1. TOP
  2. シンガポール留学
  3. シンガポールで留学するための最新情報
Sponsored Link

シンガポールで留学するための最新情報

シンガポール留学   9,245 Views

世界各国からの留学生の留学先として、シンガポールが今ひときわ注目を浴びています。

この記事では目的や期間、年齢別に様々な視点からシンガポール留学に必要な情報をお届けします。

Sponsored Link




Sponsored Link

Contents

シンガポール留学の魅力、メリット

シンガポールは東南アジア経済の中心地であり、現在最も成長が目覚しい国の1つです。

東京23区とほぼ同等の面積の国土に約560万人の人口を抱え、グリーンシティとも呼ばれる整備された美しい都市です。

シンガポール留学にはたくさんのメリットがあります。

シンガポールに留学することでグローバルな視点、価値観を養える

多国籍・多民族国家であり、英語の他、中国語・タミル語・マレー語が公用語として用いられています。

民族構成も中華系、マレー系、インド系とバラエティに富み、様々な人種との交流により、他のどんな国でも得ることのできない国際感覚を身に着けることができます。

シンガポールに留学するとハイレベルな教育を受けることができる

2016年度のOECD学習到達度調査(PISA)によると、読解力・数学的リテラシーおよび科学的リテラシーの全ての項目においてシンガポールが1位を獲得するという結果になっており(http://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/2015/03_result.pdf)、シンガポールの教育のレベルの高さが伺えます。

シンガポールは元々、幼い頃から試験や学力で進路が決まる環境にある学歴社会で、特に実用的な語学や数学の科目に重点が置かれいています。

小学校では4年生の終わりに学力試験があり、5年生・6年生のクラスが学力別に編纂されたり、小学校卒業時には卒業試験、中学校卒業時には教育認定試験を受け、それによって将来の進路が決まる、という日本では考えられない環境です。

徹底した能力主義の中をかいくぐってきたシンガポールの学生の中で留学することで、多くの刺激を得ることができます。

シンガポールは治安がよく、街も清潔で留学先に最適

シンガポールは東南アジアでトップクラスの治安の良さを誇り、街も非常に綺麗に整備されています。また、海外では珍しく水道水を飲める国でもあり、日本で生活をするのとそう変わらない感覚で過ごせるため、親子での留学も安心です。

シンガポールは日本と近い

距離的にも、心理的にも日本との近さを感じられます。

まず、時差が1時間しかありませんので、日本との連絡もスムーズに行えます。

また、日系のデパート・スーパー・コンビニエンスストアども多く進出しているため、たいていの日本の物を買うことができます。

シンガポールは習い事が充実している

留学のメインは何と言っても勉強ですが、それ以外にも身体を動かす運動系から芸術系まで多種多様な習い事ができます。

Sponsored Link




体験談・口コミに見るシンガポール留学の意味

インターネット上のブログや口コミを総合的に調査した結果、シンガポールへの日本人留学生は20代以上の大学生および社会人が多数をしめており、大学・大学院留学と語学留学の2つが主な目的となっているようです。

シンガポールにはシンガポール国立大学のような世界的にも優秀な大学が揃っていること、また、東南アジアでは語学学校・語学留学の歴史が最も古いことが要因となり、多くの学生を魅了しています。

多くのシンガポール留学経験者が、シンガポールの多様な文化の中で、レベルの高い学生に混じって勉学に励んだことが良い刺激になっているようです。

シンガポール留学に求められる英語力

シンガポールの最もメジャーな公用語は英語ですので、当然シンガポール留学には英語力が求められますが、求められる度合いは目的によってさまざまです。

一番難易度が低いのは語学留学です。

語学留学はそもそも、英語ができない人が英語を学びに来るのですから、英語力が低い方でも受講可能なクラスがたくさん用意されています。

それに対し、難易度が高いのは大学・大学院留学です。

受験する学部等にもよりますが、シンガポールの大学は概してレベルが高いため、受験資格としてIELTS(オーバーオール)で6.5~7.0、TOEFLiBTで100点前後が要求されます。

ちなみにこれらのスコアは日本でメジャーなTOEICでは950点以上もしくは換算不可となっているため、かなりハイレベルです。

一方中学・高校での留学は大学・大学院ほどは求められないものの、現地の学校で十分学校生活を送れるだけの英語力が必要です。

日本で小さいころから英会話に通う、もしくはインターナショナルスクールへの通学経験があるなど、日常的に英語を使う環境にいるかそれと同等のレベルの英語力が必要とされます。

Sponsored Link




シングリッシュがシンガポール留学に与える影響

シングリッシュという言葉をご存じでしょうか。

英語にもアメリカ英語やイギリス英語など、使われる地域によって微妙に内容が異なることは有名ですが、中でもシンガポールで日常的に使われる英語は通称「シングリッシュ」(SingaporeとEnglishを合わせた造語)と呼ばれ独特です。

