1. TOP
  2. シンガポール観光旅行
  3. シンガポールで女子旅を最高に楽しむ完全ガイド
Sponsored Link

シンガポールで女子旅を最高に楽しむ完全ガイド

シンガポールは女子旅においても大人気です。

シンガポールは治安がよく、交通面も発達していて観光地としての見所もたくさんあります。

「マリーナベイ・サンズや「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイをはじめとする観光名所、グルメ、ショッピング、アトラクション、ビーチなどその魅力を数え上げるときりがありません。

この記事ではシンガポールの女子旅で訪れたいスポットを中心にお伝えしています。

さらに知っておくとシンガポールの女子旅をさらに楽しめる知識や役立つ情報もお伝えしていますので、旅の計画を立てる際に、または現地での旅のお供としてお役立ていただければと思います。

Sponsored Link

Contents

シンガポールの基礎知識

シンガポールは東南アジアの小国で、マレー半島の南端に位置する小さな都市国家です。

東京からは飛行機で7時間ほどの距離にあります。

日本との時差はマイナス1時間あり、シンガポールの方が日本より1時間遅くなります。

正式な国名は、「シンガポール共和国」(The Republic of Singapore)。

面積は東西42Km、南北23Kmほどあり、よく東京23区程度の広さと表現されます。

その他、人口、宗教、治安、交通などのシンガポールに関する情報は「シンガポールの基礎知識」にてお伝えしています。

 

Sponsored Link

シンガポール旅行を女性におすすめする理由

日本からのアクセスも良好なシンガポールは、女性にとって旅をしやすく楽しめる国です。

なぜなら東京23区ほどの広さしかない狭い国土に、見どころがぎゅっと凝縮された観光向きの異国情緒あふれる都市ですし、交通網が発達しているので、MRTやタクシーを上手に利用すれば、濃密なスケジュールでも34日もあれば実現できてしまいます。

マリーナベイ・サンズをはじめガーデンズ・バイ・ザ・ベイなど世界的に注目を集める観光スポットや、美しい夜景と美味しいグルメ、ショッピングやスパまで、よくばりな女子が旅でしてみたいことを全部叶えてくれる都市こそが、今最も熱い国、シンガポールなのです。

さらに女性におすすめの大きな理由は治安の良さ。もちろん細心の注意は必要ですが、一人旅でも夜景を楽しむことができる国と考えると、数少ない国の中の一つといえるでしょう。

このようなことからシンガポールは女性におすすすめの国といえます。

Sponsored Link

シンガポール観光の魅力

シンガポールは、最先端の観光スポットやグルメはもちろん、宝石箱をひっくり返したような美しい夜景も魅力です。

世界一高い観覧車“シンガポール・フライヤー”からの夜の景色は、なんともロマンチックです。

また夜の動物園「ナイトサファリ」など動物好きな女子が楽しめるスポットも充実しています。

チャイナタウン、リトルインディア、アラブストリートなど異国情緒溢れるキュートでノスタルジックな街並みはカメラ女子にも大人気。

南国のリゾート気分を満喫できるのもシンガポール観光の魅力です。

 

Sponsored Link
 

女子向きシンガポール観光の行き方・楽しみ方

旅の楽しみは計画を立てるところから始まります。

特に女性は、やりたいことをあれこれ詰め込んだプランが大好きです。

しかし予算のこともありますし、できるだけ予算内でお得な旅がしたいと思います。

ここではシンガポールをお得に旅するおすすめの行き方やツアーをご紹介します。

シンガポールへLCC格安航空会社を利用する

海外旅行はツアーで行くという方も多いと思います。

しかし現在は便利なアプリなどたくさんあるので、女性でも個人で簡単に旅の手配をすることができ、自由度の高い旅をすることも可能です。

その場合はLCC格安航空会社の利用をおすすめします。

LCCとは近年低価格を目標として設立された新興航空会社のことで、「ジェットスター(JJP)」や「ピーチ(APJ)」などが有名です。

費用を安く抑えられますし、ネットでも簡単に検索・予約できるので便利です。

しかし機内食や荷物の預け入れが有料となったり通常の航空会社のようなサービスは基本的にありませんので、事前に荷物の預け入れにはどれくらいの追加料金がかかるのかなども調べておきましょう。

航空券を予約する際は「スカイスキャナー」などのwebサイトや携帯アプリを使うと値段や出発時刻を比較して簡単に搭乗券を購入することができます。

現在日本シンガポール間の定期便を運航しているLCCは、関空からジェットスター、成田からスクート、羽田と関空からエアアジアといった航空会社です。

直行便が就航しているのは、羽田チャンギ、成田チャンギ、中部-チャンギ、関空-チャンギ、福岡-チャンギとなっています。

※スカイスキャナー https://www.skyscanner.jp/

シンガポール旅行に利用できるLCCに関しては「格安航空券やLCC格安航空会社で行くシンガポール観光旅行」にて詳しくお伝えしています。

 

Sponsored Link
 

シンガポールツアーを利用する場合

旅行会社が販売しているツアーを利用する場合、その選び方はいろいろあります。

予算を抑えてリーズナブルな旅をするのか、思いっ切り贅沢な旅にするのか、フリープランや近くの離島で気ままな旅を楽しむのか、それぞれの目的別に合うツアーを見つけて、最高の旅の思い出を作ってくださいね。

ツアー選びには下の記事が参考になります。

シンガポール観光旅行で選べるツアーの選択肢

超格安で行ける シンガポールモニターツアー

後悔しないシンガポール格安ツアー チェックリスト

何もないところで何もしないために行く離れ小島 ウビン島(Pulau Ubin)チャンギエリア

さらに旅を安くしたい場合は以下の記事も参考になります。

シンガポール観光旅行が「安い時期」を狙う

シンガポールの女子旅の予算はどのくらい?

旅の予算は気になるところですよね。

しかしシンガポールの物価は決して安くありません。

おおよそ日本と同等か、日本よりも高いです。

それではシガンポールへの女子旅には一体いくらかかるのでしょうか?

項目ごとに旅の予算の目安をまとめましたので「シンガポール観光旅行の予算」をチェックしてみてください。

また、「シンガポール観光旅行でかかる予算と費用の検討の仕方」の記事もとても参考になります。

 

Sponsored Link
 

シンガポール女子旅のおすすめの楽しみ方

旅のプランを練る際に、とりあえず行きたい場所とやりたいことは調べたものの、他にも違う楽しみ方があるのでは?…と思うことはありませんか?

狭い国土に魅力がギュッと詰まったシンガポールならなおのこと。

ここでは、女子旅をもっと楽しくするおすすめの楽しみ方をまとめています。

 

シンガポールはスパ先進国

都心のオアシス的なスパから、リゾート感覚溢れるスパまでシンガポールはスパ先進国といえます。

現在もラグジュアリースパ施設は増え続けていて素晴らしいサービスを受けることができます。

南国シンガポールらしいトロピカル&アジアンエッセンスを取り入れた各スパのオリジナリティ溢れるトリートメントが楽しめます。

そして高級スパだけでなくお手頃価格で楽しめる街スパも充実しています!

