1. TOP
  2. マレーシア 空港 
  3. クアラルンプール空港のラウンジ完全ガイド!
Sponsored Link

クアラルンプール空港のラウンジ完全ガイド!

マレーシア 空港    18,610 Views

アジア最大のハブ空港と言われる、広大な敷地面積をもつクアラルンプール空港は、マレーシアを訪れるほとんどの旅行者が立ち寄る場所であり、アジア各地へのトランジットとしても利用率の高い空港です。

利用者には乗り継ぎまでの待ち時間が発生することも多く、待ち時間をより快適に過ごすために利用されるのが空港ラウンジと言われる、多機能なラウンジスペースです。

この記事では、空港ラウンジが持つ機能や利用規定、クアラルンプール空港で利用可能なラウンジの詳細な情報など、クアラルンプール空港のラウンジに関する情報をすべてまとめています。

更にラウンジを利用せずに快適に待ち時間を過ごすためのアドバイスもまとめられているので、ラウンジの利用を迷っている方は、ぜひそちらも参考にしてください。

クアラルンプール発の便を利用するまでの待ち時間を快適に過ごしたい方、トランジットによる待ち時間を有効に活用したいという方に、特に一読いただきたい内容となっています。

 

Sponsored Link




Contents

空港ラウンジとは

航空会社や企業が運営するラウンジスペースで、ソファや仮眠スペース、wifi、シャワー、軽食やドリンクなどが用意されており、ラウンジ利用者はそのほとんどを無料で利用できることが多い、便利なラグジュアリースペースです。

利用に関しては、航空会社が定める基準を満たす方に限定されるラウンジや、有料で誰もが利用できるラウンジなど、場所により規定が異なり、設備や利用可能時間の制限などもまちまちです。

待ち時間をゆったりと過ごしたい方や、シャワーでリフレッシュしたい方、wifiを利用しての連絡やPC作業などを行いたい方にも人気の高いスペース、それが空港ラウンジです。

Sponsored Link




2つのメインターミナルとサテライトターミナル

クアラルンプール空港には、元々あったKLIAターミナルと、LCC専用に新しくできたKLIA2ターミナルの2つに分かれ、更にはKLIA・KLIA2ともにメインターミナルとサテライトターミナルに分かれており、かなり規模の大きい空港です。

KLIAのメインターミナルとサテライトターミナルは、無料のエアロトレインで行き来が可能で、多くの主要航空会社が入っているKLIAのサテライトターミナルは、クアラルンプール空港でもっともラウンジの数が多くなっています。

エアロトレインは混みあうこともありますが、2~3分に1便ほどの間隔で運行しており、移動距離も短いため、そんなに時間をかけずに移動が可能です。

KLIA2はメインターミナルとサテライトターミナルがスカイブリッジで繋がっているため、乗り物の利用せずターミナル間の移動が可能です。

LCCが主になるため航空会社が運営するラウンジは少ないものの、有料で誰もが利用できるラウンジが多くあることがKLIA2の特徴でもあります。

KLIAとKLIA2のターミナルは1.5㎞ほど離れており、徒歩での移動はかなりの時間を要するため、電車やタクシーでの移動が発生し、一度入出国の手続きが必要になるため、乗り継ぎの際ターミナル移動がある場合は、最低でも2時間以上の感覚をあけるよう、航空券手配時に注意が必要です。

ターミナル間の移動に発生する料金は、電車(Express Rail Link・エクスプレスレールリンク)の場合で大人RM2(子供RM1)、AM5:00~24:00の間に15分間隔で運行しています。

タクシー移動の料金は、車のサイズや深夜割増などによって異なりますが、1台当たりRM10~70ほど、所要時間は電車もタクシーも5分ほどなので、運行中であれば電車を利用した方が料金はお得です。

ターミナル間の移動にかかる時間や料金については「クアラルンプール空港のホテル情報完全ガイド!」下記の記事で更に詳しく紹介しています。

以下、ターミナルごとにある空港ラウンジを詳しく紹介致します。

Sponsored Link




Sponsored Link




KLIAメインターミナルにあるラウンジ一覧

まずは、KLIAのメインターミナルのラウンジを紹介します。

長距離線の利用ターミナルはサテライト側になるため、メインターミナル内にあるラウンジは、国内線・国際線を含め2つのみとなり、利用に関する詳細は下記になります。

 

マレーシア航空 ゴールデン ラウンジ リージョナル(MAS Golden Lounge Regional)

