ピックアップ記事 & 世界のニュース
シンガポールのナイトシーン おすすめスポット

海外の中では治安の良い国であり、イギリス植民地時代の名残か欧米文化の影響も受けているシンガポール。

暑い熱帯地方のナイトスポットで、真夏の夜の夢をみましょう。

「デイベッドバー」(Daybed Bar)

ロバートソンキーにあるこのハウスは、リゾートホテルみたいにゴロンとくつろげるデイベッドが人気です。

最新のハウスサウンドを楽しめます。

[施設名]デイベッドバー

[住所]

[URL]http://e-clubbing.com/review/how-to-get-there/daybed-bar-direction/

[マップ]https://goo.gl/maps/9Wm4d4Phv5J2

「ピーエス カフェ ハーディング店」(PS.Cafe at HARDING)

カップルで静かに飲み、語り合うのにいいデンプシーヒル郊外の隠れ家カフェです。

金曜土曜は深夜2時まで営業していので、時間を気にせず語り尽くせます。

[施設名]ピーエス カフェ ハーディング店

[住所]

[URL]http://www.pscafe.com/pscafe-at-harding-road/

[マップ]https://goo.gl/maps/YJkhoRen6PL2

「ハリーズ ボートキー店」(Harry’s@Boat Quay)

ジャズとお酒背を楽しめる大人のバーです。

シンガポール国内に30店舗以上のチェーン展開をしている本店です。

[施設名]ハリーズ ボートキー店

[住所]

[URL]http://harrys.com.sg/

[マップ]https://goo.gl/maps/fJ488JFo7Uo

「ズーク」(ZOUK)

収容人数2000人を誇るアジア最大級のクラブです。

年に一度の野外パーティ「ZoukOut」では、セントーサ島に2万人が集結し最先端のアーティストと熱狂の一夜を過ごします。

[施設名]ズーク

[住所]17 Jiak Kim St, シンガポール 169420

[URL]http://www.zoukclub.com/

[マップ]https://goo.gl/maps/d7qfTqMRyB52

「KPO」(KPO)

オーチャードロード近くの由緒ある郵便局をリニューアルしたバーです。

実は郵便局もまだ現役で営業中であり、エントランス右側が郵便局、左側がバーになっています。

奥にあるテラステーブルは熱帯雨林に囲まれた緑たっぷりの中で飲むことができます。

シンガポールの食の祭典、「ワールドグルメサミット」のバーオブザイヤーにも選出されました。

[施設名]KPO

[住所]

[URL]http://www.imaginings.com.sg/

[マップ]https://goo.gl/maps/RfmsoLurdso

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

アフターコロナの海外旅行に向けてオンラインツアーでの旅行体験はいかがでしょうか?

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

オンラインツアーについて詳しく知りたい方は「オンラインツアーのメリットとデメリットを徹底解説!おすすめのサービスは?」をご参照ください。