1. TOP
  2. シンガポール お土産
  3. シンガポールでプラナカン雑貨をお土産にしましょう!
Sponsored Link

シンガポールでプラナカン雑貨をお土産にしましょう!

シンガポールらしさあふれるプラナカン雑貨は、お土産として特に女性から人気があります。

繊細でカラフルな色柄は、世界中の女性を虜にしてやみません。

シンガポールお土産におすすめのプラナカン雑貨やプラナカングッズが買える店などをご紹介しますので、ぜひプラナカンお土産の参考にしてください。

Sponsored Link




Sponsored Link

Contents

プラナカンとは?

15世紀ごろからビジネスチャンスを求めてマレー半島に移住した中国からの移民の多くが、現地の女性と結婚しました。

この子孫が中国とマレーの文化を融合させた独自の文化を築きました。

こうした人たちのことを現地の人々は「プラナカン」と呼びました。

プラナカンの人々は、ビジネスで成功し財を成し、豪華なお屋敷に住んで複数のお手伝いさんを雇っていたそうです。

また、子供たちにも英国流の教育を施すなど、上流階級の仲間入りを果たしました。

このプラナカンが好んで用いた柄が、鳳凰、牡丹、鶴、蝶、バラなどで、富や女性らしさを表します。

シンガポールプラナカン博物館

「peranakan museum」の画像検索結果

プラナカン独自の文化や歴史を学ぶことができるのがこのプラナカン博物館です。

3階建ての建物の中には、プラナカン伝統の工芸品や陶器など多数集められていますので、プラナカンに興味がある方は是非一度訪れてみてください。

住所 39 Armenian Street

電話 6332 7591

営業時間 10:00-19:00 金 10:00-21:00

定休日 なし

Sponsored Link




プラナカンのお土産グッズ

プラナカンのグッズの中でもお土産におすすめの商品をご紹介します。

プラナカン陶器

「nyonya ware」の画像検索結果

プラナカンの女性を「ニョニャ」と呼ぶことから、別名「ニョニャ・ウェア」とも言われるプラナカン陶器は、黄色、ピンク、ミントグリーンなど鮮やかな色使いの中に細かい柄が描かれています。