例えば”Ok, la.”(「オーケー、ラー」と読み、OKだよ、の意)のように、英語に中国語やマレー語が混ざったパターンや、”Coffee you wanna ma?” (「コーヒーいりますか?」の意)のように、疑問文としての語順が崩れた上にmaという中国語が合わさったものなど、様々なものがあります。

このシングリッシュのために、シンガポールは語学習得には適さないのではないか、という議論がしばしばなされますが、結論から言いますと、決してシングリッシュが留学生活に悪影響を及ぼすことはありません。

語学学校やインターナショナルスクール、大学などの先生はきちんとした英語を話してくれるから問題ありませんし、日常的にシンガポール人がシングリッシュを使うのに慣れることで、インド英語をはじめ、訛りの強い世界各国の英語を聞き取れるようになるというメリットもあるからです。

Sponsored Link




年代別・目的別シンガポール留学の方法と意義

シンガポール留学はあらゆるライフステージで可能です。

シンガポールの教育制度は日本とは若干異なり、Primary School (小学校)が6年、Secondary School (中学校)が4年間、Junior College(高校)が2年間、その後大学、Polytechnic(技術専門学校)、ITE(職業専門学校)へ進学します。1学期10週間の4学期制で、1学期は毎年1月に始まります。

能力主義であり、小学校4年生の終わりに小学校5年生・6年生の学力別クラスを編成するための試験があります。

小学校卒業時に卒業試験(PSLE)を受け、学力に応じた中学校へ進学させられます。

同様に、中学卒業時に教育認定試験(GCE-N / GCE-O / GCE-A)を受けその成績によって将来の進路が決定します。

幼稚園・小学生からインターナショナルスクールへ

まだ日本ではあまりメジャーではありませんが、シンガポールでは未就学年齢の子供もビザを取得し、幼稚園に通園することが可能です。

イマージョン教育法という、無理なく自然に英語習得を図るためのメソッドを取り入れているため、子どものうちから安心して預けることができます。

多くの保護者の方は日本人として子供を成長させながら、国際感覚を身につけさせたいと考えているため、日本人としてのアイデンティティを確立させることができる環境かどうか、が幼稚園選びの大きなポイントと言えます。

日本人率が高く人気のArt Kidz Pre-Schoolや、日本人が園長をつとめるArts Junior Montessoriはそのような日本人保護者のニーズを満たしており、大変な人気校となっています。

また、それほど日本人率は高くないのですが、様々な国籍の子供たちが通う大手幼稚園、Cambridge Child Development Centerのように日本語クラスが開講されている幼稚園を探すのも1つの手です。

シンガポールでの小学校の留学ですが、選択肢は2つあります。

1つは地元のシンガポールの公立小学校に入学することで、もう1つはインターナショナルスクールに入学することです。

シンガポールの公立小学校は比較的費用が安く、教育水準が高いのですが、その分入学水準も高く、2年生以上で転入する場合はAEISと呼ばれる海外からの生徒のための試験を受けなければなりません。AEISは全て英語での試験となり、AEISの為に最低1カ月~1年程英語学校で受験対策を行う程ですので、難易度が高いことを覚悟しておかなければいけません。

ただし、1年生に限ってはその試験の必要がありませんので、シンガポールの公立小学校に通うのであれば1年生(7歳になる都市の1月)からの入学を目指すのが効率的で、2年生以上は費用はかかりますがインターナショナルスクールへの入学が現実的です。

インターナショナルスクールは中学・高校までセットなので、次の項目で説明いたします。 

Sponsored Link




シンガポールで中学・高校留学

シンガポールで外国人留学生が現地の公立中学校・高校へ入学することは可能ですが、小学校と同様に教育省が毎年行う海外留学生入学試験(AEIS)に合格する必要があります。

試験科目は英語と数学で毎年9月10月に実施され、12月に結果が発表されます。(中学校4年生は卒業試験があるため留学生は入学できません。)

加えて、日常の学校生活をこなせる程度の英語力、特にリスニングとスピーキングの能力が求められます。

また、現地のシンガポール人の入学が優先され、外国人は後回しになり、カリキュラム自体もシンガポール人のためのものですから、日本人に特別な配慮がされることはなく、入学後も厳しい環境を乗り切る力が必要です。

よって小学校と同様に、インターナショナルスクールでの留学が現実的です。

シンガポールのインターナショナルスクールは海外の教育制度をもとにカリキュラムが組まれており、スクールによってモデルとなる国が違い、特色が全く異なります。

いくつかインターナショナルスクールをご紹介いたします。

Anglo-Chinese School (ACS)

