ちてきます。

パイナップルの仲間が集うユエンペンマクニース ブロムリアド コレクション

パイナップルはもともとアメリカ大陸が原産ですが、ここにはパイナップル科に属するたくさんの品種が集められています。

赤や黄色の鮮やかな色で人目を集めているのは、実は花ではなく葉に色がついた花苞と呼ばれるものです。

高地の環境を再現したクールハウス

どちらかというと標高の高い寒冷地に咲くという珍しいランが集められています。

食虫植物で有名なウツボカズラもここにあります。

しかし、ミストを浴びて体を冷やしたいのはランだけではなく、シンガポールの熱帯気候では人間もクールダウンしたいもの。

暑さに参りそうになった時は、このクールハウスで存分にミストを浴びてクールダウンしてください。

鶴の噴水

ナショナルオーキッドガーデンの中でも記念撮影スポットとして人気なのが、この鶴の噴水です。

ほかにも撮影スポットとして推薦されている場所がいくつもあり、「PHOTOSPOT」として表示されていますので活用しましょう。

水分補給はお忘れなく

このナショナルオーキッドガーデンはランにとって優しい高温多湿の環境にありますが、人間にとっては厳しいものです。

水分補給は必ず行ないましょう。

園内は徒歩になりますので、気温が比較的低い朝早くがいいかもしれません。

入場チケット

大人S$5、シニアS$1、学生S$1、12歳以下の子どもS$0です。

アクセス

入場無料のボタニックガーデンに入った中にあります。

MRT環状線およびダウンタウン線が通るボタニカルガーデンズ駅で下車すると、ブキティマ門から入場できます。

ボタニックガーデンにはタングリン門とブキティマ門の二つがありますが、オーキッドガーデンはタングリン門のほうが近いので、タクシーで行くのならタングリン門に行ったほうが近いでしょう。

[施設名]ナショナルオーキッドガーデン

[住所]1 Cluny Rd, Singapore 259569

[営業時間]8:30-19:00

[URL]https://www.sbg.org.sg/images/VisitUs/Trail%20Guides%20PDF/National%20Orchid%20Garden%20Trail%20Guide.pdf

[マップ]https://goo.gl/maps/ao9rybjH2mo

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

その他の記事

  • スーパーマーケットで簡単に買えるシンガポール観光みやげ

  • シンガポールの通貨・為替はこうなっている

  • ベイルートグリル(アラブストリート)レバノン料理がおいしい 

  • シンガポールのミスタービーン(Mr.Bean)は豆乳スイーツが充実!

関連記事

  • シンガポールの日焼け対策はしっかりとしておきたい

  • 現役の最高司法機関を見学できる シンガポール最高裁判所(Supreme Court Of Singapore)シティホールエリア

  • ゴールデンマイルコンプレックス(アラブストリート)は別名リトルバンコクでとっても楽しい!

  • 多彩な味わいが楽しいシンガポールの飲茶(Yam Cha)

  • シンガポールへ行く前にすべての人が加入しておきたい海外旅行保険

  • シンガポール、チャイナタウン観光旅行ガイド