オリジナルは中国で、おもに19世紀に景徳鎮などで製造されたものが輸入されました。

お金持ちの家では、その家独自のデザインで作らせたそうです。

高価なアンティークも出回っていますが、現在流通している陶器はレプリカが主流です。

プラナカンタイル

「peranakan tiles」の画像検索結果

プラナカンの住居として有名な奥行きのあるショップハウスに使われたのがこのプラナカンタイルです。

19世紀のイギリスで製造・輸入されたタイルがブームとなり、その後はレプリカも多く出回ったそうです。

タイルそのものもちょっとしたインテリアとしてお土産におすすめですが、プラナカンタイル風のマグネットなども販売されています。

サロンケバヤ

「peranakan kebaya」の画像検索結果

プラナカンの女性が着る服として定着し、シンガポール航空CAの制服にもなっているのがサロンケバヤです。

プラナカンの伝統的なスタイルは、トップスとなる刺しゅうが施された「クバヤ」と、腰に巻く「サロン」が別々になっています。

このクバヤの刺しゅうも女性たちが手作業で行う伝統がありました。

シンガポールの気候に適した涼しいレース生地が特徴で、日本の夏でも快適に過ごすことができますので、ぜひお土産におすすめです。

ビーズサンダル

「peranakan sandal」の画像検索結果

プラナカンの女性が花嫁修業として必ず身につけたのが刺しゅうの技術で、金銀の派手な糸を使用したものが中心です。

この刺繍が進化したのがビーズ刺繍で、3世代にわたって使用できるようにとサンダルにほどこされた細かな模様は、プラナカン文化を代表する工芸技術となっています。

粒の小さいビーズをヨーロッパから取り寄せ、できるだけ細かい柄を刺しゅうしています。

もともと時間のかかる作業に加え、細かければ細かいほど高価になりますが、あまりの美しさに飾り物として購入する人も多いそうです。

刺しゅうハンカチ

「nyonya handkerchief shop」の画像検索結果

プラナカン女性の刺しゅうは、ハンカチにもほどこされています。

手や顔を拭くのに使用するのはもちろんですが、ファッションのアクセントに見せる要素もありました。

本格的な刺しゅうが入ったハンカチは高価になりますので、ワンポイントなど「プラナカン風」の刺繍が入ったハンカチはお土産におすすめです。

あらかじめ柄の入ったバティック生地に刺しゅうが施してあるハンカチもあります。

ランチボックス

「peranakan lunch box」の画像検索結果

1890年代にインドでカレーやチャパティを運ぶために使用されていた弁当箱がシンガポールに渡ったそうです。

プラナカンの間では一般的だったこのランチボックスですが、カラフルで花柄などが描かれているため現在でも大変人気の品となっています。

ホーロー容器に手作業で絵付けしたものが安く売られていますが、プラナカンのビンテージ物は大変高価です。

インテリアのアクセントとしても良さそうです。

プラナカンアクセサリー

ニョニャのアクセサリーはクバヤに合わせて首から縦にピンでとめていく「ケロサン」というアクセサリーや、イヤリングなどが一般的です。

もちろんアンティークなどは高価になりますが、現在も一般使用するために作られたものが売られていますので、お土産におすすめです。

プラナカン柄バッグ

「peranakan bag」の画像検索結果

シンガポールの雑貨店などではプラナカンタイルの模様などを意識したデザインで現代風のプラナカンスタイルを見かけます。

カラフルでレトロ感あふれるプラナカンスタイルのバッグをお土産にするとショッピングのエコバッグとしても使用できて喜ばれます。

プラナカン刺しゅう入り巾着

プラナカンの陶器などが刺しゅうされたかわいらしい巾着はいかがですか?

シンガポールならではのお土産になりますし、実用性にも優れているため大変人気のある商品です。

プラナカン柄マスキングテープ

「peranakan tape」の画像検索結果

近頃はおしゃれな文具としても広く普及しているマスキングテープですが、シンガポールではプラナカンタイル柄のテープも売られています。

ラッピングをはじめ、デコレーションやアクセントに使用できるテープをお土産にすれば、女性は特に喜ぶこと間違いなしです。

プラナカン柄ポーチ

「peranakan pouch」の画像検索結果

プラナカンタイル柄などのポーチもあります。

ペンケースとしてもよいでしょうし、バッグの中でごちゃつくものをまとめることができるので重宝されます。

ビューティーセット

「peranakan beauty set」の画像検索結果

あぶらとり紙、石鹸、爪磨きがセットになっていて、プラナカン柄のデザインがおしゃれな一品です。

旅先で使えるので、女性だったら自分へのお土産にしても良いでしょう。

Sponsored Link




シンガポールでプラナカン雑貨が買える店

トゥルー・ブルー・ショップ(True Blue Shoppe)

「True Blue Shoppe」の画像検索結果

先述のプラナカン博物館に併設されているショップです。

博物館に入らなくてもお店に入れるようになっていますので、博物館に行く時間はないけれどお土産を買う時間だけはあるという方でも問題ありません。

プラナカンの食器からアクセサリーのほか、プラナカン・タイルのマグネットも販売しています。

住所 39 Armenian Street

電話 6337 7454

営業時間 10am – 7pm (金曜は9pmまで)

定休日 なし

ルマ・ビビ(Rumah Bebe)

「rumah bebe」の画像検索結果

カトン地区のショップハウスが並ぶ通りにあるお店なので、プラナカンのショップハウスを見に行くついでに立ち寄ることをおすすめします。

博物館においても良さそうな高価なプラナカングッズが並ぶお店で、ビーズ刺繍の教室も開催しています。

予約制ですが、1時間程度のクラスなので、興味がある方は観光のついでに体験してみるのも楽しいでしょう。

住所 113 East Coast Road

電話 6247 8781

営業時間 9:30am – 6:30pm

定休日 月曜

Cat Socrates

「Cat Socrates」の画像検索結果

世界各国から集めたかわいらしい雑貨が並ぶ店内ですが、プラナカンタイルも販売されています。

カトン地区にあるお店ですので、ぜひプラナカンのショップハウス見学と合わせて訪ねてみてください。

かわいい猫ちゃんが出迎えてくれるかもしれません。

住所 448 Joo Chiat Road

電話 6348 0863

営業時間 12:30-21:30

定休日 月曜

リトル・ショップハウス(Little Shophouse)

「little shop house」の画像検索結果

サルタン・モスクのすぐ近くにあるこのお店は兄妹で経営されており、このお二人が自ら刺しゅうしたビーズサンダルなどが並べられています。

また、プラナカングッズのほかにもヒスイのアクセサリーなどを販売しています。

ご主人が開催するビーズ刺繍教室は、日本の駐在員奥様などが多く通われているそうです。

住所  43 Bussorah St

電話 6295 2328

営業時間 10:00-18:00

定休日 なし

ルマ・キムチュー(Rumah Kim Choo)

160411-blog-kim-choo-kebaya.jpeg

もともと老舗のニョニャ菓子店ですが、隣にプラナカン雑貨を扱う店舗も構えています。

2階に調度品をはじめファッショングッズが集められていて、インテリア全体からプラナカンの雰囲気を味わうことができます。

ニョニャ菓子の料理教室をはじめ、お菓子を食べながらプラナカンの歴史などに触れることができる講座などが開催されています。

住所 109/111 East Coast Road

電話 6741 2125

営業時間 10:00-20:00

定休日 なし

ソウワン・ポッタリー・ジャングル(Thow Kwang Pottery Jungle)

