ピックアップ記事 & 世界のニュース
シンガポールで借りるレンタカー

シンガポール観光旅行客が観光スポットを巡るのに、レンタカーを借りるという選択肢もあります。

チャンギ国際空港にたくさんあるレンタカー

空港で入国審査を終えたなら、その足で空港内のレンタカーの営業所に行き、レンタカーを借り出すことができます。

日本と同じ、左側通行右ハンドル

シンガポールの道路は、嬉しいことに日本と同じで左側通行を右ハンドルの自動車で運行します。

日本のドライバーにとっては慣れたシステムのため、とてもありがたいものです。

「国際運転免許証」が必要

当然ですが、レンタカーを借りるとなると自分で車を運転することになります。

外国で自動車を運転するには、国際運転免許証が必要です。

国際運転免許証は、日本にいる間に申請しなければなりません。

「NETS CashCard」が必須

シンガポールには市街地中心部に「ERP」と呼ばれるエリアがあります。

いわゆる繁華街に多く、自動車の数を減らすためにそのエリアを通行する自動車から料金を徴収するシステムです。

道端に料金所があるわけではなく、日本の高速道路のETCシステムのように路上の機器と自動車に搭載した機器が通信して人手を介さずに決済します。

そのため、シンガポールでレンタカーを運転するにはERPシステムでの決済をするための「NETS CashCard」が必須となります。

「NETS CashCard」は地元で生活している人であれば銀行口座に紐づけて引き落としができますし、シンガポール国内に口座を持ち合わせていないシンガポール観光旅行客でもセブンイレブンでチャージすることができます。

この「NETS CashCard」を機器に差し込んでおけば、有料駐車場の支払いもできます。

日本車もたくさん用意されている

シンガポールのレンタカーではいろんな種類の日本製自動車を借りることができます。

慣れた感触の自動車なら、比較的安心して運転することができます。

さすが日本の自動車メーカーは世界を席巻していると実感できるでしょう。

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。