マレーシア航空のラウンジはクアラルンプール空港内にいくつかあり、マレーシア航空 ゴールデン ラウンジ リージョナルは近距離線向けのゲート付近にあるラウンジです。

詳しい場所はメインターミナル制限エリア内レベル3にあり、ゲートH2~H11、G2~G11利用の場合に適しています。

国内線もしくは中距離以上の路線に搭乗予定の場合は、更に別のラウンジがあり、そちらの方が便が良いでしょう。

営業時間

5:00~24:00

利用可能設備

wifi、テレビ、新聞/雑誌、セルフサービスビュッフェ、ビジネスセンター、シャワー付きトイレ、ベビーケアルーム、キッズルーム、ラウンジとダイニングシーティング、イスラム教徒祈り室、喫煙室、スパ(フェイシャル、マッサージ、マニキュア・ペディキュア)

マレーシア航空が運営するラウンジのため、下記に該当する方のみ利用可能となります。

  • マレーシア航空ファーストクラス、又はビジネスクラス搭乗者
  • ワンワールド加盟航空便ファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者
  • ワンワールド上級会員(サファイア、エメラルド)

最新情報はコチラ→マレーシア航空公式ホームページ

 

マレーシア航空 ゴールデン ラウンジ ドメスティック(MAS Golden Lounge Domestic)

マレーシア航空 ゴールデン ラウンジ ドメスティックは国内線利用者用のラウンジとなり、国内線ターミナルAのゲートA付近にあります。

営業時間

5:00~24:00

利用可能設備

wifi、テレビ、新聞/雑誌、セルフサービスビュッフェ、トイレ、洗面所、荷物置き場、イスラム教徒の祈祷室、ラウンジとダイニングシーティング、ミニスパ(マニキュア・ペディキュア)

マレーシア航空が運営するラウンジのため、下記に該当する方のみ利用可能となります。

  • マレーシア航空ファーストクラス、又はビジネスクラス搭乗者
  • ワンワールド加盟航空便ファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者
  • ワンワールド上級会員(サファイア、エメラルド)

最新情報はコチラ→マレーシア航空公式ホームページ

 

Sponsored Link




KLIAサテライトターミナルにあるラウンジ一覧

LCCを除く長距離線の利用ターミナルは、このKLIAサテライトターミナルになるため、クアラルンプール空港内で最も多い8つのラウンジ数があるターミナルとなってます。

 

マレーシア航空 ゴールデン ラウンジ サテライト ビジネス・サテライト プラチナ(MAS Golden Lounge Satellite Business・Satellite Platinum)

マレーシア航空 ゴールデン ラウンジ サテライト ビジネス・サテライト プラチナは、KLIAサテライトターミナル・レベル2・ウェストゾーンにあるラウンジです。

名前の通り、受付右手がファーストクラス用のプラチナラウンジ、左手にビジネスクラス用のラウンジという形で分かれており、受けられるサービスも異なります。

営業時間

24時間営業

利用可能設備

テレビ、新聞/雑誌、セルフサービスのビュッフェ、ビジネスセンター、シャワー付きトイレ、ベビーケアルーム、キッズルーム、ラウンジとダイニングシーティング、イスラム教徒の祈り室、喫煙室、wifi、有料スパ

更にプラチナラウンジ利用者は、下記の設備を利用できます。

葉巻室、ラウンジ座席、高級ダイニングルーム、ベビーケアルーム、仮眠室、wifi、軽食のセルフサービスカウンター

マレーシア航空が運営するラウンジのため、下記に該当する方のみ利用可能となります。

  • マレーシア航空ファーストクラス、又はビジネスクラス搭乗者
  • ワンワールド加盟航空便ファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者
  • ワンワールド上級会員(サファイア、エメラルド)

最新情報はコチラ→マレーシア航空公式ホームページ

 

キャセイパシフィック ファースト & ビジネスクラス ラウンジ (Cathay Pacific First and Business Class Lounge)

キャセイパシフィック ファースト & ビジネスクラス ラウンジは、KLIAサテライトターミナル・レベル2・イーストゾーンにあるラウンジです。

マレーシア航空同様ワンワールドに加入している航空会社のため、JALなどに搭乗時も利用をオススメされるラウンジの1つです。

営業時間

6:30~23:00

利用可能設備

軽食、ドリンク、wifi、プリンタおよび複写機、荷物置き場、新聞・雑誌、洗面所、

キャセイパシフィック航空が運営するラウンジのため、下記に該当する方のみ利用可能となります。

  • キャセイパシフィック航空ファーストクラス、又はビジネスクラス搭乗者
  • ワンワールド加盟航空便ファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者
  • ワンワールド上級会員(サファイア、エメラルド)

