1. TOP
  2. シンガポール 生活
  3. シンガポールのビールについて
Sponsored Link

シンガポールのビールについて

シンガポールは輸入大国で、国内で消費するもののほとんどを輸入に頼っています。

そのためあらゆる食品やドリンクも輸入製品ばかりですが、その中で珍しくシンガポールの会社が製造しているのがタイガービールを代表するビールです。

シンガポールの南国の気候の中で夜風に吹かれてビールを飲むのはビール好きにはたまらない体験となるでしょう。

この記事ではシンガポールのビールについてお伝えします。

Sponsored Link




Sponsored Link

Contents

シンガポールで買えるビールの銘柄

シンガポールでは、アジアパシフィック・ブルワリー社のタイガー・ビールをはじめとするいくつかの銘柄が有名です。

ここではシンガポールで購入可能なビールの主な銘柄をご紹介します。

シンガポールのビール タイガー(Tiger)

1932年から製造・販売されているシンガポールを代表するビールですが、東南アジア全域からアメリカ合衆国やイギリスでも販売されています。

すっきりと飲みやすくフルーティーな味わいが人気です。

シンガポールのビール アンカー(Anchor)

タイガービールに比べてアルコール度数が小さく(4.5%)、味も薄めですが、苦みが少ないのでビールの苦みが苦手な方でも軽く飲むことができるでしょう。

シンガポールのビール ラッフルズ(Raffles)

こちらもアルコール度数は4.5%で飲みやすく、食事と一緒に飲むのがおすすめのビールです。

シンガポールのビール エー・ビー・シー(ABC)

シンガポールを代表する黒ビールですが、アルコール度数も8%とかなり高いため、お酒に強い人に特におすすめのビールです。

日本のビール

シンガポールで購入可能な日本のビールは、キリン一番搾りやアサヒスーパードライなど有名な銘柄で、スーパーなどで購入可能です。

また、価格は500mlで1本約6ドルとローカルのものにくらべて高めになりますが、日本のビールということで人気が高いです。

文化や国民性の違いということもあり、現在日本で人気の糖質オフやノンアルコールビールなどはシンガポールでほとんど見かけることがありません。

Sponsored Link




シンガポールでビールが買える場所

日本同様シンガポールでもコンビニやスーパーでビールをはじめとするお酒類を購入することができます。

ただし、夜の10時半から朝7時まではお酒を販売してはいけないという法律がありますので、その間はどのお店でも購入できません。

シンガポールでビールが買える場所 コンビニ

シンガポールのコンビニは日本でもおなじみの7-elevenCheersの2種類になります。

どちらも主なビールは置いてありますので、便利です。

なお、シンガポールのコンビニに関しては「シンガポールのコンビニ最新情報!」で詳しくお伝えしています。

シンガポールでビールが買える場所 スーパー

シンガポールのスーパーマーケットは、Fair Price、Cold Storage、Sheng Siongなどいくつかありますが、やはりどのお店でもビールを購入することができます。

なお、シンガポールのスーパーに関しては「シンガポールのスーパーでお買い物!ローカル気分を味わえるお役立ち情報」で詳しくお伝えしています。

シンガポールでビールが買える場所 空港

空港内の免税店でもビールが販売されていますが、Fair Priceなどのスーパーマーケットも空港内にあります。そちらでも購入できます。

なお、シンガポールのチャンギ空港に関しては「シンガポール空港(チャンギ国際空港)の完全ガイドと世界的魅力」で詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




シンガポールでビールが飲める場所

シンガポールではもちろんあらゆる飲食店でビールを飲むことができますが、宗教的な理由などから「どこでも」というわけにはいきません。

そのような中でもシンガポールでは地ビールを提供するお店がたくさん生まれています。

ここではビールを飲むのにおすすめの飲食店をエリア別にご紹介します。

シンガポールのオーチャードでビールが飲めるホーカー・レストラン

オーチャードはシンガポールだけでなく世界でも有数のショッピングストリートと言われているだけあり、多くのモールが並ぶ通りです。

ショッピングの合間の喉の渇きをいやすことのできるビールが飲める場所はこちらです。

JiBiru Craft Beer Bar(地ビール・クラフト・ビール・バー)

日本の地ビール(ネストなど)が味わえ、日本式のサービスでもてなしてくれるとローカルにも人気の高いお店です。

料理も焼き鳥や親子丼などが中心ですから、日本の味が懐かしくなったという場合にもおすすめです。

住所 313 Orchard Rd #01-26

電話 6732 6884

営業時間 11:30-23:00 金・土 11:30-1:00

アクセス MRTサマセット駅から徒歩約3分

Food Republic 313@somerset(フード・リパブリック 313@サマセット)

