1. TOP
  2. シンガポール 移住
  3. シンガポールの小学校、日本人・ローカル・インターのすべて
Sponsored Link

シンガポールの小学校、日本人・ローカル・インターのすべて

シンガポールへの転勤など、お子さんがシンガポールの小学校へ入るという場合に気になる現地の情報をお届けします。

また、最近は教育移住という選択肢もあり、シンガポールでお子さんを学ばせたいという親御さんも多いです。

英語や中国語を学ぶことができる学校も多く、世界的に見てもレベルの高いシンガポールの小学校についてぜひ参考にしてください。

Sponsored Link




Sponsored Link

シンガポールの小学校は大きく分けて3つ

シンガポールの小学校は、主に3種類存在します。

日本人の場合はほとんどが日本人学校またはインターナショナルスクールを選択することになりますが、配偶者がシンガポール人という場合や両親揃って長くシンガポールに住んでいる場合などはローカルの学校ということもあるようです。

シンガポールのローカル(公立)小学校

一番の特徴は、シンガポールの公用語となっている英語の使用です。

1年生から全科目が英語で教えられ、日本で言う「国語」も毎日ありますが、これはシンガポールの母語とされている中国語、マレー語、タミル語の3つから選択して学びます。

日本人の場合は母語の履修が免除されることもありますが、いずれにしてもすべての授業が英語で行われるため、もともとシンガポールや英語圏の国に住んでいた子供でない限り授業についていけなくなるという懸念も生じます。

また、シンガポール人や永住権獲得者、外国人などのカテゴリーにより、学費も異なります。

シンガポールの国籍を持つ人は無償ですが、外国人の場合高額になります。

さらに、学校を選ぶことはできない仕組みになっていて、国籍を持つ人から順に抽選で決定していくため、外国人は空きのある不人気の学校に行く確率が高くなってしまいます。

こうしたことからも、仕事の関係などで一時的にシンガポールへ移住したお子さんは、ローカル小学校を選ぶことはあまり無いようです。

ただ、大人と違って子供はスポンジですから、今後日本にこだわらずに活動させたいという思いを持つのであれば、ローカルもインターナショナルと変わらないくらい他民族な状況となりますし、3か国語の基礎を学ぶ上でも有効です。

シンガポールのインターナショナル・スクール

ローカル小学校と比較すると、インターナショナル・スクールは学費が高いというのが難点ですが、第2言語として日本語を教えてくれる学校も多いという点が長所です。

英語を学ばせたいと思っていても、ローカル校では日本語を学ぶことができませんので、いずれは帰国するという場合などは特に困ります。

インターナショナル・スクールで日本語も教えてくれると完全とはいかないまでも日本語を忘れずに済みます。

また、個性を重視してくれる学校が多いため、のびのびと楽しんで学習することができる環境が魅力です。

シンガポール日本人学校の小学部

それでは日本人学校はどのようになっているのでしょう。

一時的にシンガポールへ移住した場合に最もおすすめするのは日本人学校です。

特に駐在として会社から転勤を命じられた保護者を持つ場合は、学費も経費として会社から補助があるところが多いので、高い学費も問題ありません。

会社または保護者個人が日本人会に入会していなければならないという条件はありますが、日本と同じカリキュラムで学習しているほか、英語の授業も多く取り入れられており、逆に日本に帰国した時日本の学校が物足りなく感じるほど進んでいます。

現在日本人学校の小学部は、クレメンティ校とチャンギ校の二つあり、それぞれ居住しているコンドミニアムからスクールバスで通うことができて便利です。

なお、シンガポールの日本人学校に関しては「シンガポールの日本人学校について知りたい情報大特集」で詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




シンガポールの小学校の制度

先述の通り、シンガポールの小学校には3つの種類があるので、学校によって制度が異なりますが、ローカル校と日本人学校について調べてみました。

シンガポールの小学校入学は何歳から?

シンガポールのローカル小学校は、日本と同じく6歳から入学が認められていますが、学年の始まりが1月なので、1月1日から6歳になっている子供が1年生として入学します。

日本人学校の場合、帰国を想定していることもあり、日本と同じシステムをとっています。

そのため、4月が学年の始まりとなり、4月1日の時点で6歳になっている子供が1年生になります。

シンガポールの小学校入学時に必要なもの

シンガポールのローカル小学校へ入学する予定がある日本人の場合、入学申請時に出産証明書、パスポート、ビザ、両親のパスポートとビザに加えて予防接種取得証明書が必要です。