公立インターナショナルスクールのトップ校です。

シンガポール公立校の教育課程を採用しているため、シンガポール人の学生も多数在籍しています。国際バカロレア(IB)を採用しており非常に教育レベルが高いです。

入学時には一定の英語力を求められますが、日本からも入学テストを受けられます。

Australian International School

オーストラリアの教育課程を採用しているスクールのため、生徒の多くはオーストラリア人やニュージーランド人です。

新学年のスタートはオーストラリアに倣って1月末~2月上旬です。国際バカロレアプログラムもあります。

ISS International School Singapore

50か国以上の国籍の生徒が在籍する国際色豊かなスクールです。

小規模でアットホームな雰囲気で生徒一人一人に丁寧に指導をしています。国際バカロレアプログラムがあります。

Canadian International School

幼稚園から高校までのカナダ系インターナショナルスクールです。

国際バカロレア採用校であり、英語の他にもフランス語と中国語の教育に力をいれています。

Stanford American International School

2009年開校の新しいインターナショナルスクールで教育課程はアメリカ式です。

国際バカロレア採用校で、iPadを取り入れた先進的な授業が特色です。

入学時に一定の英語力を求められますが、非常に人気の高いスクールの1つです。

Sponsored Link




シンガポールで大学留学と大学院留学

シンガポールには大学が、ほんの数えるくらいしかありません。

しかし、シンガポール国立大学をはじめ、シンガポールの大学のレベルは世界的に見ても高く、どれも魅力的です。

なお、シンガポールでの大学留学に関しては「シンガポール大学留学の魅力とオススメ3大学とは?」で詳細をお伝えしています。

また、シンガポール国立大学(NUS)に関する詳しい情報は「シンガポール国立大学(NUS)は大学ランキングアジア1位。その理由とは」にてお伝えしています。

そしてシンガポール経営大学(SMU)に関する詳しい情報は「シンガポール経営大学(SMU)への留学体験記」にてお伝えしています。

 

Sponsored Link




シンガポールで語学留学

語学学校という言葉から、英会話を学ぶというイメージを抱く方が多いですが、本来は英語の4技能(リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング)を満遍なく学ぶのが目的です。

大学での語学の授業にライティング・スピーキングに特化した授業がたくさん加わった充実したもの、というふうに想像していただければわかりやすいかと思います。

日本人はネイティブ信仰が強いので、なかなか語学留学とシンガポールを結びつけられない方が多いのですが、れっきとした英語を第1公用語にしている国であり、東南アジアではシンガポールが一番語学学校の歴史は古く、伝統のある学校が集結しています。

シンガポールの語学学校は実にバランスの良いカリキュラムが組まれているため、日本人にとって非常に有意義な経験ができます。

いくつか有名な語学学校をご紹介します。

Inlingua Singapore

インリンガは1968年創立、世界40か国に300校を持つ歴史ある学校です。

一般英語、ビジネス英語、各種英語資格試験対策のコースが充実し、英語以外にも中国語やマレー語、スペイン語が学べます。

一般英語コースは少人数制で、プライベートレッスンも用意されています。

British Council Singapore

ブリティッシュ・カウンシルは、イギリス発祥の歴史ある語学学校です。

一般英語、IELTS対策、大学進学準備などのコースがあります。

校舎はオーチャードロードから近い、大使館や領事館のあるエリアにあり、セキュリティも厳重で安心した環境で学ぶことができます。

NYU Language School

シティホールにある、交通の便の良い立地の学校です。

周囲は官公庁街のため、静かな環境で学習に取り組めます。

一般英語コース、IELTS・TOEFL対策コースを得意とし、大学・大学院受験を目指す方にぴったりの学校です。

EF International Language Center

1965年創立の世界50か国に校舎を持つ大手の語学学校です。

一般英語、各種英語資格試験対策、ビジネス英語などのコースがあり、大手ならではの体系化された安心のカリキュラムでレベルアップを約束してくれる語学学校です。

Sponsored Link




シンガポールで医師留学

シンガポールは医学や医師の教育に非常に力を入れている国の1つであり、大学等にも政府から多くのお金が支給されています。

欧米圏に医師留学するよりも比較的リーズナブルに留学ができます。

シンガポールで医学の勉強をしながら留学する方法は2つあります。

1つは大学の医学部に学生として留学することですが、現在シンガポールで医学部を持つ大学はシンガポール国立大学しかありません。

したがって、医学生としてシンガポール留学をするにはシンガポール国立大学への留学となります。

シンガポール国立大学への留学に関しては シンガポール大学留学の魅力とオススメ3大学とは? で詳細をお伝えしています。

もう1つの方法は日本で医学部を卒業、医師免許取得後に何年か勤務経験を重ねたのち、医師としてシンガポールに渡航する方法です。

日本で医師として働いており、自身のスキルアップのため1~2年間シンガポールで研鑽を積むという人が多く、シンガポールも医師不足などの問題を抱えていることから、日本人医師を歓迎しています。受け入れ先としては、大学の付属病院などの総合病院などに配属され、現地の医療を手伝う傍ら研究に勤しむというパターンが一般的です。