多民族国家ならではのバラエティに富んだサロンが選択できるので、いろいろ試してみるのもいいかもしれません。

シンガポールで多国籍ショッピングを楽しむ

東西文化のクロスポイントとして発展し続けるシンガポールには、世界各国から届く珍しい品々に溢れています。

アラブ・ストリートではエキゾティックな布製品、リトル・インディアではキラキラなジュエリー、チャイナタウンではキッチュな雑貨など、旅の思い出に自分だけのお土産物を手に入れてみてはいかがでしょう。

もちろん家族や友人へのお土産としても喜ばれるものがたくさん。

いろいろ散策してみると面白い発見があり、時間があっという間に過ぎてしまいます。

なお、シンガポールのお土産に関する情報は「シンガポールお土産」で全てを知ることができます。

 

Sponsored Link
 

シンガポールの夜遊びスポットで女子トークに花を咲かせる

シンガポールは日没が大体19時頃と遅いせいもあり、夜のスタートも遅めです。

レストランは20時以降に混んでくるので、その前の時間帯であれば比較的に予約しやすくなっています。

レストランで食事をした後に、バーに移動という形が夜遊びの定番です。

人気は夜景が楽しめるホテルやビルの屋上にあるバーです。

マリーナ・ベイなどライトアップされた夜景を見ながら歩くのもオススメです。

シンガポールで写真を撮りながら国際交流を図る

シンガポールには写真撮影に最適なスポットがたくさんあります。

旅の記録として残せますし、素敵な写真が取れたらSNSにアップして友達に披露しましょう!

友だち同士なら写真を撮り合っても楽しめますが、交流を兼ねて現地の人か日本人以外の観光客に写真を撮ってもらえるように頼んでみましょう。

一人旅の場合はなおさら旅が充実したものになるでしょう。

英語が苦手ならカタコトのフレーズだけでも暗記していきましょう。きっと楽しさが倍増します。

シンガポールのアフタヌーンティーで優雅にティーブレークをする

女子トークはいくら話しても尽きることはありません。

観光の合間の休憩もかねて高級ホテルでアフタヌーンティーを楽しみましょう。

もとはイギリス領だったシンガポールにはアフタヌーンティーの文化があります。

そのため美味しい紅茶もたくさんあります。

日本ではなかなかできないアフタヌーンティをぜひ楽しんでみましょう。

Sponsored Link

シンガポールの女子一人旅を楽しむ方法

エンタメスポットやホーカーズで多国籍グルメ、ショッピングモールでお買い物や夜景のきれいなバーで気ままに過ごす…などなど、一人でも楽しめるスポットがたくさんのシンガポール。

どんな旅にするかは全てあなた次第です。

ここではシンガポールで女子一人旅の楽しみ方を3つのポイントにまとめてみました。

ここでは女性一人旅でシンガポールを楽しむ方法をポイントに絞ってご紹介します。

おすすめスポットもピックアップしていますので、参考にしていただけると幸いです。

一人旅で食事を楽しむ方法

まず1つ目のポイントは、食事です。一人旅で困るのはどこで食事をしようかということですよね。

女性一人だとレストランにも入りにくいですし、そもそも多くの人は行く気にもなりません。

そんな時の1番のおすすめはフードコートやホーカーズ。

特におすすめはチャイナタウンのマックスウェル・フードセンター。

ぜひシンガポールグルメを心ゆくまで満喫してください。

「チャイナタウンのマックスウェル・フードセンター」の詳しい情報は「中華系ホーカーズ マックスウェル フードセンター」にて詳しくお伝えしています。

2番目のおすすめは食事をテイクアウトすることです。

宿泊先がくつろげるホテルだったらそこで食べてもいいですし、近くに景色がいいところがあればそこで食べてもいいでしょう。

ちなみに、シンガポールではテイクアウトのことを英語で「Take Away- テイクアウェイ」と言います。

もちろんTake Outでも通じます。その場で食べるスペースのないお店では、何も言わなくても、袋などに入れてもらえるので安心です。

3番目のおすすめは誰かを誘って食事に行くことです。

これは現地に知り合いか友だちがいればいいのですが、何もない場合は少しハードルが高くなります。

例えば一人旅の旅人でもいいし、シンガポール人でもいいと思います。

ただしやみくもに誘うのは危険を伴いますので、誘うのは女性限定で考えた方が無難でしょう。

相手が一人旅をしていそうな人ならきっと喜んでくれるはずです。

新たな友達もできるかもしれませんのでおすすめです。

 

Sponsored Link
 

旅の写真を楽しむ方法

2つ目のポイントは、旅の記録を写真に残すことです。

よい写真を撮ろうとするとおのずとナイスな撮影スポットを探そうといろんな角度から景色や建物を眺めるようになりますよね。

そうすることで新たな発見や気づきがあるかもしれません。

カメラには自信がないという方も、今は写真を加工するアプリもたくさんありますので、素人が撮った写真もプロ並みの仕上がりに見せることも可能です。

素敵な写真が取れたらSNSにアップするのもいいでしょう。

見た人からの反応があれば撮りがいもありますし、もっとよい写真を撮りたいというモチベーションにもつながります。

SNSではInstagramがおすすめです。アカウントを持っていない方は旅に出る前にぜひ作っておきましょう。 

ブログやフェイスブックにすぐにアップしてもいいですし、アルバムをつくることを目的としてもいいかもしれません。目的があると写真の腕もあがりますので、旅の写真を残すことのメリットはたくさんあります。

なお、シンガポールでおすすめの写真撮影スポットについては「シンガポールおすすめの写真撮影ポイント」にてお伝えしています。

シンガポール現地の人と交流する方法

3つ目のポイントは、現地の人と交流することです。

交流できれば旅に活気がでてきますし、自分が大きく成長できたと実感することができるかもしれません。

一人旅でなければ、おそらく旅先で現地の人と1対1で交流することはないといっていいでしょう。

特に日本人にはその傾向が強くあります。

しかし一人旅ならばどうしてもコミュニケーションを取らなければならない場面も出てくるでしょう。

もし無かったとしても積極的に交流して旅を活気あるものにしていきましょう。

最初はなかなか難しく感じる人も多いと思いますが、みんな最初はそんな感じです。

そして相手もそんな感じですので気にすることはありません。

一人旅の醍醐味は、実はこの交流にあるかもしれません。

レストランやショップの店員さんや、ホーカーズで偶然そばに座った人、または写真を撮ってもらうよう頼んだりする場合など、交流はいつでもどこでも図れます。

英語が苦手ならカタコトでも構いません。通じなくても、何度もトライすればいいのです。

一人旅は人間的にも大きく成長することができます。

 

Sponsored Link

今が旬のシンガポール最新スポット

シンガポールは現在観光スポットの新設ラッシュです!

他の人と少しだけ差をつけられるシンガポールの最新スポットを訪れてみませんか?

