ピックアップ
シンガポールにとって悩ましい水の自給問題

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる月額制オンラインコミュニティの紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、イギリス在住フリーランス養成コーチが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。

 

水道水の自給が不足

シンガポールでは水道水の自給ができていません。

周囲を海に囲まれている小さな島国であり、高い山もないので自然湧水もないのです。

マレーシアから水を輸入している

国民生活に欠かすことのできない飲料水を自給できないため、シンガポールはイギリス植民地時代よりずっと、隣国マレーシアから天然水を輸入しています。

シンガポール全体で一日消費する3億ガロンの飲料水を確保するために、一日あたり3億5000万ガロンの天然水を輸入しているのです。

しかし、マレーシアとの政治関係は良好とは言えず、いつ輸入が止まってしまうかわからない状況が続いています。

そのためシンガポール政府は、飲料水の自給自足を目指すことになりました。

貯水池の建設

水の自給自足のための施策のひとつが貯水池の建設です。

シンガポール国内には19か所の貯水池が作られています。

マクリッチ貯水池やクランジ貯水池、アッパーパース貯水池、ローワーパース貯水池、べドック貯水池、プンゴル貯水池、アッパーセレター貯水池、ローワーセレター貯水池、マリーナベイサンズ付近に最近作られたマリーナ貯水池といった具合です。

ニューウォーターと海水の淡水化

シンガポールでは水の自給自足を成功させるために技術開発にも取り組んでいます。

ニューウォーターとは高度な浄水技術によって下水をリサイクルし、国連保健機関WHOの飲料水基準をクリアする水を精製することができるようになりました。

また海水の淡水化にも取り組んでいます。

シンガポールの観光旅行に関しては「シンガポール観光旅行完全ガイド」にてより詳しくお伝えしています。

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる「月額制オンラインコミュニティ」の紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。