1. TOP
  2. シンガポール 法律
  3. シンガポールの会計制度について
Sponsored Link

シンガポールの会計制度について

シンガポールでの会計は、シンガポール会計基準法のもとに「会計基準評議会」によって定められています。

このシンガポール会計基準評議会の基準は「SFRS」と呼び、「国際財務報告基準:IFRS」とは区別されています。

 

Sponsored Link




Contents

シンガポール会社法による規則

シンガポール会社法201条では、シンガポールの会社は原則的に所定の会計基準に基づく適正な「決算書」を作成しなくてはならないと定められています。

同会社法204条では「決算書」についての罰則も定められ、SFRSに基づいた記述でない場合などに、罰金が科せられます。

 

シンガポールでの会計基準について

会社法ではSFRSに基づいた会計基準となっていますが、そもそもSFRSはIFRSに準拠しているので、基本的には同じですが、次の3つの点のみ両者に差が認められます。

 

固定資産

SFRSでは所定の期間内に再評価を行った固定資産は今後、再評価する必要が免除されます。

 

不動産開発に関する収益の認識

IFRSでは工事完成時に収益の認識を行いますが、SFRSでは完成前に販売を行うことが多いシンガポールの習慣に基づき、工事の完成基準の適用を変化させています。

 

連結財務諸表

シンガポールでは関連会社を有する場合は連結財務諸表を作成することが求められています。

ですがIFRSでは一定条件下においては、連結財務諸表の作成や開示の必要がありません。

 

この3点を除いて、SFRSとIFRSは全く同じ規定になっているのは、ンガポールが建国当初から国際的なビジネス地としての国づくりを目指していることにも、大きな関係があります。

会計も国際基準で行うことで外国企業との温度差がないように計られているのです。

 

温度差のない会計基準がシンガポールのさらなるグローバル化、多国籍企業の誘致、投資の誘致などにもつながっているのです。

 

Sponsored Link




シンガポールの財務諸表

日本においては株式を上場している一部の有価証券報告書提出会社以外は、キャッシュフローにかかわる計算書を開示する必要はありませんが、シンガポールにおいては、私的免除会社以外の全ての会社は計算書を作成し、開示する必要があります。

 

ACRAに年度もしくは決算ごとに提出を求められる書類は次の8つです。

・包括利益計算書

・財政状態計算書

・株主持ち分変動計算書

・キャッシュフロー計算書

・計算書に関する注記

・取締役報告書

・取締役宣誓書

・独立監査人の監査報告書

 

シンガポール法人の決算書の開示対象

シンガポールでは、「休眠会社」と「私的免除会社」を除く全ての会社は取締役会と定時の株式総会で承認を得た「監査済みの財務諸表」を定時株主総会の1カ月以内にACRAに提出する必要があります。

この全ての「会社」には外国会社である親会社を外国に持つ「シンガポール支店」も含まれます。

 

シンガポール法人の開示情報の入手方法

開示された各企業の財務情報をどのように手に入れることができるのでしょうか。

ネット文化が高度に発達しているシンガポールでは、行政的な手続きや法的な手続きもそのほとんどをオンラインで行うことができます。

開示された各企業の情報も、だれでもオンラインで入手可能なのです

 

会社の概要については5.5シンガポールドル

財務諸表については内容にもよりますが50シンガポールドル以下で入手できます。

会計および財務において透明性が高い国と言えるでしょう。

 

シンガポール法人での決算日の決定

シンガポールの会社法では、会社を設立して最初の定時株主総会は設立後18カ月以内に開催することを求めています。

つまり、初年度の決算は、定時株主総会までに決算処理と監査を済ませられることを目安にします

ですから、設立1年以内に決算する必要は全くないと言えるのです。

 

シンガポール支店の決算日

日本に本社を置くシンガポール支店の決算日は本社の決算日と統一する必要があります。

これは、シンガポールでは支店と本社を同一法人格とみなすためです。

 

Sponsored Link




シンガポール法人の連結決算

シンガポールにおける法人が子会社もしくは関連会社を有する場合、原則的に「連結財務諸表」を作成しなくてはなりません。

 

