1. TOP
  2. シンガポールのお金に関する情報

シンガポールのお金に関する情報

お金と言っても通貨から税金まで、シンガポールのお金にまつわる情報はたくさんあります。

シンガポールは世界各国からお金持ちが集まる国としても知られていて、世界中の通貨が集まっているとも言えます。

今回の記事では観光から移住まで、シンガポールのお金に関する情報をお伝えいたします。

シンガポールの通貨(紙幣・硬貨)の種類

日本では2千円札を除いてほぼすべての種類の紙幣や硬貨が市場に出回っていますが、シンガポールの場合あまり出回っていない種類もあり、使いにくいものは両替の際に別のものに変えてもらった方が良いこともあります。

特に高額紙幣は小さなお店では嫌がられることもあるので気をつけましょう。

シンガポールの紙幣

シンガポールドルで2ドル、5ドル、10ドル、50ドル、100ドル、1000ドル、1万ドルの紙幣がありますが、世界最高額の紙幣と言われる1万ドル札は市場にあまり出回っていません。

1999年にはじめて発行された4世代目の紙幣が現在も使用されていて、表はすべて初代大統領のユソフ・ビン・イサークの肖像画になっています。

裏は、それぞれテーマに沿ったデザインになっていて、2ドルが教育、5ドルがガーデンシティ、10ドルがスポーツ、50ドルが芸術、100ドルが青年、1000ドルが政府、1万ドルが経済です。

シンガポールの硬貨

シンガポールセントで、1セント、5セント、10セント、20セント、50セントのほか、硬貨の1ドルがあります。

現在1セントは回収が進んでいるため、ほぼ流通していません。

硬貨の表面に描かれているデザインは、5セントがエスプラネード、10セントが公団住宅、20セントがチャンギ国際空港、50セントがシンガポール港、1ドルがマーライオンです。

シンガポールドルの為替レート

レートは日々変化していますので、その時によって異なりますが、シンガポールドルのレートはここ20年間で大体60円から90円を行き来しています。

シンガポールの現在の為替レート

 

シンガポールでの両替

シンガポールへの初めての旅行という場合は特に、両替をどこでしようか迷う方もいるでしょう。

ここではいくつかの方法についてご紹介しますので、状況に合わせて活用してください。

シンガポールへ出発前に日本の空港で両替

日本の空港でも世界各国の通貨へ両替できますが、シンガポールドルは日本の空港で両替するとレートが大変悪いです。

シンガポールの空港で両替

シンガポールは他の国に比べても空港での両替レートが良いので、わざわざ街中の不便な場所に両替に行くメリットは感じられないことが多いです。

両替所は入国審査の後目の前にいくつも銀行の両替ブースが並んでいますので、あまり大差は無いものの、少しでもレートの良い場所を選んで両替しましょう。

シンガポールの両替商で両替

シンガポールの街中には両替専門の両替商があります。

特にレートが良いと言われている場所には、連日行列ができていますが、空港と大差ないのでわざわざ出かける交通費などを考えるとそれほど良いわけではありません。

ちょうどこうした両替商の近くにいくことがあれば、利用しても良いのではないでしょうか。

レートが良いと言われているのは、チャイナタウンのピープルズパーク内にある両替所やリトルインディアのムスタファ・センターにある両替所です。

シンガポールのATM利用

両替という形ではありませんが、シンガポールのATMでクレジットカードを使ってキャッシングをすると、シンガポールドルで受け取ることができ、結果として両替とほとんどかわらないレートになると言われています。

手持ちの現金がなくなってしまい、すぐに欲しいというときは大変便利な存在です。

ただ、クレジットカードを持っているだけでは現地で利用できないことがあるので事前に確認が必要です。

海外キャッシングに対応したカードであるか、またキャッシング枠の金額がどうなっているかなど確認しておきましょう。

なお、シンガポールの通貨や為替に関しては「シンガポールの為替通貨はこうなっている」で詳しくお伝えしています。

シンガポールでのクレジットカード利用

シンガポールは日本よりもクレジットカード利用が進んでいる国と言えます。

ホーカーズや一部のタクシーなどを除いて、ほとんどのお店でクレジット決済が可能です。

ただし、日本ではお店のスタッフにカードを渡すと決済を行ってくれますが、シンガポールでは使用に際して自己責任が重んじられているため、スタッフにカードを渡すということはしません。

たとえスタッフであっても、スキミングや不正請求など日本ではあまりお目にかからないような問題も無いとは言えないのが現状です。

大金を持ち歩くのと同様に、肌身離さず持ち歩く、そして人には渡さないということに注意して使用しましょう。

また、クレジットカードを使用した際は、必ず控えをもらうようにしましょう。

なお、シンガポールのクレジットカードに関しては「シンガポールのクレジットカード事情と比較やおすすめなどについて」で詳しくお伝えしています。

シンガポールの銀行

シンガポールはローカルの銀行以外にも多くの外資系銀行が進出していて、選択肢も幅広いです。

観光の場合は口座を開設することはありませんが、両替を銀行でと考える方もいるかもしれません。

しかし、シンガポールでの両替に銀行はおすすめできません。

レートが悪いのに加え、順番待ちもあるからです。

また、たびたびシンガポールを訪れるので口座を開設したいという方もいますが、口座を所有しているだけで手数料が発生する銀行が多いので、移住するのでなければ利用価値が高いとは言えません。

