ピックアップ
典雅に競馬をたしなむ「シンガポール ターフ クラブ」(Singapore Turf Club – Grandstand)/ウッドランズエリア

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる月額制オンラインコミュニティの紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、イギリス在住フリーランス養成コーチが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。

 

上流階級の貴族になった気分を味わえるのが、シンガポール ターフ クラブの競馬です。

クーラーの効いたガラス張りスタンド

2階にあるアッパーグラウンドスタンドは、レースコースを眺める全面がガラス張りになっていて、クーラーの効いた涼しい座席で優雅に観戦することができます。

競馬発祥の地であるイギリスでは、もともと上流階級の社交場として機能していた競馬ですので、イギリス文化の流れを強く受け継いだシンガポールにもその雰囲気が残っています。

馬券購入はマークシート方式

気になる馬券購入ですが、マークシート方式となっています。

ウィン

日本での単勝式に当たる賭け方です。

フォアキャスト

日本の馬番連勝複式に当たるのがフォアキャストです。

プレース・フォアキャス

着順に関係なく1~3着に入る馬のうちの2頭を当てる方法です。

世界でも珍しいナイトレース

シンガポールのナイトレースといえばF1グランプリが有名ですが、クランジ競馬場のターフクラブにもナイトレースがあります。

1999年にクランジ競馬場が新設されオープンすると、ナイトレースが開催されるようになりました。

たいていは金曜日の夜にナイトレースが開催されています。

2つの競馬場

シンガポールターフクラブの競馬場は、クランジ競馬場とブキティマ競馬場の2か所にあります。

1933年オープンしたのがブキティマ競馬場、1999年になってオープンしたのがクランジ競馬場です。

現在、競馬が行なわれているのはクランジ競馬場1か所です。

歴史ある元ブキティマ競馬場跡は再利用されて「グランドスタンド」 (The Grandstand) とうい新しいショッピングモールになっています。

Sponsored Link

クランジ競馬場

ここで開催されているシンガポール航空国際カップは、2002年から国際G1レースとなりました。

2000メートルの芝コースと、その内側にある1500メートルのオールウェザーコースがあります。

5種類の観戦座席

観戦座席は5つのクラスに分かれていて、それぞれにドレスコードが存在しています。

ローアーグランドスタンド&アッパーグランドスタンド

ローアーグランドスタンドはスタンド下階でクーラーがありません。

アッパーグランドスタンドはスタンド上階で全面ガラススタンドのためクーラーが効いています。

ゴールドカードルーム&ハイビスカス

クーラーの効いた3階席です。

その他、ブキットボックス、オーキッドボックス、コミティーボックス、カジュアリーナルーム、コーポレートボックスなどさまざまな観客席が用意されています。

アクセス

MRT南北線が通るクランジ駅下車です。

[施設名]シンガポール ターフ クラブ

[住所]1 Turf Club Ave, シンガポール 738078

[URL]http://www.turfclub.com.sg/Pages/Homepage.aspx

[マップ]https://goo.gl/maps/s4TNgjEBDCN2

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる「月額制オンラインコミュニティ」の紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。