この場合の「子会社」もしくは「関連会社」とは、

・議決権の過半数を有している場合

・他の投資者との合意により議決権の過半数を有する場合

・取締役会等の権威のある統治機関において、

 過半数の構成員が関与している場合

・取締役会等の権威のある統治機関において、

 過半数の投票権を有している場合

の、直接もしくは関節に支配を及ぼす関係がある会社を指します。

 

シンガポール法人の連結決算の例外

「子会社」や「関連会社」を持つシンガポールの法人において連結決算の作成が免除される場合は、その法人自身が他の会社の100%の子会社であり、株式が上場されておらず、会社自体が財務諸表を登録しておらず、親会社の財務諸表を入手可能な場合のみです。

 

シンガポールの会計について 「法定監査制度」

会社が作成した財務諸表などが適正であるのかを会計監査人が正式に保証することを「会計監査」と言います。

シンガポールでは全ての法人は会計監査を行う義務があり、外国会社においても同様に行う義務があります。

例外的に「小規模私的免除会社」と「休眠会社」はその義務を免れます。

 

シンガポール小規模私的免除会社

株主が20人以下で、かつ全ての株主が法人ではなく個人である会社で、年間の売り上げが500万シンガポールドル以下の場合は、「小規模私的免除会社」とみなされ財務諸表の監査は必要がなく、決算の数値の一部をオンラインで申告すれば、決算に関する登記が完了します。

 

Sponsored Link




シンガポールの休眠会社

会計年度において、取り引きが一度も発生しなかった場合は「休眠会社」とみなされます。

この「取り引き」には、会社秘書役の選任や会計監査役の選任、登記上の住所の維持にかかわる取り引き、書類と帳簿の維持、ACRAへの手数料や罰金、定款に沿った株式の引き受けは含まれません。

「休眠会社」であると判断された場合にも財務諸表の監査の義務は免除されます。

 

シンガポール法人の監査の期限

現地法人としてシンガポールに会社を設立した場合は決算終了後6カ月以内、かつ定時株主総会開催までに「決算書」を作成し、定時株主総会終了後1カ月以内に監査報告書をACRAに登記します

 

シンガポール会社法では、株主総会と株主総会の間隔は15カ月以内と定められていますので、期間内に「決算書」と「監査報告書」を作成する必要があります。

 

どうしても定められた期限に間に合わない場合は、延長料金をACRAに収めることで最長2カ月まで延長できます

1カ月延長したい場合は50シンガポールドル

2カ月延長したい場合は100シンガポールドル(2015年1月現在)支払います。

 

延長料金を支払って延長を申請したにもかかわらず、その期限にも間に合わない場合は罰金が科せられます

30日以内の延滞の場合は罰金として60シンガポールドル

60日以内は120シンガポールドル、90日以内は170シンガポールドル

180日以内は220シンガポールドル、365日以内は250シンガポールドル

730日以内は350シンガポールドルの罰金を支払います。

 

シンガポール支店として会社を設立した場合は、日本にある本店の株主総会が終わってから2カ月以内に監査済みの決算書をACRAに提出します。

この場合、本店と支店の決算を合わせた監査報告書に英訳を添付して提出する必要がありませんので、かなり時間的な制約があると言えます。

 

シンガポール法人の会計について 「決算時の注意点」

シンガポールで会社を運営し決算業務を遂行するときに、どのようなことに注意する必要があるでしょうか。

 

シンガポール法人の決算前の準備

少なくとも決算を行う2週間前にはスケジュールを作成し、決算前の準備をしておく必要があります。

決算のスケジュールを決定したら、顧客への出荷や請求書の発行などもスケジュールに合わせて調整します。

また年度内の請求書などの書類も、見やすいように整理します。

 

初めて決算を行う場合は、様々な予定外の出来事が起こりうるので日本の本社の経理部門などから支援を得られるようにしておきます

枠組みが決まると、次年度よりは楽に決算を行えますので、初年度は勉強する気持ちで機関にゆとりを持って準備しましょう。

 

