1. TOP
  2. シンガポールのお土産は空港で買うのがおすすめ!

シンガポールのお土産は空港で買うのがおすすめ!

シンガポールはお土産を空港で買うことができます。

シンガポールに旅行に行ったのに、買い物する時間がなかった!という人にはありがたい存在のチャンギ空港には、シンガポールでもお土産を買えることで有名なショップなどが入っていて、わざわざ市内で歩き回らずとも事足りてしまうくらい豊富な品ぞろえです。

しかも空港内なら免税で買うことができるので、市内で同じものを買うよりお得です。

また、24時間営業のお店がほとんどというのもチャンギ国際空港の特徴です。

チャンギ空港にはスーパーやコンビニも入っていますので、帰国前には少しゆとりを持ってお買い物を楽しんでください。

シンガポールのお土産は空港で:食品

食品の場合は市内のスーパーで買う方がまとめ買いセールなどを行っているため多少安いかもしれませんが、空港内にもスーパーがありますし、各免税店でも売られているので選ぶのは楽かもしれません。

ただ、液体などは機内持ち込みができませんので、荷物を預ける前に買う必要があります。

せっかく買ったのに泣く泣く没収ということにならないように注意してください。

マーライオンクッキー

お土産の定番マーライオンクッキーも、空港だとすでにまとめてパッキングされていたりして持ち帰りやすいということもあり、「お土産は空港で」という人も多いようです。

他の人が空港内でお土産を買っていくのを観察すると売れ筋の味もわかりやすいかもしれません。

マーライオンチョコレート

マーライオンチョコレートも空港内のあちらこちらで販売されていて、特に大きな違いはないので、あとはパッケージデザインの好みで選んでもよいかもしれません。

プラウンロール

ピリ辛のスパイシータイプとノーマルタイプがありますので、辛い物が好きな方にはスパイシーまたはチリをおすすめします。

カヤジャム

空港内のスーパーでもローカル御用達のカヤジャムは販売されていますが、ブランドにこだわるのであればカヤ・トーストで有名なヤクン・カヤ・トーストで販売されているカヤジャムがおすすめです。

ヤクン・カヤ・トースト

場所 ターミナル2 2階 出発ラウンジ(中央) トランジットエリア

営業時間 6:00-01:00

インスタントコーヒー

砂糖やミルクが入ったインスタントコーヒーは、甘いコーヒーが好きな方へのお土産におすすめです。

日本のものより美味しいというわけでもありませんが、パッケージなどがなんとなく異国情緒にあふれていて、お土産としてもらっても困るものではないので、ばらまき土産としてもおすすめです。

空港内のスーパーやコンビニで購入可能です。

レトルト食品

シンガポールでもインスタント食品はかなりの種類があり、どれにしたらよいか迷ってしまいますが、比較的美味しいと言われるのがプリマ・テイストのインスタント食品です。

最近では日本の輸入食品店でも販売され、大人気のようですので、日本で買っている人へのお土産にはおすすめできませんが、食べたことがない人であれば喜んでもらえるでしょう。

ジンジャーソース

このジンジャーソースも空港内のスーパー、フェア・プライスで販売されています。

日本ではなじみのないジンジャーソースですが、シンガポール人の間では割と常備食です。

タイガービール

シンガポールビールの代表と言えばタイガービールです。

このシックスパックであれば、日本に無税で持ち込める2Lまでにひっかからないため、ちょうどよいサイズです。

 

なお、シンガポールの食べ物のお土産に関しては「シンガポールのお土産でおすすめの食べ物特集!」で詳しくお伝えしています。

シンガポールのお土産は空港で:雑貨

雑貨類はどうしても空港で買うと高くなってしまいますが、買い忘れなど数が少ない場合は空港でも十分品ぞろえがあります。

キーホルダー

空港内のショップでも販売されていますが、航空会社によっては機内販売でオリジナルのキーホルダーが売られていたりするので、要事前チェックです。

マグネット

最近はマグネットも立体的なものが多くなっていて、バリエーション豊富です。

もらって困るということもあまり少ないと思いますので、ばらまき土産におすすめです。

ボールペン

マーライオンのボールペンならシンガポールならではのお土産になるので、おすすめです。

押すと光るタイプもお子さんには人気が高いです。

 

