ピックアップ
シンガポールのお土産 食べ物大特集!

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる月額制オンラインコミュニティの紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、イギリス在住フリーランス養成コーチが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。

 

海外旅行のお土産と言えばやはり定番は食べ物です。

シンガポールでもお土産におすすめの食べ物がたくさんありますので、厳選してご紹介したいと思います。

ぜひお土産選びの参考にしてください。

シンガポールのお土産でおすすめのクッキー

シンガポールのお土産としておすすめの食べ物上位にランキングするのはクッキーです。

英国領だったという歴史の影響もあり、紅茶とクッキーという組み合わせもシンガポールでは定番となっています。

マーライオンクッキー

「merlion cookie」の画像検索結果

何はともあれシンガポール=マーライオンですから、値段にこだわらなければ割とどこでも売っています。

お得に買いたいという場合は、スーパーやムスタファ・センターがおすすめです。

味もフルーツ味やチョコレート味など様々なので、いろいろ買うと楽しいですね。

ブンガワン・ソロのクッキー

「bengawan solo cookies」の画像検索結果

シンガポールのローカルでは有名なプラナカン菓子店ブンガワン・ソロでは、化学調味料を使用しない上質なクッキーが人気で、お土産としても知名度が高い商品です。

中国では末広がりとして好まれる8角形のパッケージは、花などのモチーフが描かれたカラフルなデザインで、特に女性からの人気が高いです。

チャンギ国際空港や高島屋などにお店があります。

住所 391A Orchard Road, Takashimaya #B207-2-2

電話 6735 5391

営業時間 10:00-21:30

ヤクン・カヤトーストのクッキー

「yakun kaya toast cookies」の画像検索結果

シンガポールのローカルフードとして人気のカヤトーストは、ココナッツベースのカヤジャムを塗ったトーストですが、そのカヤトーストを食べることができるカフェ「ヤ・クン カヤトースト」ではカヤバタークッキーが販売されています。

ハンドメイドで化学調味料などを含まないこのクッキーは、サクサク感がたまらないと地元でも人気です。

また、特に小袋でばらまき土産にも最適なことから、日本人の間ではお土産として人気が高いです。

国内外に多数の店舗がありますが、オーチャードでしたらパラゴンやサマセットにあります。

住所 290 Orchard Road, #B1-38 Paragon

電話 6235 7314

営業時間 7:30-22:00

LA CURE GOURMANDEのクッキー

「LA CURE GOURMANDE cookies」の画像検索結果

フランス生まれのLA CURE GOURMANDEは、三つ編みの女の子がトレードマークのお菓子屋さんです。

チョコレートやクッキーなど、上品なお味のお菓子を量り売りでも買うことができるお店です。

お土産としてはかわいい缶に入ったクッキーが人気です。

高島屋のあるニー・アン・シティにあります。

住所 391 Orchard Rd, #03-09

電話 6684 2983

営業時間 10:00-21:30

クッキー・ミュージアムのクッキー

「cookie museum cookies」の画像検索結果

高級オーガニッククッキーの店として名高いクッキー・ミュージアムでは、サテやドリアン味といった変わった味のクッキーも販売されています。

クッキーの容器となる缶はヨーロッパ風のデザインで、大変おしゃれです。

クッキー・ミュージアムのクッキーは、化学調味料だけでなく、牛乳やバターも使用していないため多少崩れやすいという難点はありますが、上品なお味を堪能できます。

高島屋などに店舗がありますが、チャンギ国際空港でも販売されています。

住所 391 Orchard Road, #B209-3

営業時間 10:00-21:00

Jenny Bakeryのクッキー

「Jenny Bakery cookies」の画像検索結果

香港発祥の無添加バターを使用したクッキーで、香港では毎日大行列ができるほどの人気です。

一度食べたら病みつきということで、口コミで大行列ができているということですからお味は間違いありません。

このJenny Bakeryのお店がシンガポールにもあり、こちらもやはり品切れという日もあるそうですから、確実に買うためにはホームページの情報から予約をおすすめします。

