1. TOP
  2. シンガポール 生活
  3. シンガポールの持ち込み禁止物について
Sponsored Link

シンガポールの持ち込み禁止物について

シンガポールでは様々な事柄が禁止されていて、違反すると罰金を取られるというのは有名な話ですが、持ち込みに関する規制も大変厳しい国と言えます。

シンガポールに持ち込み禁止品を持ち込んだ感覚がないまま発覚して高額な罰金を取られてしまう人が後を絶ちませんので、シンガポールを訪れる際はあとで後悔することが無いようにしっかり持ち込み禁止品についておさらいをしておきましょう。

Contents

シンガポールへの持ち込み禁止物

禁止されているものを持ち込んだことが発覚すると、最高1万ドルの罰金となります。

せっかくのシンガポール滞在が初めから残念なことにならないよう、十分気を付けてください。

なお、こちらで紹介するのはすべてではありませんし、今後変更になることもありますので、詳細はこちらのページで随時確認をお願いします。

シンガポールへの持ち込み禁止物 チューイングガム

シンガポールへの渡航が初めての人に驚かれるのがこのチューイングガムです。

日本でバッグに入れたままうっかり持ち込んでしまう人が多いです。

シンガポールでは持ち込みも禁止ですが、販売等も禁止されてるため、シンガポール国内でガムをかむことはできません。

確かにガムをかんだ後道路に吐き捨てるということを防ぐのには最も有効な方法なのかもしれません。

シンガポールへの持ち込み禁止物 麻薬類

覚せい剤やマリファナなどの麻薬はもちろんですが、向精神薬など処方された薬でも禁止となっています。

日本とは違い、シンガポールは麻薬類の持ち込みについては厳刑というのが基本ですから、死刑になるケースも少なくありません。

このほか多くの薬が禁止ではないものの規制を受けますので、薬に関しては十分注意が必要です。

これに関しては次の章でもう少し詳しく説明します。

シンガポールへの持ち込み禁止物 電子タバコなど

かみたばこや電子タバコ、水タバコなど紙タバコの代わりとなるものは一切禁止となっています。

そのためもちろんシンガポール国内での輸入・販売も禁止です。

紙タバコは課税こそされますが、まだ禁止になっていません。

ただ、シンガポールでも禁煙を掲げる場所が多くなってきましたので、今後は徐々にタバコに関してもさらに厳しくなっていくことが予想されます。

シンガポールへの持ち込み禁止物 武器と間違われるような物

爆竹やピストル型のライターなど玩具であっても武器と間違われるような物は持ち込み禁止です。

確認に手間取るのであれば禁止してしまった方が早いということなのでしょう。

シンガポールへの持ち込み禁止物 わいせつな印刷物やDVDなど

アダルト系の雑誌やDVDはもちろんですが、日本ではどこでも販売されているグラビア写真が載った週刊誌なども禁止です。

ムスリムの人たちも多いシンガポールでは、過度の露出はご法度とされていて、少しでも性的な要素が含まれていると国内でも放送できない番組などがあるくらいです。

これにより、中身に問題のないDVDを持ち込もうとした場合でも、ランダムな検閲があるため注意が必要です。

シンガポールへの持ち込み禁止物 コピー商品

ブランド商品の偽物などは持ち込むことができません。

自分では本物だと思って持ち込んでしまったということもありますので、ブランド物を持ち込む場合は確実に正規品という場合だけにしましょう。

また、DVDやCDの複製品なども著作権保護の観点から持ち込みが禁止されています。

シンガポールへ持ち込み禁止ではないが制限がかかる物

禁止ではないものの、特別な資格や承認が無いと持ち込めないなど規制のある物も多いです。

その中でも代表的なものをご紹介します。

医薬品

日本で一般的に処方されているごく普通の薬もシンガポールでは乱用を防ぐ目的でかなりの種類が規制されています。

これを持ち込むには入国前にHealth Sciences Authorityに申請し、承認を得る必要があります。

さらに医師がその薬の必要性を書いた書類も必要となるため、よっぽどのことがない限りは逆に規制のかかっていない薬に替えてもらった方が良いでしょう。

規制がかかっている薬の一覧はこちらで確認できます。

牛肉・豚肉

今まで日本からの肉類は持ち込み禁止でしたが、平成28年より条件の範囲内であれば事前に空港内の動物検疫所で簡易証明書の交付を受ければ持ち込み可能となりました。

一人5㎏までの個人消費に限って日本産の市販されている肉であれば持ち込むことができます。

鶏肉は鳥インフルエンザの流行もたびたびあることなどから、持ち込むことができませんのでご注意ください。

加工食品

加工食品は50ドルまでと制限があります。

単なる観光旅行や出張程度では問題なさそうですが、移住の場合は日本の加工食品を持って行きたいということで、うっかりトランクいっぱいに詰めて持ち込んでしまう人もいるかもしれません。

