1. TOP
  2. シンガポールでビザを取得して移住生活するメリットとは?

シンガポールでビザを取得して移住生活するメリットとは?

Contents

シンガポールでビザを取得し移住するメリットと方法

シンガポールのビザを取得したいという方やシンガポールに移住したいという方は日本はもちろんのこと世界的に見ても年々増加し続けています。

事実シンガポールの人口で見ても1980年頃は240万人ほどでしたが現在では500万人を上回っています。

もちろんこれはシンガポール政府の外国人を受け入れるためにビザの発給を積極的に行ったからという部分が大きいわけですが、それとともにシンガポールという国自体に魅力を感じた方たちが世界中から移民してきたから人口が増加したというのがあります。

シンガポールに移住する方法には何があるでしょうか?

長期的に見た資産保護、節税などの観点から、

シンガポールに永住することを計画する日本人は年々増加しています。

シンガポールに移住するためには、どのような方法を取ることができるのか

具体的に見ていきましょう。

シンガポールで永住権を取得する

シンガポールに永住権を初めから取得することで、移住する方法です。

シンガポールでは「グローバルインベストメントプログラム」という

ある程度資産を保有している外国人向けの移住制度が実施されています。

この制度は、直近3年間において年商50万シンガポールドル以上の

企業を経営している企業家を対象としています。

シンガポールで就労ビザを取得して移住する

シンガポールでまず就労ビザを取得して、

その後に永住権を申請することもできます。

シンガポールで就労ビザを取得するためには、

日本で行っている事業をシンガポールに移転させる

もしくは日本で行っている事業の一部をシンガポールに移転させて、

シンガポールに新しい法人を設立し、

その新しい法人で就労するということでシンガポール人事省で

所定の手続きを行うことができます。

シンガポールにおいて就労ビザが発給されるためには、

月に4,500シンガポールドル以上の月給の保証と、

シンガポールが定める大学以上の学歴などの条件を満たす必要があります。

就労ビザを取得して、何度か更新を重ねることで、

シンガポール永住権を申請し、取得することが容易になります。

シンガポールに住居を購入して移住する

シンガポールでは「コンドミニアム」と呼ばれる民間の住宅は、

外国人や外国企業でも購入して保有することが可能です。

この「コンドミニアム」を購入することで、

シンガポールに長期滞在のビザを取得して移住することもできます。

長期滞在ビザはシンガポール移民局で申請することができ、

「45歳以上である」「シンガポールにおいて規定以上の月収もしくは預金がある」

「50万シンガポールドル以上の不動産をシンガポールに所有する」

「健康である」「シンガポールの医療保険に加入する」

などの条件を満たす場合は、5年間の長期滞在許可がおります。

シンガポールで起業して移住する

日本で事業を展開していない場合でも、

シンガポールで新たに起業する予定がある方は、

シンガポールで「アントレパス」と呼ばれる起業専門のビザを

シンガポール人事省で取得して、移住することができます。

「アントレパス」を取得するためには、

シンガポールの銀行に法人口座を開き、

50,000シンガポールドル以上の資本金を入金し、

申請後6カ月以内に

最低でもシンガポール居住者を1人以上雇用する企業を

設立する必要があります。

シンガポールでビザを取得して移住することのメリットとは?

実際にシンガポールのビザを取得して移住することで得られるメリットは数限りなくあります。

 

シンガポール移住メリット 個人

語学を身につけることが出来る。

シンガポールでは多言語が使われています。

公用語は英語・マレー語・華語(標準中国語)・タミル語です。

英語はシングリッシュと言われるようなシンガポール独自の発音や文法があったりしますが、政府をあげて「正しい英語を使おう」というキャンペーンも行われていますし、教育の場では確かな英語を身に付けられるように環境が整っています。

世界において日本語と英語と中国語を身に付けているとグローバルな展開がとても行い易くなりますが、その観点からもシンガポールでの移住生活は大きなメリットをもたらしてくれます。これは大人でもお子さんでも共通です。

 

シンガポールは子どもに高い水準の教育を受けさせることが出来る。

シンガポールの教育水準は世界屈指です。ローカル・インター・日本人学校と全て揃っていますし、国全体が教育に対して高い意識を持っていますのでとても優れた環境となります。

毎年親御さんの「教育水準の高いシンガポールで教育を受けさせたい、受けてもらいたい」という希望からビザを取得しシンガポールへの移住をされる御家族もいらっしゃいます。

 

