1. TOP
  2. シンガポール ビジネス
  3. シンガポールビジネスにおける「ファンドを設立」するメリット
Sponsored Link

シンガポールビジネスにおける「ファンドを設立」するメリット

アジアの新興国に投資する場合に、

シンガポールでビジネスを行う際、ファンドを設立することがあります。

シンガポールにファンドを設立するメリットについて見ていきましょう。

 

Sponsored Link




シンガポールのビジネスにおける立地的条件

シンガポールはアジアの中でも、ほぼ中心に位置します。

アジアの新興国に投資を行う際に、現地の調査を行う時、

契約を結ぶ時、運営を行う時、トラブルが生じた時などに、

その抜群の立地性が大きな効果をもたらすのです。

シンガポールの立地的条件が、チャンスを見逃さない投資を可能にするのです。

 

シンガポールの充実したビジネスインフラ

アジアを代表する国際的証券取引所の存在や、

世界の主要金融機関が集合している金融街など、

シンガポールにはビジネスのインフラが十分に備わっています。

英語を公用語とする点や、法制度が整っている点も見逃せません。

 

ファンド開設に必要な認可

シンガポールでファンドマネジメント業を行うためには、

「シンガポール証券先物法」に定められた「資本市場サービスライセンス」を

取得する必要があります。

このライセンスを取得したのちに、同法に従い規制を守ることが求められます。

 

Sponsored Link




ファンド開設の税制上の優遇措置

シンガポールでファンドマネジメント業を行う会社は、

金融セクターインセンティブ税制」により、

いくつかの条件を満たし、シンガポール通貨監督庁長官の承認を受けると、

事業により得た所得に関しては、10%の税率で課税されます。

 

また、シンガポール籍のファンドに対しては、

内国ファンド免税制度」を利用することもできます。

この制度は、シンガポール居住者によって運営される「会社型」ファンド、

もしくはシンガポール居住者が受託者と指定されている「信託型」ファンド

に認められている免税制度です。

いくつかの条件を満たすと、このファンドによって得る利益について

「シンガポール所得税」が免除されるのです。

 

シンガポールビジネスにおける租税条約

シンガポールは、インドやタイ、マレーシアやインドネシア、

フィリピンやベトナムなどのアジア新興国を「租税条約」を結んでいます

これらの「租税条約」では、配当や利子などの源泉税率を低減し、

キャピタルゲインに関しても非課税にする場合もあります。

 

シンガポールビジネスのファンドの種類

シンガポール籍でファンドを設立する場合、

会社型」、「信託型」、「リミテッドパートナーシップ型」の種類から

選択することができます。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、

考慮してから、最適の種類を選択するようにしましょう。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールで女子旅を最高に楽しむ完全ガイド

  • シンガポールのおすすめスポットを全てお伝えしています!

  • シンガポール観光旅行完全ガイド

  • TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!

関連記事

  • シンガポールの会社における「財務書類」について

  • シンガポールの会社における「マネージングディレクター」について

  • シンガポールで駐在員事務所を設置する!

  • シンガポールの税金 個人所得税

  • シンガポールの会社における「少数株主権」について

  • シンガポールへのビジネス進出「支店設立までの流れ」