イメージとしては半分は勤務医、半分は大学院生という生活になります。

シンガポールで医師としてそのまま働く場合は、日系のクリニックの一般医としてであれば可能です。

Sponsored Link




シンガポールで看護留学

シンガポールでの看護師という職業は、年収も比較的低く、かつては人気はありませんでした。

そのためシンガポールは長年看護師不足に悩まされています。

シンガポールも日本同様高齢化社会の一途をたどっているため、今後も看護師の需要は拡大する見通しで、外国人看護師を積極的に受け入れようとする姿勢が見られます。

現在シンガポールにおける外国人看護師を国籍別に見ると、マレーシア、中国、フィリピンなどが大半を占め、日本人は極めて少数ですが、高齢化社会という情勢と日本人看護師の国際的な評価の高さから、今後は需要が増してゆくと考えられます。

シンガポールで看護留学をする方法としては現地の看護学部のある大学や看護学校で学ぶのが一般的です。

高等教育機関であれば、シンガポール国立大学の看護学部、国立の技術専門学校ナンヤン・ポリテク(Nanyang Polytechic)とニーアン・ポリテク(NgeeAnn Polytechic),および最近設立された准国立の専門学校か私立の看護専門学校などがあげられます。(看護学部を持つ私立大学はありません。)

これらの機関で3年間学び、最終試験に合格すれば看護師の資格を得られます。

別の方法としては、日本の大学(看護系学部)からシンガポールへの交換留学や、日本で看護師としてのキャリアを積んだ後、シンガポールの日系病院などで研修のような形で働くということも可能ですが、これは珍しいケースです。

シンガポールでビジネス留学

ビジネス留学という言葉は定義が曖昧で、「ビジネスに役立つスキルを身につけるための留学」の総称です。

広義では語学留学もビジネス留学に含まれますが、ここでは最もメジャーなMBA留学についてご紹介します。

MBA留学とは、大学院で経営学修士号を取得することで、要するに大学院留学の1つです。

経済発展と有能でグローバルな人生育成を目標に掲げるシンガポールではMBAにも国を挙げて力を入れており、また、アメリカなどでMBA留学をするよりも費用が抑えられるという点から、とても人気の高いプログラムです。

シンガポールの人気のあるMBAプログラムをいくつかご紹介します。

NUS(シンガポール国立大学) Business School

アジアトップクラスのビジネススクールであり、世界60との協定校と交換留学制度を持っています。

フルタイム(17ヵ月)コースとパートタイム(24ヵ月、30ヵ月)コースが設けられています。

なお、シンガポール国立大学については シンガポール大学留学の魅力とおすすめ3大学とは? で詳しくご紹介しています。

Nanyang Business School (Nanyang Technological University)

南洋理工大学のビジネススクールです。

こちらもトップクラスのビジネススクールで、各種ランキングで上位に入ります。

企業で実際にコンサルティングプロジェクトに参画するなど、ビジネス現場での実戦を大きな特色とし、国際フィールドトリップ(Business Study Mission)、交換留学、サマープログラム制度などで世界60の大学と協定を結んでいます。

フルタイム(12ヵ月)コースとパートタイム(18ヵ月〜24ヵ月)コースが設けられています。

Lee Kong Chian School of Business (Singapore Management University)

シンガポール経営大学のビジネススクールです。

米国ペンシルバニア大学ウォートンスクールをモデルとし、アジア視点で学ぶビジネスに主眼を置く少人数制のスクールです。

フルタイム(12ヵ月)コースとパートタイム(18ヵ月)コースが設けられています。

いずれのプログラムも出願条件として、2年以上の職務経験やTOEFLiBTで100点程度の英語力、GMATまたはGRE(ビジネススクールの授業についていけるかどうかを判断する、英語・数学・推理などの総合試験)のスコアが求められます。

ほとんどの入学者は社会人経験者で、相当な勉強量を必要とするハイレベルな留学です。

Sponsored Link




シンガポールでワーキングホリデー

ワーキングホリデー(以下ワーホリ)は厳密には留学ではありませんが、異なった文化を持つ外国で一定の就労を行い生活をする、というところから留学的要素も強いためご紹介させていただきます。

シンガポールは自国の経済発展を重要視していますから、小国という欠点を補うための流動的な人的資源を必要としています。

そのため、国全体としてワーホリを推奨しているのです。

ただ、他の諸外国が2国間協定に基づいてワーホリのビザを発行するのに対し、シンガポールは一方的であることが大きな違いです。

シンガポールの労働省(MOM)のサイトにて申し込みをし、許可が下りた者のみがビザを取得できます。

申し込みができるのは18歳から25歳までの大学生または大学卒業生で、1年間に2000人に対して発行されます。

また「世界ランキング200位以内の大学に在籍または卒業していること」が参考条件として挙げられていることから、優秀な外国人の人材を獲得するため政府がワーホリを導入したことがうかがえます。

日本人がよくイメージする「時々アルバイトをしながら、気楽に海外生活を楽しむ」という気楽なものではなく、どちらかと言えば「プレ就職期間」「インターンシップ」的な要素が強いです。シンガポールで真剣に就労経験を積みたいという方にはおすすめの方法です。

