ピックアップ
ピリ辛ソースでいただくスリランカクラブ チリクラブ(Chilli Crab )

ピリ辛ソースでいただくスリランカクラブを「チリクラブ」といいます。

シンガポールの定番ローカルフードです。

ピリ辛ソースで絡めたカニ

ピリ辛ソースは、チリソースにトマト、溶き卵、味噌などを混ぜ合わせたとろみタップリのものを使用しています。

カニは近海で取れるスリランカのマッドクラブです。

濃厚なピリ辛ソースでカニを丸ごと炒めて調理します。

1950年代にチャンギエリアで生み出されたチリクラブ

1950年代のこと、チャンギエリアの「パームビーチ」という名の食堂を経営していたマダムシャーが、このチリクラブを生み出したと言われています。

ニョニャ料理の伝統にのっとってハーブを加えることにより、単なるチリソース以上の香りと旨みの濃厚ソースが出来上がりました。

重さで決まる値段

普通レストランの料理の値段は一皿いくらで決まるものですが、チリクラブの場合は1kgいくらで計算します。

ペンチで割りながら食べる

固いカニの甲羅をペンチで割りながら食べます。

エプロンは必須

真っ赤な濃厚ソースが絡まったカニを割るのですから、当然ながらソースは飛び散ります。

着ている服が赤く染まりチリソースの匂いで充満しないためにも、紙エプロンを装着してごちそうになりましょう。

付け合わせの定番

付け合わせにいいのは、揚げパンやお店によっては蒸しパンです。

またピリ辛ソースをチャーハンにかけていただくのも絶品です。

チリクラブが食べられる名店

 「レッドハウス シーフード」(Red House Seafood)

カニを選べるチリクラブの店 ノーサインボード シーフード(No Signboard Seafood)

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。