1. TOP
  2. シンガポールでコンドミニアムを借りる

シンガポールでコンドミニアムを借りる

シンガポールでコンドミニアムを借りるまでの流れについて

《まずはしっかりとしたエージェントを選ぶことが重要です》

シンガポールでコンドミニアムを探す際は借り手側に

エージェントを付けたほうがいろいろと便利であり安心です。

シンガポールでは不動産のエージェントを職業にされている方は

たくさんいますが、そのなかでも経験や実績をしっかり持っている

本当にプロフェッショナルな不動産エージェントはやはり限られます。

 

さらにシンガポールでコンドミニアムを借りる際は

法律や商習慣や言語の違いもありますのでベストなエージェントは

日本語でのやりとりが可能であり、オーナー側のエージェントとの交渉も

しっかり出来るように英語にも長けていることです。

そしてシンガポール内でのコンドミニアムの仲介の経験実績が十分で

契約前も契約後もしっかりとしたサポートをしてくれるエージェントとなります。

 

ここのエージェント選びに失敗してしまうと希望とは違うコンドミニアムを

紹介され続けてしまったり、相場よりも高い家賃のコンドミニアムに

住まなければならなくなったり、契約後のサポートが不十分なために

入居後のトラブルに悩まされることになります。

 

シンガポールでコンドミニアムを借りる際のエージェント選びの重要ポイント

1 日本語対応できる

シンガポールでは日本人の不動産エージェントに従事している方々が複数います。

また日本語をきちんと学んで日本語での会話が出来る外国人エージェントの方々も複数います。

日本人経営の不動産会社やビザの取得やシンガポールでの会社設立のコンサルティング企業などの場合では

ローカル(シンガポール現地)の不動産エージェントと連携して通訳サポートを

行う形でコンドミニアムなどの賃貸物件の仲介を行っている場合もあります。

いずれの形にしてもオーナーやオーナー側のエージェントの伝えていることを

物件を探している側にきちんと伝えてくれるエージェントを選ぶことがとても重要です。

 

2 オーナー側との交渉時に重要な英語のスキルも高い

コンドミニアムをはじめとする賃貸物件を探している際には必ずオーナー側との

交渉があります。例えばオーナー側で提示している家賃を下げてもらう交渉や

家具無しの物件に対して家具を付けてもらう交渉などです。

このような場合に借主側のエージェントの語学力が弱いと交渉がうまく進まない可能性があります。

そうならないためにもしっかりと交渉ができる語学力を身に付けていることが重要です。

 

3 希望予算をはじめとする要望に合った物件を提案してくれる

エージェントは契約成立時にオーナーから受け取る仲介料が報酬です。

そのためエージェントによっては借り主に少しでも高い物件を選んでもらって

仲介手数料を多く得られるようにする場合があります。

多いケースとしてはコンドミニアムを探している借り主が

例えば「家賃は5000から6000ぐらい」と伝えた場合に6000シンガポールドル前後の

賃貸物件ばかりを紹介するケースです。もちろん家賃が高くなればそのぶん

良い物件に巡り会えるわけですが、借り主のことをきちんと考えずに

少しでも多く仲介手数料を得ようという考えで賃貸物件をすすめるメージェントは

良いエージェントとは言えません。

常に借り主のことを考えてコンドミニアムを選んでくれるエージェントに依頼するように

することが重要です。

 

4 きちんと借主側に立って通訳や交渉をしてくれる

興味をもったコンドミニアムを見に行くことをシンガポールではビューイングといいます。

ビューイングの際はコンドミニアムのオーナーが立ち会うこともありますし

オーナー側のエージェントが立ち会うこともあります。

その際にコンドミニアムの部屋についてや周辺環境などについて説明を受けます。

その際にオーナー側のエージェントが何を伝えてくれているのかを

正しく通訳してくれないケースもあります。

また家賃の値下げ交渉などについても熱心に行ってくれない場合もあります。

そういうことがないように最初に会った時やお問い合わせをした段階で

借り主である自分側についてくれるエージェンがどういう人かを判断しなければいけません。

 