シンガポールでインターンシップ留学

シンガポールでのインターンシップ留学は、前項のワーホリとほぼ同義として捉えていただいて問題ありません。

シンガポールには7000以上もの多国籍企業が密集しており、若く有能な日本人は優先的に受け入れられる可能性が高いです。

給与や労働条件を丁寧に比較して、自分にあったインターンシップ先を探すことが重要です。

なお、intrax (http://www.intraxjp.com/internship/students_shingapore.html) やLeaGLO(http://www.singapore-leaglo.jp/)など日本の斡旋業者・コンサルティング会社を通してインターンシップ先を探すことも可能です。

メリットとしては、サポート体制があって安心感があり確実性が高いこと、1週間程度の短期インターンシップなどプログラムが豊富であること、一部では26歳以上でも申し込みができることなどです。

デメリットとしてはその分初期費用で30万円近く必要になることです。

社会人がシンガポール留学を目指す方法

社会人留学という言葉がすっかり定着して久しいように、学生だけでなくあらゆるライフステージで個人の目標や夢を叶えるために留学することが当たり前になってきました。

特に語学留学、大学院留学などは日本でもとても人気の高い留学形態です。

社会人留学の際に気を付けなければならないことをまとめました。

Sponsored Link




社会人としてシンガポール留学

社会人が留学を考える際に慎重に考えなければならないのは、現在勤めている会社等に籍を置いたまま留学に行くのか、それとも一度退職して行くのか、ということです。

退職にはそれなりのリスクが伴いますから、できれば留学から帰国後に元のポストに戻れるという保障がある方が安心できます。

留学後に大きなキャリアチェンジ、転職をせず、現在の仕事におけるスキルアップを目的とした留学の場合、退職せずに留学することが可能です。

具体的には医師留学や大学院留学、ビジネス留学(MBA留学)などは現在勤務している会社・機関の理解や同意を得やすいため、スムーズに留学の手続きを行うことが可能です。

また公務員であっても、海外研修制度といって、指定された年数以内であれば休職扱いで留学が可能というシステムもあります。

まずは現在勤務している会社・機関の内規や制度をよく吟味し、上司にも相談をして留学が可能かどうかよく調べることが重要です。

万が一長期の休職ができない場合でも、有給休暇を利用して短期の語学留学を行ったり、オンラインでの受講と数回のスクーリングを組み合わせて留学するなど、様々な方法があります。

社会人をやめてシンガポール留学

転職など大幅なキャリアチェンジを考えている方は、思い切って仕事を辞めて留学に行くのも長い人生の中で1つの良い選択となるでしょう。

この場合、本記事で紹介しているあらゆる留学形態が可能となります。

今まで日本で築いてきたポストを捨てるわけですから、留学終了後のキャリアチェンジにつながるよう、しっかりと計画を立てることが重要です。

退職後も何も手続きをしなければ、年金の支払い、健康保険料、住民税が引き続き発生しますので、留学中に帰国の予定がなければ、海外転出届を出し、これらの支払いをしなくて良いようにすると良いでしょう。

Sponsored Link




妻・子連れでシンガポール留学

家族連れでシンガポールに移住するケースには様々な種類があり、気を付けなければいけないのはビザの種類です。

父親が医師留学などの仕事を伴った留学をする場合、父親が就労ビザを取得し、母親と子どもが扶養者向けのビザを取得することで生活できます。

父親が大学院留学などを行う場合は、父親が学生ビザ、母親が保護者のビザ、子どもが学生ビザを取得します。

いずれもお子様も同時に留学が可能です。

親子留学で子ども(16歳未満)の留学がメインになる場合は、注意しなければならないのは、シンガポールの法律により、男性は保護者として同行できないということです。

そのため、母親または祖母のどちらか一方のみ保護者として長期滞在ビザを取得し、さらにシンガポール在住の保証人を立てることが必要です。

留学期間別に見るシンガポール留学

1週間からの超短期留学

留学は基本的に長期間を要しますが、語学留学に限っては多種多様なタイプの留学があり、1週間程度の超短期留学も可能です。

1週間と言っても休日を除けば実質5日間、現地の語学学校で授業を受ける程度になりますので、留学というよりも語学研修的な要素が強いです。

メリットとして、10万円以下からのプログラムが多数存在し、日程も短いことからチャレンジしやすいという点が挙げられます。

学生であれば長期の休み期間を利用して、忙しい社会人であっても夏期休暇や有給休暇などを利用して参加することができます。

長期の海外生活に踏み出せない方や年単位の留学ができない方、観光要素も取り入れたい方に合ったプランと言えます。

2週間程度のサマースクール

2週間程度の期間をとることができれば、上記の短期語学留学以外にも、小学生・中学生・高校生向けのサマースクールという選択肢ができます。

サマースクールとは、子供たちの夏休み期間を利用して、海外のインターナショナルスクールなどに通うことを指します。

留学斡旋会社によってはサマーキャンプ、スタディツアーなどと呼んでいる場合がありますが、基本的に内容は同じです。

英語を学ぶだけでなく、多国籍の同年代の子供たちと一緒に生活をし、アクティビティーや交流をすることで、成長期の子どもにとって有意義な体験ができます。

語学学校で行われる場合もありますが、勉強以外の異文化体験・交流という要素が強い点で異なります。

予算は20万円~30万円で、期間が長いほど高くなりますが、夏休みを自由に使うことができる小学生~高校生の子どもたちであれば、誰でも参加できる、敷居の低いプログラムと言えます。

