1. TOP
  2. シンガポール 法律
  3. シンガポールの「移転価格税制」と「源泉徴収課税」について
Sponsored Link

シンガポールの「移転価格税制」と「源泉徴収課税」について

Sponsored Link




移転価格税制

移転価格税制」とは、海外に関連会社や子会社がある法人が

取り引き価格などを操作することで、

所得を海外に移転することを防止するために、実施される税制です。

シンガポールでも「移転価格税制」があり、

国外の関連会社との資産の売買やサービスの提供などを対象に

この税制が適用されています。

 

利子とサービス提供のIRASの方針

シンガポール課税当局(IRAS)では、

シンガポール国内の関連企業間は、無利子での貸し付けを認めていますが

シンガポール国外の関連企業間は、

関連のない企業間と同じ利子で貸し付けするべきと考えています。

 

Sponsored Link




源泉徴収課税

シンガポールでは、貸付金等にかかる利子は15%の源泉徴収を行い、

動産の使用量に関しても15%の源泉徴収を行い、

会計士など専門家への報酬も15%も源泉徴収を行い、

 

ロイヤルティに関しては10%の源泉徴収を行い、

無形資産の使用量に関しても10%の源泉徴収を行い、

REITの分配金についても10%の源泉徴収を行い、

芸能人の活動においても10%の源泉徴収を行い、

翌々月の15日までに納付することが定められています。

 

また、シンガポール法人のマネージメント費用に関しては17%、

シンガポールに在住していない取締役の報酬に関しては20%の

源泉徴収を行い、翌々月の15日までに納付しなくてはなりません。

 

租税条約を締結している場合は、税率が軽減されることもあります

支払先が租税条約を締結している国の法人かどうかは

1年に1度、IRASに居住者証明を提出して確認します。

 

租税条約を締結している国との源泉税率

日本にある親法人が、シンガポールにある子法人に貸し付けをしている場合、

貸付金に対する利子を支払う際には、

日本とシンガポールで租税条約が結ばれているので

低減税率を適用することができます

 

シンガポールの法律では貸付金に対する利子の源泉徴収税率は15%ですが、

日本とシンガポール間の租税条約を適用し、10%に低減できるのです。

この低減税率を実施するためには、

日本にある親会社が日本の居住法人であることを証明する必要があります。

日本の税務当局が親会社が日本の居住法人であることを証明する書類を

シンガポール税務当局であるIRASに提出するのです。

 

居住者であることを証明するフォーマットが、

IRASのホームページでダウンロードできますので、

必要事項を記入して、日本の税務当局の押印を得て、

その原本をIRASに、年に一度提出します。

この手続きをしなくては、低減税率を活用できません。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールで女子旅を最高に楽しむ完全ガイド

  • シンガポールのおすすめスポットを全てお伝えしています!

  • シンガポール観光旅行完全ガイド

  • TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!

関連記事

  • 「タックスヘイブン対策税制」のシンガポール企業への適用

  • シンガポールで現地法人として登録する

  • シンガポールへのビジネス進出「駐在員事務所設立までの流れ」

  • シンガポールへのビジネス進出「現地法人設立までの流れ」

  • シンガポールの会社における「会計監査人」について

  • シンガポールにおける法律について