313@サマセットにあるフードコート内でタイガービールなど飲むことができます。

ビール好きの方であればシンガポールに来たからにはタイガービールを飲まずにはいられないはずですので、ぜひ一度お試しください。

住所 313 Orchard Road, Level 5, 313@Somerset

電話 6509 6643

営業時間 10:00-22:00

アクセス MRTサマセット駅から徒歩約3分

Food Republic Isetan(フード・リパブリック 伊勢丹)

伊勢丹のフード・リパブリック内には日本の生ビールが置かれています。

日本の生ビールが懐かしくなったらこちらで飲むことができます。

住所 350 Orchard Rd, B1-02

電話 6235 0995

営業時間 10:00-22:00

アクセス MRTオーチャード駅から徒歩約5分

なお、シンガポールのオーチャードの観光に関しては「シンガポール、オーチャード観光旅行ガイド」で詳しくお伝えしています。

シンガポールのクラークキーでビールが飲めるホーカー・レストラン

シンガポールのクラークキーエリアは、リバーサイドのナイトスポットが急増しているエリアで、バーやクラブなどの数も多いです。

川沿いの夜景を楽しみながら飲むビールはまた格別でしょう。

The Pump Room(パンプ・ルーム)

化学的な添加物を使用していない自然派の地ビールブルワリーで、ラム肉を中心としたフードメニューも人気です。

飲み放題や音楽イベントなどが随時開催されていますので、お出かけ前にチェックしてください。

住所 3B River Valley Rd, 01-09/10

電話 6334 2628

営業時間 17:00-3:00 土 17:00-4:00

アクセス MRTクラークキー駅から徒歩約7分

Brewerkz(ブリューワークス)

アメリカンスタイルのブルワリーで、ビールの種類も豊富ですし、フードメニューもボリュームたっぷりのバーガーなどが人気です。

平日はハッピーアワーの実施などもありますし、ブルワリー内のビールの味比べではお買い得にビールを飲むことができます。

住所 301 Merchant Rd, Riverside Point

電話 6438 7438

営業時間 12:00-0:00 金・土 12:00-1:00

アクセス MRTクラークキー駅から徒歩約6分

なお、シンガポールのクラークキーの観光旅行に関しては「シンガポール、クラークキー観光旅行ガイド」で詳しくお伝えしています。

シンガポールのチャイナタウンでビールが飲めるホーカー・レストラン

シンガポールのチャイナタウンは、常に活気にあふれる場所で、観光客も多く訪れていますが、そのようなチャイナタウンでもビールを楽しめるお店があります。

Archipelago Brewery(アーキペラゴ・ブリュワリー)

サウスブリッジ内にあるブルワリーで、クラフトビールが美味しいと評判です。

シンガポール・ブロンド・エールは、シンガポールのオンラインスーパーマーケットのレッドマートでも販売されています。

住所 27 Mosque St

電話 6222 2288

アクセス MRTチャイナタウン駅から徒歩約3分

Chinatown Food Street(チャイナタウン・フード・ストリート)

チャイナタウンのスミス・ストリートにできたフードストリートは、レトロで懐かしい店構えの飲食店が並びます。

屋根がついているので天候にかかわらずシンガポールの味を楽しむことができます。

住所 Smith St

営業時間 11:00-23:00

アクセス MRTチャイナタウン駅から徒歩約4分

なお、シンガポールのチャイナタウンの観光旅行に関しては「シンガポール、チャイナタウン観光旅行ガイド」で詳しくお伝えしています。

シンガポールのマリーナ地区でビールが飲めるホーカー・レストラン

シンガポールの観光地としての知名度を上げた貢献地域でもあるマリーナ地区ですが、飲食店も豊富です。

このマリーナ地区でビールが美味しいお店をご紹介します。

LeVeL33(レベル33)

マリーナベイ・ファイナンシャル・センターにあるため、マリーナ・ベイ・サンズをはじめとするマリーナエリアの夜景が素晴らしいと評判のお店です。

もちろん目の前にあるタンクから注がれるクラフトビールは格別です。

住所 8 Marina Boulevard 33-01, Marina Bay Financial Centre Tower 1

電話 6834 3133

営業時間 11:30-0:00 木・金・土 11:30-2:00 日 12:00-0:00

アクセス MRTベイフロント駅から徒歩約9分

Rasapura Masters(ラサプーラ・マスターズ)

ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズの一番マリーナ・ベイ寄りにあるフードコートです。

フードコートと言ってもマリーナ・ベイ・サンズのフードコートですから、高級感にあふれていますが、タイガービールなどのアルコールも販売しています。

住所 2 Bayfront Avenue, B2-50 Canal level ,The Shoppes at Marina Bay Sands

電話 6506 0151

営業時間 24時間

アクセス MRTベイフロント駅から徒歩約5分

シンガポールのビール工場もおすすめ

タイガービールでおなじみのAsia Pacific Breweries Pte Ltd(アジア・パシフィック・ブルワリー)の工場見学ツアーが開催されています。

こちらの公式サイトから予約が必要ですが、見学の最後には45分間の試飲タイムが用意されています。

一部有料のビールもありますが、無料でタイガービール、ハイネケン、ギネス、アンカーなどの銘柄を試飲し放題です。

また、45分を過ぎてもお金を払えば通常のバー同様そのまま飲み続けることも可能ですので、時間が取れる方はゆっくりとお楽しみください。

住所 459 Jln Ahmad Ibrahim

電話 6861 6200

アクセス MRTオーチャード駅からタクシーで約30分

シンガポールのビールの値段

シンガポールのビールの銘柄は様々ですので、タイガービールを例にして比較してみます。

スーパーで買って飲むという場合は、1缶2-3ドルですから日本円にしても約200円とそれほど高くはありません。

外で飲むという場合は、ホーカーやフードコートですと大体瓶になりますので、約500円で飲むことができますが、レストランなどになると約800円と高額になってきます。

日本でもビールの値段は家か外かでだいぶ変わってきますが、シンガポールの場合はその差がかなり大きいということがあるため、ビールが高いという認識が生まれてくるのかもしれません。

シンガポールではオンラインスーパーマーケットの存在も年々大きくなっており、自宅でビールを飲む場合はこうした通販を利用するのも方法です。

例えばセール時はタイガービールが323ml缶x30缶で1本あたり約2ドルとなりかなりお買い得です。

こちらにネットショップのビール販売ページをご紹介しますので参考にしてください。

LAZADA アマゾン同様にビールなどの飲料をはじめ、家電やファッション、旅行関連など様々な商品を購入できるサイトです。

Red Mart シンガポール最大級のオンライン食品スーパーで、自社の物流システムを所有するため迅速な配達が可能となっています。

Sponsored Link




シンガポールのビールの免税範囲

シンガポールに日本のビールをお土産に持ち込みたいという場合もあるでしょう。

その場合、ビール2リットルまでが免税範囲として認められます。

シンガポールのお酒類は、3リットルまで免税ですが、その組み合わせについても定められていて、リキュール類、ワイン、ビールの3種類の組み合わせになります。

その内訳は、それぞれを1リットルずつ、またはワインが2リットルでビールが1リットル、もしくはワインが1リットルでビールが2リットルという決まりです。

なお、シンガポールのお酒事情に関しては「シンガポールのお酒事情  お土産・飲める時間・法律・税金など」で詳しくお伝えしています。

シンガポールから日本にビールを持ち帰る場合

逆にシンガポールから日本にビールを持ち帰りたい場合には、日本での免税制度に従います。

1本760ml程度のお酒3本まで免税範囲が認められていますので、ビールの場合容量に換算して760x3=2280mlまでということになり、350mlの缶であれば6本まで可能です。

シンガポールのビールについて まとめ

 シンガポールではお酒を飲む場所や購入できる時間帯(22時から7時の間は購入ができない)などに制限が設けられていて、お酒好きにはつらい状況もあります。

しかし、世界の技術を集結したブルワリーが続々と生まれていて、その点ではビール好きにはたまらない国なのではないでしょうか。

また、ワインやウイスキーなどは酒税の影響で高価になりますが、ビールの場合は酒税が低く抑えられているのでそれほど高くなりません。

シンガポールできっと新たにお気に入りのビールやブルワリーを見つけることができるはずです。

それではシンガポール滞在をお楽しみください!

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

RaffiFull ラフィフル 旧シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

RaffiFull ラフィフル 旧シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール担当

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールのお土産におすすめなTシャツ!

  • シンガポール旅行の予算や費用について

  • シンガポール オーチャードのお土産最新情報!

  • シンガポールのカジノ最新情報!

関連記事

  • オシャレなセレクトショップ カポック(Kapok at NDC)シティホールエリア

  • 歩いても行きたくなるフライドホッケンミーの店 ゲイランロロン29フライドホッケンミー(geylang lorong 29 fried hokkien mee)イーストコーストパーク

  • エビと豚肉から取ったダシでいただく麺 シンガポールのプロウンミー(Prawn Mee)

  • 「アモイ バイ ファー イースト ホスピタリティ」(Amoy Hotel by Far East Hospitality)/チャイナタウン

  • 甘いトーストが病みつきになる シンガポールのカヤトースト(Kaya Toast)

  • シンガポールでおしゃれなお土産を買うには?