なお、シンガポールで買える雑貨のお土産に関しては「シンガポールのお土産で人気の雑貨特集!」で詳しくお伝えしています。

シンガポールのお土産は空港で:コスメ・ボディケア

日本未上陸のコスメブランド、または日本ではまだ数が少ないブランドが買えることで人気の高い空港内ショップをご紹介します。

TORY BURCH BEAUTY

有名化粧品ブランド、エスティローダーとの提携により誕生したトリーバーチのビューティーラインは、2013年に発売開始して以来高い人気を誇りますが、日本には未上陸です。

このビューティーラインが買えるチャンギ国際空港は、日本人にとって貴重な存在です。

ターミナル1

場所 2階 出発ラウンジ(Cゲート付近)

営業時間 06:00-00:00

ターミナル2

場所 2階 出発ラウンジ(中央)

営業時間 06:00-01:00

MARC JACOBS BEAUTY

ファッションブランドとしても有名なマークジェイコブスが、2013年化粧品などのビューティーラインを発売しました。

フランスのコスメブランド「セフォラ」との共同開発で完成していますので、シンガポール市内のセフォラでも買うことができます。

チャンギ国際空港では、韓国のDFSチェーンCOSMETICS & PERFUMES BY SHILLAで販売されています。

COSMETICS & PERFUMES BY SHILLAは、ターミナル1から3まで各ターミナルにあります。

Victoria’s Secret Beauty & Accessories

アメリカ女性に絶大な人気を誇る下着で有名なブランド、ヴィクトリアズ・シークレットからコスメやボディケア製品を販売するビューティーショップが出店されています。

日本でも羽田国際空港と関西国際空港に出店しましたが、まだこの2店舗のみとなっているため、買うことができる人は限定されます。

かわいらしいポーチに入ったギフトセットがお土産に人気です。

ターミナル1

場所 2階 出発ラウンジ(中央)

営業時間 06:00-01:00

ターミナル2

場所 2階 出発ラウンジ(Eゲート付近)

営業時間 06:00-01:00

Guardian Health & Beauty

 シンガポールで有名なドラッグストアの一つで、日本のマツキヨのようにコスメグッズも充実しています。

オリジナルのボディケア製品などもありますので、お土産にすると喜ばれます。

チャンギ国際空港内だけで5店舗あります。

ターミナル1

場所 2階 出発ラウンジ(Dゲート付近)

営業時間 06:00-00:00

場所 2階 出発ラウンジ(中央)

営業時間 24時間

ターミナル2

場所 2階 パブリックエリア

営業時間 07:00-23:00

場所 2階 出発ラウンジ(Eゲート付近)

営業時間 24時間

場所 2階 出発ラウンジ(Fゲート付近)

営業時間 24時間

Watson’s Personal Care Store

こちらもシンガポールで有名なドラッグストアですが、ターミナル1と2にガーディアンズがあるせいか、ターミナル3に集中しています。

品ぞろえにあまり大きな差は無いので、特にこだわりがある人以外はターミナル3を利用するのであればワトソンズで問題ないでしょう。

ターミナル3

場所 2階 パブリックエリア

営業時間 07:00-23:00

場所 2階 出発ラウンジ(Bゲート付近)

営業時間 06:00-01:00

場所 地下2階 パブリックエリア

営業時間 10:00-23:00

 