カップヌードルやみそ汁、レトルトなどそろえるとすぐに50ドル(約4500円)はすぐに超えてしまいますので注意しましょう。

通貨

申告なしに30000シンガポールドルを超えて持ち込むことはできません。

紙幣や通貨だけでなく、証券や日本円なども含めた合計金額ですが、観光旅行であればそれほど多くのお金を持って入ることも無いでしょう。

シンガポールへ持ち込みする際の免税範囲

シンガポールに持ち込むことはできても課税される品物があります。

また、免税範囲が定められているものもあるので、そちらをご紹介します。

アルコール飲料

スピリッツ、ワイン、ビールの3つのカテゴリーに分け、合計の量で免税範囲が決められています。

下記の3種類の組み合わせが許容範囲とされています。

A スピリッツ、ワイン、ビールを各1リットル

B ワイン1リットルとビール2リットル

C ワイン2リットルとビール1リットル

上記の免税範囲を超えて持ち込む場合は、超過分に課税されますので、以下をご覧ください。

一般税は、ビールのみアルコール分量1リットルにつき16ドル加算されますが、ビール以外のアルコール飲料にはかかりません。

これに加えて物品税が加算されます。

ビール、スタウト、リンゴ酒は、アルコール分量1リットル当たり60Sドル、ワイン、日本酒、ウイスキー、ブランデーは、アルコール分量1リットル当たり88Sドル課税されます。

つまり、アルコール度数5%のビール5リットルの課税であれば、(16+60)x 5 x 0.05=19ドルとなります。

紙たばこ

タバコは免税が全くありませんので、持ち込むと1本ごとに約35セント課税されます。

シンガポール国内で販売されているタバコには、1本1本SDPCという文字が刻印されており、これを国内で吸う場合は問題ありませんが、日本から持ち込む日本のタバコにはこのような刻印はありませんから、街で吸っていても見つかりやすい状況となりました。

それでもどうしても日本の銘柄を現地でも吸いたいという場合は、税金をおさめて申告書を携帯すれば可能ですが、無申告で持ち込んだ場合、最高5000ドルの罰金ですので、タバコを持ち込む場合は必ず入国時の税関申告をしてください。

また、どんなにヘビースモーカーであっても個人使用で20箱を超えては持ち込むことができません。

シンガポールから日本へ持ち込み禁止の物 

逆にシンガポールから帰国する場合に日本への持ち込みが禁止されているものがありますので、そちらをご紹介します。

シンガポールから日本へ持ち込み禁止の物 肉類

生肉はどの種類も持ち込むことができません。

加工品に関しては農林水産大臣の指定施設で決められた基準通りに加熱処理が行われたものに限ってシンガポール政府の検査証明書があれば持ち込むことは可能です。

鶏肉は鳥インフルエンザが発生した際に持ち込み禁止となるケースがありますので、こちらを随時確認してください。

シンガポールから日本へ持ち込み禁止の物 果物・植物

生のイチヂク、アボガド、多くの柑橘類、マンゴー、パパイヤ、サツマイモ、バナナ、ドウガラシ、キャッサバ、稲などが持ち込み禁止となっています。

詳しくはこちらを参照してください。

シンガポールから日本へ持ち込み禁止の物 薬

麻薬及び向精神薬、覚せい剤及び覚せい剤の原料、大麻のほか、サイの角、じゃ香、虎骨、熊胆やこれらを含むものは持ち込みできません。

医薬品に関しても薬監証明なしに持ち込める量が決まっています。

外用剤や化粧品は、1品目につき24個以内となります。

また、処方箋薬は1か月分、その他の医薬品は2か月分となっていますので、こうした制限を超えて持ち込む必要がある場合は地方厚生局に必要書類を提出の上、販売目的でないことを証明してもらう必要があります。