5 契約後もサポートしてくれる

ローカルのエージェントは基本的に契約後のサポートはしてくれません。

例えばガス・水道の開栓手続きやインターネットの契約手続きなどです。

シンガポールでの生活が長い方や語学に不安がない方などは

自ら各種サービスに対してコンタクトを取って手続きを進められますが

初めての入居の場合や語学に自身がない場合などはサポートを受けられると

心強いです。

日系の不動産会社は賃貸契約後のサポートをしてくれることを伝えているケースも

ありますが、どのようなサポートをしてもらえるのか事前に確認することが重要です。

 

《コンドミニアムのビューイング時のポイント》

エージェントにこちらの希望を伝えたらビューイング(内見)の予定を組んでもらいます。

ビューイングは現在空いているコンドミニアムから

まだ住んでいて近いうちに退去が決まっている状態で見せてもらうコンドミニアムなど様々です。

 

コンドミニアムの写真を撮る

ビューイングの際は必ずコンドミニアム内の写真を撮るようにします。

ユニット内のリビングや各お部屋やバス・トイレはもちろんのこと

コンドミニアム内のファシリティ(ジムやプールなど)の写真も撮ります。

複数物件ビューイングしていると各コンドミニアムの記憶が曖昧になって

しまいますので写真を撮っておいてあとから見たときに把握できるようにします。

 

電気や水廻りの確認をする

シンガポールのコンドミニアムは日本と比べるとやはり

電気や水廻りの品質が落ちます。

そのためしっかりと機能するかを確認します。

不具合があればその点を伝えて修理してもらうようにします。

コンドミニアムに入居した後でも通常は1ヶ月以内に不具合箇所を

伝えればオーナー負担で修理がされます。

 

周辺での工事の有無を確認する

見落としがちな点ですが騒音がないコンドミニアムかを

きちんと確認します。

シンガポールは開発が進んでいますのでいろいろなところで

施設やコンドミニアムの建設工事がされています。

コンドミニアムの近くで建設工事がされているとやはり日中は

騒がしく感じるので確認をします。

日曜日や夜などは工事が休みもしくはされていないので

ビューイングが日曜日の際は見落としがちになりますから注意が必要です。

 

シンガポールのコンドミニアムの相場を理解する

シンガポールのコンドミニアムの家賃は高いです。

しかしコンドミニアムの多くは個人のオーナーが所有しているので

家賃を高めに設定しているオーナーもいます。

同じコンドミニアム内で同じ間取りや広さでも家賃は異なりますので

立地やファシリティなどで気に入ったコンドミニアムがあった場合は

そのコンドミニアム内で募集されている他のユニットもビューイングできるように

エージェントにお願いするといいです。

 

《どのコンドミニアムを借りるか決まったら》

シンガポールではコンドミニアムが決定したら仮契約を結びます。

仮契約のことをレターオブインテントと言います。

仮契約は家賃1ヶ月分が通常です。

こちらを支払うことで他の方々への紹介が行われなくなります。

仮契約後にもし何かしらの事情で住むことをキャンセルしたい場合は

仮契約時に支払った1ヶ月の家賃を放棄すれば仮契約は解除となります。

 

仮契約時に1ヶ月以内を前提として入居日を決めます。

オーナー側はそれまでに交渉時に決めた各手続きを行います。

例えば壁の塗り替えや家具などの用意です。

 

シンガポールのコンドミニアムは家具付きで借りる場合と

家具なしで借りる場合と主要家電のみが揃っている場合と3つのパターンがあります。

呼び方は下記になります。

家電家具付き フリーファーニッシュ(Fully furnished)

家電付き パーシャリーファーニッシュ (Partially furnished)

家具家電なし アンファーニッシュ(Unfurnished)

 