「Thow Kwang Pottery Jungle」の画像検索結果

1965年創業の窯元で、かつては薪をくべて焼き物を製造していました。

現在は薪で焼き物を作るスタイルはなくなってしまいましたが、かつての方法を見える形で残したいという願いからこの場所が引き継がれています。

シンガポール市内から離れた場所にありますが、陶芸教室が人気です。

また、プラナカン食器を卸しているだけあって市内より2割引きほどで買うことができますので、プラナカン食器をたくさん買いたいという人にはおすすめです。

住所 No. 85 Lorong Tawas  via Clean Tech View

電話 6265 5808

営業時間 9:00-17:00

定休日 なし

ファー・イースト・ファイン・アーツ(Far East Fine Arts)

「Far East Fine Arts」の画像検索結果

ラッキープラザ4階にあるチョーさんの店として日本人の間で有名な雑貨店です。

オーナーのチョーさんは日本語が達者で、日本人向けのお土産を自らデザインして発注をかけることもあるなどシンガポールでお土産を探す日本人の救世主的存在となっています。

プラナカングッズだけでなく、お土産に最適な雑貨が所狭しと並んでいますので、ぜひ一度訪れてみてください。

住所 #04-58 Lucky Plaza, 304 Orchard Road

電話 6235 1536

営業時間 11:00-18:00(日 12:00-16:00)

定休日 なし

メリッサ(Melissa)

「melissa singapore」の画像検索結果

マンダリン・ギャラリーにある日本人がオーナーの雑貨ショップです。

日本人のお土産文化に合わせた品ぞろえとなっているので、シンガポールを訪れる日本人の間で人気のお店です。

特にメリッサオリジナルの商品がたくさんあり、プラナカン雑貨も現代風のデザインで販売されています。

住所 #04-30 Mandarin Gallery, 333A Orchard Road

電話 6333 8355

営業時間 10:00 – 20:00

定休日 なし

Little Nyonya Batik

「little nyonya batik」の画像検索結果

主にプラナカンのファッショングッズを販売しています。

実店舗の営業は土曜日のみとなっていますが、オンラインでいつでも注文が可能です。

海外への発送も行っていますので、日本で受け取ることもできます。

住所 Hotel Royal, 36 Newton Road, #03-20

電話 9062 3448

営業時間 土曜のみ 11:00-17:00 他の日は要アポイント

シンガポールでプラナカン料理が食べられるレストラン

トゥルー・ブルー・キュイジーヌ(True Blue Cuisine)

「True Blue Cuisine」の画像検索結果

プラナカン博物館のトゥルー・ブルー・ショップ隣にあるレストランです。

さすがは博物館併設ということもあり、プラナカン料理を心ゆくまで堪能できます。

また、調度品の数々も目を和ませてくれます。

住所 47/49 Armenian Street

電話 6440 0449

営業時間 11:30-14:30, 17:30-21:30

定休日 なし

Candlenut

「Candlenut como dempsey」の画像検索結果

伝統のプラナカン料理を少しアレンジして現代風にしてありますので、食べやすいと評判です。

このメニューを考案しているシェフは、若くしてシンガポールで有名になったマルコム氏で、プラナカンの伝統料理をもっとみんなに知ってもらいたいという一心でこのレストランを始めたそうです。

住所 Block 17A Dempsey Road

電話 1800-304-2288

営業時間 ランチ 12:00-14:30 ディナー 日-木 18:00-21:30 金・土・祝日・祝前日 18:00-22:30

定休日 なし

House of Peranakan Petit

「House of Peranakan Petit」の画像検索結果

ミントグリーンの店内は約20席ほどのこじんまりとした作りで、アットホームな感じであふれています。

気軽に入ることができるお店です。

同じオーナーのレストランがシンガポールにあと2店ありますので、行きやすい場所へどうぞ。

住所 42 Eng Hoon Street, Tiong Bahru Estate

電話 6222 1719

営業時間 12pm-3pm, 6pm-10pm

定休日 火曜

ブルージンジャー(The Blue Ginger Restaurant)

「The Blue Ginger Restaurant」の画像検索結果

予約が取れないお店として有名ですので、シンガポール旅行が決まったらすぐに予約することをおすすめします。

スパイスの効いている料理にビールがよくすすみます。

落ち着いた雰囲気の店内でシンガポールの雰囲気を味わってください。

住所 97 Tanjong Pagar Road

電話 6222 3928

営業時間 ランチ 12:00-15:00 ディナー 18:30-22:30

定休日 なし

Sponsored Link




プラナカン建築を見ることができる場所

エメラルド・ヒル(Emerald Hill)エリア

エメラルド・ロード(Emerald Road)