最新情報はコチラ→キャセイパシフィック航空公式ホームページ

 

シルバークリスラウンジ(Silver Kris Lounge)

シルバークリスラウンジは、KLIAサテライトターミナル・レベル2・ノースゾーンにある、シンガポール航空が運営するラウンジです。

スターアライアンス系列のため、ANAに搭乗する際も利用可能なラウンジです。

営業時間

5:30~21:30

利用可能設備

軽食、ドリンク、wifi、TV、トイレ、ラウンジスペース、

シンガポール航空が運営するラウンジのため、下記に該当する方のみ利用可能となります。

  • シンガポール航空ファーストクラス、又はビジネスクラス搭乗者
  • スターアライアンス加盟航空便ファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者

最新情報はコチラ→シンガポール航空公式ホームページ

 

タイ航空 ロイヤル シルク ラウンジ(Thai loyal silk lounge)

タイ航空 ロイヤル シルク ラウンジは、KLIAサテライトターミナル・レベル2・ノースゾーンにあります。

スターアライアンス系列のため、ANAに搭乗する際も利用可能なラウンジですが、スターアライアンス上級会員であってもエコノミー搭乗時は利用できないので注意が必要です。

営業時間

6:00~21:30

利用可能設備

軽食、ドリンク、TV、雑誌・新聞、wifi、パソコン、FAX、トイレ、ラウンジスペース、

タイ航空が運営するラウンジのため、下記に該当する方のみ利用可能となります。

  • タイ航空ファーストクラス、又はビジネスクラス搭乗者
  • スターアライアンス加盟航空便ファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者
  • スターアライアンス上級会員(スターアライアンスゴールドメンバー・ロイヤルオーキッドプラスゴールド・ロイヤルオーキッドプラスプラチナ)

最新情報はコチラ→タイ航空公式ホームページ

 

チャイナエアライン ラウンジ(China Airlines Lounge)

チャイナエアライン ラウンジは、KLIAサテライトターミナル・レベル2・サウスゾーンにあります。

営業時間がかなり短く、フライトスケジュールの変動によって営業時間が変わることもあるようです。

営業時間

11:00~14:00

利用可能設備

軽食、ドリンク、TV、雑誌・新聞、wifi、電話、手荷物預かり、トイレ、ラウンジスペース、

チャイナエアラインが運営するラウンジのため、下記に該当する方のみ利用可能となります。

  • チャイナエアラインのファーストクラス、又はビジネスクラス搭乗者
  • スカイチーム加盟航空便ファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者
  • スカイチーム・エリートプラス会員(エメラルド・パラゴン)

最新情報はコチラ→チャイナエアライン公式ホームページ

 

エミレーツ航空 ラウンジ(Emirates Lounge)

エミレーツ航空 ラウンジは、KLIAサテライトターミナル・レベル2・イーストゾーンにあります。

現在エミレーツ航空の公式ホームページや、クアラルンプール空港の公式ホームページでも営業時間が表記されていません。

営業時間

フライトスケジュールにより変更あり

利用可能設備

軽食、ドリンク、TV、雑誌・新聞、wifi、シャワー、トイレ、ラウンジスペース、

エミレーツ航空が運営するラウンジのため、下記に該当する方のみ利用可能となります。

  • エミレーツ航空のファーストクラス、又はビジネスクラス搭乗者
  • エミレーツ航空ゴールド会員、又はプラチナ会員
  • エミレーツ航空ブルー会員・シルバー会員は有料にて利用可能

最新情報はコチラ→エミレーツ航空公式ホームページ

 

プラザプレミアムラウンジKLIA サテライトターミナル(Plaza Premium Lounge KLIA Satellite Terminal)