若く感受性が豊かな成長期・思春期にこのような経験ができれば、その後の人生にも大きな影響を及ぼす、貴重な経験となります。

3ヶ月~1年以上の長期留学

3か月を超える期間があれば、インターンシップ、ワーキングホリデーなども視野に入ってきます。

6か月を超えれば、インターンシップ+ワーキングホリデー、語学留学+ワーキングホリデーなど、2つ以上の形態を組み合わせた留学も可能となり、各自のキャリアデザインに合わせて様々な可能性が生まれてきます。

さらに1年以上であれば大学留学を始め、本記事で紹介するあらゆる留学が可能になります。

注意しておきたいのは、語学留学にあまり多くの時間を割かないことです。

語学留学は最もレンジの広い留学ですので、お金を払えば長期間行うことも可能ですが、あくまでも英語「のみ」を学ぶ場所です。

語学学校で良い成績で卒業したが、実際にワーホリで働いてみたところ、あまりのコミュニケーション力の無さに落胆するという方は非常に多いです。

語学(英語)を習得しようと考えている方は、語学留学はあくまでも通過点であり、語学留学の後が大切であるということを頭に入れておいてください。

英語は手段であり、英語「で」何かを学ぶ、できるようにすることが最終目標だからです。

語学留学の後にワーホリをする、大学を受験するなど、自分の将来の目標に合わせていろいろな可能性を探ってみてください。

Sponsored Link




シンガポール留学生活の実際

シンガポールでの居住費は高く、形態も日本のものとはかなり違いがあります。

例えばシンガポールには、日本のようなワンルームマンションがほとんどなく、国民の約9割がHDBと呼ばれる公団住宅に住んでいます。

公団住宅といえども家族で住む場合、1か月あたり最低2000ドルはかかりますし、コンドミニアムでしたら1か月あたり2500ドルからが相場となります。

これらの数値は築年数が古い、立地が不便などの理由で最低限の相場ですから、都心部であればさらに値段は跳ね上がります。

日本と同じ感覚で住居選びはできないため、希望の居住形態と予算を見比べながら慎重に選んでゆく必要があります。

シンガポール留学での滞在先

シンガポールへの留学時の滞在方法は寮・ルームシェア・ホームステイなど様々あります。

コストがかかるのが住居費です。

シンガポールの留学費用の状況によって選んでいく形になります。

寮住まいをしながらシンガポール留学

人気の滞在先の1つに学生寮が挙げられます。

短期・長期留学を問わず利用できる滞在先です。

日本のように学校が所有・運営する学生寮はなく、民間企業が運営する留学生専用の学生寮に住むことになります。

基本的に様々な学校に通う、主に20代の留学生が生活し、相部屋が基本となります。

異なる文化をルーツに持つ諸外国の留学生との共同生活は、時に価値観や常識の違いに驚くこともありますが、そのような経験こそが貴重なものとなります。

共同生活ですから、英会話の練習にもなり、コミュニケーションアップを図ることができます。

相場は1か月あたり500ドルからとなり、シンガポールではリーズナブルな滞在方法です。

アパート住まいをしながらシンガポール留学

日本のような一人暮らしをしたい、という方はアパートに住むという選択肢になりますが、冒頭でも述べたように非常にコストがかかります。

一人暮らしに必要な予算は東京よりも高いと言われるほどです。

それでも住みたいという方はコンドミニアム(シンガポールにおける高級マンション)かプライベートアパートメントを探すことになります。

コンドミニアムとは、プールやテニスコート、警備員、カードキーなどによるセキュリティが充実した民間の高級マンションです。

都心にあるコンドミニアムは家賃が非常に高く、駐在員とその家族が住んでいることが多いので、留学生が住める可能性は極めて低いです。

そのため、立地が郊外で、交通の便が悪く、周囲に店が少ないという不便な環境にある物件を探すことになります。

部屋のタイプはコモンルーム(バストイレ共同)とマスタールーム(部屋にバストイレ有り)があり、マスタールームであれば相場は一か月2000ドル程度からとなります。

プライベートアパートメントとは、コンドミニアムからプールやテニスコートなどの施設を除いたもので、日本のマンションに近いものです。

家賃もコンドミニアムよりは安くなりますが、数は年々減少しています。

バジェットホテル住まいをしながらシンガポール留学

バジェットホテルとは日本におけるビジネスホテルのような存在です。

1人部屋でプライバシーの確保ができ、都心の便利なところに滞在することができます。

シンガポールは住居同様、ホテル代も非常に高い国ですから、バジェットホテルはかなり安いホテルです。

それでも1泊最低120ドル程度はかかりますので、極めて短い留学や、他の滞在先が決まるまでのつなぎとして使われる方が多いです。

間借りをしながらシンガポール留学

間借りとは要するにホームステイのことです。

短期留学生は法律上、間借りができないことになっていますので、基本的に長期留学またはワーキングホリデーの方で、原則6か月以上滞在予定の方向けとなります。