ここでは注目の最新スポットをピックアップしてご紹介しています。

定番だけでなく新しいシンガポールの魅力もぜひ発見してください。

最新アート体験 フューチャーワールド

マリーナベイ・サンズ内にあるハスの花の形をしたかわいい建物がアートサイエンス・ミュージアムです。

そのアートサイエンス・ミュージアム内に誕生した「フューチャーワールド」は1,500㎡ の広さを誇る実体験型デジタルユニバースです。

このフューチャーワールドでは、観客の動きと作品が融合し毎回奇跡的なコミュニケーションがアートとして

再生不可能な一瞬のアートを作り上げていきます。

そんな儚くも美しい幻想的な世界は流行感度の高い女性にピッタリです。

 

Sponsored Link
 

フューチャーワールドはチームラボが制作

フューチャーワールドを手掛けるのは、アーティスト、プログラマー、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家、デザイナーなどの「ウルトラテクノロジスト」たちによって構成されるチームラボ (teamLab)。

東京を拠点としたアート集団で数々の受賞歴を持つ彼らがこのフューチャーワールドで表現したのは「自然」、「街」、「公園」、「宇宙」の4つ。

「自然」ゾーンでは、誰もがうっとりとするような「自然」の世界から、FUTURE WORLD の冒険はスタート。

最先端のデジタルテクノロジーによって生み出される、草花や動物たちのインタラクティブな世界は、きっと女性を魅了することでしょう。

人間界と自然界のつながりを実感すると同時に、私たちが自然界に対して抱いている認識に、新たな疑問を投げかけるゾーンでもあります。

ラストの「宇宙」ゾーンでは無数の光の粒子によって構成される、息をのむように幻想的な「クリスタルユニバース」の世界を堪能できます。

約17万個のLEDライトで作った宇宙空間は、スマホや設置タブレットの操作で星雲や彗星などを出現させることができ、自分が作り出した二度と作り出せない世界を楽しむことができます。

他にも「街ゾーン」では紙に書いた絵をスキャンすると、シンガポールをイメージした架空の街に3Dアニメとして自分の書いた絵が投影されるお絵かきダウンが女性や子どもに大人気!

別のゾーンでは色が変化する光のボールに触るとユーモア溢れる音がするなど、遊び心満載の仕掛けから幻想的で異空間に降り立ったような美しい世界までイマジネーションを刺激するバラエティに富んだ体験ができます。

アートサイエンス ミュージアムのFuture World は、チームラボとしては日本国外初の常設展示。

ここでしか体験できない最新アートで感性を磨いてみるのもお勧めです。

フューチャーワールド

住  所  10 Bay Front Ave., Marina Bay Sands, B2 ArtScience Museum

電  話  6238-8296

アクセス  MRTベイフロント駅から徒歩8分

開館時間  10:00~21:00(最終入場18時)

入場指定時間制 10:00、11:30、13:00、14:30、16:00、17:30

料  金  $17(65歳以上、学生$14、2~12歳$10)

休  み  無

Sponsored Link

ナショナル・ギャラリー・シンガポール

アジアアートの拠点として注目されているシンガポール。

そこに2015年、東南アジア最大の現代美術館ナショナル・ギャラリー・シンガポールがオープンし注目を集めています。

この美術館は収蔵作品もさることながら、歴史的建造物を美術館として利用しているところも見所。

アート好き、または歴史好きな女子は必見!

シンガポールの歴史と最新のアートに触れられるチャンスです。

「ナショナル・ギャラリー・シンガポールに関しては「旧市役所と旧最高裁判所をリニューアルした国立美術館 ナショナルギャラリーシンガポール(National Gallery)」にて詳しくお伝えしています。

 

Sponsored Link

シンガポールのエンタメ型ホーカーズ

地元の人たちは、日常的にホーカーズと呼ばれる屋台街を利用しています。

最近ではそのホーカーズが進化して、エンタメ型といわれるホーカーズが出現しました。

美味しいホーカーズグルメとシンガポールカルチャーを同時に楽しみたい女子におすすめです。

店舗内はお洒落な内装で、女性一人でも入りやすい雰囲気です。

エンタメ型ホーカーズについては「シンガポールのホーカーズは最新」にてまとめています。

マリーナエリアを満喫する

マリーナエリアの観光を抜きにして、シンガポールは語れません。

シンガポールのアイコンともいえるユニークな観光スポットが大集合しているマリーナエリアの知っておきたい役立つ観光情報をご紹介します!

マリーナベイ・サンズ

3つのホテルタワーの上に横たわる船のような形が特徴的なマリーナベイ・サンズ。

その船の内部には、世界一高い場所にある屋外プールと展望デッキ、バーやレストランがあり、そこから眺めるマリーナエリアの眺めは必見!

シンガポールにきたら絶対に訪れておきたいスポットです。

マリーナベイ・サンズに関しては「【最新版】シンガポールマリーナベイサンズ完全ガイド」にて詳しくお伝えしています。

マリーナベイ・サンズに安く宿泊できる方法は「マリーナベイ・サンズに安く泊まる方法」にてお伝えしています。

 

マリーナベイ・サンズのお土産に関しては「マリーナベイサンズのお土産特集!」にて詳しくお伝えしています。

 

Sponsored Link
 

マリーナエリアのナイトショーを楽しむ 

マリーナエリアの夜といえば、豪華なナイトショーは必見です。

まるでSF映画のような、大迫力の世界に浸れて、しかもほとんど無料で楽しめてしまいます。

中でもマリーナベイ・サンズで行われる13分間隔のレーザーショー「ワンダー・フル」は今や観光の目玉にもなっています。

 

ワンダーフル

今やシンガポール観光の目玉といっても過言ではないナイトショーがワンダーフル。

マリーナベイ・サンズで行われる13分間のレーザーショーです。

噴水をスクリーンにして流れる映像と、レーザーを組み合わせたショーは、命の誕生と成長をテーマにした壮大なストーリー仕立てになっていて圧倒されます。

ショーをより楽しむためにおすすめの鑑賞方法は、イベント・プラザとその対岸から2回ショーを楽しむこと。違った角度から見ると同じショーでもまた違う美しさがあります。

イベント・プラザは混み合うので、早めに席を確保しておきましょう。

電  話 6688-8868

料  金 無料

ナイトショースケジュール 20:00~、21:30~、23:00 ~(23:00~は金・土のみ)

アクセス MRTベイフロント駅から徒歩5分

OCBCガーデン・ラプソディ

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで毎日2回行われる約10分間のライトアップショーです。

空に向かって花びらを広げたようなスーパーツリーがライトアップされ、音楽に合わせて様々なカラーに変化する幻想的なショーは不思議な世界に迷い込んだかのような錯覚をしてしまうほど。

音楽は一定期間で変更されるそうなので、何度か足を運んでみても楽しめそうです。

電  話 6420-6848

料  金 無料

ナイトショースケジュール 19:45~、20:45~ 毎日開催

アクセス MRTベイフロント駅から徒歩9分

 

ワンダーフルやOCBCガーデン・ラプソディは大変人気のナイトショーです。

ワンダーフルはイベントプラザと対岸から最低2回は見ておきたいです。

この2つのナイトショーは連続して見ることができるので、時間を確認してすてきなショーを堪能してください。

 

Sponsored Link
 

世界一の夜景を堪能するマリーナエリアのベストルート

マリーナベイ・サンズや高層ビルが取り囲むマリーナ・エリアは、今や世界一美しい夜景スポットといわれています。

マリーナ沿いにある、高さ165mの観覧車、シンガポール・フライヤーはその夜景を一望できる豪華観覧車。

昼間でも絶景は見られますが、夜に乗るのが絶対におすすめです!