住所 422 Ang Mo Kio Ave 3, #01-2534

電話 9235 7320

営業時間 12:00-19:30

定休日 月曜日

なお、シンガポールのお土産で人気のクッキーに関するより詳しい情報は「シンガポールのクッキーはお土産におすすめです!」にてお伝えしています。

Sponsored Link

シンガポールのお土産でおすすめのスイーツ

シンガポールのお土産としておすすめの食べ物の中でもスイーツをご紹介します。

シンガポールでは持ち帰りたくなるスイーツがたくさん売られていますが、かき氷やアイスクリームなどその場で食べてしまわなければならないものが多いです。

ここでは、お土産として持ち帰ることのできるスイーツを厳選しています。

エルイー・カフェのパイナップルタルト

「le cafe pineapple tart」の画像検索結果

シンガポールの老舗菓子店エルイー・カフェでは、ゴルフボールのようなパイナップルタルトが人気です。

ただ、毎日手作りで数に限りがある上、ローカルにも人気の品だけあって、売り切れてしまう日もありますので注意が必要です。

また、3店舗ありますが、どのお店もMRTの駅から遠いため、タクシーが一番便利です。

住所 264 Middle Road

電話 6337 2417

営業時間 10:30-19:00

マンゴープリン

「mango pudding singapore」の画像検索結果

大体どのスーパーでもこのような形の真空パックで売られていますので、ばらまき土産としてもおすすめです。

また、他のスイーツに比べて日持ちするのもありがたいです。

五谷豊(Wu Gu Feng)のパイナップルケーキ

Wu Gu Fengは3代にわたって60年以上続く中華菓子製造会社です。

実店舗を持たずにスーパーやデパートで防腐剤不使用の月餅やケーキなどを販売しています。

プラナカンデザインのパッケージも人気の秘訣です。

特にパイナップルケーキはばらまき土産にもおすすめのスイーツです。

TWGのマカロン

関連画像

TWGといえば紅茶の名店ですが、マカロンも販売しています。

そして、マカロンにはオリジナルの紅茶が使用されていて、とても上品なお味になっています。

カラフルなマカロンを黄色のパッケージに入れてくれるので、見た目にもうれしくなるお土産です。

チャンギ国際空港でも売られていますので、時間があれば免税ということもありますし、飛行機に乗る前に買うことをおすすめします。

なお、TWGに関しては「TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!」で詳しくお伝えしていますので、合わせてご覧ください。

サニー・ヒルズのパイナップルケーキ

「sunny hills singapore」の画像検索結果

サニー・ヒルズは台湾のお店ですが、シンガポールでもお土産として人気が高いです。

東京にも支店ができたのですが、ケーキの材料が違うため、味も異なります。

シンガポールのお店はラッフルズホテルにあり、お茶と一緒に試食もできるのでぜひ足を伸ばしてみてください。

※ラッフルズホテル改装工事のため、2017年3月24日より高島屋に移転します。

住所 Unit #B2-27A, Takashimaya Shopping Center, Ngee Ann CityTower B

電話 8522 9605

営業時間 11:00-21:00

Sponsored Link

シンガポールのお土産でおすすめのお菓子

シンガポールのスーパーやデパートで気軽に買えるお菓子のお土産をご紹介します。

割と日持ちするので、すぐに会えない方などへのお土産にはおすすめです。

プラウン・ロール

シンガポールで甘くないお菓子の代表格がこちらのプラウン・ロールです。

エビ味でポリポリとおつまみに進みます。

袋タイプもありますので、ばらまき土産にもおすすめです。

ドライフルーツ

「dried fruits singapore」の画像検索結果

シンガポールは輸入大国なので、自国ではフルーツをほぼ生産していません。

そのためドライフルーツも別の国からの輸入になりますが、やはり南国ということもあって日本で買うよりは安いですし、お土産として手軽に買うことができてかさばらないのが人気です。

メーカーによって甘さや硬さに違いがあるので、現地で食べ比べてからどれにするか決めるのも良いと思います。

スナック菓子

「snack singapore」の画像検索結果

手作り感があふれるパッケージのローカルスナックも充実しています。

シーフード系が多いので、おつまみに最適です。

特にリトル・インディアやムスタファ・センターでは品ぞろえが豊富です。

なお、シンガポールのお土産でオススメのお菓子に関するより詳しい情報は「シンガポールおすすめのお土産お菓子編!」にてお伝えしています。

Sponsored Link

シンガポールの食べ物のお土産でその他のおすすめ

スイーツでもお菓子でもないそのほかの食べ物でお土産におすすめのものをご紹介します。

カヤジャム

「kaya jam singapore」の画像検索結果

ココナッツ味のカヤジャムはシンガポールのローカルフードとして有名で、日本人でもココナッツが好きな人であれば間違いなく好む味です。

ラッフルズホテルやヤクン・カヤトーストでもオリジナルのカヤジャムが売られていますが、スーパーでもローカル御用達のブランドが多数並んでいます。

瓶詰で重いというのが難点ですが、プラスチックカップに入ったタイプもありますので、お土産をなるべく軽くしたいという人はそちらをお求めください。

カップヌードル

日本の会社日清のカップヌードルはシンガポールでもローカル味を販売しています。

どれも辛い味付けが特徴ですが、日本人の間ではブラックペッパークラブが比較的食べやすいと評判です。

ご当地土産として珍しさもありますので、おすすめです。

ジンジャーソース

「ginger sauce」の画像検索結果

シンガポールのローカルに人気が高いレストラン三盃雨件で食べることができる人気メニュー、ジンジャー・チキンについているソースをそのまま瓶詰にしたものです。

スーパーで販売されていますので、お土産としては買いやすく、味も絶品です。

ご自宅用土産にも忘れずに買ってお試しください。

ラクサ

「instant laksa」の画像検索結果

シンガポールの人気ローカルフードラクサのインスタント麺もお土産としておすすめです。

いろいろなメーカーから販売されていますが、このPrima Tasteのものがおいしいです。

ただ、好みが分かれる食べ物なので、ラクサが好きまたは好きそうという人限定のお土産がよいでしょう。

ポークジャーキー

「pork jerky singapore small package」の画像検索結果

ポークジャーキーはシンガポールではバクワと呼ばれ、中国系の人たちに大人気の食べ物です。

シンガポール発祥のものですから、シンガポールならではのおみやげになりますが、専門店などで焼いてそのまま食べるタイプの物をお土産として日本に持ち込むことはできませんので注意が必要です。