なお、シンガポールで買えるコスメのお土産に関しては「シンガポールで買えるコスメのお土産最新情報!」で詳しくお伝えしています。

シンガポールのお土産は空港で:おすすめショップ

シンガポールのお土産ならこのショップに行けば買えますというおすすめのショップをご紹介します。

TWG

TWGは市内のお店でも正規の値段で販売されているため、空港で買うとお得です。

もちろん市内のお店でも一度に100$以上買えば消費税分が還付されますので同じことになりますが、100$も買わないという人は空港で買う方が合理的です。

マカロンやクッキーもありますので、お土産として帰国前の駆け込み需要が高いです。

ターミナル1から3まで各ターミナルにあります。

ターミナル1

場所 2階 出発ラウンジ(中央)

営業時間 06:00-01:00

ターミナル2

場所 2階 出発ラウンジ(中央)

営業時間 06:00-01:00

ターミナル3

場所 2階 出発ラウンジ(Bゲート付近)

営業時間 06:00-01:00

 

なお、TWGに関しては「TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!」で詳しくお伝えしています。

ブンガワン・ソロ(Bengawan Solo)

シンガポールの老舗洋菓子店ブンガワン・ソロもターミナル1から3にそれぞれあります。

かわいらしいパッケージでMade in Singaporeですから、お土産として大変人気が高いです。

ターミナル1

場所 2階 出発ラウンジ(Cゲート付近)

営業時間 06:00-00:00

ターミナル2

場所 2階 出発ラウンジ(Eゲート付近)

営業時間 06:00-01:00

ターミナル3

場所 2階 パブリックエリア

営業時間 07:00-00:00

余仁生(Eu Yan Sang)

1879年創業の老舗漢方薬専門店で、女性向けの漢方ゼリーやスープなどがお土産として人気です。

パッケージデザインが、漢方薬のイメージとは異なるカラフルでかわいらしいのが人気の秘密です。

ターミナル1から3に合計4店舗あります。

ターミナル1

場所 2階 出発ラウンジ(中央)

営業時間 06:00-00:00

ターミナル2

場所 2階 出発ラウンジ(中央)

営業時間 06:00-01:00

場所 2階 パブリックエリア

営業時間 7:00-23:00

ターミナル3

場所 地下2階 パブリックエリア

営業時間 10:00-23:00

美珍香(Bee Cheng Hiang)

甘いポークジャーキーがローカルに大人気のお店です。

店頭で焼いていてその場で食べることができますが、お土産なら小袋に入ったものがおすすめです。

こちらもターミナル1から3に合計4店舗あります。

ターミナル1

場所 2階 出発ラウンジ(中央)

営業時間 06:00-00:00

ターミナル2

場所 2階 出発ラウンジ(Eゲート付近)

営業時間 06:00-01:00

場所 2階 出発ラウンジ(Fゲート付近)

営業時間 06:00-01:00

ターミナル3

場所 2階 パブリックエリア

営業時間 07:00-23:00

Discover Singapore

マーライオングッズやTシャツなどシンガポールならではのお土産が勢ぞろいするのがこのDiscover Singaporeです。

市内より価格は高いですが、ほしいお土産がまとまっているので、時間がない人にはおすすめです。

ターミナル1から3にそれぞれ2店舗ずつあります。

ターミナル1

場所 2階 出発ラウンジ(中央)

営業時間 06:00-00:00

場所 2階 出発ラウンジ(Dゲート付近)

営業時間 06:00-00:00

ターミナル2

場所 2階 出発ラウンジ(Eゲート付近)

営業時間 06:00-01:00

場所 2階 出発ラウンジ(中央)

営業時間 06:00-01:00

ターミナル3

場所 2階 出発ラウンジ(Bゲート付近)

営業時間 06:00-01:00

場所 2階 出発ラウンジ(Aゲート付近)

営業時間 06:00-01:00

スターバックス(STARBUCKS)

スターバックスのご当地グッズは海外でお土産として人気が高いですが、シンガポール限定グッズもあります。

マグカップやタンブラーなど実用性が高くおすすめです。

ターミナル1から3に合計6店舗あります。

ターミナル1

場所 1階 パブリックエリア

営業時間 24時間

場所 2階 出発ラウンジ(Dゲート付近)