シンガポールは世界的にも長寿国である。環境面の影響が多分にある。

シンガポールは日本と肩を並べる長寿国です。

世界一の長寿国は日本ですがほぼ変わらない僅差で2位や3位に入るのがシンガポールです。

医療技術が発達していることもそうですが、気候面においても年間を通じて温暖かつ適度な湿度なので体への負担が少ないというのがあります。

なおシンガポールの病院と医療に関してはシンガポールの病院と医療に関してにまとめてありますのでぜひ、確認してみてください。

 

シンガポールは熱帯雨林気候で1年中気温が高く乾燥していない

シンガポールは熱帯雨林気候です。そのため年間を通じて平均気温が30度前後です。ただし日本のような湿度では無いので日本の夏のほうが暑いです。

そして年間を通じて適度に湿度を保っているので風邪をひくなどの体調不良も起こりにくいと言えます。ただしオフィス内などは冷房を強めに設定されていることが多いので室内で働かれる際には羽織るものが必要です。

 

シンガポールは税金が安い

シンガポールはタックスヘイブンであると言われることがありますが実際に日本や欧米と比較すると税金は安いです。

日本と同じ累進課税制度を採用しています。

所得税の最高税率が20%で日本の半分です。

その他住民税がありません。

贈与税や相続税もありません。

また金融商品(株やFXなど)や不動産に対するキャピタルゲインへ(値上がり益)の課税もありません。

 

シンガポールの税金における移住メリットは「税金で見た「シンガポール移住」のメリット」にまとめてあります。

またシンガポールの個人所得税については「シンガポールの税金 個人所得税」にまとめてあります。

 

シンガポールは治安が良い

シンガポールは日本以上に治安が良いと言えます。

刑罰が厳罰であるという点など理由は色々とありますがどのような場所でも危険を感じるようなことはありません。

 

シンガポールは金融商品が充実している

シンガポールは金融立国でもあるので日本では手に入らない金融商品があったり手数料が低い商品が数多くあります。

シンガポールへの移住メリットとして大きな恩恵を受けている方々も実際に多くいます。

 

シンガポールは生活インフラが充実している

シンガポールではインターネットのWifi環境がとても優れており多くの場所で無線LANの使用が出来ます。

またインターネット回線のスピードも高速回線に対応しておりビジネスなどで大きなの容量を使うようなケースでもインターネットの使用において不満を感じることはありません。

 

シンガポールは陸空ともに交通の便が良い

シンガポールは国土面積が東京の23区とほぼ同じです。

そのためどこに行くにしても簡単にアクセスが出来ます。

またMRTという地下鉄がシンガポール全土でつながっており新しい駅も常に開発されています。運賃も日本よりかなり安くなっています。

 

タクシーは日本と比べてはるかに安く遠回りをわざとされたり正規料金以上を請求されるようなこともありません。

またUBER(ウーバー)などの民間ドライバーのサービスも充実しているのでそれらを活用することですぐに配車されます。

 

空港に関しても近いですし便数も多いので日本を始めとする各国へのアクセスも負担が少ないです。

日本の航空会社のANA・JALも直行便が出ていますし世界ナンバーワンと言われているシンガポール航空がありますので海外のどこに向かうにしても快適に目的地に到着できます。

 

シンガポールは優しい人が多い

シンガポールに住んでいる方たちは総じて親切で優しいです。

困ったことがあればやさしく手を差し伸べてくれる文化があります。

また英語が苦手であってもゆっくりと話しをしてくれたり相手のことを一生懸命に理解しようとしてくれます。

 

シンガポール移住メリット 法人

シンガポールは税金が安い

シンガポールは個人に対する税金も安いですが法人に対する課税率も低いです。

最大17%で実効税率は更に下がります。

 

シンガポールは会社設立などオンラインで完結するものが多い

シンガポールはITを活用した合理化が進んでいます。

そのため会社設立に関しても直接お役所に足を運ぶ必要もありません。

税務調査なども基本的にオンラインでのやりとりのみとなります。

 

シンガポールは新規進出企業に対しての税制優遇制度がある

シンガポールでは新規企業に対して時限優遇税制があります。

設立から3年間は法人課税所得のうち、最初の10万シンガポールドルの全額次の20万Sドルの50%が免税となっています。

そのためシンガポールへ移住してビジネスを行う際には大きなメリットとなります。

 

シンガポールで就労ビザを取得する方法

駐在や転勤、シンガポールでの現地採用・就職の場合の就労ビザ取得

移住における様々なメリットのあるシンガポールで就労ビザを取得する方法についてです。

現在お勤めをされていて日本からの転勤の場合は在籍している会社からのサポートを受けながらシンガポールの就労ビザを受け取ります。

通常ビザの有効期間は2年です。御家族がいる場合はディペンデントビザ(DP)を発給してもらいます。

シンガポールで就職をするために観光ビザで渡航した場合は内定後に就職先の企業に就労ビザの申請をしてもらいます。

 