プラザプレミアムラウンジKLIA サテライトターミナルは、KLIAサテライトターミナル・レベル2・ノースゾーンにあります。

利用する航空会社や座席のクラスに関わらず、誰もが利用することのでき、プライオリティパスの利用対象ラウンジでもあります。

営業時間

24時間

利用可能設備

軽食、ドリンク、新聞・雑誌、TV、電話、FAX、wifi、シャワー、トイレ、ラウンジスペース

利用条件は下記になります。

  • 有料で利用する場合、2時間 RM168・5時間 RM238・10時間 RM258
  • プライオリティパス利用時3時間無料
  • 航空会社指定のインビテーションカード保持者は無料で利用可能(対象航空会社は2017年10月現在で24社あり:ANA、厦門航空、イエメニア、イラン航空、エチオピア航空、エチオピア航空、カタール航空、ガルーダ・インドネシア航空、クウェート航空、サウディア航空、スリランカ航空、ターキッシュエアラインズ、中国南方航空、ネパール航空、バンコク・エアウェイズ、パキスタン国際航空、ビーマン・バングラデシュ航空、フライナス、ベトジェットエア、マーハーン航空、ミャンマー国際航空、リージェント航空、ロイヤルブルネイ航空、ロイヤル・ヨルダン航空)

最新情報はコチラ→プラザプレミアムラウンジ公式ホームページ

 

プラザプレミアムラウンジウェルネススパKLIAプライベート スイート(Plaza Premium Lounge Wellness Spa KLIA Private Suite)

プラザプレミアムラウンジウェルネススパKLIAプライベート スイートは、KLIAサテライトターミナル・レベル2・ノースゾーンにあります。

ラウンジというよりも、誰もが有料で利用できる、ラウンジや宿泊・仮眠などが可能なスパ施設という表現が正しく、プライオリティパスでの利用は対象外となっています。

営業時間

24時間

利用可能設備

新聞・雑誌、wifi、シャワー、トイレ、ラウンジスペース、宿泊、スパ

利用料金一覧

◆ラウンジ・宿泊施設利用料

3時間 RM178

5時間 RM199

10時間 RM208

シャワーのみの利用 RM32

◆スパ料金メニュー

60分ボディスクラブマッサージ RM197

フットスクラブトリートメント RM60

30分首・肩・背中マッサージ RM93

30分フットリフレクソロジー RM93

60分足リフレクソロジー RM159

マニキュア RM74

ペディキュア RM74

マニキュア&ペディキュアパッケージ RM127

ヘアウォッシュ&ブロードライ RM58~

ヘアカット、ウォッシュ&ブロードライ RM104~

最新情報はコチラ→プラザプレミアムラウンジウェルネススパKLIAプライベート スイート公式ホームページ

 

サマサマエクスプレスKLIAエアサイドトランジットホテル(Sama-Sama Express KLIA Airside Transit Hotel)

サマサマエクスプレスKLIAエアサイドトランジットホテルは、KLIAサテライトターミナルレベル2・ウェストゾーンにあります。

名前の通り、制限エリア内にある乗り継ぎ便待ちのゲスト向けのトランジットホテルなのですが、ラウンジのみの利用がどなたでも可能です。

営業時間

24時間営業

利用可能設備

軽食、ドリンク、wifi、シャワー、トイレ、TV、電話、ラウンジスペース、

利用条件は下記になります。

  • ラウンジのみ利用の場合、3時間RM55
  • 宿泊は6時間利用RM260~、利用時間・部屋タイプによって料金が異なります。

最新情報はコチラ→サマサマエクスプレスKLIAトランジットホテル公式ホームページ

 

Sponsored Link




Sponsored Link




KLIA2メインターミナルにあるラウンジ一覧

KLIA2はLCC専用ターミナルのため、KLIAサテライトターミナルのようにたくさんの航空会社のファーストクラス・ビジネスクラス用ラウンジがあるのではなく、誰もが広く利用できるラウンジがあります。

 

プラザプレミアムラウンジ ゲートウェイKLIA2(Plaza Premium Lounge gateway@KLIA2)

プラザプレミアムラウンジ ゲートウェイKLIA2は、KLIA2メインターミナルに隣接するショッピングモール「ゲートウェイ(gateway)のレベル2にあります。

唯一制限エリア外に位置する貴重なラウンジで、利用する航空会社や座席のクラスに関わらず、誰もが利用することのでき、プライオリティパスの利用対象ラウンジでもあります。

営業時間

24時間

利用可能設備

軽食、ドリンク、新聞・雑誌、TV、電話、FAX、wifi、シャワー、トイレ、ラウンジスペース

利用条件は下記になります。

  • 有料で利用する場合、2時間 RM168・5時間 RM238・10時間 RM258
  • プライオリティパス利用時3時間無料

最新情報はコチラ→プラザプレミアムラウンジ公式ホームページ

 

プラザプレミアムラウンジKLIA2(Plaza Premium Lounge KLIA2)