営業時間 24時間

場所 2階 出発ラウンジ(Cゲート付近)

営業時間 24時間

ターミナル2

場所 2階 パブリックエリア

営業時間 24時間

場所 2階 出発ラウンジ(Eゲート付近)

営業時間 24時間

ターミナル3

場所 地下2階 パブリックエリア

営業時間 24時間

Candy Empire

世界中から有名なチョコレートやキャンディーを集めたショップです。

シンガポールならではのものではありませんが、美味しさは間違いありませんのでおすすめです。

ターミナル2

場所 2階 パブリックエリア

営業時間 7:00-23:00

Christine’s Cookies by The Cookie Museum

100%手作りのオーガニッククッキーで有名なクッキーミュージアムのクッキーをチャンギ国際空港内でも買うことができます。

ただ、ターミナル2にしかないので、他のターミナルを利用する人は少し面倒かもしれません。

それでもMade in Singaporeのクッキーで、パッケージもおしゃれなので、お土産には人気です。

ターミナル2

場所 2階 出発ラウンジ(中央)

営業時間 06:00-01:00

Cocoa & Co.

こちらもチョコレートやお菓子の有名ブランドを集めたショップです。

甘いものが好きな人へのお土産におすすめです。

ご自分へのお土産も買いたくなってしまうかもしれません。

ターミナル2にはありませんが、ターミナル1の店舗はどちらも24時間営業ですから便利です。

ターミナル1

場所 2階 出発ラウンジ(Cゲート付近)

営業時間 24時間

場所 2階 出発ラウンジ(Dゲート付近)

営業時間 24時間

ターミナル3

場所 地下2階 パブリックエリア

営業時間 10:00-23:00

場所 2階 出発ラウンジ(中央)

営業時間 06:00-01:00

So Chocolate

キットカットやハーシーズなどの庶民的チョコレートからゴディバなどの高級チョコレートまでバリエーション豊富です。

チョコレート好きの方にはぜひ訪れていただきたいショップです。

ターミナル2と3にあります。

ターミナル2

場所 2階 出発ラウンジ(Fゲート付近)

営業時間 06:00-01:00

場所 2階 出発ラウンジ(Eゲート付近)

営業時間 06:00-01:00

ターミナル3

場所 2階 パブリックエリア

営業時間 07:00-23:00

The Chocolatier

有名どころからローカルブランドまで、チョコレートやキャンディーを扱うショップです。

無料ラッピングサービスがうれしいお店です。

ターミナル2に2店舗あります。

場所 2階 出発ラウンジ(中央)

営業時間 06:00-01:00

場所 2階 出発ラウンジ(Eゲート付近)

営業時間 06:00-01:00

The Cocoa Trees

こちらもM&Mなど世界の有名ブランドのチョコレートをメインにしたショップです。

ターミナル1と3に各1店舗ずつあります。

ターミナル1

場所 2階 出発ラウンジ(Dゲート付近)

営業時間 06:00-00:00

ターミナル3

場所 2階 出発ラウンジ(中央)

