ピックアップ記事 & 世界のニュース
シンガポールでビジネスを行う際の「支払方法」

シンガポールで企業間の取引での支払いや、

シンガポール政府への税金や各種手数料などは、

どのように支払うことができるでしょうか。

シンガポールにおいての支払い方法について見ていきましょう。

 

小切手

銀行で「当座預金口座」を開設した時から利用できる「小切手」は、

シンガポールのビジネスにおいて、非常に使用頻度が高い支払い手段です。

税金や手数料と言ったシンガポール政府への支払いの際にも、

「小切手」と「納付書」を郵送する手続き方法が一般的です。

 

「小切手」は使用手数料も非常に安く、慣れると便利な方法です。

「小切手」を利用する際には、

小切手本体に「宛名」「金額」「署名」をし、支払う相手に渡します

小切手を受け取った場合は、

振り込み先の口座番号や連絡先を小切手の裏に記します

振り込み先の銀行兵器、「小切手箱」に投函すると、

2営業日以内に指定した口座に振り込みされます。

 

口座自動引き落とし

毎月支払う必要があるものに関しては、

「GIRO」と呼ばれる「口座自動引き落とし」を利用します。

税金や公共料金、家賃や学校に行っている場合は授業料、

また商工会などの会員になっている場合などは会費など、

「口座自動引き落とし」を登録しておくならば、

手間も省け、見落としのリスクもなくなります。

 

インターネットバンキング

日本でも、「インターネットバンキング」が普及してきましたが、

シンガポールでも「インターネットバンキング」が非常に普及しています。

日本などの外国からも

送金指示を出したり、残高を確認したりが可能ですので、

経理担当者が日本にいる場合でも、

シンガポールの口座を「インターネットバンキング」で操作できます。

 

シンガポールの「インターネットバンキング」では、

セキュリティ保護のため。「トークン」と呼ばれる

一定時間のみ有効なパスワードを利用することが多いです。

 

デビットカード

シンガポールの銀行で口座を開設すると、

デビッドカードを同時に発行されることがあります。

このデビットカードは、

カード使用毎に口座から直接引き落とされる仕組みで、

クレジットカードのように

利用代金を一定期間ためておいたりはしません。

 

デビットカードにも「VISA」や「マスター」などの

クレジットカードブランドが付帯していますので、

クレジットカードとしても利用することができます。

使いすぎないように、使用限度額を定めることもできます。

アフターコロナの海外旅行に向けてオンラインツアーでの旅行体験はいかがでしょうか?

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

オンラインツアーについて詳しく知りたい方は「オンラインツアーのメリットとデメリットを徹底解説!おすすめのサービスは?」をご参照ください。