1. TOP
  2. シンガポール留学
  3. シンガポールへの語学留学について
Sponsored Link

シンガポールへの語学留学について

シンガポールは世界でも有数の教育優良国で、多くの人がシンガポールで学びたいと近年特に注目を集めています。

同じアジアの先進国でありながら、シンガポールの学校では英語を公用語としており、また中国語やマレー語など母語も同時に学ぶことになっています。

こうしたことからも、シンガポールには英語や中国語が公用語でない日本のような国から留学、移住する場合の受け皿となる語学学校がたくさんあり、そのコースも多岐にわたります。

この記事では、シンガポールへ語学留学する場合のメリットや費用、語学学校などをご紹介しますので、参考にしてください。

Sponsored Link




Sponsored Link

シンガポールへの語学留学のメリット

念というシンガポールへの語学留学でメリットとなる点はどういったことなのかご紹介します。

シンガポール語学留学のメリット:治安が良く暮らしやすい

もちろん日本の治安は世界でも有名なほど良いことが知られていますが、シンガポールも他の留学候補地と比べると大変治安が良いです。

特に女性でも一人歩きができ、繁華街であれば夜遅くても問題ないというのは魅力です。

また、水道や電気など生活に必要なインフラは整っていて、日本人が初めて行く海外の地であっても違和感なく生活ができます。

日本食もスーパーで売られているので、食生活にも困らないでしょう。

シンガポール語学留学のメリット:多民族国家

多民族国家というのは民族にかかわらず受け入れてくれるということになるため、大きな差別もありませんし、たくさんの国の友人を作ることもできます。

また、シンガポールの英語はなまりが強いと言われていますが、世界の英語はもはや欧米だけのものではないため、むしろそれぞれのアクセントに慣れるという点で大変環境に恵まれています。

シンガポール語学留学のメリット:アクセスが良い

日本の各空港から直行便が多く飛んでいますし、飛行時間も約7時間と欧米の国に比べて短いです。

また、シンガポールをハブ空港として世界にも行きやすい立地です。

なお、シンガポールの留学に関しては「シンガポールで留学するための最新情報」で詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




シンガポールへの語学留学でビザはどうなる?

日本人がシンガポールへ渡航する場合、30日間であればビザなしで滞在可能です。

そのため、短期の留学であれば問題ありませんが、30日を超える場合は学生ビザとなるスチューデント・パスが必要です。

ビザの申請には語学学校の入学許可書が必要なため、まずはビザなしで渡航し、シンガポールの移民登録局でビザを取得することもできます。

この際、シンガポールの国民または永住者の保証人と保証金1500ドルが必要ですが、保証人に関しては語学学校で対応してくれることがあるので、それについても入学を決める前によく確認しておきましょう。

なお、シンガポールのビザに関しては「シンガポールのビザ取得と更新について」で詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




シンガポール語学留学費用の相場

まず語学学校の学費も安いところから高いところまで幅がありますし、為替の変動で大きく変わってくるということもあるので、一概にお伝えするのは難しいのですが、大体の費用を見ていきます。