営業時間 24時間

Fair Price Finest

ターミナル3の地下2階にあるスーパーがこのフェアプライス・ファイネストです。

やはりシンガポール市内のお店と比べて品ぞろえは劣るものの、お土産に適した食品もたくさんありますので、最後の駆け込みで利用価値が高いです。

場所 地下2階 パブリックエリア

営業時間 07:00-23:00

シンガポールのお土産は空港で:ファッションブランド

シンガポールでファッションブランドの商品をお土産に頼まれている、またお土産にしたいという人は多いかもしれません。

日本が円安であれば日本の方が安いということもあるかもしれませんが、気軽に買える場所が近くにないという人には重宝する存在です。

チャンギ国際空港にあるファッションブランド一覧は下記になりますので参考にしてください。

A

  • ALFRED DUNHILL

B

  • BALLY
  • BOSS
  • BOTTEGA VENETA
  • BURBERRY

C

  • CALVIN KLEIN
  • CARTIER
  • CHLOÉ
  • CHOPARD
  • COACH

D

  • DIESEL
  • DIOR

E

  • EMPORIO ARMANI

F

  • FENDI
  • FOSSIL

G

  • GUCCI
  • GUCCI FOR MEN

K

  • KATE SPADE NEW YORK

L

  • LOEWE

M

  • MARC BY MARC JACOBS
  • MARC JACOBS
  • MCM

O

  • OAKLEY

P

  • PORSCHE DESIGN
  • PRADA
  • PRADA LINEA ROSSA

R

  • RALPH LAUREN
  • RAY-BAN

S

  • SALVATORE FERRAGAMO

T

  • TAG HEUER
  • TOM FORD
  • TORY BURCH

Y

  • YVES SAINT LAURENT

 

なお、シンガポールのブランドに関するお土産については「シンガポールのお土産におすすめのブランド特集!」で詳しくお伝えしています。

シンガポールの空港内での免税手続き

通常物品購入時に徴収されているシンガポールの消費税7%分から払い戻し手数料を引いた額戻ってくるので、少し面倒ではありますが、ぜひ活用してください。

払い戻し方法

お店で

免税手続き加盟店には「Tax Free Shopping」のマークが掲示されていますので、対象のお店であれば1回100$以上で還付可能となります。

この100$も同じショッピングモール内で同一日あれば合算可能な場合が多いです。

会計時にパスポートを提示し、必要書類とレシートを受け取ります。

空港で

電子認証システム(eTRS)の場合

お店で受け取った書類にeTRSの文字が書かれていれば、使用できます。

機内に預ける場合はチェックイン前、持ち込みの場合は出国審査後にセルフ端末を使ってご自身で手続きを行います。

手続きを行うと出てくるレシートを持ってCentral Refund Counterへ行くと、その場で現金を受け取ることができます。

手続きの際、クレジットカードへの返金を希望した場合は、カウンターへ行かずにそのまま搭乗して問題ありません。

10日以内に手続きで申請したクレジットカードに払い戻しが行われます。

税関カウンターの場合

お店で受け取った書類にeTRSの文字がない場合は、カウンターでの手続きしかできません。

未使用の購入品、書類、レシート、搭乗券を提示し、書類に印を押してもらう必要があります。

現金での払い戻しを希望する場合はそのままCentral Refund Conterで書類を見せればその場で返金されます。

クレジットカードへの返金を希望する場合は、クレジットカード返金用のボックスに書類を投かんします。

シンガポールのお土産は空港で買うのがおすすめ!まとめ

シンガポールの長期滞在であれば、ローカルのお店などもゆっくり回る時間があるかもしれませんが、週末の弾丸ツアーなどであればお土産を買う時間までは取れないのが現状です。

そうした中、お土産を買えるお店がたくさん集結していて、深夜までまたは24時間営業しているショップが多いチャンギ国際空港は大変便利な場所です。

弾丸旅行でも最後の最後は少し多めに時間をとってお土産選びを楽しんでください。

それではシンガポール旅行をお楽しみください!

 

なお、シンガポールチャンギ国際空港に関しては「シンガポール空港(チャンギ国際空港)の完全ガイドと世界的魅力」で詳しくお伝えしています。

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール担当

シンガポール担当

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールの場所に関する情報の全て!

  • シンガポールのお金に関する情報

  • シンガポール旅行の予算や費用について

  • シンガポールでの食事について

関連記事

  • シンガポール ラッフルズホテルのお土産特集!

  • シンガポールのお土産で人気の雑貨特集!

  • シンガポールのかわいいお土産特集!

  • シンガポールの美味しいお土産特集!

  • シンガポールの持ち込み禁止物について

  • マリーナベイサンズのお土産特集!