シンガポールでビジネスを行うために会社を設立して就労ビザを取得

お勤めではなく御自身でビジネスをシンガポールに進出して行う場合はシンガポールに会社を設立し、会社から自身に対してシンガポールでの就労ビザを出す形で申請をします。

シンガポールで会社を設立するのは資本金が1ドルでも可能ですがビザを会社から出せるようにするためには10万シンガポールドルが資本金としての一つの目安になります。

資本金の金額は常に流動的ですが自身で会社を設立して就労ビザを取得する場合は10万シンガポールドルを目安にシンガポールへの移住計画を進めていきます。

 

シンガポールのビザ(EP・エンプロイメントパス)を取得するにあたって基本的には郵送とオンラインでの申請で完結します。

提出書類として「職務経歴書」と「学校卒業証明書(大学卒業が望ましい)」

すでに日本で自身のビジネスを行っている場合は「登記簿や個人事業主開業届のコピー」となります。

これらと事業計画書を作成して申請をします。

申請時に月額のお給料を記載しますが8千シンガポールドル以上で申請します。

申請から結果が出るまで1週間ほどです。申請が却下された場合は再アピールと言って再度提出内容を変更したり資本金の増額や月額のお給料を増やす形で再度申請をします。

一般的に駐在や転勤でない場合は上記の形で就労ビザの取得をします。

 

その他のシンガポールのビザの種類や取得方法はこちらになります。

シンガポールの永住権PR

PR(永住権)こちらの取得方法は下記の2つになります。

1. シンガポール人かPRを親族(配偶者・子供・親)に持つ
2. シンガポールでEPを所持し、居住年数やビジネスのキャリア・実績を積む

1に関して現実的に考えられるのは国際結婚です。シンガポール人かシンガポールでPRを持っている方と結婚した後に申請をします。

シンガポール人かPR取得者と結婚しても過去のビジネスでの実績が(得ていたお給料など)がアピール材料として弱かったり大卒でない場合は却下されることがあります。

 

2に関しては就労ビザであるEP取得後に実績を積んでPRの申請をします。

実績の目安ですが5年以上のシンガポール居住はひとつの目安となります。

5年以上の居住でもPR(シンガポール永住権)の取得ができないケースも多く10年以上の居住で認められるケースがあります。またシンガポールの永住権を取得するには年齢の影響も大きくあります。やはり45歳以上となってきますとPR(シンガポール永住権)の取得が困難となります。

ビジネスのキャリアについてはお給料の部分が大きいです。月額8000Sドルないしは1万Sドル以上を得ている状況が判断基準となります。

また学歴の観点でも大卒以上であるかどうかも審査時のアピール対象になっています。

シンガポールの永住権であるPRが取得できるかどうかはシンガポール政府から見て自国に居住してもらうことでメリットが有るかどうかの判断となります。

そのため受け取っているお給料や納税額、年齢、学歴は判断材料として重要視されています。

そして確実に長く滞在してもらえるかどうかも判断材料として重要視されています。

独身よりも家族で移住している人のほうが、長く移住すると判断されますしPR申請前のシンガポールでの居住年数が長ければこれからも住み続ける可能性が高いと判断されます。

なお語学力に関してですが現状シンガポールでは永住権のPRもEPなどの就労ビザも口頭でのヒヤリングや筆記テストのようなものはありませんので、この点に関しては取得に影響を与えません。

 

なお永住権であるPRを取得しても5年毎に再入国許可証であるREPの更新が必要です。

REP(再入国許可証)を更新することで海外への渡航並びにシンガポールへの入国が可能となります。REPの申請はオンラインで行われ問題が無ければその場で承認されます。基本的には下記において承認がされます。

・国際結婚でPRを取得した場合は離婚していないこと

・シンガポールに納税をしていること

・5年毎に期限が来たら出国前にきちんとREPの申請をしていること

万が一更新期限が切れた状態で出国をしてしまうとシンガポールに戻った際に永住権であるPRの失効となり入国時に様々手続きを求められます。

REP(再入国許可証)の更新手続き期限を過ぎてしまっていてもシンガポール外に出国していなければICA(シンガポール移民局)にコンタクトを取り手続きをすれば更新が可能です。

 

シンガポール移住におけるEPなどの就労ビザのメリット

シンガポールの就労ビザであるエンプロイメントパスのメリットは長期滞在が可能であることです。通常2年の滞在が可能でその期間中は国籍国(日本)とシンガポールの行き来を自由に行えます。

会社の設立が可能です。(秘書役は別途必要です)