おすすめの鑑賞ルート

マリーナ・エリアの夜景を楽しむなら、ナイトショーも楽しみたいものです。

ナイトショーは開始時間が決まっているので時間設定に気を付けなければいけません。

例えばおすすめのルートは、夜景を一望できる豪華観覧車「シンガポール・フライヤー」で上空からの夜景を堪能後、マリーナベイ・サンズへ渡る歩道橋の「ヘリックス橋」を通り、マリーナベイ・サンズでナイトショー「ワンダー・フル」を鑑賞します。

その後ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに移動し、ナイトショー「OCBCガーデン・ラプソディー」を鑑賞します。

そして「UOBプラザ」でマリーナ沿いの高層ビル群の色とりどりの夜景を楽しみましょう。

マーライオン・パークにて神秘的にライトアップされたマーライオンと記念撮影をしたら終了です。

少々バタバタしますが、お好みでいろんな楽しみ方を見つけてくださいね。

ナイトショーを2つ共見る場合、19:00にはシンガポール・フライヤーに乗り、20時のワンダー・フルに間に合うように移動しましょう!

なお、「シンガポール・フライヤー」に関するしてはこちらの記事にてお伝えしています。

世界一の観覧車から世界一のビューを シンガポールフライヤー

 

シンガポールの夜景散歩にはこちらの記事も参考になります

シンガポールの夜景が美しい おすすめスポット

シンガポールの夜景を堪能し尽くす ナイトツアー

 

Sponsored Link
 

シンガポールの夜景観賞におすすめのナイトクルーズ

他にもマリーナ湾のウォーターフロントにのびる散歩道(プロムナード)もおすすめです。

マーライオンとその背後に広がるラッフルズ・プレイスのビル群の景色はシンガポールの富を象徴するかのようで感慨深い眺めです。

マーライオンを正面にして見上げるように眺めてみるのがおすすめです。

水上からの夜景を楽しみたい場合は、「シンガポール・リバークルーズ」もおすすめです。

シンガポール川をレトロなバンボートに乗って巡ります。水上からラッフルズ卿上陸地点や、マーライオン・クラーク・キーなどを眺められます。

夜はまさに光の海をクルーズする感覚が味わえます。

「リバークルーズ」に関しては「川面から観光スポットを見上げる体験 シンガポールリバークルーズ」にてお伝えしています。

ここからの夜景は、シンガポールを象徴するものばかりで、まさにシンガポール観光のハイライトといってもいいかもしれません。

ナイトショーを見たり、散歩しながら夜景を楽しんだり、シンガポールフライヤーや、リバークルーズを楽しんだりとその楽しみ方はいろいろあります。

ぜひお好きな楽しみ方でシンガポールの夜景を堪能してください!

 

Sponsored Link

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ 

20166月にオープンしたばかりの未来をテーマにした大型植物園がガーデンズバイザベイ。

近未来的な空間で新しい角度から植物を鑑賞できるので、癒しと刺激を求めている女性にピッタリ。

また施設を利用しなくとも園内は基本的に無料で入場できるので、散歩や憩いの場としても利用できます。

ゆっくり歩いて植物からエネルギーをもらうのもおすすめです。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

自然と近未来アートが融合した超巨大植物園 ガーデンズバイザベイマリーナベイエリア

ガーデンズバイザベイ シンガポールが誇る世界的植物園のすべて

ガーデンズバイザベイおすすめの厳選3施設

City in a Gardenを実現するガーデンズバイザベイ

シンガポールの人気観光スポット

ここではシンガポール女子旅で訪れたい人気の観光スポットをご紹介します。

Sponsored Link

セントーサ島 

豊かな自然に囲まれたセントーサ島は1972年以来開発が進められ、その集大成として2010年にアジア最大級のリゾート施設「リゾート・ワールド・セントーサ」がオープンしました。

島全体に展開する各種レジャー施設&アトラクションと島の北側に位置する「リゾート・ワールド・セントーサ」。一日で両方少しずつ楽しむもよし、どちらか一方を一日かけて楽しむもよし!

旅の計画は事前に立てておきましょう。

「セントーサ島」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

セントーサ島観光ツアー完全ガイド最新版!

「セントーサ島の現地ツアー」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

ここだけで遊び尽くす セントーサ島現地ツアー

Sponsored Link

リゾート・ワールド・セントーサ 

2010年にオープンしたリゾート・ワールド・セントーサは、アジア最大級の南国メガリゾート施設です。

女子旅で楽しみたいのは施設内にあるマリン・ライフ・パークをはじめとするマリンなリゾート空間。

例えば最新の大型水族館シーアクアリウムの水槽を眺めながらシーフードを味わえるオーシャン・レストランは女性におすすめです。

施設内にはユニバーサル・スタジオ・シンガポールも併設されていて、セントーサ島にきたらまず訪れておきたいスポットです。

「リゾート・ワールド・セントーサ」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

リゾートワールドセントーサ完全最新版!

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール

リゾート・ワールド・セントーサ内にある東南アジア初となるユニバーサル・スタジオ・シンガポール。

言わずと知れたハリウッド映画やアニメをテーマとした女性も楽しめる大人気のテーマパークです。

7つのゾーンに約20のアトラクションが揃い、その中でも人気はトランスフォーマー・ザ・ライトや世界初のアトラクションとなるマダガスカル・クレート・アドベンチャー。

ここでしか体験できないアトラクションは必見です!

「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

リゾートワールドセントーサ完全ガイド最新版!

Sponsored Link

シンガポールのナイトサファリ

リバーサファリ、シンガポール動物園、そしてナイトサファリはシンガポールで人気の3大動物園。

その一つ、夜のみ開園するナイトサファリは、冒険好きの女性におすすめ。

ジャングル冒険の主人公になったつもりでトラムに乗って探検したり、時には自分たちだけで歩いて、夜行性の動物たちの野生に近い姿を真近で観察することができます。

夜のジャングルの熱気を感じながらの散策は、まさにナイトサファリでしかできない体験です。

興味があればぜひ体験してみてください。

「ナイトサファリ」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

シンガポールのナイトサファリ

 

Sponsored Link

シンガポールのリバーサファリ

シンガポール3大動物園の一つ、リバーサファリ。

世界の8つの大河の特色や文化をテーマに、300種類、約5000匹の魚類や動物を集めた展示スペースを散策できる新感覚の動物園です。

目玉は巨大魚、長江エリアのパンダ、アトラクションの「アマゾン・リバー・クエスト」などなど。

水辺の景色に癒され、生物の多様な生態系にハットさせられる世界最大級の淡水生物パークです。

かわいいジャイアントパンダに会いたければ、ここにいますよ!

「リバーサファリ」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

淡水生物のオンパレード シンガポールのリバーサファリ

 

Sponsored Link

シンガポール中のマーライオンを制覇するマーライオンツアー

シンガポールといえば有名なマーライオンですが、実は一体だけではありません。

シンガポールには全部で5体のマーライオンが存在します。

最も有名なのはマーライオン・パークのマーライオンですが、実はそのすぐ後ろにはミニ・マーライオンも発見できます。

シンガポールにきたら、せっかくなので5体全てのマーライオンに会ってみたいとおもいませんか?