主にシンガポール人家庭の1部屋を間借りして生活することになり、シンガポール人の9割は公団住宅に住んでいますから、公団住宅でのホームステイというイメージです。

ただし、日本の公団住宅と比べるとモダンでおしゃれな雰囲気であり、公団住宅は地下鉄沿線など交通の便が良い立地に多いです。

一般的なシンガポール人家庭の一部屋を借りて生活するわけですから、実践的な英語力の上達はもちろん、シンガポール人の生活・文化を実体験できる貴重な滞在先です。

コモンルーム(バストイレ共同)であれば、700ドル程度からの物件も可能で、学生寮についで安い滞在先となります。

気を付けなければならないのは、各家庭での決まりごとをよく守り失礼のないようにすることです。

キッチンはどの程度使ってよい、とかインターネットの費用を家賃とは別に支払うであるとか、様々な決まり事がありますから、住み始めるときにしっかり話し合う必要があります。

ゲストハウス住まいをしながらシンガポール留学

ゲストハウスとはバックパッカー等、安く旅行したい人を対象にした格安の宿泊施設で、本来留学生が滞在するためのものではありません。

メリットとして都心の中心に位置しており、学校にも歩いて行けたり、お店が多く便利な点が挙げられます。

2週間程度までの短期留学であれば、学生寮よりも値段が安くなります。

観光も兼ねた短期留学の方にはおすすめの滞在先です。

Sponsored Link




シンガポール留学の際の治安

シンガポールは非常に治安の良い国として有名であり、イギリス誌のエコノミストがまとめた世界で最も安全な都市のランキング「The Safe Cities Index 2015」においても東京に次いで第2位となっています。

また、公益財団法人全国修学旅行研究協会の統計資料「平成27年度 全国公私立高等学校の海外修学旅行実施状況」(http://shugakuryoko.com/chosa/kaigai/2015-03-joukyou1.pdf)によると、平成27年度において全国で147校の高校がシンガポールへの修学旅行を実施しています。(台湾に続き2番目に多い渡航先です。)

これらのデータから、シンガポールの治安の良さ、安全性の高さが伺えます。

ただし、日本と全く同じ感覚で生活をしていては、犯罪に巻き込まれてしまう可能性もありますので、日本とは違うという自覚を持って、気を引き締めて滞在することが大切です。

シンガポール留学での食事・料理

シンガポール人は基本的に共働きで、外食が非常に発達しているため、家で食事を作るという習慣がありません。

1日3食全て外食になる家庭も珍しくありません。

ただし、外食と言っても、どの地域にもホーカーと呼ばれる安い屋台やフードコートで済ませることが多く、一食当たり数百円程度のものです。

留学生も週末になると共用のキッチンで自国の料理を振る舞うこともありますが、基本的にはホーカーやフードコートでの外食となります。

ホーカーやフードコートで買った食事を持ち帰って自宅で食べることも可能ですので、大変使い勝手が良いです。

シンガポールは多民族が暮らす国ですので、これらのホーカーやフードコートで世界各国の料理を楽しむことができます。

Sponsored Link




シンガポール留学に必要な持ち物

留学に必要な持ち物は基本的にどの国でも同じです。

基本的に抑えておかなければならないのは、変圧器、ノートパソコンやスマートフォンなど日本語対応の電化製品、常備薬などですが、特にシンガポールではあまり手に入らず、日本から持って行った方が便利、というアイテムをいくつかご紹介します。

折りたたみ日傘

シンガポールは1年を通して暑く、日差しが強いです。

シンガポール人は帽子をかぶる習慣がないため、帽子はほとんど売られておらず、折りたたみの日傘も日本の製品のように、軽量で高性能のものはありません。

紫外線対策にも、1本折りたたみ日傘を持っていく方がよいでしょう。スコール対策にもなります。

衣服

まずTシャツを多めに持参した方が良いです。

シンガポールとは日本と比べて湿度も高く蒸し暑い国ですからとにかくたくさんTシャツを消費します。

次に、薄手のはおりものが室内環境で必須となります。

デパートや飲食店ではエアコンが強めにかかってることが多く、外と同じ服装では体を冷やし体調を壊しかねません。

また、きっちりとした服装として、ワンピースやシャツなども少しで良いので持っていく必要があります。

多民族国家であり、数多く存在する宗教施設にはラフな格好で入ることができませんし、宗教施設以外にもドレスコードが設けられているお店も多いのです。

ポケットティッシュ・ウェットティッシュ

シンガポールでほぼ毎日外食となりますが、留学生が最も多く利用するホーカーやフードコートでは日本のようにナフキンやおしぼりはありません。

手が汚れやすい料理も多いので必ず携帯用のティッシュを持参しましょう。

Sponsored Link




シンガポール留学に必要な費用

結局シンガポール留学でどのくらいの費用になるのか、は一番気になる所ですがこれはどのような留学形態を選ぶか、そしてどのような滞在方式をとるかで大きく変わってきます。