また銀行口座の開設やインターネット回線など生活インフラの各種契約を行うことが出来ます。

クレジットカードの作成も可能です。就労ビザであるEP(エンプロイメントパス)はパスポートと並ぶ身分証明書になりますので紛失に気をつけて常に携行することが望ましいです。

 

シンガポール移住におけるPR(永住権)のメリット

転職がスムーズに行えます。

就労ビザであるEP(エンプロイメントパス)の場合は転職活動自体は自由に行えますが採用後に勤務先にビザの発行手続きを行ってもらう必要があります。まれに採用が決まってもお給料の金額設定などでビザが取得できない場合がありますが永住権であるPRであればそのような心配がありません。

 

CPFに加入できます。

CPFとはシンガポールの年金制度です。給与の20%が天引きされ雇用主側も16%を負担します。毎月給与の36%を強制的に貯蓄していくことで将来の生活費を確保しています。

またCPFに加入することでHDB(シンガポールの公団住宅)の費用や医療費に充当することも出来ます。

 

所得税の減税

CPFは課税所得からの控除の対象になるので就労ビザで働いている外国人よりも所得税の支払が少なくなります。

 

HDB(公団)の購入が可能(中古に限ります)

シンガポールではシンガポール国民のみが新築HDBの購入ができます。

PR取得者は中古のHDBの購入が可能です。なお購入権利は夫婦でお互いがPRを取得していることが条件となります。

外国人の場合は就労ビザを取得していてもHDB(公団)の購入が新築中古問わずできません。

 

医療負担が外国人よりも少ない

PRを取得すると就労ビザ取得の外国人よりも医療負担が少なくなります。

 

その他にもシンガポールへの移住におけるメリットは就労ビザ(EP・DP)・永住権(PR)ともにたくさんありますのでぜひシンガポールでの生活の素晴らしさを体験して頂きたいと思います。

 

シンガポールでのビザ取得や更新に関してシンガポールのビザ取得と更新について

より詳しい情報をお伝えしています。

シンガポールに移住する前に知っておきたい「社会保障制度」

シンガポールに移住を計画するなら、

シンガポールの「社会保障制度」についてはぜひ知っておくべきでしょう。

シンガポールには、日本の年金に当たる「CPF」と呼ばれる制度と、

医療保険制度、雇用保険制度などがあります。

それぞれについて見ていきましょう。

シンガポール国営年金制度(CPF)

シンガポール国籍を有する者もしくはシンガポール永住者は

シンガポール国営年金制度(CPF)に加入しなくてはなりません。

シンガポール国営年金制度は、

雇用者と被雇用者が給与の一定額を強制的に積み立てる制度です。

永住権を取得するなどして、シンガポールに移住する場合も、

このシンガポール国営年金制度に加入します。

全雇用者が対象となっている年金制度ですので、

シンガポールの約540万人の人口に対して、

シンガポール国営年金制度加入者は2012年現在で341万人と

言われています。

シンガポールの医療保険制度

シンガポールでは、日本の国民医療保険に当たる制度はありません。

ですから、けがや病気になった場合は、

自身のシンガポール国営年金制度の積み立て金を崩して、

医療費に充当させることができます

ですが、その分、積立金が減ってしまいますので、

多くのシンガポール人は、任意の医療保険に加入しています。

シンガポールに移住を計画する人も、

シンガポールでは任意の医療保険に入る必要が生じます。

この任意の医療保険には、シンガポール政府が行う医療保険と

民間の医療保険の2種類があります。

シンガポール国営年金制度の積立金の引き出し

シンガポール国営年金制度の積立金は、

積み立てを行っている者が55歳を超えた場合は、引き出すことができます。

また、シンガポールに永住権を持つ者が

シンガポール国営年金制度に積み立てていた場合、

シンガポールから本国へ永久的に帰国することが決まったときにも

シンガポール国営年金制度の積立金を引き出すことができます。

そして、身体的あるいは精神的に障害を発生し、

永久的に就業は無理だと判断された場合にも、

シンガポール国営年金制度の積立金を引き出すことができます。

それ以外にも、シンガポール国営年金制度の積立金を利用して、

シンガポールに居住用の不動産を購入することも可能です。

シンガポールへ移住する前に行う主なこと

住まいの整理

日本で住んでいたところの整理です。

色々と家財(家具・洋服・家電製品など)がある場合は一括処分するのが早いですが、テレビなどの家電製品をはじめとしてオークションに出品すれば全体的には大きな金額になります。

今はオークションに出品する手間もすごく簡単になりましたので不要品整理にオークションを利用されるといいです。

なおオークションに出しても値段の付かない不要品などは不要品回収業者に依頼をします。 

 