シンガポール法人での通貨の統一

シンガポールで法人登録を行う時は、資本金の通貨については特に規定はありません。

ですが、決算を行う時には、「機能通貨」を統一することが求められます

特にシンガポールで業務を行う場合は、アジア統括会社としての機能を兼ねていることも多いですので様々な通貨での取り引きが行われます。

決算しやすいように、通常の取り引きにおいても意識することが必要です。

 

シンガポール法人の収益のタイミング

日本では実際に収益を得たときを「収益」のタイミングとみなしますので、商品を販売するときにおいては出荷した時を「収益」のタイミングとみなすことも可能です。

 

ですがシンガポールでは国際会計基準と同じく出荷した時点では「収益」と認められないことも多いのです。

一つ一つの取り引きの契約に基づき、決算日近くに出荷した商品を決算対象として入れて良いのかを確認する必要があります。

 

Sponsored Link




シンガポール法人の在庫や債券の評価

決算の対象は、取り引きによって起こる利益だけではありません。

在庫商品や債券なども評価の対象に入ります。

通常に比べて長期間にわたって在庫となっている商品がある場合は、その在庫品が将来にわたり販売できる可能性があるのかを考慮にいれる必要が生じてきます。

 

また、顧客からの債権の回収業務が停滞している場合には、回収可能な債権なのかどうかも評価の対象です。

特に業績が悪化している顧客の場合は注意が必要です。

 

シンガポール法人の監査報酬

監査に関する報酬については、監査を行った決算期において未払いとして計上します。

実際には決算日が過ぎてから監査業務を行いますが、その決算期にかかわる取り引きと言う意味で決算に組み込む必要があるのです。

その他も、顧客の都合で請求書が遅れている場合など、計上漏れがないようにしっかりチェックしておきましょう。

 

シンガポールでの会計監査「監査人の責任と監査の概要」

監査の意義

会計監査人として選任された人は、会社の会計を監査します。

この「監査」とは決算書に記されている数値が正しいかどうかを検証し、財務諸表がトータルで見て適正なのかを検証することです。

会社の経営者が「財務諸表」を責任を持って作成し、会計監査人がそれが正しいかを責任を持って監査するのです

つまり二重にチェックをすることで重要な誤りがないかを正確に知ることができるのです。

 

監査手続きの概要

決算書の根拠となる請求書や領収書、そして出荷伝票などに誤りがないかを照合する作業から、監査の手続きが始まります。

また会計処理を行う際の判断の妥当性も確かめます。

特に長期にわたる在庫品などがある場合、どのようなルールでそれらを処理しているのかを経営者に確認します。

 

長期にわたる在庫品が多い場合や未回収の債権がある場合は、監査前にどのように処理することが望ましいかを会社側は会計監査人に尋ねておくことができるでしょう。

 

監査に必要な書類

会計監査人が監査業務を勧めていくうえで会社側に多くの署名や書類の作成を求めることがあります。

どのような書類や署名が必要なのでしょうか。

 

残高の確認

預金や借入金、為替予約、その他の銀行との取り引きなどが全てわかる「残高確認書」を、会計監査人は取り引き銀行に発送する必要があります。

 

関係会社

関係会社との取り引きや債権債務の残高などは、書面にして確認する必要があります。

 

その他の取り引き先

会計監査人は、監査を行う上で必要と思われるときは、特定の売掛金や買掛金について取り引き先に確認書を送付します。

会計監査人がこの業務を行う場合は、署名をして取り引き先に発送する助けを行います。

 

宣誓書および確認書

シンガポールで監査を遂行するにあたり、取締役などの職務に就く者が宣誓書および確認書に署名する必要があります

署名を求められる書類は基本的には次の6つです。

 

・取締役の利害関係に関する宣誓書

・取締役の報酬に関する確認書

・関連する当事者間の取り引きに関する確認書

・偶発債務に関する確認書

 (偶発債務とは、決算日においては債務として発生していなくても

 将来的に債務になりえるもので、貸借対照表には計上されていない

 債務を指します。)