コンドミニアムの契約期間は通常2年です。

シンガポールのコンドミニアムの契約期間は通常2年です。

交渉次第では1年契約も可能ですがこちらはオーナーの意向によります。

2年契約であれば家賃やそのほかについての交渉が行いやすいです。

2年契約満了前の解約は海外転勤が発生したなどの

明確な理由が無いと解約することが難しいのがシンガポールの賃貸契約事情です。

 

《コンドミニアム入居後の手続き》

サポートをしっかりと行ってくれるエージェントと契約をしていれば

電気・ガス・水道の立会い手続きのフォローをしてくれます。

水道やガスは開栓時に立会いが必要です。

時間にして数分で終わります。

 

インターネットに関してはシングテルやスターハブといった

インターネットの回線業者と契約をして進めていきます。

この部分に関しては語学に不安がない方であれば御自身で最寄りの

窓口に行き手続きが行えます。

語学に不安がある場合はエージェントにサポートをお願いします。

この点に関してはローカルのエージェントは対応してくれないことが多く

日系のエージェントでも費用が発生するしないなど対応は様々です。

 

《シンガポールのコンドミニアムのセキュリティ手続き》

シンガポールのコンドミニアムの多くはセキュリティーが設置されています。

居住者専用のセキュリティカードがないと入れないコンドミニアムも多くあります。

その場合はセキュリティカードをマネジメント(事務所)で手続きをして

作成してもらいます。

 

《引っ越し荷物について》

はじめて日本からシンガポールに移住する場合は日本から荷物を

コンドミニアムに送る形になります。

海外引っ越しを請け負っている業者にお願いすることもできます。

あるいは日本郵便の国際発送を使って引っ越しをするケースもあります。

日本郵便の国際発送は段ボールの大きさが決められていて重量は1箱あたり30キロまでです。

時期によって異なりますが、SAL便で発送するとおおよそ1週間ほどで到着します。

EMS便で発送すると3〜4日ほどで到着します。

日本で海外引越しを依頼する場合は船便のみしか対応していない場合もあり

その場合は荷物が到着するまでに1ヶ月以上かかることもあります。

EMS便とSAL便ではSAL便のほうが料金が安いです。どちらも追跡番号付きになります。

国際発送はやはり荷物の扱いが日本国内の配達と比べるとどうしても

手荒いので割れ物をはじめとしてしっかりと梱包して発送することが大事です。

 

《入居が決まったら行っておきたいこと》

シンガポールのコンドミニアムに入居したら最初に行っておきたいこととして

リビングやダイニングやすべての部屋の写真を撮ることです。

色々なところを確認して傷などがあれば写真を撮り保存しておきます。

そうすることで退去時に傷の修繕を求められても入居前からあった傷であることが主張できます。

また多くの場合、入居1ヶ月間は故障などがあった際にオーナー側の負担で

修理を受けることが出来ます。電気回り水回りを始めとして色々なところを確認し不具合があれば

連絡をするようにします。

 

シンガポールでコンドミニアムを賃貸する際の情報は

シンガポール コンドミニアム」にもまとめています。

ぜひ確認してください。

 

 

 

当サイト「シンガポール移住生活&ビジネス SLB」では

シンガポールでのコンドミニアムをお探しの個人様や企業様に安心して

サポートしてもらえる不動産エージェントを無料にて紹介しております。

ご興味をお持ちの際は下記よりお問い合わせくださいませ。

 

お問い合わせフォーム

 

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • マレーシア・ペナン島のおすすめ観光・生活情報

  • シングリッシュとは?特徴・歴史・発音・一覧全てをお伝えいたします!

  • singainfo.comでは企業・お店・イベントの宣伝・紹介を無料にて受け付けております!

  • シンガポールと日本人の深い関係

関連記事

  • シンガポールのコンビニ最新情報!

  • 税金で見た「シンガポール移住」のメリット

  • シンガポールのスマホ・携帯電話事情最新版!

  • シンガポールの気候や気温の特徴は?年間通して暑い?

  • シンガポールの就労ビザと「扶養家族滞在許可証の申請手続き」

  • シンガポールのタクシー事情