ピックアップ記事 & 世界のニュース
心身をいやすシンガポールの極上観光ホテルの選び方

Contents

シンガポールおすすめ4つ星5つ星ホテル

せっかくなら少々高くてもセレブの気分が味わえる超高級ホテルに思い切って泊まってみるのもいいものです。

格付け組織によってホテルのランクを格付けするのが「スターレート」(星の数)と呼ばれる制度ですが、最高ランクに位置するホテルは「5つ星」として位置付けられています。

富裕層やエリートビジネスマンが海外からやって来ることが多いシンガポールには、この5つ星ホテルが目白押しです。

そのほとんどが世界的に有名な一流ホテルチェーンであり、内装や設備などのハード面や料理などの基本サービスはもちろんのこと、一人ひとりの要望に応える幅の広さは「さすが5つ星!」と思わせる対応能力を誇ります。

カペラ シンガポール(Capella Singapore)

建物や室内インテリアなどのデザインをハイクオリティなレベルに仕上げたブティックホテルとして、シンガポールのリゾート地セントーサ島に建てられました。

フォーブストラベルガイド2016で5つ星にランクインした3軒のシンガポールのホテルの一つです。

ブティックホテル「カペラ シンガポール」(Capella Singapore)で詳しくお伝えしています。

フラトンベイホテルシンガポール(The Fullerton Bay Hotel Singapore)

マリーナベイの昔の船着き場をリニューアルして建設されたエグゼクティブ向けの超高級ホテルです。

夕暮れ時のマリーナベイの風景は絶品です。

フォーブストラベルガイド2016で5つ星にランクインした3軒のシンガポールのホテルの一つであるとともに、JTBホテルグレードにて最高級のSLグレードと格付けされているホテルです。

ぜいたくなベイビューが楽しめる ザ フラトンベイ ホテル シンガポール(The Fullerton Bay Hotel Singapore)でお伝えしています。

マンダリン オリエンタル シンガポール(Mandarin Oriental, Singapore)

マリーナベイ北側のマリーナスクエアに位置する香港発の超高級ホテルです。

フォーブストラベルガイド2016で5つ星にランクインした3軒のシンガポールのホテルの一つです。

マンダリン オリエンタル シンガポール(Mandarin Oriental, Singapore)で詳しくお伝えしています。

フェアモント シンガポール(Fairmont Singapore)

歴史的建造物が立ち並ぶシティホールエリアのど真ん中の高級ホテルです。

アジア最大のウィローストリームスパや、併設ショッピングモール、便利なアクセスと利点がたくさんあります。

フォーブストラベルガイド2016で4つ星にランクインしています。

フェアモント シンガポール(Fairmont Singapore)で詳しくお伝えしています。

フォーシーズンズホテル シンガポール(Four Seasons
Hotel Singapore)

宿泊ルーム数を少なくミドルスケールに抑え、最高級のサービスと設備で滞在を充実させた、中規模ラグジュアリーをコンセプトとしたホテルです。

フォーブストラベルガイド2016で4つ星にランクインしたホテルであると共に、JTBホテルグレードにて最高級のSLグレードと格付けされています。

「フォーシーズンズホテル シンガポール」(Four Seasons Hotel Singapore)で詳しくお伝えしています。

フラトンホテル シンガポール(The Fullerton Hotel Singapore)

マリーナベイ西岸のフラトンヘリテージにある、植民地時代の歴史的建造物をリニューアルした高級ホテルです。

フォーブストラベルガイド2016で4つ星にランクインしたホテルであると共に、JTBホテルグレードにて最高級のSLグレードと格付けされています。

歴史的建造物をリニューアル ザ フラトン ホテル(The Fullerton Hotel Singapore)で詳しくお伝えしています。

インターコンチネンタル シンガポール(InterContinental Singapore)

ブギスエリアにある高級ホテルです。

ブギスジャンクションの一部として、プラカナン建築とモダン建築の融合を楽しめます。

フォーブストラベルガイド2016で4つ星にランクインしています。

インターコンチネンタル シンガポール(InterContinental Singapore)で詳しくお伝えしています。

マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)

開発いちじるしいマリーナエリアにあるホテルです。

3つのタワー棟で構成されているホテルは、屋上のスカイデッキでつながっています。

フォーブストラベルガイド2016で4つ星にランクインしたホテルです。

マリーナベイサンズのホテル客室・スイートで詳しくお伝えしています。

ラッフルズシンガポール(Raffles Singapore)

シンガポールの最も伝統的なコロニアル風ホテルです。

イギリスが世界を支配していた植民地時代を偲ばせる雰囲気がなんともいえません。

フォーブストラベルガイド2016で4つ星にランクインしたホテルであると共に、JTBホテルグレードにて最高級のSLグレードと格付けされているホテルです。

生きた歴史の目撃証人 ラッフルズホテル シンガポール(Raffles Hotel Singapore)で詳しくお伝えしています。

リッツカールトン ミレニア シンガポール(The Ritz-Carlton, Millenia Singapore)