・後発事象に関する確認書

 (後発事象とは決算日以降に発生した事象で

 来期の決算に何らかの影響を及ぼすと思われるものを指します。)

・決定事項に関する確認書・議事録に関する確認書

 

シンガポールの会計監査 「子会社の場合」

「子会社」である場合の会計監査について見てみましょう。

この場合、シンガポールに親法人がある場合の「子会社」、シンガポールに親法人があり、「子会社」を日本につくる場合、シンガポールの法人を日本の親会社の「子会社」とする場合があります。

 

シンガポールに親法人がある「子会社」

シンガポールに親法人がある「子会社」の場合は、単独で決算を行うだけではなく連結決算を行う必要があります

この場合の監査業務には、次の3つが含まれます。

・シンガポールの親法人と子会社の数値の合算と内部調整

・子会社の単体としての財務諸表の監査

・連結財務諸表に必要な各種の情報の検証

 

Sponsored Link




シンガポール法人の「子会社」を日本で設立

日本では上場していない場合は、ある一定以上の規模でない場合は法定監査の義務がありません。

ですがシンガポールのすべての法人は監査義務がありますので、連結監査として日本の子会社の財務情報も提出する必要が生じます

 

シンガポール法人が日本の「子会社」になる場合

シンガポールでは会社の規模にかかわらず「小規模私的免除会社」と認められていない会社の活動は、すべて監査の対象になります。

シンガポールの子会社が監査業務に必要な書類を作成するため日本の親会社は財務諸表を決算ごとに提出する必要があります

 

会計基準の違い

このように日本の会社の決算とシンガポールの会社の決算を連結させて「決算書」を作成する場合、日本の会計基準とシンガポールの会計基準の違いが問題になります。

どのような違いがあるか見てみましょう。

 

退職給付会計

シンガポールの会計基準では計算上に差が生じた場合は包括利益として純資産に計上しますが、日本では包括利益ではなく毎月の費用として処理します。

 

研究開発費

シンガポールの会計基準では研究開発費は無形資産として計上することが多いですが、日本の会計基準では費用として処理します。

 

不動産の評価

シンガポールの会計基準では、投資不動産を時価で評価したり、固定資産を再評価することが認められていますが、日本の会計基準では時価評価も再評価も認められていません。

 

少数株主損益

シンガポールの会計基準では、少数株主由来の利益も純損益の計算に含みます。

 

シンガポールのビジネスにおける「消費税の登録」について

シンガポールでは日本の消費税に当たる「GST」と呼ばれる税があり、課税対象取引の7%に課税されます。

このGSTは登録制になっていますので、年間売上額が100万シンガポールドル未満の企業は登録して納税する必要はありません。

 

他社への請求とシンガポールでの実際の申告

シンガポールでGSTを登録している企業は、取り引き先や顧客に対してGSTを請求する権利を有します。

シンガポールにおいて自らが登録していない場合は、取り引き先や顧客に対しても請求することができません。

 

設立初年度で年間の売上高が100万シンガポールドルを超える場合は設立後すぐにGST登録をする必要がありますが、通常の場合は、経理を担当する会計事務所などが申請と登録を代行して行ってくれます。

一度、GST登録すると、年間の売上高が100万円未満に下がった場合でも最低2年間は申告しなければなりません

 

シンガポールでのGST登録のメリット

GSTとして支払った分は、控除もしくは還付の対象になることがGST登録の最大のメリットです。

 

シンガポール国内で商品の仕入れをする場合は、原則的にGSTの課税対象として計算されますので、GSTの登録をせずに仕入れを行う場合にも結果的にはGSTを支払うことになります。

そして、シンガポール国外で商品を輸出販売する場合は原則的にGSTが課税されません。

 

つまり、シンガポール国内で仕入れをし、国外に輸出する場合はGSTを登録することで、仕入れの際のGSTが全額還付されますので多くのメリットを受けられると言えるのです。

 

