1. TOP
  2. シンガポール ビジネス
  3. シンガポールでビジネスを行う場合の「企業形態」
Sponsored Link

シンガポールでビジネスを行う場合の「企業形態」

シンガポールでビジネスを行う場合、

どのような形態を取ることができるでしょうか

ビジネス組織の形態と、事業形態についてみてみましょう。

 

Sponsored Link




ビジネスの組織形態

シンガポールでビジネスを行う場合は、

シンガポール会社法に基づく組織形態とそれ以外の組織形態があります。

シンガポール会社法に基づく組織形態は次の5つです。

 

株式有限責任私的会社

会社の定款により株式の譲渡制限が定められており、株主が50人以下であり、

株式と社債を公募していない会社を「株式有限責任私的会社」と言います。

シンガポールでビジネスを行う多くの外国系企業がこの形態を取ります。

 

小規模株式有限責任私的会社

株式有限責任私的会社の中でも、

株主が20人以下かつ全ての株主が個人である会社

小規模株式有限責任私的会社」と言います。

また、「小規模株式有限責任私的会社」の中でも年間の売り上げが

500万シンガポールドル未満の会社は、

会計監査人による監査が免除されるなどいくつかの特典を得られます。

 

公的会社

公的会社には株主が50人以上かつ株式譲渡に制限を設けない

株式有限責任公的会社」と、

主にシンガポールでのビジネスの形態が非営利事業や慈善事業を行う、

一定額の出資金を出資者が払い込む保証有限責任公的会社」があります。

 

Sponsored Link




無限責任会社

日本で言う合資会社や合名会社に該当し、

会社の定款により出資者の責任を無限と定めた会社です。

 

外国会社

外国で設立をされ、シンガポールでビジネスを行う会社

外国会社」と言います。

大抵の場合は、「シンガポール支店」として活動します。

外国会社は株式会社だけでなく、シンガポール以外で設立された会社なら

公益法人や協同組合も含みます。

 

有限責任事業組合(LLP)

パートナーが出資額の範囲内の責任を負い、共同で経営を行う形態

有限責任事業組合(LLP)」と言います。

会社法とLLP法に従い、シンガポールでビジネスを行っていきます。

 

シンガポール会社法で定められてはいませんが、

シンガポールでビジネスを行う形態としてよく用いられるものが3つあります。

 

ビジネストラスト

受益者のために信託財産を保有し、

特定の事業目的のために運用する企業形態を「ビジネストラスト」と言います。

不動産のファンドなどにシンガポールで良く用いられます。

 

駐在員事務所

シンガポールでビジネスを本格的に行う前段階として、

期間限定で「駐在員事務所」を設けることもあります。

営業活動を行うことは禁止され、マーケティング調査などを行います。

 

個人営業

個人がシンガポールでビジネスを行う企業形態です。

シンガポール国民もしくはシンガポール永住権保持者、就労ビザ保有者の

ローカルマネージャーを雇用する決まりがあります。

 

シンガポールでビジネスを展開していく際、

どのような事業形態を取ることができるでしょうか。

シンガポールの立地条件の良さや、ビジネスインフラの充実などを活かした

シンガポールならではの事業形態も見られます。

 

Sponsored Link




販売統括会社

シンガポールは東南アジア、南アジア、またオセアニアのどこへでも

アクセス性が抜群で、空港や町の機能も非常に整備されていますので、

これらの地域のマーケティングの中心地として、

シンガポールにビジネスの拠点を置き、

日本本社のアジア地域の販売子会社また代理店といった形で

主にASEAN諸国の販売網の監督や統括を行います

 

物流統括会社

シンガポールの抜群の立地と、よく整備された交通網、

空路や海路の充実、関税に対する障壁のないビジネス環境を利用して

シンガポールに商品や原材料の物流倉庫を設けて、

国際運輸上のハブとしてシンガポールにビジネスの拠点を置く会社

物流統括会社」と言います。

 

開発センター

交通の便利さだけでなく、

教育環境が優れていることもシンガポールの特徴です。

また、シンガポールは公用語として英語を使用している国ですので、

言語の障壁が少なく、

すぐにビジネスを始められる人材が多いことも特徴です。

 

また、シンガポールは知的財産を保護する法制度が

非常に発達した国でもあります。

優れた人材と知的財産権に対する整備された法制度を生かし、

シンガポールで商品を開発するセンターを置く会社も多いのです。

 

Sponsored Link




財務センター

シンガポールの法人税率の安さなどを利用した資産管理、

また腐敗の少ない金融業界を活かした為替バランスの調整など、

シンガポールに財務センターを置く企業も増えています。

 

地域統括会社

販売や物流などビジネスの部門を限らずに、

シンガポールにアジアを統括する「地域統括会社」として

法人を設立したり、営業所を置く企業も増えています。

主に、アジア諸国に支店や関連会社などをすでに多く持っている企業が

この「地域統括会社」の形態を用いて、

シンガポールにビジネスを展開していくことが多いようです。

 

抜群の立地と高度に整ったビジネスインフラを保有するシンガポール

シンガポールにビジネスを展開することで、

多くの可能性が開けることは事実です。

最も必要にあった事業形態と組織形態を選択することで、

企業としての飛躍が実現することでしょう。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • シンガポール観光旅行完全ガイド

  • TWG Tea (紅茶)はシンガポール発の大人気紅茶!

  • シンガポールの言葉はマレー語・中国語・英語・タミル語

  • マレーシア・ペナン島のおすすめ観光・生活情報

関連記事

  • シンガポールビジネスにおける「ファンドを設立」するメリット

  • シンガポールで「自己株式」を取得する

  • シンガポールの法律における「担保制度」について

  • シンガポールのビジネスと経済事情

  • シンガポールでオフィスを構える「IT企業と飲食店の場合」

  • シンガポールの「移転価格税制」と「源泉徴収課税」について