プラザプレミアムラウンジKLIA2は、KLIA2メインターミナル・制限エリア・レベル2・ゲート8付近にあります。

こちらも利用する航空会社や座席のクラスに関わらず、誰もが利用することのでき、プライオリティパスの利用対象のラウンジです。

これまで紹介したプラザプレミアムラウンジは24時間営業でしたが、こちらは24時間営業では無いので、時間に注意が必要です。

営業時間

4:00~24:00

利用可能設備

軽食、ドリンク、新聞・雑誌、TV、電話、FAX、wifi、シャワー、トイレ、ラウンジスペース

利用条件は下記になります。

  • 有料で利用する場合、2時間 RM168・5時間 RM238・10時間 RM258
  • プライオリティパス利用時3時間無料

最新情報はコチラ→プラザプレミアムラウンジ公式ホームページ

 

プラザプレミアムラウンジKLIA2 ザ バー(Plaza Premium Lounge KLIA2 The Bar)

プラザプレミアムラウンジKLIA2ザ バーは、KLIA2メインターミナル・制限エリア・レベル3・スカイブリッジ付近にあります。

こちらはオープンスペースのオシャレなカフェバーなのですが、プライオリティパスの利用対象ラウンジとなっています。

通常の営業時間と、プライオリティパスの利用対象時間が異なっているため、プライオリティパスでの利用時は時間に注意した方が良いでしょう。

営業時間

5:00~24:00(プライオリティパスの利用対象時間7:00~24:00)

利用可能設備

軽食、ドリンク、wifi、(ラウンジスペース、シャワー、トイレ)

利用条件は下記になります。

  • 有料で利用する場合は、フード・ドリンクにより料金が異なります。
  • プライオリティパス利用時3時間無料

最新情報はコチラ→プラザプレミアムラウンジ公式ホームページ

 

ウェルネススパKLIA2(Wellness Spa KLIA2)

ウェルネススパKLIA2は、KLIA2メインターミナル・制限エリア・レベル3・スカイブリッジ付近にあり、上記で紹介している、プラザプレミアムラウンジKLIA2ザ バーのすぐそばにあるスパ施設です。

プライオリティパスのサイト上ではウェルネススパKLIA2の紹介はありませんでしたが、プラザプレミアムラウンジKLIA2ザ バーの施設紹介にあるシャワー等は、同系列社の施設であり一番近くにあるウェルネススパKLIA2を利用する可能性が最も高く、プライオリティパスの利用時間もウェルネススパKLIA2に合わせて設定されています。

営業時間

7:00~24:00

◆スパ料金メニュー

60分ボディスクラブマッサージ RM197

フットスクラブトリートメント RM60

30分首・肩・背中マッサージ RM93

30分フットリフレクソロジー RM93

60分足リフレクソロジー RM159

マニキュア RM74

ペディキュア RM74

マニキュア&ペディキュアパッケージ RM127

ヘアウォッシュ&ブロードライ RM58~

ヘアカット、ウォッシュ&ブロードライ RM104~

シャワーのみの利用 RM32

最新情報はコチラ→ウェルネススパKLIA2公式ホームページ

 

Sponsored Link




Sponsored Link




KLIA2サテライトターミナルにあるラウンジ一覧

LCCでは珍しい航空会社が運営するラウンジを利用できるのがKLIA2のラウンジの魅力の一つとなっています。

また、航空会社の運営でありながら、誰もが利用できるシステムもかなり貴重なので、この機会にぜひご利用ください。

 

エアアジア プレミアム レッド ラウンジ(AirAsia Premium Red Lounge)

エアアジア プレミアム レッド ラウンジは、KLIA2サテライトターミナル・レベル2・スカイブリッジを渡ってすぐのゲートP方面にあります。

航空会社であるエアアジアが初めて運営をスタートしたラウンジですが、エアアジア以外に搭乗予定でも有料で利用可能で、クアラルンプール空港のその他の有料ラウンジよりもお値打ちな料金設定になっていることが特徴です。

営業時間

24時間営業

利用可能設備

軽食、ドリンク、wifi、シャワー、トイレ、TV、ラウンジスペース、リラックススペース

利用条件は下記になります。

  • エアアジアプレミアムフレックス・プレミアムフラットベット搭乗の場合3時間無料
  • 一般有料利用3時間RM79
  • 事前予約しての利用に限り3時間RM69(クアラルンプール発、AirAsiaX (D7)便を 、BIGメンバーアカウント にログインして予約する場合のみ利用可能)

最新情報はコチラ→エアアジア公式ホームページ

 

サマサマエクスプレスKLIA2エアサイドトランジットホテル(Sama-Sama Express KLIA2 Airside Transit Hotel)

