1. TOP
  2. リークアンユー
  3. 首相辞任後のリークアンユーとシンガポール
Sponsored Link

首相辞任後のリークアンユーとシンガポール

リークアンユー   790 Views
Sponsored Link




Sponsored Link

リークアンユーの首相辞任とその後継者

首相辞任の背景

1990年11月26日、リークアンユーは首相を辞任します。

彼は31年間、シンガポールの首相として君臨し、これまでみてきたようなさまざまな政策を実行し、シンガポールを発展させてきました。

そのリークアンユーの首相辞任の翌日、11月27日に49歳のゴー=チョクトンが後継の首相として就任しました。

リークアンユーの首相辞任の背景には世界的な冷戦構造の崩壊がありました。

すなわち、ソ連・東欧の共産主義国家が崩壊し、自由と民主主義、そして市場経済が「グローバル・スタンダード」とされるようになり、リークアンユー政権のような開発主義国家は、その非民主的性格から国内外からの批判を浴びるようになったのです。

このような流れをうけて、フィリピンや韓国といった世界各地の開発主義国家は、激しい民主化運動をへて民主的体制へと転換していきました。

そして、この政権交代もまた、こうした流れを反映したものでした。

ゴーチョクトンの経歴

では、後継の首相に就任した、ゴーチョクトンについてみておきましょう。

彼は1941年生まれのもと経済官僚で、政府系の海運会社であるネプチューン・オリエント・ラインズ社で社長をつとめました。

そして、社長在任中にその経営手腕を発揮して同社を赤字から黒字経営に立て直しました。

そのことを評価されて1976年に国会議員選挙に出馬することになり、初当選を果たして、政治家に転身した人物です。

その後、1979年には新しく設置された貿易産業相に就任して、シンガポールの貿易と産業の発展に力を尽くしました。

さらに1984年になると、副首相・国防相としてリークアンユーの補佐役をつとめ、その後継者として内外の注目を集めるようになりました。

協調型の政治運営

このような経歴のうえで首相に就任したゴーチョクトンですが、彼の政権ではリークアンユーのような独裁的なリーダーシップではなく、集団指導制による協調型の政治運営が行なわれました。

主要閣僚には、ゴーチョクトンと同じ第2世代が就任して世代交代が印象づけられるとともに、次世代である第3世代にも積極的に政権に参加させました。

まず、第2世代の主要閣僚として、副首相には華語教育出身のオン=テンチョンが就任し、教育相には銀行家出身のトニー=タン、外相にはインド系のS・ダナバランが就任しました。

さらに第3世代では、副首相にリーシェンロン(リークアンユーの長男)、情報・芸術相代行として当時36歳だったジョージ=ヨーが就任します。

そして、政権党として首相にならぶ権力を有する党書記長のポストも1992年にリークアンユーからゴーチョクトン首相に移り、これをもってシンガポール政権中枢部における世代交代は完了しました。

新ポスト「上級相」就任

リークアンユーの院政

しかし、これによってリークアンユーが政界から完全に引退したというわけではありませんでした。

この時、リークアンユーはまだ67歳で、政治家としてはまだまだ活躍できる年齢でした。

また、とくになんらかの失政が理由で、首相を辞任したというわけでもありませんでした。

リークアンユーはゴーチョクトン政権において、リークアンユーのために新設されたポスト「上級相」に就任して、いわゆる院政をしいたのでした。

上級相の表向きの役割は政治経験の豊富な者として閣僚たちに助言することでした。

しかし、その実態は若い世代の閣僚たちの政治を政権内部から監視するというものでした。

こうして、ゴーチョクトンを首相とする新政権においてもリークアンユーは影響力を行使しつづけたのです。

ゴーチョクトンの自由化路線と人民行動党の「敗北」

ゴーチョクトン首相のもとでは、これまでの権威主義的な政治体制よりも、ソフトな政治が志向されるようになります。

ゴーチョクトン首相の、たとえ野党が選挙で10議席獲得するようなことがあっても、それは民主主義国家であれば不自然なことでない、という趣旨のリベラルな発言は、ソフトなイメージの新世代のリーダーとして、国民の支持を得ました。