詳しくはこちらを参考にしてください。

シンガポールから日本へ持ち込み禁止の物 武器類

けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品、爆発物、火薬類は持ち込むことはできません。

シンガポールから日本へ持ち込み禁止の物 コピー商品

特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品は持ち込むことができません。

特に東南アジアの国ではDVDの複製などが街中で売られていることがありますので、注意してください。

また、偽ブランドなどに関しても自分で気づかないうちに購入してしまうということもありますが、シンガポールはきちんとしたお店で購入していれば問題ありません。

シンガポールから日本へ持ち込み禁止の物 わいせつな印刷物やDVDなど

シンガポールへの持ち込みも禁止ですが、日本へ持ち帰ることもできません。

シンガポールから日本へ持ち込み禁止の物 ワシントン条約による規制

薬の節で簡単に触れましたが、これ以外にも動物の皮を使用した製品の一部が禁止されています。

トラやオオカミの毛皮製品など、ワニやウミガメのベルト・財布など、象牙製品をはじめ、生きた動植物の中でも持ち込むことができないものがありますので、詳しくはこちらを参考にしてください。

シンガポールから日本へ持ち込みする際の免税範囲と関税

帰国の際にお土産として持ち帰った品物でも、品目によっては課税されるケースがあります。

そうした品目の免税についてご紹介します。

酒類

1本760ml程度のもの3本までは免税です。

免税範囲を超えた場合の課税額は以下の方法で計算されます。

ウイスキー及びブランデーは1リットルにつき600円、ラム、ジン、ウォッカは1リットルにつき400円、リキュール、焼酎などは1リットルにつき300円、その他のワイン、ビールなどは1リットルにつき200円課税されます。

タバコ

紙巻きたばこのみの場合200本まで、葉巻たばこのみの場合50本まで、その他の場合250グラムまでとなっています。

紙巻きたばこは200本を超えると1本につき11.5円課税されます。

そのほかのたばこは免税範囲を超えると購入金額の15%課税されます。

香水

2オンスまで免税です。

1オンスは約28mlで、オードトワレやオーデコロンは香水とはみなされませんので、どれも免税です。

あくまで香水=perfumeのみ2オンスを超えると超えた分の購入金額の15%が課税されます。

1品目につき1万円以下

例えばチョコレートだけで1万円を超えてしまうと超えた分が課税されます。

超えた分の金額に対し15%が課税されます。

合計で20万円以内

何を持ち帰るにせよ、合計金額が20万を超えてしまうと超えた分に課税されます。

高級ブランドバッグなど1個でも20万を超えるような買い物をしてしまった場合は超えた分の金額に対し15%が課税されますので注意してください。

シンガポールの持ち込み禁止物について まとめ

シンガポールへ行くのも帰るのも持ち込み禁止物がかなりあることがわかりましたが、一番注意するのはチューイングガムくらいでしょうか。

麻薬や武器に関しては医療的な事情がある人や専門家でない限りかかわりがないものですので、気にする必要はないとしても、そのほか禁止物に関しては知らずに持参して嫌な思いをするのを防ぐ意味でも渡航前の確認を怠らないようにしてください。

また、せっかくシンガポール滞在を楽しんだ後に気づかずにお土産に課税や没収をされるのも後味が悪いですから、どれくらいなら免税で持ち帰ることができるのか確認しておくと安心です。

それではシンガポール滞在をお楽しみください!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール担当

シンガポール担当

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールの場所に関する情報の全て!

  • シンガポールのお金に関する情報

  • シンガポール旅行の予算や費用について

  • シンガポールでの食事について

関連記事

  • シンガポールの英語に関する情報を全てお伝えいたします!

  • 生きた歴史の目撃証人 ラッフルズホテル シンガポール(Raffles Hotel Singapore)シティホールエリア

  • 中華系ホーカーズ マックスウェル フードセンター(Maxwell Food Centre)チャイナタウン

  • ミックスカルチャーを体験できる プラナカン博物館(Peranakan Museum)シティホールエリア

  • シンガポールのコンセントは?形状や電圧など

  • パン パシフィック オーチャード(Pan Pacific Orchard)オーチャードロード