この5体全てに会える観光ツアーもありますので興味のある方はぜひ参加してみてください。

マーライオンツアーに関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

シンガポール中のマーライオンを制覇する マーライオンツアー

誰もが一度は対面したいマーライオン・パーク マリーナベイエリア

 

セントーサ島マーライオンに関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

セントーサ島観光ツアー完全ガイド最新版!

 

Sponsored Link

シンガポールの定番観光エリア

シンガポールにはまだまだ定番の観光エリアがたくさんあります。

ここではその中でも必ず訪れたいスポットをご紹介します。

オーチャード・ロード

マリーナ・エリアからタクシーで15分ほどにあるオーチャード・ロード。

ここにはショッピングセンターが軒を連ね、高島屋や伊勢丹など日系のショッピングセンターも合わせると20店舗ほどある買物好きな女性には見逃せないスポットです。

まずはメインのオーチャード・ロードへ。

この通り沿いにほとんどのショッピングセンターが並んでいるため、迷う心配はほぼありません。

地図で見るより広いので行きたいお店があるなら事前に場所のチェックを!

ウィンドウショッピングをするだけでも楽しめるので、時間に余裕を持って行きましょう。

「オーチャード・ロード」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

シンガポール、オーチャード観光旅行ガイド

シンガポール オーチャードのお土産最新情報!

 

Sponsored Link

ボタニックガーデン(シンガポール植物園)

2015年にシンガポールで初めて世界文化遺産に登録されたボタニックガーデン。

東京ドーム訳16個分の敷地に3万種以上の植物が植えられており、ユニークな南国植物を楽しめる人気の観光スポットです。

園内には、最大の見どころである「国立ラン園」、薬草を展示する「ヒーリング・ガーデン」などが点在。

癒しとリラックスを求める女性は早起きして、ゆっくり園内を散策するのもおすすめです。

「ボタニックガーデン」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

世界文化遺産の植物園 ボタニックガーデン

 

シンガポールのチャイナタウン

19世紀初頭に中国人居住区に指定されたチャイナタウンは、シンガポールでも特に歴史のあるエリアです。

漢字で書かれた看板が並び、カラフルな店が軒を連ねる中、真っ赤な提灯がさらに彩を添えているのが印象的な街並みはノスタルジックでありながら活気があります。

シンガポール最古のシアン・ホッケ寺院など、チャイナタウンのシンボル的な寺院も点在するので、道教、仏教、ヒンドゥー教の3つの異なる宗教寺院で異文化体験もおすすめです。

雑貨好きな女性はパゴダ・ストリートへ。

チャイナタウンで最も賑わう通りで、いくつものショップが並び、中華色満載の安くてカワイイ商品からおしゃれ雑貨までなんでも買うことができます。

「チャイナタウン」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

シンガポール、チャイナタウン観光旅行ガイド

シンガポール チャイナタウンのお土産最新情報!

中華系シンガポール人のための道教寺院「シアンホッケン寺院」

シンガポール最古のヒンドゥー教寺院「スリマリアマン寺院」

 

Sponsored Link
 

シンガポールのリトル・インディア

シンガポールの中でも最もエキゾチックなエリアがリトル・インディアです。

インドからきた労働者たちによって作られたコミュニティがその始まりとされ、インド料理のレストランや民族衣装サリーのショップ、極彩色豊かな彫刻が見事なヒンドゥー教寺院など通りを少し散策するだけでも、インドの街並みにトリップできていまいます。

実際にインドに行くのはなかなか勇気がいりますが、リトル・インディアなら女子旅で訪れても気軽に楽しめそう!かわいいインド雑貨も女性に人気です。

お買い物は街を散策しながらもいいですが、まとめて調達したい場合はインド系ディスカウントストア「ムスタファ センターが便利です。

「リトル・インディア」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

シンガポール、リトルインディア観光ガイド

「ムスタファ センター」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

インド系ディスカウントストア ムスタファ センター

シンガポール ムスタファセンターのお土産に関する最新情報

 

Sponsored Link

シンガポールのアラブ・ストリート

アラブ・ストリートは19世紀初めにアラブ系の商人が移住したのが始まりとされています。

現在も多くのイスラム教徒が暮らすこのエリアには、シンガポール最大のサルタン・モスクなど祈りを捧げるためのモスクが点在しているのが特徴。

熱心に礼拝をするイスラム教徒の姿が見られるモスクにはぜひ足を運びたいものです。

またサルタン・モスクをはじめ各モスク周辺には香水瓶を売る店やエキゾチックな雰囲気のバー、アラブ系料理のレストランなどがあり、ショッピングやグルメも楽しめるので女性におすすめ。

お洒落な女子が訪れておきたいのはハジ・レーンという200mほどの小さな通りに連なるお洒落なショップ。

個性的なアイテムが手に入ると最近注目される人気のスポットです。

「アラブ・ストリート」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

シンガポール、アラブストリート観光ガイド

 

Sponsored Link

最新カルチャー発信地ティオン・バル

シンガポールで最も古い公団住宅が立ち並ぶティオン・バル。

正式な読み方はティオン・バルですが、地元の人は「チョンバル」と発音することが多いのでタクシーを利用する場合はチョンバルと伝えた方が通じやすいです。

この懐かしさを感じさせるティオン・バルの街並みに、近年、個性派のショップやカフェが次々とオープンし、話題のエリアとなっています。

特にショップ集中しているのは、ヨン・シアク・ストリートとエンジニア・ホーン・ストリートです。

流行感度の高い女性におすすめです。

Sponsored Link

シンガポールのカトン

シンガポール東部に位置するカトンは、プラナカンのコミュニティがあったことで知られるエリアです。

プラナカンとは15世紀頃以降、中国から移住した華僑の人々と現地のマレー系の女性が結婚して生まれた子孫たちのことをいいます。

裕福なプラナカンたちが多く暮らしていたこのエリアには、今も優雅なたたずまいの建物が多く残っており、装飾の美しいプラナカン様式の家々は、見ているだけでもワクワクします。

女子旅で訪れるなら、まずはパステルカラーのキュートなショップハウスが並ぶクン・セン・ロードでお気に入りのプラナカン雑貨やグルメを堪能してみるのがおすすめです。

「プラナカン」について深く学ぶにはプラナカン博物館がおすすめです。

プラナカン博物館に関しては「ミックスカルチャーを体験できる プラナカン博物館(Peranakan Museum)シティホールエリア」にて詳しくお伝えしています。

 

Sponsored Link

シンガポールグルメを食べ尽くす

シンガポールの旅の魅力の一つに「ローカルフードから世界中の料理が何でも揃う」というのがあります。

高級、B級を問わずおいしいものが詰まったシンガポールで食べ歩きを思い切り楽しみましょう。

シンガポールのローカルメニュー

これだけは外したくないローカルメニューといえば、丸ごと茹でた鶏と、鶏のスープで炊いたご飯をセットにした「チキンライス」、丸ごと茹でたスリランカ・クラブにチリソースをかけたカニ料理「チリクラブ」、ココナッツミルクとチリで仕上げたスープ麺の「ラクサ」、インド系の「フィッシュ・ヘッド・カレー」などなどたくさんあります。

お洒落カフェから老舗、ホーカーズまでいろんなお店での食べ比べを楽しんでみて下さい。

 