このようなゴーチョクトンの自由化路線の結果は、1991年8月31日に行なわれた総選挙で、人民行動党にとっては手痛いダメージとしてあらわれました。

これまで1議席だった野党の議席がなんと4議席に増えたのです。

もちろん、それでも圧倒的多数は与党・人民行動党が占めていたので、政権運営にただちに支障がでるものではありませんでしたが、リークアンユー政権の時代にはありえない、人民行動党の「敗北」でした。

リークアンユーの発言力増大と人民行動党の挽回

これをうけて、上級相であったリークアンユーは自由化路線を模索していたゴーチョクトン首相に対し、政治の厳格さを求めて、きびしく批判しました。

選挙で振るわなかったことで、政権における上級相としてのリークアンユーの発言力が増大し、これまで以上に積極的に、政権運営に対して影響力を行使するようになりました。

その結果、97年の選挙では、野党の議席は4議席から2議席に半減しました。

これに対して、人民行動党は全83議席中81議席を獲得し、うち47議席が無投票当選でした。

さらに2001年の選挙では野党が2議席にとどまったのに対して、定数を増やした1議席についても人民行動党が獲得し、82議席に増加させました。

うち、無投票当選は55議席にのぼりました。このように、順調に人民行動党の勢力は挽回していきました。

現状維持へ

こうして、いったんは自由化路線を示したゴーチョクトン政権ではありましたが、これまでの権威主義的政治を志向するリークアンユー上級相の指導もあり、人民行動党の権力を現状維持する方向へと舵が切られ、シンガポールの政治的自由化はのちの課題として先送りされてしまったのでした。

以上のように、世界各地の開発主義国家が、激しい民主化運動をへて民主的体制へと転換していくなかで、リークアンユーは首相の座を後継世代に譲りました。

しかしながら、リークアンユーは政治の一線から退くことはありませんでした。彼の建国の父、そしてシンガポール経済を成功に導いた指導者としてのカリスマ性と政治的発言力は絶大なもので、ゴーチョクトン政権のもとで上級相として、シンガポールの国家運営に大きな影響力をもって、関与しつづけたのでした。

Sponsored Link




長男・リー=シェンロンの首相就任

リーシェンロンの半生

2004年8月12日には、第2代シンガポール首相のゴーチョクトンが退任し、リークアンユーの長男で、副首相であったリーシェンロンが第3代首相に就任しました。

リーシェンロンは父であるリークアンユーら「第1世代」、ゴー=チョクトンら「第2世代」につづく、「第3世代」の政治家でした。

まず、簡単にリーシェンロンの半生をみてみましょう。

リーシェンロンは1952年にシンガポールで誕生し、父であるリークアンユーの教育方針にしたがって、華語による教育をおこなう学校に通いました。

その一方で同時に家庭教師からマレー語も学んでいました。彼はもともと英語派華人だったので、英語・華語(標準中国語)・マレー語という3つの言語に堪能になりました。

言語教育の観点からも、父親のリークアンユーが長男のシェンロンを、未来のシンガポールをリードするエリートとして教育していたことがうかがえます。

高校を卒業した後、シンガポールでもっとも名誉ある国家奨学金である「大統領奨学金」と「国軍海外奨学金」を受給して、イギリスのケンブリッジ大学に入学し、数学を専攻しました。

1974年に帰国して国軍に入隊し、さらに1979年にはアメリカのハーバード大学に留学して行政学を専攻しました。

その後、1982年に国軍統合幕僚長に就任、1984年6月には国軍のナンバー3である准将に昇進しました。

まさに、典型的なシンガポールのエリートコースを歩んでいました。

そして、リーシェンロンは1984年12月の国会議員選挙に立候補して当選し、政界入りすることとなりました。

リーシェンロンはそれと同時に、すぐに国防担当国務相に就任しました、

さらに、1987年には通産相をつとめました。

その後、ゴーチョクトン首相のもとで1990年から2004年まで副首相をつとめました。

その間に、与党・人民行動党でも第一書記次長に就任するなど、リーシェンロンは目を見張るほどのスピード出世を果たします。

そして、ついに52歳で父親と同じ首相に就任したのです。

リーシェンロン内閣

リーシェンロン内閣は総数20人の閣僚によって構成されていました。

ゴーチョクトン内閣の閣僚が全部で17人でしたので、リーシェンロン新内閣ではより多くの人材を登用して、諸課題に対処しようとしていたことがわかります。

リーシェンロン内閣の閣僚のうち、ジョージ=ヨー外相、リム=フンキア通産相、テオ=チーヒエン国防相は、リー=シェンロン首相と同じ第3世代であるだけでなく、リー=シェンロンと同じく、大統領奨学金・国軍海外奨学金を受給してケンブリッジ大学でともに学んだ、学友でした。