世界中で超高級ラグジュアリーホテルを展開するホテルチェーンです。

高い企業理念と、それに裏打ちされたハイクオリティなサービスで、世界のどこでもセレブやエリートビジネスマンの信頼を厚く勝ち得ています。

フォーブストラベルガイド2016で4つ星にランクインしたホテルであると共に、JTBホテルグレードにて最高級のSLグレードと格付けされているホテルです。

ザ リッツ カールトン ミレニア シンガポール(The Ritz-Carlton, Millenia Singapore)で詳しくお伝えしています。

アクセス利便性の高いおすすめ人気ホテル

ホテルはなんといってもアクセス利便性がもっもと重要だと感じるシンガポール観光旅行客にお勧めのホテルです。

海外旅行はなにかと荷物が多くなるため、駅直結のホテルはとても楽でありがたい。

忙しい中を縫ってなんとか数日の間、観光に商談にシンガポールまでやって来たので、時間的にも体力的にも余裕がない。

そんなシンガポール観光旅行客には、駅につながったアクセス最高のホテルがいいでしょう。

個々のホテルの特徴やロケーション、アクセスなどは、後述のホテル個別項目をご参照ください。

シンガポール マリオット タン プラザ ホテル(Singapore Marriott Tang Plaza Hotel)

オーチャードロードの西端、MRT南北線が通るオーチャード駅に直結しているホテルです。

ショッピングモール「タングス」や「高島屋」や「アイオンオーチャード」などにも外に出ることなくアクセスでき、大変利便性が高いロケーションです。

「シンガポール マリオット タン プラザ ホテル」(Singapore Marriott Tang Plaza Hotel)で詳しくお伝えしています。

ホテル ジェン オーチャード ゲートウェイ(Hotel Jen Orchard Gateway Singapore)

オーチャードロードの東端、MRT南北線が通るサマセット駅に直結しているホテルです。

オーチャードロードのショッピングモール街の真っただ中にあるので、シンガポール観光スポットに出かけるにもショッピングに明け暮れるにも最適なロケーションです。

「ホテル ジェン オーチャード ゲートウェイ」(Hotel Jen Orchard Gateway Singapore)で詳しくお伝えしています。

スイソテル スタンフォード シンガポール(Swissotel The Stamford Singapore)

MRT東西線および南北線が通るシティホール駅に直結しています。

歴史的建造物が立ち並ぶシティホールエリアのど真ん中にあり、シンガポール観光スポット巡りの拠点としては抜群の立地です。

スイソテル スタンフォード シンガポール(Swissotel The Stamford Singapore)で詳しくお伝えしています。

フェアモント シンガポール(Fairmont Singapore)

MRT東西線および南北線が通るシティホール駅に直結しています。

スイソテル スタンフォード シンガポール同様、複合施設ラッフルズシティ内にありますのでショッピングやビジネスなどがワンストップで利用できます。

フェアモント シンガポール(Fairmont Singapore)で詳しくお伝えしています。

ヴイ ホテル ラベンダー(V HOTEL LAVENDER)

MRT東西線が通るラベンダー駅に直結しています。

リトルインディアやアラブストリート方面に近くアクセスが便利です。

ヴイ ホテル ラベンダー(V HOTEL LAVENDER)で詳しくお伝えしています。

ワン ファラー ホテル & スパ(One Farrer Hotel & Spa)

MRT北東線ファラーパーク駅に直結しているホテルです。

リトルインディアにありますので、周辺にアクセスするのに便利です。

ワン ファラー ホテル & スパ(One Farrer Hotel & Spa)で詳しくお伝えしています。

ドーセット(Dorsett Singapore)

MRT東西線および東北線が通るアウトラムパーク駅の上にあるアクセスが便利なホテルです。

チャイナタウンやマリーナベイエリアにほど近いロケーションです。

ドーセット(Dorsett Singapore)で詳しくお伝えしています。

オアシア ホテル シンガポール(Oasia Hotel Singapore)

MRT南北線が通るノベナ駅に直結しているホテルです。

ショッピングモール「ベロシティ アット ノベナ」ほか2つのショッピングモールと地下連絡通路でつながっています。

屋根付き屋外プールが珍しい オアシアホテル シンガポール(Oasia Hotel Singapore)

素敵なプールがあるおすすめ人気ホテル

ホテルの楽しみの一つが、のんびりとプールに浮かぶことです。

日頃のストレスを忘れて、プカプカと水に浮かぶ至福のひと時は何ものにも代えがたいものです。

プールで大切なのが、ロケーション。

青空、静けさ、干渉されない心地よさがどれだけあるかが決め手となります。

個々のホテルの特徴やロケーション、アクセスなどは、後述のホテル個別項目をご参照ください。

マリーナベイサンズ ホテル(Marina Bay Sands Hotel )

シンガポール観光旅行を計画したことのある人なら誰しも一度は泊まってみたいと思うホテルです。

理由は簡単、このホテルの屋上にあるインフィニティプールは、サンズホテルの宿泊ゲストしか泳ぐことができないからです。

地上200メートルにある全長150メートルのプールは、天空にプカリと浮かんでいるかのようにプールの端の向こうにシンガポール市街地を遠く見下ろすという普通ではあり得ない光景を楽しませてくれます。