「emerald hill road」の画像検索結果

オーチャードロードから北へ少し入っただけの通りなので、買い物のついでに立ち寄ってみてください。

範囲としてはそれほど広くありませんが、ところどころにカフェなどをやっているショップハウスもありますので、お茶をするのも良いでしょう。

シンガポールに来たという感覚を味わえる通りです。

サンダース・ロード(Saunders Road)

「saunders road singapore」の画像検索結果

こちらは色合いも白が基調の家が多く、住居としての役割が大きいことがわかる通りです。

エメラルド・ロードから一本西に入った通りになります。

ブレア・プレイン(Blair Plain)エリア

ブレア・ロード(Blair Road)

「blair plain shop houses」の画像検索結果

チャイナタウンとチョンバル・マーケットの間に位置するシンガポール総合病院の南側になります。

鮮やかなブルーの壁が印象的な建物にレンガ色の屋根が映えます。

エバートン・ロード(Everton Road)

関連画像

ブレア・ロードから東に向かったつきあたりがエバートン・ロードです。

水色やクリーム色などのパステル調の家が多く並びます。

ニール・ロード(Neil Road)

「neil road」の画像検索結果

エバートンロードを北に向かったつきあたりがニール・ロードです。

カラフルな壁が目立つ通りです。

Spottis Woode Park Road

「spottis woode park road」の画像検索結果

ブレア・ロードとエバートン・ロードの間にある袋小路のような通りです。

窓枠に色がついていてかわいらしい感じになっています。

カトン(Katong)エリア

Joo Chiat Road

「Joo Chiat Road」の画像検索結果

112カトンモールや先述のルマ・ビビなどがあるイースト・コースト・ロードから北へ向かう通りで、かなり長い距離にプラナカンのショップハウスがずらっと並んでいます。

途中レストランやショップなどを見ながら北へ向かうとゲイラン・ロード/チャンギ・ロードにあたります。

スーパーのフェア・プライスなどが入るJoo Chiat Complexというショッピングモールがありますので、エアコンが効いた店内で涼むのも良いでしょう。

East Coast Road

「east coast road singapore」の画像検索結果

ショップやレストランが多い大通りです。

地元民の間で有名な「カトン・ラクサ」もあります。

ただ、この通りは東西にかなり長く伸びた道路ですので、歩いて見て回りたい場合は先述のJoo Chiat Roadの入り口を中心に見ることをおすすめします。

Koon Seng Road

「Koon Seng Road singapore」の画像検索結果

南北に伸びているJoo Chiat Roadの中ほどから東に伸びている通りです。

パステルカラーが見事な壁面で、プラナカンのショップハウス代表格という雰囲気です。

Tembeling Road

「tembeling Road singapore」の画像検索結果

Joo Chiat Road からKoon Seng Roadへ向かって歩き、1本目のJoo Chiat Roadと並行している通りです。

こちらもKoon Seng Road とならぶ代表格です。

Lotus at Joo Chiat

「lotus at joo chiat」の画像検索結果

こちらはプラナカンのショップハウスを利用したサービスアパートメントで、1週間からの滞在が可能です。

シンガポール旅行も長期で滞在可能な方は、ぜひ一度プラナカンスタイルの暮らしを体験してみませんか。

住所 89 Joo Chiat Pl

電話 6348 8206

Sponsored Link




シンガポールでプラナカン雑貨をお土産のまとめ

お土産にしたいシンガポールならではのプラナカン雑貨を中心にご紹介しましたが、せっかくの機会ですから文化全体に浸ってみることをおすすめします。

ブランドのお店が立ち並ぶ近代的なオーチャードとは対照的なシンガポールの伝統を体験することで、より深くシンガポールを知ることができるはずです。

そうした体験を得た上でのお土産選びはまた格別なものとなるでしょう。

それでは楽しいシンガポール旅行をお過ごしください!

なお、シンガポールのお土産に関する全ての最新情報は「シンガポールのお土産でおすすめのもの完全ガイド!」にてお伝えしております。

ぜひ、こちらも御覧ください!

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

その他の記事

  • シンガポールのお土産:ブランド特集!

  • シンガポール動物園で買えるお土産特集!

  • シンガポールで買えるコスメのお土産最新情報!

  • シンガポールのタクシーは安くて便利でボッタクリの心配もない!

関連記事

  • シンガポールでばらまきに最適なお土産を買いたい!

  • シンガポールで有名なお土産特集!

  • シンガポールのお土産は空港で買うのがおすすめ!

  • シンガポールでお土産にしたいアクセサリー特集!

  • シンガポールのお土産:ブランド特集!

  • シンガポールのお土産におすすめなTシャツ!