このほか、彼らを含め、閣僚の11人が第3世代で占められています。

リーシェンロン内閣で、リークアンユーは、このとき新設された「顧問相」に就任して、上級相に就任したゴー前首相とともに、ひきつづきシンガポールの政治運営の監督役として、閣内にとどまりました。

「世襲」への批判

ゴーチョクトンをはさんで、リークアンユーとリーシェンロンが父子で首相の座についたことについては、少なからず批判があるのも事実です。

また、リーシェンロン政権発足の時には、リークアンユーの息子でリーシェンロンの弟であるリーシェンヤンがシンガポール・テレコム総裁、リーシェンロン夫人が政府系投資会社テマセク・ホールディングス(Temasek Holdings)の経営責任者であったりと、リークアンユー・リーシェンロン父子とその一族がシンガポールの政治・経済を牛耳っている、という批判もありました。

このような状況にたいして前述のように、皮肉を込めて「リー王朝」と揶揄されることがあります。

新世代に対応した政治

リーシェンロン首相は、就任の記者会見で新政権の目標を3つ示しました。

1つは若い世代の要望・情熱に応えること、2つ目は3・40代の国民のなかから次期の国家指導者を育成すること、そして3つ目は経済活力と競争力を維持して国民生活を豊かにすること、でした。

また、これまでの成長一辺倒から「ゆとり」を重視するという路線転換についても語りました。

「ミニ・リークアンユー」と呼ばれるように、リーシェンロンは父親譲りの権威主義的な政治姿勢は維持していました。

しかし、そのような態度をとりつつも、同時に、父親のような強圧的ともいえる強烈なリーダーシップで有無を言わさず国民を引っ張っていく、というスタイルとは異なる新たな政治を目指していくという姿勢がうかがえます。

これは社会が変化し、新世代に対応した政治をシンガポール社会が求めていたことを反映してのものだといえるでしょう。

Sponsored Link




求められる変化とリークアンユーの政界引退

野党の躍進

2001年と2006年の選挙でも人民行動党が圧勝し、野党の議席はわずかにとどまりました。

しかし、経済発展の結果、多くの大卒ホワイトカラー・中間層が誕生したことで、社会構造は変化していました。

さらに、インターネットの普及によって、政府の監視をかいくぐって自由に意見を交換している人々も少なくありません。

政権の側にもこのような状況に対応した変化が求められているのも事実でした。

そのような動きがわずかながら現実のものとなるのが2011年の選挙でした。

この選挙を前にして、人民行動党は批判のあった野党候補への個人攻撃や野党議員を選出した地域に不利益を与えることなど、高圧的なやり方を停止すると発表しました。

一方の野党は人民行動党の政治をチェックすることを優先課題として共同戦線を組んだのです。

すなわち、野党候補同士がぶつかり合うことのないように、各党が協議して選挙区を分担し、有力候補を特定選挙区に立候補させることで一人でも多くの野党議員を当選させることを目指したのでした。

そのため、これまで多かった人民行動党の無選挙当選は5議席にとどまり、全87議席のうち、82議席をめぐって選挙戦が繰り広げられることとなりました。

その結果、人民行動党の議席は81議席で、野党は労働者党が過去最高の6議席を獲得するにいたりました。

人民行動党苦戦の背景

例のごとく、「勝利」の記者会見(野党が議席を増やしたとしても、与党として多数の議席を獲得し、政権を維持したので、「勝利」となります)を開いたリーシェンロン首相は人民行動党が苦戦した理由として国民の失望、不満、満たされない要望、をあげました。