予防接種はA型肝炎、B型肝炎、破傷風が必要となるため、早い段階でシンガポール現地校へ入学することがわかっているのであればすぐに予防接種を受けましょう。

シンガポールの日本人学校へ新たに入学する場合は、ビザがあれば問題ありませんが、編入の場合は日本の学校で取得した在学証明書または卒業証明書、指導要録または指導要録抄本、健康診断票が必要になります。

シンガポールの小学校のクラス分け

日本の小学校ではすでに担任を持っていた教師や次年度担任の教師が成績や生活面での様子をもとにクラス分けを行うのが一般的で、各クラスのレベルが平均になるように気を付けていますが、シンガポールのローカル小学校では成績別のクラス分けが多く見られます。

一クラスの人数は約30人ですが、クラス分けに関しては国で統一されておらず学校ごとに異なり、成績の良い児童が1組で順に並ぶ学校もあれば、表向きに成績が良いクラスはわからないようにしている学校もあります。

また芸術面の適性でクラス分けしている学校もあります。

一方シンガポールの日本人学校では日本と同様のクラス分けが行われますが、英会話の授業の際には12段階に分けられます。

一クラスの人数も日本より少ない約25名~35名程度となっています。

シンガポールの小学校の学期とお休み

シンガポールのローカル小学校では2期生となっていて、1月から6月、7月から12月に分かれています。

長期の休みは6月に4週間、11月中旬から12月一杯の6週間、このほか3月と9月に1週間のお休みがあります。

一年中常夏のシンガポールでは、日本のように「夏休み」といった概念はありません。

シンガポールの日本人学校は、基本的には日本と同じ3学期制で、長期の休みは夏休みが8月の1か月間と冬休みが12月下旬から1月初めまでの10日ほどになります。

シンガポールの小学校の時間割や教科

シンガポールのローカル小学校で学ぶ科目は、日本同様国語(母語)、算数、理科、社会、音楽、図工(芸術)、体育となっていますが、このほかに英語の授業がありますし、授業はすべて英語で行われます。

また、理科と社会は3年生からのみになるため、1~2年生は日本の総合科のようなPALという科目を学習します。

PALはProgramme for Active Learningの略で、チームスポーツやゲーム、校外学習や芸術活動などが含まれます。

シンガポールの日本人学校の場合も日本同様ですが、小学生でも英会話の授業があるほか、音楽と水泳の授業は英語で行われています。

また、日本の学校よりも課外学習が多く取り入れられているのが特徴です。

水泳の授業では、日本の場合スクール水着のような紺色や黒のワンピースやパンツになりますが、シンガポール日本人学校では基本的に体の露出が少ないものであれば色柄自由ということで、日焼け防止にラッシュガードのような長い水着を着ている子も多いです。

シンガポールのローカル小学校ではプールが無いため水泳の授業はありませんが、年に1度外部のプールに出向いた授業が行われることもあるようです。

その場合も水着の指定はありません。

シンガポールの小学校の試験制度

シンガポールのローカル小学校では卒業試験(PSLE)があることが有名です。

PSLEはPrimary School Leaving Examの略で、6年生が卒業時に必ず受けるテストです。

まずは卒業できるかどうか、そして結果によりどのコースに進むのか決まります。

試験の期間も長期にわたるため、高学年になるとこのテスト対策に大きな時間がとられることになります。

例えば8月中旬に英語と母語の口頭試験が行われるのを皮切りに、9月中旬に英語と母語のヒアリングテスト、9月下旬から10月頭にかけて英語、算数、母語、理科の筆記試験があり、上級レベルの母語筆記試験で終了です。

PSLEの結果で60%以上が進学コースのエクスプレスコースに進むほか、20%以上がノーマル(アカデミック)コース、約10%がノーマル(テクニカル)コースに進学します。

万が一PSLEに不合格だった場合は、小学生ながら留年が存在し、もう一度6年生として学習しなければなりませんが、毎年数%の児童はこれにあたります。

Sponsored Link




シンガポールの小学校のレベル

シンガポールの教育が優れているということはなんとなく知っているという人は多いのですが、それでは実際にどのくらい優れているのでしょう。

世界的なレベルをはかるテストとして有名なのはPISAです。

PISAはProgramme for International Student Assessmentの略で、国際的な学習到達度調査のことです。

ただ、このテストは15歳の児童が受けることとされているため、直接小学校のレベルをはかることはできませんが、シンガポールはこの2015年に行われたPISAで科学的リテラシー、読解力、数学的リテラシーの全3分野でどれも世界一という結果を出しています。

2012年のPISAでシンガポールは、それぞれ3位、3位、2位の成績でしたから、近年の教育がいかに優れているのかということがわかります。

シンガポールの小学校での生活やきまり

日本では小学生の持ち物がたくさんあり、入学準備の際もかなりの物が必要となりますが、シンガポールではどうなっているのでしょうか?

