ピックアップ
シンガポールで変圧器は必要?

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる月額制オンラインコミュニティの紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。

 

シンガポールで家電を使用する場合、心配なのがそのまま使用できるのかということです。

海外で日本製の家電を使用する場合、電圧が異なるため本来はそのまま使用すると故障してしまいますが、最近はグローバル対応の製品も増えていてあまり気にならなくなってきました。

それでもどの程度まで大丈夫なのかといった不安は残りますので、この記事でシンガポールで変圧器が必要なのかどうかについてご紹介していきます。

変圧器とは?

日本で家電に使用されている電圧は一般的に100Vですが、海外では200V以上の場合が多いです。

そのため、コンセントの形状をアダプターで変えたとしても電圧の違いで故障してしまうことになりかねません。

こうした家電製品と電源の電圧の違いを適応させるのが変圧器です。

最近は日本の家電製品でも海外で使用できるような100-240V対応が増えていますが、日本使用限定の家電製品の場合は海外で使用する際「ステップダウントランス」と呼ばれる変圧器が必要です。

さらに変圧器も消費電力に応じた容量により値段や大きさが異なります。

容量を超える家電製品をつなぐと変圧器も家電も壊れてしまうということになりかねませんので注意してください。

逆に容量に余裕がある変圧器であれば、すべての容量を合わせてもおさまるだけの複数の家電をつなぐことが可能です。

あらかじめ使用したい家電製品の消費電力の1.2倍程度はゆとりを持たせましょう。

 

消費電力別商品の例

10~50W 携帯電話、ノートパソコンなど

100~500W 扇風機、デスクトップPC、洗濯機など

800~1000W コーヒーメーカー、電気ポット、炊飯器など

1300W以上 トースター、掃除機、電子レンジ、ドライヤーなど

 

なお、シンガポールの電源、コンセントに関してはそれぞれ「シンガポールの電源に関して」、「シンガポールのコンセントは?形状や電圧など」で詳しくお伝えしています。

Sponsored Link

シンガポールで変圧器が必要なケース

日本製の家電でもACアダプターがついている場合などは大体「入力」または「input」とあるところに100V-240Vと記載されており、変圧器無しでそのまま使用できます。

特にスマホやiPhone、ノートパソコンなどはプラグの形状は違いますが、アダプターを使えばそのまま利用できます。

ただ、先述の消費電力が高いドライヤーや掃除機などは、本来変圧器をはさんでの使用は推奨できません。

消費電力が高い家電を変圧器を使用して使うとなると、変圧器自体が大変高額になるのと、必ずしも期待される動作が保証されるわけではないからです。

シンガポールへの旅行でドライヤーが必要な場合はホテルの備え付けまたはシンガポールの製品を購入してしまった方が安心です。

シンガポールのホテルの変圧器事情

ここまで読んでいただくと、ホテルでも変圧器を使用することは無いということはご理解いただけると思いますが、念のため主要なホテルで変圧器をレンタルしてくれるのかどうか調べてみましたので参考にしてください。

変圧器の貸出をしている主なホテル

オーチャードホテル

カールトン・シティ・ホテル・シンガポール

クオリティ・ホテル・マーロウ

コンコルド・ホテル・シンガポール 

フラートン・ホテル・シンガポール

マリーナ・ベイ・サンズ

マンダリン・オリエンタル・シンガポール

マンダリン・オーチャード・シンガポール

ザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポール

スイソテル・ザ・スタンフォード・シンガポール

フェアモント・シンガポール

フラマ・リバーフロント

リバービュー・ホテル・シンガポール

リージェント・シンガポール・フォーシーズンズ・ホテル

 

変圧器の貸出をしていない主なホテル

コンラッドセンテニアルシンガポール

ザ・シーケアホテル

ホテル・ロイヤル・アット・クイーンズ

ヨークホテル

変圧器を購入・レンタルする場合

もしもどうしても変圧器が欲しいという場合は、購入またはレンタルという方法がありますが、移住など長期間シンガポールに滞在するのであれば購入がおすすめです。

日本で変圧器を購入

海外で使用するタイプのダウントランス変圧器は消費電力の対応量によって価格や大きさが異なります。

旅行であればほとんどの家電を変圧器無しで使用できるので、あえて購入することもありませんが、移住する場合などは、消費電力が大きい家電も使用することがあるので、2000Wまで対応の変圧器が約3万円です。

Amazon、楽天などの通信販売でも購入可能です。

日本で変圧器をレンタル

1週間程度の旅行であれば、レンタルという方法もあります。

ダスキンやスーツケースのレンタルショップで取り扱いがあります。

ただし、こうした旅行用の変圧器は100W程度までしか使用できませんので、これがあっても100Wを超える家電をつなぐと故障します。

シンガポールで変圧器を購入

シンガポールの家電製品を扱う店などで販売されていますので、長期滞在や移住の場合は現地購入でも良いでしょう。

日本で買うよりかなり安く種類も豊富で、現地購入の方がおすすめですが、やはり慣れない土地で見つからないこともありますので、心配な方は日本で購入してきてしまう方が安心です。

シンガポールで変圧器は必要?まとめ

時代の流れによっても違ってきますが、最近はほとんどの家電がシンガポールでもそのまま使用できることがわかりました。

そのままと言ってもプラグの形状は違うので、アダプターは必要ですが、それさえあれば故障の心配はありません。

また、消費電力の高い製品は、変圧器があっても使用できないことがほとんどですので、シンガポールの製品を購入するのがおすすめです。

それでは、シンガポールの滞在をお楽しみください!

海外移住・長期滞在を叶える縛られない生き方に興味はありませんか。

当サイトでは、世界中どこでも長期滞在可能な仕事スキルを身につけられる「月額制オンラインコミュニティ」の紹介を始めました。

少人数制のため1ヶ月に3名限定募集でオンラインにて、世界のどこでも働けるイギリス在住の現役フリーランスが直接指導しています。1000名以上に指導してきたプロの力で早く確実に、縛られない生き方を実現したい!という方は、是非トップページをご覧下さい。