語学学校の学費自体は1か月で600ドル程度から1500ドル程度まで幅があります。

さらに家賃もシェアする場合は500ドルくらいから、1500ドルくらいまで幅があります。

シンガポールの場合、食事は皆ホーカーや屋台で済ませることが多く、1か月400-500ドルで済むでしょう。

このほか交通費や通信費を入れてもざっと見積もって1か月2000ドルから4000ドルほどで留学が可能です。

また、これらの価格は個人で手配した場合で、留学をサポートする会社に頼む場合はさらに手数料が上乗せされた価格になります。

それでも慣れない土地で一からすべてを探す手間を考えると、エージェントに頼んでしまった方が安心ということもあります。

シンガポールの語学留学 言語別

シンガポールの場合、公用語は英語ですが、人口のほとんどが中国系ということもあり中国語も多く使用されています。

そのため、語学留学も英語だけではなく中国語を学ぶ学校もあるのがメリットです。

英語学校・コース

語学全般を教える学校もありますが、英語学校も多数あり、さらに英語を学ぶ目的別にコースが細分化されているのが特徴です。

一般的な会話を学ぶコースから、留学向けの英語、ビジネス向けの英語など自分に合ったコースを選ぶことができます。

中には日本人向けの学校もあり、講師やスタッフが日本人ということで、初めての留学にとまどうことなく通えます。

中国語学校・コース

中国語と言っても方言により多くの言語を持つため、シンガポールでも福建語や広東語などが使われることも多いです。

ただし、シンガポールの公立学校や語学学校では、標準中国語と言われる言語を教えているため、広く一般的に使用できる標準語と英語を同時に学べる場所として、海外からも子供を留学させる親が多いです。

シンガポールで中国語も学べば3か国語を使用できるようになって、グローバル社会に通用する人材として生きていくことができるでしょう。

Sponsored Link




シンガポールの語学留学 期間別

語学留学で気になるのがその期間です。

本来であれば長い期間をかけてじっくり学びたいところですが、そうもいかないのが現状ではないでしょうか。

ご自身の現状に合わせて期間を設定し、語学習得に取り組んでください。

小学生向け語学留学 短期・1週間

小学生など学校の長期休暇を利用して現地の子供向けサマープログラムに参加するケースが増えています。

ただ、そうしたプログラムを提供しているシンガポールのインターナショナルスクールなどは、夏休みが6月からということもあり、日本の夏休みに合わせたプログラムが少ないのが現状です。

中でも日本の夏休み期間に合ったプログラムを提供している機関をご紹介します。

Singapore American School(シンガポール・アメリカン・スクール)

3歳から18歳までの教育を提供するアメリカのインターナショナルスクールです。

ホリデープログラムは6月から始まりますが、7月下旬から8月上旬の期間もあるので、日本の学校に通うお子様であればそちらに参加しやすいです。

住所 40 Woodlands Street 41

電話 6363 3403

ホームページ https://www.sas.edu.sg/

アクセス MRTマーシリン駅から徒歩約17分

ISS International School(ISSインターナショナル・スクール)

50カ国以上の別々の国籍を持つ生徒が4歳から18歳まで学ぶ学校で、日本人教師による日本語教育も充実しています。

ホリデープログラムは4回に分けて行われますが、最後の期間が7月下旬で、英語だけでなく午後からテクノロジーやアート、スポーツなどのアクティビティも含まれています。

住所 25 Paterson Road

電話 6235 5844

ホームページ http://www.iss.edu.sg/

アクセス MRTラブラドール・パーク駅からタクシーで約6分

大人向け語学留学 短期・1週間

普段仕事で英語を学びに行く時間が取れないといった人でも、1週間の集中授業で英語漬けの日々を送れば嫌でも英語が身に着くと言います。

そうした1週間からの短期コースを設けている語学学校をご紹介します。

inlingua School of Language(インリンガ・スクール・オブ・ランゲッジ)

アジア全般に学校を持つインリンガは、幅広いカリキュラムが特徴です。

1週間のうち35時間を詰め込むコースや、25時間のコースなど短期集中コースがあります。

住所 51 Cuppage Road #10-12

電話 6737 6666

ホームページ http://www.iss.edu.sg/

アクセス MRTサマセット駅から徒歩約8分

British Council(ブリティッシュ・カウンシル)

1ヶ月の短期から学べるブリティッシュ・カウンシルは、シンガポールでの設立が1957年という老舗語学学校です。

シンガポール政府の教員訓練校としても知られており、シンガポール国内に4校あります。

住所 30 Napier Road

電話 6807 1599

ホームページ https://www.britishcouncil.sg/

アクセス MRTオーチャード駅からタクシーで約4分

Ascend Education Centre(アセンド・エデュケーション・センター)

欧州出身の教師が多いアセンド・エデュケーション・センターは、大人だけでなく日本人小中学生向けの英語コースも設けられています。

住所 19 Carpenter Street, #01-01

電話 6338 1378

ホームページ http://www.ascend.edu.sg/

アクセス MRTクラークキー駅から徒歩約1分

English Express(イングリッシュ・エクスプレス)