また、学校での生活について日本と違う部分があるのかどうか調べてみましたのでご覧ください。

シンガポールの小学校はお弁当?給食?掃除はある?

シンガポールのローカル校は給食が出ませんので弁当持参になりますが、毎日同じメニューというのは少し残念ながらも学食を利用することもできます。

シンガポールの日本人学校でも基本的に弁当持参ですが、持参できない場合でも学校に弁当販売の業者が毎日来てくれるので、朝注文して引換券をお昼時間に渡す形で弁当を購入できます。

また、日本では当たり前のように設けられている掃除の時間ですが、海外ではそうした時間が存在しません。

ただ、シンガポールではこうした日本の掃除時間を見習って2016年には小学校から高校までの全学校に毎日10分間の清掃時間を導入することが決定し、称賛の声が上がっています。

シンガポールの日本人学校では逆に、専門の掃除担当者が掃除をしてくれるため、子供たちは週に1度だけ清掃活動を行っています。

シンガポールの小学校の制服、カバン、持ち物、教科書

シンガポールのローカル小学校で日本と大きく違うのは、ランドセルが無いことと逆に制服があるということです。

ランドセルは日本独特の文化で、海外の小学校ではナイロン製のリュックサックを自由に持つのが主流です。

シンガポールもその点リュック登校が認められていて、皆思い思いのバッグを持っています。

ただ、さすがに毎日重い荷物を背負うものですので、通学用リュックなるものも販売されていて、肩ひもが補強されていたり耐久性や機能性を重視しています。

また、小学校でもそれぞれの学校ごとに制服が存在し、靴の色なども指定されていることが多いです。

日本の小学校では学年の初めに配布される教科書ですが、シンガポールでは各自学ぶ母語も異なってくるため、学校内の書店で購入することになります。

シンガポールの日本人学校もランドセルは使用しません。

ローカル校同様リュックサックを自由に使います。

日本同様制服はありません。

日本のカリキュラムと同様に行われるため、学用品に関してはノートの指定はもちろん、水彩絵の具セットや書道セットなど必要となります。

Sponsored Link




シンガポールの小学校でかかる費用

ローカル小学校の場合、シンガポール人は無料ですが、永住権を持つ場合年間で約1500ドル、外国人で約7000ドルと大きな違いが出てきます。

それでも、インターナショナル・スクールの相場は年間約3万~4万ドルですので、ローカルの方がずいぶんと安い印象になります。

日本人学校の場合、年間の授業料は5000ドル強となっていますが、このほかに寄付金を納めなければならず、これは保護者が勤める企業が支払うことになっていますし、学費も必要経費として会社が負担してくれることが多いため、それほど苦にはならないようです。

ただ、会社が負担してくれた学費も、保護者への支払いとして計上されるため、所得税を支払う際の所得に含まれてしまい、税金は高くなってしまうという現象が発生するので注意が必要です。

Sponsored Link




シンガポールの小学校について まとめ

シンガポールは世界でも有数の教育国家として有名ですが、日本と異なるのはやはりすべての授業が英語で行われるということでしょう。

一方で教育レベルが高いということからも、小学生のころからかなり多くの時間を勉強にとられることとなり、さらには卒業時の試験で将来がほぼ決まってしまうというのは残酷かもしれません。

しかし、PISAの結果を見る限り、インターナショナルな人材を国を挙げて作り出すシステムによって資源のないシンガポールを優秀な人材でカバーする政策は成功していると言えます。

シンガポールへ渡航の際は、こうした情報も踏まえて小学生を眺めると、また違った発見があるかもしれません。

それではシンガポールの滞在をお楽しみください!

なお、シンガポールの教育事情に関しては「シンガポールの教育制度や費用に関する最新情報!」で詳しくお伝えしています。

 

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

その他の記事

  • シンガポールのお土産:ブランド特集!

  • シンガポール動物園で買えるお土産特集!

  • シンガポールで買えるコスメのお土産最新情報!

  • シンガポールのタクシーは安くて便利でボッタクリの心配もない!

関連記事

  • シンガポールの教育制度や費用に関する最新情報!

  • シンガポールの銀行口座開設・解約・利用方法について

  • シンガポールの病院と医療に関して

  • シンガポールに就職する前に知っておきたい「労働事情」

  • シンガポールでの駐在生活 「帰国の際の手続き」について

  • シンガポールの人口に関する最新情報