1. TOP
  2. シンガポール観光旅行
  3. 日本とシンガポールの関係-昔と今
Sponsored Link

日本とシンガポールの関係-昔と今

日本からの移民が多かった明治時代

明治維新後、日本からシンガポールに移り住んだ移民がたくさんいました。

ゴム貿易などで成功し財を成した人もいれば、娼婦として異国の地で命を落とした「からゆきさん」と呼ばれる人もいました。

Sponsored Link




第二次世界大戦中の占領

第二次世界大戦中は山下中将によるシンガポール攻略と占領があり、戦後は1970年代に日本の工場移転が増えたため現地駐在員が多数生活するようになっています。

戦後の経済と観光での関わり

現在は毎年50万人から80万人のシンガポール観光旅行客が日本から渡航しています。

日本企業も多数シンガポール現地駐在員を派遣しており、重工業や金融での取引が活発です。

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

その他の記事

  • スーパーマーケットで簡単に買えるシンガポール観光みやげ

  • シンガポールの通貨・為替はこうなっている

  • ベイルートグリル(アラブストリート)レバノン料理がおいしい 

  • シンガポールのミスタービーン(Mr.Bean)は豆乳スイーツが充実!

関連記事

  • アジアのメルティポットを理解できる アジア文明博物館(Asian Civilisation Museum)シティホールエリア

  • 地元ロコもたくさん集まる プレイグラウンド@ビッグスプラッシュ(Playground @ Big Splash)イーストコーストパーク

  • 一日で制覇することも可能なシンガポール3大動物園ツアー

  • アラブストリートのサルタン モスク(Sultan Mosque)は黄金のドームが美しい 

  • プラナカン博物館(シティホールエリア)の魅力

  • 劇場のような吹き抜けが心地よい ラッフルズシティ(Raffles City)シティホールエリア