ピックアップ
今にも動き出しそうな神々の寺院 スリヴィラマカリアマン寺院(Sri Veeramakaliamman Temple)リトル インディア

インド系の人々が行きかうリトルインディアのセラングーンロード。

その通り沿いに建っているのがスリヴィラマカリアマン寺院です。

ゴープラムの圧倒されそうな神々の彫刻

たいていどの礼拝の場所でも崇敬の対象となる像が飾られているものですが、ヒンドゥー教寺院で圧倒されるのはその神々の多さです。

塔状の門であるゴープラムの上と寺院の屋根に乗った神々は、そのカラフルな極彩色と今にも動き出しそうな躍動感あふれる動きに目が釘付けになりそうです。

日本の仏教寺院の仏像が「静」だとすれば、ヒンドゥー教寺院の神々の彫像はまさに「動」といえるでしょう。

この寺院は南インドのドラヴィダ様式で建てられています。

女神カ―リーを祀った寺院

多神教寺院ではありますが、それぞれの寺院にはそこでフィーチャーした神がいます。

ここ、スリヴィラマカリアマン寺院では、女神カーリーがメインの神として崇敬の対象となっているのです。

女神カーリーは有名なシヴァ神の妻で、殺戮と破壊の神とされています。

悪鬼たちを滅ぼすほどの力強さがインドの人々にとって信仰を抱く大切な理由となっているのです。

一日4回の祈りの時間

毎日8:00、12:00、18:30そして21:00の4回は祈りの時間である「プジャ」と言われる儀式が執り行われます。

黄色い僧衣をまとった僧侶が銅製のドラを鳴らしながら祈りをささげ、信者たちは花や果物を供えます。

アクセス

MRT東西線およびダウンタウン線が通るテッカセンター駅下車です。

[施設名]スリヴィラマカリアマン寺院

[住所]141 Serangoon Rd, Singapore 218042

[営業時間]5:30-12:15、16:00-21:00

[URL]http://www.sriveeramakaliamman.com/

[マップ]https://goo.gl/maps/9RpqPhu5nz62

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。