チキンライスに関してはこちらの記事もチェックしてみてください。

チキンライス四天王の一角 ロイキーベスト チキンライス

シンガポールの国民食 海南風チキンライス ハイナンチーファン

老舗チキンライスの店イエット コン チキンライス

 

「チリクラブ」に関してはこちらの記事もチェックしてみてください。

ピリ辛ソースでいただくスリランカクラブ チリクラブ

カニを選べるチリクラブの店 ノーサインボード シーフード

老舗チリクラブレストラン レッドハウス シーフード

 

「ラクサ」に関してはこちらの記事もチェックしてみてください。

ラクサ伝統の老舗 マリンパレードラクサ(Marine Parade Laksa)カトンエリア

プラカナン文化のピリ辛麺 ラクサ

 

「フィッシュヘッドカレー」に関してはこちらの記事もチェックしてみてください。

中華料理とインド料理の融合 フィッシュヘッドカレー

 

Sponsored Link
 

シンガポールで世界の料理を楽しむ

シンガポールの3大民族、中国系、マレー系、インド系の料理はもとより、フレンチ、イタリアンなどの西欧料理、世界各地のエスニック料理など様々な味が楽しめます。

シンガポール最多人口を占める中国系の料理だけでも多くの種類があり、しかもそれぞれ独自の特徴を持っていますのでそれぞれの違いを堪能してみてみるのもいいかもしれません。

高級レストランを楽しむ

ディナーは贅沢に楽しみたいという女性には高級レストランがおすすめ。

他は節約してもセレブ気分を味わえるレストランで、芸術的な料理を味わえるのは女性にとって魅力的ですよね。しかし、何かとコストがかさむレストラン。

せっかくディナーに行ったのに、あまり楽しめなかった…なんてことのないようお店選びはしっかりしておきたいですね。

「レストラン選び」には「シンガポールの上質なグルメを楽しむ おすすめレストラン」の記事が参考になります。

 

Sponsored Link

シンガポールのスイーツ

美味しい食事も大切ですが、女子旅の「食」を彩るのは、やっぱりスイーツ。

シンガポールにはローカルスイーツから一流ホテルのアフタヌーンティまで豊富なスイーツがあります。

何を食べるか迷いますが、気分に合わせて楽しんでみてください。

シンガポールで人気のローカルスイーツ

常夏の国シンガポールには南国フルーツを使ったひんやりデザートや中国系のスイーツなどがあり、ローカルスイーツの種類はどれを選ぶか迷うほど豊富です。

その中でも豆乳スイーツやスノーアイスはぜひ味わっておきたいもの。

いろいろ食べ比べてお好みのスイーツを見つけてくださいね。

「ローカルデザート」についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

シンガポールの豆乳スイーツ(Soy Bean Sweets

スイーツ有名店 味香園甜品(Mei Heong Yuan Dessert)チャイナタウン

苦いけど体にいい亀ゼリー(亀苓膏/Kwai Leng Guo

ねっとり味濃くてんこ盛りシンガポールのスノーアイス(Snow Ice/雪花氷)

 

シンガポールの一流ホテルで楽しむハイティーアフタヌーンティー

イギリス統治時代が長かったシンガポールには、本格的なアフタヌーンティーを楽しめる場所が多くあります。

一流ホテルのパティシエが作るケーキやスコーン、サンドイッチを紅茶とともに味わいながら、午後のひと時をゆっくり過ごすのも女子旅ならでは。きっといつも以上に女子トークも盛り上がるでしょう。

「ハイティー/アフタヌーンティー」に関してはこちらの記事を参考にしてみてください。

上品に紅茶をいただくシンガポールのハイティー/アフタヌーンティー

 

Sponsored Link

シンガポールのショッピング

シンガポールは実はシューズブランドが豊富に揃う国です。

しかも安くてデザイン性も高いので、大人女子にもピッタリな素敵なシューズが必ず見つかります。

お気に入りを見つけたら自分用に即買いしてしまいましょう!

時期によってはセールもありますので、日程があえばハイブランドもセール価格で買える可能性が高いです。

シンガポールでブランド品を買う

シンガポールはまとめ買いしたくなるようなデザイン性とコスパのよいお洒落なシューズ・ブランドの宝庫。カジュアル系からフォーマル系まで何でも揃い、その種類は多種多用。

シンガポール発のシューズブランドでは、日本にも進出しているチャールズ&キースが有名です。

お気に入りの一足を見つけて自分用に買って帰りましょう。

「ブランド」に関してはこちらの記事にてお伝えしています。

シンガポールのお土産におすすめのブランド特集!

 

グレート・シンガポール・セール

「グレート・シンガポール・セール」は毎年5月~7月下旬に行われます。

一年に一度のシンガポール最大のセールで、最大割引率は70%。

一流ブランドもセール価格で購入できるので人気です。

また2011年から導入された電子認証の免税手続きならめんどうな税金払い戻しも簡単です!

「グレート・シンガポール・セール」に関してはこちらの記事も参考になります。

6月グレートシンガポールセール」に計画するシンガポール観光旅行

7月グレートシンガポールセール」に計画するシンガポール観光旅行

 

Sponsored Link

シンガポールのお土産

シンガポールならではのお土産に関してはこちらの記事でお伝えしています。

お土産リストを作成する際に参考にしてみてください。

シンガポールでおしゃれなお土産を買うには?

シンガポール チャイナタウンのお土産最新情報!

シンガポールでプラナカン雑貨をお土産にしましょう!

シンガポールのお土産で男性・彼氏に喜ばれるのは?

 

女友達や自分へのお土産探しにはこちらの記事がおすすめです。

シンガポールのお土産で女性に喜ばれるもの特集!

 

みんなに喜ばれるフード土産

お土産探しはいろいろ気を使ってしまって実は面倒に思っている女性も多いのでは?

女子旅のお土産はセンスの良いものを買って帰りたいもの。

誰にあげても喜ばれるお土産といえば定番はやっぱり食べ物!

センスのよいお土産を配って女子力を見せつけましょう!

「シンガポールのお土産でおすすめの食べ物」はこちらの記事でお伝えしています。

シンガポールのお土産でおすすめの食べ物特集!

 

ばらまきに最適なお土産

何かと物価が高く、お土産探しも一苦労なシンガポール。

そんな時は、予算を抑えられるばらまき土産は助かりますよね。

ほとんどの食品やスナックなどはスーパーで調達できますが、シンガポールらしいお土産は他にもありそう。

お土産は賢く調達して、旅の思い出をたくさんの人にシェアしましょう。

「ばらまきに最適なお土産」に関してはこちらの記事でお伝えしています。

シンガポールでばらまきに最適なお土産を買いたい!

 

Sponsored Link

シンガポールのエステやスパ

ミックスカルチャーの国、シンガポールはバラエティ豊かなスパが揃っています。

ラグジュアリーなホテルスパやコスパのよいシティ・スパで疲れを癒すのも女子旅の醍醐味!

スパを上手に利用して、リラックス&美しさも手に入れましょう!