コースも様々ですが、1か月から2か月のコースがあるので短期習得も可能です。

住所 20 Kramat Lane, #05-05 United House

電話 6714 6723

ホームページ http://www.englishexpress.com.sg/

アクセス MRTドービーゴート駅から徒歩約6分

長期間(3ヶ月以上)

長期の語学留学におすすめの語学学校をご紹介します。

NYU Language School(NYUランゲッジスクール)

一般の英会話コースはもちろんですが、IELTSなどの受験コースも充実しているので、これから大学や大学院への進学を目指す場合におすすめです。

住所 #04-37 The Adelphi, 1 Coleman Street

電話 6338 3533

ホームページ http://www.nyu-online.com/

アクセス MRTシティホール駅から徒歩約4分

SSTC Institute(SSTCインスティテュート)

こちらの学校は、語学学校というよりは専門学校的位置づけになっていて、15歳以上の学生に専門プログラムも提供しています。

また、海外の大学との提携により、編入もできるシステムになっています。

住所 180 Kitchener Road #03-20 City Square Mall

電話 6235 5685

ホームページ http://www.sstc.edu.sg/

アクセス MRTラベンダー駅からタクシーで約7分

EF

1965年にスウェーデンで創業の語学旅行会社ですが、現在世界116か国に展開していて、シンガポールには語学学校があります。

住所 15 Carpenter St

電話 6834 4610

ホームページ http://www.efjapan.co.jp/ils/destinations/singapore/singapore/

アクセス MRTクラークキー駅から徒歩約1分

なお、シンガポールの語学学校に関しては「シンガポールの語学学校についての最新情報!」で詳しくお伝えしています。

Sponsored Link




シンガポールとマレーシアの語学留学比較

隣国のマレーシアとどちらが良いのか迷っている方もいるようですので、比較してみました。

まず最初に挙げられるのは費用の面ではないでしょうか。

費用面で言えば、マレーシアは物価が安いので語学留学の費用も安いです。

場合によってはシンガポールの半額ということもあります。

ただ、デメリットを挙げると、マレーシアの公用語はマレー語なので、英語が第二言語となり、国民もそれなりの語学力になります。

また、治安の面でシンガポールにはかないませんので、女性の夜の一人歩きなどは注意が必要になります。

シンガポールは国をあげての教育大国ですから、語学学校のレベルも高いということが言われています。

それぞれメリット・デメリットがありますので、やはり事前に各国の語学学校を見学してみることをおすすめします。

シンガポールへの語学留学について まとめ

少し前まではシンガポールの英語もシングリッシュでなまりが強いと言われていましたが、近年はこうしたなまりをなくし、美しい英語を話そうというキャンペーンを国が先頭に立って行ってきたこともあり、学校や公共の場での英語がだいぶ変わってきたと言われています。

シンガポールの語学学校はもともと英語圏から来た英語教師が開いたケースが多く、ネイティブ英語を学習することができますが、世界の多くの場所で第2言語として英語を学んだ人たちの英語が使用されているため、むしろ実践の場では世界各国のアクセントに対応していく必要が出てきます。

そうした意味でも、シンガポールへの語学留学はより実践的な英語を学ぶことができると言っても良いでしょう。

ぜひ生活に必須の言語を習得し、シンガポール生活をさらに実りあるものにしていただけたらと思います。

 

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

その他の記事

  • シンガポールのお土産:ブランド特集!

  • シンガポール動物園で買えるお土産特集!

  • シンガポールで買えるコスメのお土産最新情報!

  • シンガポールのタクシーは安くて便利でボッタクリの心配もない!

関連記事

  • シンガポール大学留学の魅力とオススメ3大学とは?

  • シンガポールの教育制度や費用に関する最新情報!

  • シンガポール経営大学(SMU)への留学体験記

  • シンガポールで留学するための最新情報