医療と健康

シンガポールに移住するにあたってやはり健康状態はチェックしておきたいものです。

日本人向けの病院はシンガポールに多数ありますが、医療費等を考えてもやはり出来る限り病院を利用せずに済ませたいものです。

そのため事前に日本の病院の人間ドックにかかり病気が無いかのチェックや歯科に行って虫歯が無いかの確認を行うとよいです。

これらをきちんとチェックし問題があれば治療を受けてからシンガポールに移住すると安心です。

 

非居住者手続き

住んでいる自治体によって多少異なると思いますが転出届を提出することで非居住者となります。ただ納税に関しては届け出を出したかどうではなく実態での判断になります。よく言われるのが滞在日数です。

一般的に半分以上住んでいるかどうかが判断となると言われていますが国税庁のホームページにも記載があるように海外に183日以上滞在していても日本への納税を求められることがあります。

国税庁 非居住者・居住者の判定について

 

クレジットカード

クレジットカードは移住してしまうと日本のクレジットカードを作りずらくなってしまいますので、出来れば移住前にクレジットカードを複数作っておくことをおすすめします。

移住後に現地でクレジットカードを作ることは就労ビザにて可能ですが日本居住者であるうちに作成したほうがシンガポールへの移住後も色々と便利です。

クレジットカードの有効期限はほとんどのカード会社が3年~5年あるので移住当初は日本で作ったクレジットカードを利用し徐々にシンガポールのカードにシフトしていくのがよいです。

 

国内との連絡手段

現在ではインターネット通話が発達しています。

無料で高品質なものとして有名なのがSkypeです。

その他にもスマホアプリとしても有名なLINEなどにも無料通話機能が付いています。

 

上記のようなサービスはお互いがそのサービスをインストールしていることで利用が可能です。

(スカイプ通話ならお互いがスマホやパソコンにスカイプをインストール)

 

通常の国際通話も年々安くなっていますが、契約していると便利なのが050電話です。050電話を携帯などで契約していると一般電話との送受信ができますし、コストもあまりかかりません。

ただし050電話の場合はインターネット回線を使うので送受信ともにこちら側がインターネットと接続されていないと使うことが出来ません。

シンガポールに移住後、日本に向けてビジネスを行う予定がある場合は移住前に日本の携帯電話(スマートフォン)を解約せずにその携帯で050電話の契約を日本にて行うか日本で契約しているプロバイダのインターネット回線を使って行っておくと便利です。

 

シンガポールの移住にあたって日本で調達したほうが便利なものもあります。

例えばパソコンの買い替えなどです。家電製品に関してはシンガポールと日本では電圧が異なるのでシンガポールの240Vでも利用が可能かをチェックしてからシンガポールに運ぶようにします。

 

シンガポールの就労ビザ取得後の移住までの猶予期間

シンガポールのビザが発行されてからいつまでに移住しなければならないという明確な期限はありません。しかしビザ取得後数ヶ月経ってもシンガポールへの移住を行っていない場合はシンガポール政府から調査の連絡が入ります。

例えば会社を設立して自身に対してビザの申請をして認められた場合は、シンガポールにいつから移住をしてどういうビジネスを行うのかということやWebサイトURLの提出などです。

メールでのやりとりだけではなく通話でのヒアリングが行われる可能性もあります。

シンガポール政府から求められる資料を用意して提出すれば基本的にはビザの剥奪は避けられますが、ビザ取得後は2ヶ月以内をめどにシンガポールへの移住を行うのが望ましいです。

 

その他シンガポールへの移住に関する情報は「シンガポール 移住」に

まとめています。ぜひ確認してください。

 

当サイト「シンガポール移住生活&ビジネス Singinfo.com」ではシンガポールへの移住を御検討されている方に移住サポート・コンサルティング実績が豊富で厳正な審査を経た安心できる提携企業を無料にて御紹介しております。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • マレーシア・ペナン島のおすすめ観光・生活情報

  • シングリッシュとは?特徴・歴史・発音・一覧全てをお伝えいたします!

  • singainfo.comでは企業・お店・イベントの宣伝・紹介を無料にて受け付けております!

  • シンガポールと日本人の深い関係

関連記事

  • シンガポールの香水が大人気!お土産、オリジナル香水の作れるところ、持ち込み方法など

  • シンガポールのお買い物おすすめ特集!

  • シンガポールの生活、知っておきたい現地の情報

  • シンガポールの就労ビザと「扶養家族滞在許可証の申請手続き」

  • シンガポールの喫煙事情について

  • シンガポールでのSIMカード購入案内最新情報!