1. TOP
  2. シンガポール観光旅行
  3. シンガポールの罰金制度
Sponsored Link

シンガポールの罰金制度

罰金「チューインガムの持込み」「チューインガムを噛むこと」

シンガポールの市街地はとてもきれいです。

日本人にとってごく当たり前の光景ですが、アジア各国を旅したことのある人なら、それがいかに驚異的なことかがわかるでしょう。

それには「チューインガムの持込み」禁止という法律も一役買っています。

国外からチューインガムを持ち込むこと、そしてチューインガムを噛むことが犯罪とされています。

チューインガムを噛む人がいれば、どうしても路上に吐き捨てる人がおり、観光スポットの美観を損ねるので、ならばいっそのことチューインガムの持込みから禁止すれば、噛む人も吐き捨てる人もいなくなるのです。

普段からチューインガムを噛む人がシンガポール観光旅行に行く際には、ついポケットにチューインガムを入れたまま飛行機に乗らないよう注意しましょう。

ちなみにこの法律に抵触すると、S$10000(80万円くらい)の罰金が科されます。

Sponsored Link




罰金「ポイ捨て、つばの吐き捨て」

日本では常識として守る人が多いポイ捨てやつばの吐き捨てですが、シンガポールでは取り締まりの対象です。

初犯はS$1000(8万円くらい)の罰金ですが、再犯はS$2000(16万円くらい)の罰金に加えて公共の場所の清掃活動を科されます。

罰金「公共トイレで水を流さない」

この法律が日本にあれば、捕まる人が続出します。

シンガポールで違反すると、初犯はS$150(1万2000円くらい)の罰金、再犯はS$500(4万円くらい)、三回目以降はS$1000(8万円くらい)となります。

罰金「公共交通機関やホテルへのドリアン持ち込み」

「フルーツの王様」ドリアンも、その匂いのキツさのためにMRTなどの公共交通機関やホテルへの持込みは禁止となっています。

なぜかドリアンの持込みに違反した際の罰金はないようです。

罰金「公共交通機関での飲食」

MRT車内などの公共交通機関での飲食も法律違反です。

気を付けたいのが、ミネラルウォーターもダメという点。

日本ではよく見かけるミネラルウォーターを飲む行為も、シンガポールではS$1000(8万円くらい)の罰金刑に処されます。

Sponsored Link




罰金「野鳥への餌やり」

駅前に群れている鳩などについ手持ちのお菓子などをあげてしまう日本人ですが、シンガポールでは厳禁です。

S$1000(8万円くらい)の罰金です。

過去には「男性の長髪」も罰金だった

1990年代に廃止された法律では、「男性の長髪」も罰金の対象となり、長髪男性の日本人ミュージシャンが入国拒否されたことがあるそうです。

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • セントーサ島観光ツアー完全ガイド

  • シンガポールの電圧とプラグについて

  • シンガポールの罰金制度

  • シンガポール航空のビジネスクラス完全ガイド

関連記事

  • シンガポール観光旅行が「安い時期」を狙う

  • アジアのメルティポットを理解できる アジア文明博物館(Asian Civilisation Museum)シティホールエリア

  • 中華料理とインド料理の融合 フィッシュヘッドカレー

  • 後悔しないシンガポール格安ツアー チェックリスト

  • ヒルトン シンガポール(Hilton Singapore)オーチャードロード

  • お手軽にビリヤニが食べられるホワット ユー ドゥー プラタ(What You Do Prata)マリーナベイエリア