ここでは今旬のおすすめスパをご紹介します。

ガーデンスパ

ガーデンスパとは、自然豊かな環境を生かした、ミドリに囲まれたスパのことをいいます。

おすすめは、セントーサ島にあるソー・スパ。

屋外プールやガーデン、ラビリンなど充実した施設が魅力のスパです。

滞在しながらのスパ体験もできる、セレブご用達のエスパでスペシャルな時間を満喫するのもおすすめです。

ソー・スパ

住所 30 Allanbrooke Rd

電話 6708-8358

営業時間 10002100

定休日  無

HP www.sospasentosa.com

エスパ・アット・リゾート・ワールド・セントーサ

住所 8 Sentosa Gateway

電話 6577-8880

営業時間 9002200

定休日  無

HP  http://www.resortsworldsentosa.jp/HotelAndSpa/ESPA.html

ラグジュアリーなホテルスパ

高級ホテルに泊まったら、贅沢にスパを満喫するのもおすすめです。

ホテルスパは高い技術と行き届いたサービスが魅力です。

ラグジュアリーな時間を満喫し、身も心も美しくなりましょう!

おすすめは、セントレジスホテルのルメードゥ・スパ。高級スパブランド「ルメードゥ」の製品を使ったメニューが体験できます。

数々の受賞歴を持つマンダリン・オリエンタルのザ・スパも人気です。

ルメードゥ・スパ

住所 2F The St.Regis Singapore,29 Tanglin Rd.

電話 6506-6896

営業時間 9002300

定休日  無

HP www.stregissingapore.com/spa

ザ・スパ

住所 8 Sentosa Gateway

電話 6577-8880

営業時間 9002200

定休日  無

HP www.mandarinoriental.com/singapore/luxury-spa/

シティ・スパ

気軽に旅の疲れを癒したいなら、街角に点在するシティ・サロンがおすすめ。

コスパもよく、邸宅を改装した一軒スパや、インド式スパなど、種類も豊富です。

観光やショッピングの合間に訪れたいおすすめのスパは以下にまとめています。

スパ・エスプリ

住所 Beauty Emporium #01-03,Block8D Dempsey Rd.

電話 6479-0070

営業時間 10002100

定休日  無

HP www.spa-esprit.com/

アューシュ・アーユルヴィディック

住所 146 Race Course Rd.

電話 6398-0415

営業時間 9002100

定休日  無

HP ayurvedasg.com/

 

Sponsored Link

チャンギ国際空港

シンガポール・チャンギ空港は、シンガポールの中心から北東におよそ17キロメートルのところに位置する空港です。

就航するすべての便が国際線で、シンガポール航空、ジェットスター・アジアなどがハブ空港として利用しています。

現在、日本とは羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港との間で直行便を就航しています。

シンガポール・チャンギ国際空港公式ホームページ

http://www.changiairport.com/

各ターミナルのマップ

http://www.changiairport.com/en/maps.html

 

チャンギ空港に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

東南アジアのハブ空港 チャンギ国際空港

シンガポール空港(チャンギ国際空港)の完全ガイドと世界的魅力

 

Sponsored Link

チャンギ国際空港から市内へのアクセス方法

チャンギ国際空港での日本からの到着ホールは各ターミナル1階になります。

入国審査後、預けた荷物を受け取り、税関を通過して出口を出たら、空港内の標識にしたがって各交通機関の乗り場まで移動しましょう。

空港から市内へのアクセスはMRT、バス、タクシー、エアポート・シャトルバス・サービスのいずれかになります。

空港から市内へのアクセス方法に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

シンガポールは空港から市内へのアクセスがとても便利

シンガポールの市内交通について

シンガポールの交通機関は高度なシステムで整備されています。

電車、バスはほぼ全ての観光地を網羅していて観光客にも利用しやすいのが特徴です。

都心で人気なのは日本でいう地下鉄に捉えられるMRT。便利で乗り心地も快適で人気です。

道路は渋滞する恐れがありますが、MRTならば時間通りに目的地に着くことができます。

他の移動手段はバスやタクシー、ベイエリアにはリバー・タクシーもあります。

レンタカーもありますが、シンガポールの場合、自動車の価格が高いのに合わせてレンタカーも割高になっていてあまりおすすめしません。

公共交通期間を使用する際に便利な「ツーリストパス」と「イージー・リンク・カード」に関してはこちらの記事にてお伝えしています。

好きなだけ乗り放題のシンガポール ツーリストパス

シンガポールのMRTやバスを乗りこなせる シンガポールEZ-linkカード

 

Sponsored Link

シンガポールのタクシー

シンガポールのタクシーは、日本よりも安く非常に利用しやすいのが特徴です。

料金システムも日本と同じで、初乗り運賃に移動距離に応じて運賃が可算されていきます。

初乗り運賃は3ドル。1キロ毎に0.55ドルが可算されていく計算です。

深夜の場合には深夜料金があり、2550%が運賃に可算されます。

「タクシー」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

上手に使いこなしたい シンガポールのタクシー

 

シンガポールのMRT

シンガポールでは殆どの主要な観光スポットにはMRT(電車)でアクセス可能です。

乗り方も非常にシンプルで、ほとんど日本と同じシステムで運営されています。

1駅なら約1.4ドル、10駅でも約2.1ドルと安価に利用できるのも良いところ。

道路は朝晩の通勤時には車とバスで渋滞しますが、MRTなら時間通りに着くことができます。

MRT」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

シンガポール市内に張り巡らされた鉄道 MRT(マスラピッドトランジット)

 

シンガポールのバス

シンガポール全土で路線バスが運行されており、ほとんどの場所まで行くことができます。

ただし、MRT(電車)と違い、ルートや支払い方法、降車のタイミングなどがMRTより多少複雑のため注意が必要です。

バスにはバス停も車内アナウンスもないため、乗りこなすには難易度が高いのですが、その分車窓からの景色を楽しむにはバス程最適な乗り物はありません。

またバスは現地のお年寄りや子どもも利用するので、ローカルな人々の暮らしぶりを見ることもできる点ではおすすめです。

Sponsored Link

シンガポール女子旅の準備

シンガポールを旅するときめたらまずは日程とプランを決めますよね。

個人旅行ならば航空券とホテルの予約。パッケージツアーならば選んで予約を取りましょう。

パスポートを準備したら、海外旅行保険に加入します。

ツアーの場合も普通は保険はセットされていないケースがほとんどですので確認しましょう。

保険に加入するかしないかは自由ですが、病気や不慮の事故に合った場合のことを考えると加入しておくことをお勧めします。

現在はクレジットカードに海外旅行保険が付いているケースもありますが、全てはカバーされないと考えるのが無難。それとは別の保険に加入しておくのがよいでしょう。

旅行会社のカウンターに行けば上手な加入方法を教えてくれます。

「海外旅行保険」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

シンガポールへ行く前にすべての人が加入しておきたい海外旅行保険

 

Sponsored Link
 

シンガポール女子旅に必要なお金

現金は日本円で持って行くのがおすすめです。有名店では日本円でショッピングもできますし、両替手数料も1回で済みます。

またシンガポールはクレジットカードの利用度が極めて高い国です。

個人商店や屋台、公共交通機関を除けばほとんどの場所でクレジットカードが使えます。

空港内、市内の銀行、MRT駅、市内のショッピングセンターなど多くの場所にATMが設置されていて、クレジットカードをはじめ、デビット、プリペイドカードでシンガポール・ドルの引き出しが可能です。