ただ、シンガポールの銀行は総じて世界から高い評価を受けていますので、移住する場合にはしっかり自分に合った銀行で口座を開設しましょう。

なお、シンガポールの銀行に関しては「シンガポールの銀行利用に関して」で詳しくお伝えしています。

シンガポールへのお金の持ち込み、持ち出し

シンガポールへ入る際も出る際も現金など所持に制限がかけられているので、ちょっとした観光旅行の場合は問題ないと思いますが、長期滞在や移住の場合は注意してください。

シンガポールへお金を持ち込む場合

シンガポールでは、出入国の際に合計3万シンガポールドルの現金またはトラベラーズチェックや小切手などを持っている場合、申告を行うことが義務付けられています。

違反すると5万シンガポールドル以下の罰金、または3年以下の禁固刑、あるいは両方ということもありますので、しっかり申告してください。

シンガポールから日本へお金を持ち出す場合

日本へ帰国する際、通貨の種類にかかわらず100万円相当以上の現金またはトラベラーズチェックや小切手などをを持ち込む場合は、申告が必要です。

違反すると500万円以下の罰金、または5年以下の懲役、あるいは両方ということもあります。

シンガポール旅行ではお金はいくら必要?

航空券は日数にかかわらず必要なので、どうしても滞在日数が少ないと割高になってしまいますが、それでもシンガポールは同じアジアの国ということもあり、比較的安く行くことができます。

LCCの最安値は大体3万円台から、エコノミーのピークシーズンで10万円程度になります。

このほか、ホテルは5つ星で2万円から6万円程度、3つ星で1万円前後、ドミトリーで3000円ほどとなります。

食事に関してもバリエーション豊富で、高級レストランならディナー1食1万円ほどという場所もありますし、ホーカーズなら500円程度です。

国内での移動は、タクシーが初乗り3ドル台、MRTやバスが1ドル台となっています。

クレジットカードが多くの場所で使えるので、航空チケット代やホテル代、観光地の入場料などを差し引いて、1日に観光に出歩く際に所持する現金は、シンガポールドルでおおよそ50ドルあれば十分なのではないでしょうか。

なお、シンガポール旅行の予算に関しては「シンガポール旅行の予算や費用について」にて詳しくお伝えしています。

シンガポールの物価については「シンガポールの物価について 移住時の生活費や観光旅行の際の滞在費」にて詳しくお伝えしています。

シンガポールの税金

観光客がシンガポールへの旅行で関係する税金は、主に物品サービス税(GST)と関税です。

シンガポールの物品サービス税(GST)

GSTは、観光客の場合合計600シンガポールドル相当までのものであれば、免税で持ち込むことができます。

また、旅行者の場合、帰国時にはシンガポール国内で購入した商品のGST払い戻し請求が可能です。

シンガポールへの旅行者向け関税

酒類の関税は、組み合わせがいくつか決まっていますが、合計3リットルまで免税で持ち込むことができます。

タバコはすべて課税されるため、必ず1本につき約39セントの税金を支払わなければなりません。

なお、シンガポールの免税に関しては「シンガポールの免税について」で詳しくお伝えしています。

シンガポールのお金に関する情報 まとめ

国が変われば文化も変わりますし、お金に対する考え方も異なります。

シンガポールの場合は中国系の人口が多いことからも、お金に関する話題を避けずにストレートに話すのが特徴です。

少し親しくなると「それいくら?」と言った話題はしょっちゅうです。

それだけお金にシビアということもありますし、経済観念がしっかりしているということも言えるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール担当

シンガポール担当

その他の記事  記事一覧

  • シンガポールの場所に関する情報の全て!

  • シンガポールのお金に関する情報

  • シンガポール旅行の予算や費用について

  • シンガポールでの食事について

関連記事

  • 豆乳スイーツチェーン ミスター ビーン(Mr.Bean)オーチャードロード他

  • シンガポール最高峰ブキティマヒル(Bukit Timah Hill)ブキティマエリア

  • 日本-シンガポール フライト路線の情報

  • オーチャード ゲートウェイ(orchardgateway @ emerald)オーチャードロード

  • 元祖フィッシュヘッドカレーの店 ムトゥース カリー(Muthu’s Curry Restaurant)リトルインディア

  • 中華レストランの中国茶 ハイティーシー チュアン ドウ フア(四川豆花飯店)マリーナベイエリア