その背景として2つの要素が考えられます。

1つは雇用や住宅をめぐる経済的要素です。

政府が外国人移民奨励を進めたことによる、中間層の雇用機会の減少や、富裕層による不動産投資の影響が中間層などが住む公共住宅の価格に波及したことなどが考えられます。

もう一点は若い世代を中心にして管理政治への不満が高まっている、という政治的な要素です。

それが具体的にあらわれたのが選挙期間中にリークアンユーが、野党候補を選んだ選挙区はその後の5年間後悔することになる、という発言をしたことに対するインターネット上の反応でした。

こういった発言は、かつてであれば選挙民に対する威嚇として通用した手法でした。

しかし、この時の選挙民の反応は違いました。

この発言はネットをつうじて拡散するとともに、これに対する批判が数多く寄せられたのです。

インターネットが選挙の流れを変えるという、21世紀の選挙にリークアンユーら古い世代の政治家が十分に対応できていなかった、ということもその背景にはあったかも知れません。

リークアンユーの政界引退

このようなリークアンユーの言動にたいして、有権者の反発は予想以上に大きかったので、彼の息子でもあるリーシェンロンが直接、父親に自制を求めたほどでした。

選挙後の2011年5月14日、1990年に首相を辞任してから20年のあいだ、上級相そして顧問相として政治の中枢にいたリークアンユーが、選挙結果をうけて、第2代首相であったゴーチョクトンとともに引退を表明しました。

引退にあたって、リークアンユーはゴーチョクトンと連名で、つぎのような声明を発表しました。

 

われわれは選挙結果を分析し、それがシンガポールの将来にどのような影響を与えるのか熟慮した。われわれはこれまでシンガポールの発展のために努力してきたが、困難で複雑な状況の時代には、若い世代の政治家の手でシンガポールを前進させるべきであるとの結論に達した。シンガポール政治の分岐点となった今回の選挙結果を受けて、われわれは閣僚を辞任し、シンガポールの将来を担う任務を、若いシンガポール国民の気持ちを理解する若い世代の閣僚に委ねることに決めた。しかし、若い世代の政治家は、これまでシンガポールに多大な貢献をした旧世代指導者を常に気遣い、大切にする必要がある。

 

この声明ののち、リークアンユーは、閣僚ばかりでなく、首相退任後も継続して就任してきた政府海外投資公社社長など、ほかの政府機関におけるポストからも退きました。

こうして、リークアンユーは完全に、自らが築いてきたシンガポールという国家の運営の表舞台からおりたのでした。

このときのリークアンユーの年齢は88歳でした。

一方、厳しい選挙結果をうけて、リーシェンロン政権と与党・人民行動党は「国民目線の政治」を目指すことになります。

その実現はいまだ未知数ですが、いずれにせよ、2011年の選挙における野党の躍進、そしてその結果をうけたリークアンユーの政界引退は、これまでリークアンユーがリードしてきたシンガポールの現代史が、あらたな段階に突入したことを告げるものであるといえるでしょう。

 

下記はリークアンユー氏に関する記事の一覧です。

リークアンユーのあゆみ【完全ダイジェスト版】 約1万7千文字 

シンガポール建国の父、リークアンユー:その生涯と政治・思想 約13万文字

リークアンユー登場までのシンガポールの歴史と社会

リークアンユーの歩み:誕生から首相就任まで

リークアンユーの政権獲得と政治闘争

リークアンユーの国づくり:独立国家・シンガポールの国家運営

リークアンユーの外交戦略

首相辞任後のリークアンユーとシンガポール 今回の記事

リークアンユーが見た21世紀の世界

人生のすべてをシンガポールに捧げた「建国の父」リークアンユーの死

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

その他の記事

  • リークアンユー:シンガポール建国の父、その生涯と政治・思想

  • 第二次世界大戦とシンガポール

  • シンガポール自立への模索

  • イギリス統治下のシンガポール

関連記事

  • リークアンユーの歩み:誕生から首相就任まで

  • リークアンユー登場までのシンガポールの歴史と社会

  • リークアンユーの政権獲得と政治闘争

  • リークアンユーの国づくり:独立国家・シンガポールの国家運営

  • リークアンユー:シンガポール建国の父、その生涯と政治・思想

  • リークアンユーの外交戦略