スーパーなどでしっかりと加工、包装されているものはたいてい問題ありません。

Sponsored Link

シンガポールの食べ物のお土産が買えるお店

観光で数日間シンガポールを訪れるだけという場合は、なかなか食料品店に足を運ぶ機会も少ないかもしれません。

でも、シンガポールの現地の生活を知ることができる食料品店は、観光地と合わせてぜひ訪れていただきたいスポットです。

食べ物を買うことができるスーパーや場所をご紹介します。

フェア・プライス

シンガポール一の規模を誇るスーパーがこのフェア・プライスで、ローカルにも人気のスーパーです。

物価の高いシンガポールの中でも割と安い価格で買うことができます。

また、様々なコンセプトのフェア・プライス店舗を展開していて、オーチャードにはスコッツ・スクエアにフェア・プライス・ファイネストがあります。

ファイネストは生鮮食品を中心としたスーパーで、野菜などが新鮮です。

住所  6 Scotts Rd, #B1-03 to 07 and #B1-10

電話 6636 0290

営業時間 8:00-23:00

コールド・ストレージ

コールド・ストレージもまたシンガポールで最大規模のスーパーですが、フェア・プライスより高級感のあるスーパーです。

高島屋に入っているスーパーもコールド・ストレージです。

住所 391A Ngee Ann Orchard Road, #B2-01-1, Takashimaya

電話 6735 1266

営業時間 10:00-21:30

なお、シンガポールのスーパーで購入できるお土産に関しては「シンガポールのお土産はスーパーマーケットにもオススメが沢山あります!」にてより詳しくお伝えしています。

ムスタファ・センター

リトル・インディアにあるインド系ディスカウントデパートが、ムスタファ・センターです。

週末の混雑や、まさにインドという雰囲気もあり、そういった雑多感が苦手な人にはあまりおすすめできませんが、異国情緒あふれる熱気を感じたい方は、なんでも安く買うことができますのでぜひ足を伸ばしてみてください。

また、24時間営業というのも大変便利です。

住所 145 Syed Alwi Road

電話 6295 5855

営業時間 24時間

なお、ムスタファセンターで購入できるお土産に関するより詳しいは「シンガポール ムスタファセンターのお土産に関する最新情報」にてお伝えしています。

伊勢丹スコッツ

オーチャードの伊勢丹スコッツでは、食品売り場が長い間改装工事されていて、ようやく新装オープンしたところなので、明るくて新しい店内と日本の雰囲気で買いやすいでしょう。

日本人向けのお土産コーナーも充実していますので、あまりお土産選びに時間が取れないという人は伊勢丹がおすすめです。

住所 350 Orchard Rd

電話 6733 1111

営業時間 午前10時~午後9時(但し、金・土曜日及び祝日前日は午前10時~午後9時30分)

なお、オーチャードで購入できるお土産に関しては「シンガポール オーチャードのお土産最新情報!」にてお伝えしています。

チャンギ国際空港

空港でも食べ物のお土産は充実しています。

専門店の場合は市内の価格より免税価格で安く買うことができますので、時間があれば空港で買うことをおすすめします。

空港内のフェア・プライスやセブンイレブンはやはり市内のお店の方が品ぞろえが豊富なので、スーパーで買い物をしたい人は空港ではなく市内で買うことをおすすめします。

それでも買い忘れたものなどを買うのであれば駆け込みで買うことができますので便利です。

フェア・プライスはターミナル2のB1階に、そしてフェア・プライス・ファイネストはターミナル3のB2階にあり、どちらも7:00-23:00営業です。

セブンイレブンは、ターミナル1と2なら各2階、3階に、またターミナル3なら3階にあり、24時間営業です。

なお、チャンギ国際空港のお土産に関するより詳しい情報は「チャンギ国際空港でおすすめのお土産特集!」にてお伝えしています。

シンガポールのお土産でおすすめの食べ物特集!まとめ

シンガポールのお土産でおすすめの食べ物をご紹介しましたが、シンガポールのローカル食が好きな場合は何を食べても美味しいということになり、お土産にも苦労しないかもしれません。

ただ、シンガポールのローカル食になじめなかった方は、食べ物をお土産にするのは何にしたらよいか困るといった状況もあるでしょう。

そうした場合、やはり日本でもなじみのある食べ物をお土産にするとまず喜ばれるはずですので、あまり深く悩まずに色々買ってみてください。

それではシンガポール旅行をお楽しみください!

なお、シンガポールのお土産に関する全ての最新情報は「シンガポールのお土産でおすすめのもの完全ガイド!」にてお伝えしております。

ぜひ、こちらも御覧ください!

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる「月額制オンラインコミュニティ」の紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。