もう一つのメリットは、GSTを支払うということは年間売上高が100万シンガポールドル以上ある企業だと取り引き先や顧客にみなされるということです。

つまり、取り引き先にも信頼できる一定規模以上の業績のある企業だとイメージを与えることができるのです。

 

Sponsored Link




GST登録のデメリット

GSTを登録した企業は、四半期ごとに申告を行う必要が生じます

この申告には、決算に基づいた詳細な報告を求められるのです。

GST登録を行わない場合は決算は年に一度で十分ですが、GST登録を行った故に3カ月に一度の決算業務が増えるのです。

 

業務が増えると言うことは会計事務所に支払う費用も増え、手間もその分増えてしまうのです。

 

またGST登録を行わないなら、顧客に対してもGSTを請求することが不要になります。

GSTに登録していることでシンガポールで企業登録を行わない会社との取り引きの価格に影響が出てしまうというデメリットもあるのです。

 

シンガポールでのビジネス上の税務 「関係する税金の種類」

シンガポールで事業を展開するうえで、関係してくる税務には「所得税」と「消費税」、そして「印紙税」に関するものがあげられます。

これらをシンガポールの課税当局であるIRASに収めます。

それぞれについて見ていきましょう。

 

シンガポールの所得税法

シンガポールでは、「法人税」と「所得税」はどちらも「所得税法」で規定されています。

基本的には、同じ概念を持って個人と法人に課税をします

 

シンガポールの消費税法

消費税は日本と同様、シンガポール国内での商品販売やサービスの提供の際に課税されます。

シンガポール国外で販売活動を行う場合については課税されません。

 

シンガポールの印紙税

印紙税は全ての書類に課税されるのではなく、不動産関連の文書と株式関連の文書にのみ課税されます。

近年、特にシティエリアでの不動産価格の高騰により印紙税の収益が非常に伸びています。

 

不動産購入における印紙税の税率は、初めの180,000シンガポールドルに1%、残りの360,000シンガポールドルまでに対しては2%、360,000シンガポールドルを超えた額に対しては3%です。

 

居住用の不動産を売却する場合は価格ではなく保有年数により税率が変化します。

取得してから1年以内に売却する場合は16%、2年未満で売却する場合は12%、3年未満で売却する場合は8%、4年未満で売却する場合は4%、4年以上保有した場合は印紙税はかかりません。

 

また、産業用の不動産を売却する場合も、保有年数により税率が変化します。

取得後1年以内に売却する場合は15%、2年未満で売却する場合は10%、3年未満で売却する場合は5%、3年以上保有した場合印紙税は不必要です。

 

賃貸契約を行った場合は、賃貸契約が1年以内の場合は一年間の家賃の0.4%

1年から3年の契約を行った場合は1年間の家賃の0.8%、

3年以上の賃貸契約もしくは期限を定めない契約の場合は1.6%を支払います。

 

これらの規定はすべてシンガポールの地価の高騰を防ぐ目的で定められています。

短期的に売買を行わないように抑制しているのです。

 

シンガポールの税制の改正

シンガポールでは毎年2月の半ばごろに政府予算案が発表されます。

その予算案には、税制の改正が含められています。

予算案の可決とともに税制も3月の下旬に法律化されることが多いです。

 

シンガポールは日本と比較すると、税制の改正も根本の部分からの改正が多いようです。

特に企業にはより有利に働く税制が誕生することも多いのです。

せっかくの優遇措置を知らないで損をするのはもったいないので、税制の改正について詳しい専門家から情報を得る必要があります。

 

 

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールで女子旅を最高に楽しむ完全ガイド

  • シンガポールのおすすめスポットを全てお伝えしています!

  • シンガポール観光旅行完全ガイド

  • TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!

関連記事

  • シンガポールの会社における「名簿の管理と作成」について

  • シンガポールの「企業優遇税制」について

  • シンガポールビジネスの税務「法人所得への課税について」

  • シンガポールでオフィスを構える「IT企業と飲食店の場合」

  • シンガポールへのビジネス進出

  • シンガポールの税金の「修正申告」について