ウェスティン シンガポール(The Westin Singapore)

35階にある屋外のインフィニティプールからの景色は、日頃のストレスをいやすのにもってこいです。

マリーナベイに近くハーバービューが絶景です。

ホテル ジェン オーチャード ゲートウェイ(Hotel Jen Orchard Gateway Singapore)

オーチャードロードにある真新しいホテルの地上20階の屋上からは、シンガポール市街地のパノラマビューをグルリと見渡すことができます。

遠目に見えるマリーナベイサンズの姿は、天空のプールから天空のプールを眺める不思議な体験です。

プールサイドのオシャレなバーで心地よくなるもの楽しいものです。

ヒルトン シンガポール(Hilton Singapore)

開業40年を超える老舗ホテルの最上階24階には屋上プールがあり、シンガポール市街地の周囲のビル群が迫る不思議なプールビューが楽しめます。

クインシーホテル(The Quincy Hotel)

12階に位置するインフィニティプールで心地よいそよ風と浮遊感たっぷりのプールを味わえます。

オシャレなデザイナーズホテルで、ワンランク上の雰囲気がいい思い出となります。

ノウミ ホテル(Naumi Hotel Singapore)

10階屋上にあるルーフトッププールは、シティホールエリアやサンテックシティの高層ビルに囲まれていますが、夕暮れ時になると明かりの灯ったビル群やプールサイドのバーで輝く照明で照らされ、幻想的な空間となります。

プールサイドの波打ったパーゴラも目に心地よく、そよ風と共に疲れを癒してくれます。

ビレッジ ホテル チャンギ(Village Hotel Changi)

8階建てホテルの屋上プールからは、周辺の熱帯雨林やマラッカ海峡が見渡せます。

価格がリーズナブルなシンガポールおすすめ格安ホテル

できるだけシンガポール観光旅行の費用を抑えたいが遊びにかける分はケチりたくない、という場合、ホテルランクを下げて宿泊費用を抑えるという方法があります。

しかし、富裕層やお金持ちが集まってくるシンガポールの場合、格安ホテルとして位置づけられるのは1泊1万5000円以下のホテルです。

数千円のビジネスホテルで我慢して費用を浮かせられる日本国内旅行のようには、なかなかいかないものです。

ロケーションをとるなら宿泊ルームは狭くていい、広くきれいなホテルなら郊外で不便でもいい、と諦められる条件がはっきりしていれば、格安ホテルでの滞在も心地よいものです。

個々のホテルの特徴やロケーション、アクセスなどは、後述のホテル個別項目をご参照ください。

アクイーン ホテル パヤ レバー(Aqueen Hotel Paya Lebar)

ゲイランエリアにあるビジネスホテル風のホテルです。

チャンギ国際空港まで15分、シンガポール中心部まで15分というアクセスです。

ふらっとオーチャードロードまで、という訳にはいきませんが、繁華街や中心部から多少外れたところにホテルを取るのも宿泊費を抑える一つの方法です。

デイズホテル シンガポール アット ゾンシャン パーク(Days Hotel Singapore at Zhongshan Park)

格安ホテルとは思えない近代的な建物のホテルです。

シンガポールのローカルフードであるバクテーやチキンライスのお店がたくさんあるパレスティアロードにあります。

晩晴園 孫中山南洋紀念館も歩いて行ける距離です。

ロイズ イン(Lloyd’s Inn)

住宅街の中にある邸宅のような小規模ホテルです。

オーチャードロードやシティホールエリアに歩いて行ける良好なロケーションです。

ザ ダウラット(The Daulat)

喧騒であふれ返るリトルインディアのど真ん中にある小さなホテルです。

無機質なモダンホテルのサービスやインテリアにうんざりした時には、ぜひここでエスニックな雰囲気を味わい尽くしてください。

ノスタルジア ホテル(Nostalgia Hotel)

懐かしい気持ちにさせてくれる古風なたたずまいのホテルです。

チャイナタウンにほど近いロケーションもなかなか便利です。

ブリスホテル シンガポール(Bliss Hotel Singapore)

チャイナタウンの只中にある中華風ブティックホテルです。

ホテル内のオリエンタルな雰囲気と、シンガポール観光スポットも近い良好なロケーションを楽しんでください。

ホテル カイ(Hotel Kai)

シンガポール中心部の観光スポットがごく近い便利なロケーションで、なおかつ宿泊料が格安なら、宿泊ルームがごく狭くても構わない、というシンガポール観光旅行客にお勧めのホテルです。

シティホールエリアの真っただ中、ラッフルズホテルの二つ隣という最高の立地を活用して、シンガポール観光スポットを飛び回ってください。

個々のホテルの特徴やロケーション、アクセスなどは、後述のホテル個別項目をご参照ください。

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

アフターコロナの海外旅行に向けてオンラインツアーでの旅行体験はいかがでしょうか?

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

オンラインツアーについて詳しく知りたい方は「オンラインツアーのメリットとデメリットを徹底解説!おすすめのサービスは?」をご参照ください。