1. TOP
  2. シンガポール観光旅行
  3. シンガポールのコンセントはBF型(電圧や形状などもわかりやすく解説します!)
Sponsored Link

シンガポールのコンセントはBF型(電圧や形状などもわかりやすく解説します!)

シンガポールへ旅行や移住など渡航する際に、心配なのがコンセントの形状です。

国によってコンセントのタイプが異なりますが、シンガポールのコンセントタイプはBF型です。また日本の家電製品も多くが使用できますが、注意点もあります。

記事でわかりやすくお伝えします。

Sponsored Link




Sponsored Link

シンガポールのコンセントの種類

シンガポールのコンセントは、日本と違って三ツ口になっていて、上部が縦の1本、下部が横の2本となっています。

このタイプの形状はBFタイプと言われ、東南アジアでは隣国のマレーシアや香港でも一般的です。

イギリスもこのBFタイプが主流なことから、シンガポールはイギリスの植民地であった歴史が関係しています。

※日本はAタイプの形状です。

シンガポールのコンセントの電圧は230V・周波数は50ヘルツ

日本のコンセントは電圧が100Vで周波数が50/60ヘルツですが、シンガポールの場合電圧が230Vで周波数が50ヘルツのため、日本の家電製品でも240Vまで対応の製品であれば使用することができます。

家電のACアダプターなどに記載されている対応電圧が「100V-240V」となっていれば使用可能です。

また、そうしたことからも近年は変圧器を使用する機会もほぼなくなりつつあります。

それでも日本製のドライヤーやヘアアイロンなどはシンガポールで使用できないので、ホテルで変圧器をレンタルしてくれるようであれば借りる方が良いです。

ホテルのフロントで「May I borrow a power transformer? (変圧器を貸していただけますか?)」と尋ねれば理解してくれます。

なお、シンガポールでの変圧器使用に関しては「シンガポールで変圧器は必要?」で詳しくお伝えしています。

シンガポールのコンセントの使い方

使い方と言いましても、日本同様プラグを差すだけなのですが、時々シンガポールのコンセントにはスイッチがついていることがあります。

このスイッチで元になる電源が切れていることがあるため、プラグを差しても電気が通らないということがあります。

もしもコンセントにスイッチがついているタイプの場合は、スイッチがONになっているか確認してください。

また、シンガポールの家電の中でもまれにBFタイプではなく丸い二口のCタイプのプラグがついているものがあります。

この場合は、変換アダプターでも構いませんが、プラグキーと呼ばれるアダプターをコンセントの方に差し込んでから使用することができます。

このプラグキーはスーパーなどで購入できます。

シンガポールのコンセントアダプターを購入するには?

日本の家電製品を使用する場合、プラグの形状が異なるためアダプターが必要です。

シンガポール国内でも家電の店などで販売されていますが、海外旅行で他の国を訪れる際も使用できる旅行用のアダプターが日本でも販売されていますので、心配であれば先に日本で購入してしまった方が良いです。

近くのお店で見つけることができない場合、最近はAmazonや楽天などの通販でも購入可能です。

また、100均のダイソーでもBF専用アダプターが販売されています。(店舗によるので要確認)

Sponsored Link




シンガポールのホテルのコンセント事情

シンガポールの多くのホテルにユニバーサルコンセントと呼ばれるどんな形状にも合うソケットが備え付けられていますし、もしもBFタイプのみの場合でもホテルでアダプターをレンタルしてくれることもあります。

シンガポールの主なホテルのコンセント

シンガポールの主なホテルについてコンセントの形状を調べましたのでご紹介いたします。

マリーナ・ベイ・サンズでは各部屋にアダプターがついていますので、便利です。

オーチャードホテルの洗面台近辺に日本の二口タイプのコンセントがありますが、寝室のコンセントはBFタイプです。

カールトンホテルシンガポールは、BFタイプとユニバーサルタイプが備わっているため、日本の家電も使用できます。

コンコルドホテル・シンガポールでは、ユニバーサルタイプのコンセントになっています。

コンラッド・センテニアル・シンガポールでは、ユニバーサルタイプのコンセントがあります。

シャングリラホテル・シンガポールにはユニバーサルタイプのコンセントがあります。

ザ・ウエスティン・シンガポールには、ユニバーサルタイプのコンセントがあります。

クオリティホテル・マーロウでは、BFタイプのコンセントになります。

マリーナ・マンダリン・ホテルでは、ユニバーサルタイプのコンセントがあります。

ヨークホテルでは、ユニバーサルタイプのコンセントがあります。

ラッフルズホテルには、ユニバーサルタイプのコンセントがあります。

リッツカールトンホテルには、ユニバーサルタイプのコンセントがあります。

ヒルトン・シンガポールには、ユニバーサルタイプのコンセントがあります。

フェスティブホテルには、ユニバーサルタイプのコンセントがあります。

フォーシーズンズホテル・シンガポールには、ユニバーサルタイプのコンセントがあります。

ザ・フラトンホテル・シンガポールには、ユニバーサルタイプのコンセントがあります。

ホテルロイヤルには、ユニバーサルタイプのコンセントがあります。

シンガポールにはホリデイインがいくつかありますが、どのホテルにもユニバーサルタイプのコンセントがあります。

ラベンダーホテルには、ユニバーサルタイプのコンセントがあります。

ランデブー・ホテル・シンガポールには、ユニバーサルタイプのコンセントがあります。

スイソテル・ザ・スタンダードには、一部日本の家電向け二口タイプのコンセントがあり、アダプターも部屋に置かれています。

ハードロックホテルは、BFタイプの電源のみになります。

フェアモント・シンガポールには、ユニバーサルタイプのコンセントがあります。

フラマ・リバーフロントのコンセントはBFタイプのみです。

ザ・リージェント・シンガポールには、ユニバーサルタイプのコンセントがあります。

なお、シンガポールの電源に関しては「シンガポールの電源に関して」で詳しくお伝えしています。

まとめ:シンガポールのコンセントはBFタイプ

シンガポールのコンセントは日本とは異なります。

形だけでなく電圧は230Vで、周波数は50ヘルツです。

シンガポールは観光客に対応したユニバーサルタイプ(マルチタイプ)のコンセントが使用できる場所が増えていますので、それほど困ることはありません。

ただスマホの充電など生活に欠かせない機器もありますので、一つはアダプターを持参しておくと安心です。

それでは、シンガポールの滞在をお楽しみください!

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

その他の記事

  • シンガポールのお土産:ブランド特集!

  • シンガポール動物園で買えるお土産特集!

  • シンガポールで買えるコスメのお土産最新情報!

  • シンガポールのタクシーは安くて便利でボッタクリの心配もない!

関連記事

  • 元祖フィッシュヘッドカレーの店 ムトゥース カリー(Muthu’s Curry Restaurant)リトルインディア

  • 「1月年末年始」に計画するシンガポール観光旅行

  • シンガポールのF1GPを観に行く観光旅行ツアー

  • 闇夜のジャングルを体感できる夜の動物園 シンガポールのナイトサファリ(Night Safari) アッパーセレター貯水池

  • シンガポールの国花ランの研究開発を進める世界的中心地 ナショナルオーキッドガーデン(National Orchid Garden)ブキティマエリア

  • コンテンポラリーな外観 アマラ シンガポール(Amara Singapore) シェントンウェイ