2017年4月現在の1シンガポールドルは約80円ですので、安く済ませれば1か月あたり15万円(学費や滞在費など込みで)での留学は可能です。

ただしこれはあくまでも最低限度の数字ですし、必ずしも希望通りの学校、滞在先を選ぶことはできませんので、多めに見積もっておくことが必要です。

また、これ以外にも、往復航空券や海外旅行保険、ビザ代などで別途最低20万円は必要になると考えてください。

留学エージェントなどを通すとさらに、手数料など多額のお金が必要になってきますので、自力でできるのであればエージェントや斡旋業者を使わずに留学を行うと良いでしょう。

シンガポール留学に向けて取得可能な奨学金

シンガポール留学に必要な費用をすべて自分で賄うとすると1年につき数百万円単位でお金が必要になりますが、それほどの額のお金を容易に捻出できる方はごく少数でしょう。

海外留学では多くの方が何らかの形で奨学金を利用していますので、該当するものがないか調べてみてください。

まずはこちらの日本学生支援機構(JASSO)のサイト(http://ryugaku.jasso.go.jp/scholarship/) で非常に多くの奨学金が紹介されていますので、応募条件に合う奨学金を探すことをお勧めします。

日本だけでなく海外政府が主催する奨学金も掲載されています。

また近年では高校生・大学生向けに文部科学省が主催する「トビタテ!留学JAPAN」海外留学奨学金も注目を集めています。(http://www.tobitate.mext.go.jp/

こちらは審査があり狭き門ではありますが、合格すれば留学費用のほとんどを賄える程の額を手にすることが可能です。

学生であれば現在通っている学校で様々な奨学金の募集がありますので、各自で納得のいくまで調べることで、自分の希望に合ったプログラムを見つけることができます。

Sponsored Link




シンガポール留学のまとめと、得られる資格や将来のキャリア

留学する国がどこであっても、留学後のキャリアとは留学生本人の行動次第であると言えます。

逆に言えば、シンガポール留学で得るものによってあらゆる可能性が生まれる、ということになります。

シンガポール留学によってキャリアチェンジもしくはキャリアアップを考える場合、いくつか注意点があります。

シンガポール留学から現地での就職を考える場合ですが、現地就職を実現する場合、「四大卒以上の学歴を持っていること」「数年程度以上の実務経験を持っていること」がほとんどの求人で必須条件になっていることに注意しなければいけません。

これはダイレクトに就労ビザの種類や取得のしやすさに関係してくるためです。

また、四大卒でもシンガポール政府の評価の高い大学であれば、より少ない給与で就労ビザが取得でき、結果的に就職の可能性が広いということにつながります。

シンガポールで大学・大学院留学をする方であれば、シンガポール政府の評価の高い大学を卒業するという条件にあてはまり、現地就職の可能性が高まります。

シンガポールで大学・大学院以外の留学形態でれば、日本でどのレベルの大学を卒業したのかが重要なファクターになってきます。

実務経験も基本的には日本でどの程度経験を積んだのか、で判断されますので、社会人で留学後現地就職をしようと考えている方は注意が必要です。

学生の方で現地就職を考えている方は、一度日本で職務経験を積んだのちに現地就職にチャレンジすることが現実的です。

現地就職ではなく、日本に帰国してシンガポール留学での経験を活かしたい方は、帰国後の就職活動にかかっています。

いずれにせよ、シンガポール留学とは長い人生の中でほんの通過点であるということを認識し、自分の人生をトータルプロデュースしてゆく視点が必要です。

ぜひ、今回の記事を参考にしていただきシンガポールでの留学生活を素晴らしいものにしていただければ、とても嬉しく思います。

 

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

その他の記事

  • シンガポールの税金(対策・安い?・法人・個人についてなど)徹底解説!

  • シンガポールの法人税(申告期限・税率・タックスヘイブンについてなど)徹底解説!

  • シンガポールの会社設立・法人設立(その他、精算・資金調達・支店・駐在員事務所も)徹底解説!

  • シンガポールの賃貸物件(コンドミニアム)の借り方や注意点をわかりやすく解説!

関連記事

  • シンガポール経営大学(SMU)への留学体験記

  • シンガポール大学留学の魅力とオススメ3大学とは?

  • シンガポールの教育制度や費用に関する最新情報!

  • シンガポールへの語学留学について