ピックアップ
遊びながら自然への造詣を深められる子ども公園 ジェイコブバラスチルドレンズガーデン(Jacob Ballas Children’s Garden)ボタニックガーデン

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる月額制オンラインコミュニティの紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。

 

子どものための専用公園がジェイコブバラスチルドレンズガーデンです。

この公園は、ボタニックガーデンの中にあります。

ボタニックガーデンは、日本の旅行ガイドやインターネットサイトなどでは別名シンガポール植物園とも表記されていますが、同じものです。

中心地からは少し離れていますが、MRT路線が2系統走っていますので気軽に遊びにいくことができます。

ボタニックガーデンについては、世界文化遺産の植物園 ボタニックガーデン(Singapore Botanic Garden)でお伝えしています。

大人だけでは入れない「子どものための公園」

ジェイコブバラスチルドレンズガーデンは、まさに子どものための公園なので、12歳以下の子どもと保護者のペアでなければ入園することができません。

自然を楽しむことを教えてくれる公園

機械仕掛けのアトラクションや電子機器がなくても楽しめることを、この公園では教えてくれます。

砂場や水遊び場など、自然の中で昔から子どもたちが遊んできた方法がわかるのです。

また、トムソーヤやハックルベリフィンなどを彷彿とさせるツリーハウスは必見です。

木の上に自分専用の秘密基地を建てるなんて、男の子なら一度は夢見たことがあることでしょう。

ツリーハウスから滑り降りられるスライダーも楽しそうです。

また、植栽でつくったメイズ(迷路)や吊り橋などワクワクドキドキすることばかり。

自然への造詣も深められる

子ども公園といっても植物園の中にあるだけあって、珍しい植物には説明書きがありますし、「マジックオブホトシンセシス」というコーナーでは遊具で遊びながら光合成についてお勉強することもできちゃいます。

そもそもこの公園は、「All Life On Earth Depends on Plants ~全ての地球上の生命は植物によって成り立っている~」というコンセプトで作られているため、遊びながら自然や植物について学べる工夫がされています。

水遊びするなら着替えの用意を

水遊び場はとても人気です。

暑いシンガポールならではの楽しみ方といえるでしょう。

水遊び場で遊ぶつもりであれば、サンダルや着替えを持参したいものです。

入場チケット

ジェイコブバラスチルドレンズガーデンは入場無料です。

子どもの成長や発育に力を注いでいるシンガポールならでは、という感じがします。

アクセス

MRT環状線とダウンタウン線が通るボタニックガーデン駅を下車すれば徒歩10分ほどで着きます。

[施設名]ジェイコブバラスチルドレンズガーデン

[住所]481 Bukit Timah Road, Singapore 259769

[営業時間]月曜定休 8:00-19:00

[URL]https://www.sbg.org.sg/index.php?option=com_content&view=featured&Itemid=361

[マップ]https://goo.gl/maps/BNk9KnVgotn

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる「月額制オンラインコミュニティ」の紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。