カード使用を中心に考えれば、34日の滞在で現金は数万円あればよいでしょう。

シンガポールに着いてから両替するのがおすすめ

便利で両替レートがいいのは、公認両替商(Authorized Money Changer)です。

多くのショッピングセンター内にあり、看板が出ているのですぐに分かります。

両替は簡単にできるので安心。両替レートはお店によって少しずつ異なるので、数軒を比較しいてみるといいでしょう。

レートが良くて便利なのは、オーチャードのラッキープラザ・ラッフルズプレイスのアーケード・リトルインディアのムスタファです。

その他にも両替商はたくさんあります。

シンガポール女子旅の服装と持ち物

常夏のシンガポールとはいえ、雨季には日によっては涼しい日がありますし、乾季には時々南国特有のスコールで激しい雨が降ったりします。

シンガポールのスコールはほとんどすぐにやみます。

また日差しが強いので肌を焼きたくない女性にとって、日焼け対策は必須です。

施設内はエアコンが強めなのでストールなどの布物があると便利です。

モスクに行く際にも肌の露出を抑えるために使えるので重宝します。

シンガポールは南国リゾートというイメージですが、基本的にはシティなイメージを持っておきましょう。

ビジネス目的の外国人や保守的なマレー人やインド人も多いお国柄なので、暑くても街中を極度に露出した格好で歩くのは歓迎されません。

街のショッピングセンターでお買い物や、レストランで食事をする時はシティ感覚の装いがベストです。

ドレスコードが必要なお洒落なレストランやカジノもありますので、事前にチェックしておくと安心です。

他にはホーカーズに行く際にはウェットティッシュがあると何かと便利です。

 

Sponsored Link
 

シンガポールの罰金制度

シンガポールといえばチューインガムの販売・製造・輸入の全てが禁止というのは有名ですよね。

もちろん持ち込みも禁止です。所持するだけでも罰金が科せられるので注意しましょう。

シンガポールの罰金制度は他にも道でのポイ捨てや地下鉄での飲食などがあり、日本人が無意識にやってしまいそうになることが意外とあります。

旅先で悲しい思い出を作らないように、どんな罰金制度があるのか事前にチェックしておくと安心ですね。

「罰金制度」に関しては「シンガポールで忘れてはいけない「罰金制度」」の記事にて詳しくお伝えしています。

 

 

シンガポールのインターネット事情

旅先でインターネットが使えれば快適さと楽しみが倍以上に広がります。

日本からモバイルWi-Fiを持って行くのもいいですが、容量もありますし結構コストがかかるものです。

できれば現地で無料のWi-Fiを使いたいです。

街中ではスターバックスやコーヒービーン&ティーリーフなどのチェーン店にはWi-Fiスポットがあります。

シンガポール政府が整備してるフリーWi-Fiもおすすめです。

事前に登録しておけば、街中の広範囲で無料で利用できます。

Wireless@SG」に接続し、指示に従ってユーザー名とパスワードを入手するだけでOKです。

またほとんどのホテルには無線LANやブロードバンドの接続サービスがあります。

空港でSIMカードを購入しインターネットを利用することもできます。

SIMカード」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

シンガポール空港で簡単に入手できるSIMカード

 

シンガポールのチップについて

シンガポールでは政府がノーチップを奨励しているため、チップの習慣は基本的にありません。

レストランには既に10%のサービスチャージが加算されていることが多いので必要ありませんが、特に良いサービスを受けた際には、お釣りの小銭を残して行ってもよいでしょう。

ホテルでポーターサービス、ベットメイキングサービスを受けた際には、$1、$2チップを置いておくといいです。

Sponsored Link

シンガポールでの女子旅を充実させるための知識

旅のプランや準備が整ったら、もう少しシンガポールについて知識を増やしてみませんか。

近代的な観光スポットだけでなく、シンガポールには歴史的建造物も数多くあり観光名所となっています。

ここではシンガポールの歴史、政治、国民性についてまとめてみました。

シンガポールの歴史

シンガポールといえばマーライオンは有名ですが、実はシンガポールの歴史はほとんど知られていません。

もちろん知らなくても旅は楽しめますが、知っておくとより知的な体験ができそうな気がします。

多民族国家であるシンガポールには、その分だけの分厚い歴史があります。

知的好奇心旺盛な女性の旅には、歴史的な建物を史実に基づきながら鑑賞してみるのもいいかもしれません。

旅立つ前にぜひご一読してみてはいかがでしょう?

「シンガポールの歴史」に関してはこちらの記事にて詳しくお伝えしています。

シンガポールの歴史【完全ダイジェスト版】

 

Sponsored Link
 

シンガポールの国民性

シンガポールの国民、シンガポーリアンの性格は、「キアス」という現地語でしばしば語られます。

意味は「損をしたくない」「何事でも一番になりたい」という意味です。

確かに競争社会で生きるシンガポール人たちにはまさにその言葉がぴったりな気がします。

「英語と学歴」「キャリア」「サラリー」この3つが基本のシンガポールのビジネスマン。

ビジネスを共にする際は、その報酬もさることながら、自身のキャリアにどうプラスになるのか、チャンスなのかを計算して見極めるのは当たり前。そういう意味ではまさに「キアヌ」の言葉通りです。

そしてシンガポーリアンにとっての楽しみは、ショッピングと食べることといいます。

外食産業が非常に盛んなシンガポールでは、三食すべて外食という家庭も珍しくありません。

ヘルシー志向の多いシンガポーリアンには日本食が大人気です。

ショッピングセンターのいたるところで日本食のお店を見ることができます。

日本を訪れるシンガポーリアンも多いです。シンガポールは親日の方々が多いのも特徴です。

下記の記事でシンガポール国民の生活をより知ることができます。

シンガポール人が大多数が生活するHDB高層住宅

「自炊より外食」のシンガポール人

シンガポール人が熱狂するシンガポールのスポーツ事情

 

Sponsored Link

シンガポール女子旅まとめ

シンガポールでの女子旅や女子一人旅で役立つ情報をお伝えしてきました。

シンガポールは、女性が旅をしやすい国です。

治安の良さもありますが、コンパクトな国土に凝縮された観光地は移動を簡単にしてくれますし、旅先でいろんなことを楽しみたい女性の願いを叶えてくれます。

南国リゾートを感じるスパもあれば、都会的でお洒落なスポットもたくさんあり好奇心旺盛な女性も飽きさせません。

自然と都会、現代と歴史がうまく融合し、独特な雰囲気をもつシンガポールにはまだまだ魅力がたくさんあります。

ぜひシンガポール現地で素晴らしい体感をしてきてください!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールで女子旅を最高に楽しむ完全ガイド

  • シンガポールのおすすめスポットを全てお伝えしています!

  • シンガポール観光旅行完全ガイド

  • TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!

関連記事

  • 人力車 トライショー(Trishaw Uncle)

  • ロコと混じってのんびりホリディ パシールリスパーク(Pasir Ris Park)チャンギエリア

  • シンガポールの日焼け対策はしっかりとしておきたい

  • リゾートと海洋研究の島 セントジョン島(St John Island)セントーサ島の南東沖

  • 成田発着で行くシンガポール観光旅行ツアー

  • バスで楽しく市内観光 ファンビーシティホッパー(FunVee City Hopper)マリーナベイエリア