サマサマエクスプレスKLIA2エアサイドトランジットホテルは、KLIA2サテライトターミナルのレベル3中央エリアにあります。

名前の通り、制限エリア内にある乗り継ぎ便待ちのゲスト向けのトランジットホテルなのですが、ラウンジのみの利用がどなたでも可能です。

営業時間

24時間営業

利用可能設備

軽食、ドリンク、wifi、シャワー、トイレ、TV、電話、ラウンジスペース、

利用条件は下記になります。

  • ラウンジのみ利用の場合、3時間RM108
  • 宿泊は6時間利用RM180~、利用時間・部屋タイプによって料金が異なります。

最新情報はコチラ→サマサマエクスプレスKLIA2トランジットホテル公式ホームページ

 

各アライアンスの利用対象ラウンジ

ラウンジを紹介する際に何度か登場していた「アライアンス」という単語は、英語で提携・同盟という意味を持ち、航空会社では全世界が参加する3大アライアンスというものがあり、加盟航空会社は下記のようになります。

スターアライアンス ANA(全日空)、アシアナ航空、エアインディア、エア・カナダ、エジプト航空、エバー航空オーストリア航空、シンガポール航空、スイス航空、スカンジナビア航空、タイ航空、ターキッシュエアラインズ、中国国際航空、ニュージーランド航空、ルフトハンザドイツ航空、南アフリカ航空、ユナイテッド航空、
スカイチーム アエロフロート・ロシア航空、アエロメヒコ、アリタリア航空、エールフランス、ガルーダ・インドネシア航空、KLMオランダ航空、大韓航空、チャイナエアライン、中国東方航空、中国南方航空、デルタ航空、ベトナム航空、
ワンワールド  アメリカン航空、カタール航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、JAL(日本航空)、スリランカ航空、フィンランド航空、ブリティッシュエアー、マレーシア航空、

航空会社により規定は異なりますが、マイルやラウンジの共有などがアライアンスのメリットとして挙げられ、クアラルンプール空港に限定して考えると下記のようになります。

スターアライアンス スカイチーム ワンワールド プライオリティパス その他

タイ航空

シンガポール航空

チャイナエアライン

キャセイパシフィック航空

マレーシア航空

プラザプレミアムラウンジ

エアアジア

エミレーツ航空

サマサマホテル

上記のことから、利用する航空会社自体のラウンジが無くても、同じアライアンスの系列航空会社のラウンジがあれば、利用可能であることが多く、利用航空会社がアライアンスに加盟していない場合は、その航空会社自体のラウンジが無いと無料での利用は難しくなります。

また、航空会社とは別に「プライオリティパス」を持っていることで、空港ラウンジを無料で利用することが出来るので、それについては以下に詳しくまとめています。

 

Sponsored Link




プライオリティパス利用対象ラウンジ

プライオリティパスは、利用する航空会社や座席のクラスに関係なく、プライオリティパスを持っていることで、その対象になっている空港ラウンジを無料・または有料で利用できる制度です。

プライオリティパスの会員ランクは3つに分かれ、年会費や利用制限については下記のようになります。

・スタンダード会員

年会費99ドル、ラウンジ利用料・1回27ドル

・スタンダードプラス会員

年会費249ドル、ラウンジ利用料・10回まで無料(以降1回27ドル)

・プレステージ会員年会費

年会費399ドル、ラウンジ利用料・何度でも無料

全世界のラウンジの利用が、何度でも無料になるのは、飛行機を頻繁に利用する方にとっては大きなメリットではありますが、年会費が40,000円以上かかることが気がかりとなりがちです。

しかし、楽天プレミアムカードなど、一部のクレジットカードに付帯してくるケースもあるので、お得にプライオリティパスを手に入れたい方は、クレジットカードの付帯サービスを確認するのもオススメです。

プライオリティパス公式ホームページ→クアラルンプール空港のラウンジ紹介ページ

 

誰でも利用できるラウンジ

これまでの情報から、有料で誰もが利用できるラウンジは、下記の3種、場所にして合計5カ所です。

  • プラザプレミアムラウンジ(KLIA・KLIA2どちらにもあり)
  • サマサマエクスプレス トランジットホテル(KLIA・KLIA2どちらにもあり)
  • エアアジア プレミアムレッドラウンジ(KLIA2のみ)

 

Sponsored Link




仮眠目的なら空港内の宿泊もオススメ

この記事内では、サマサマエクスプレスという空港内のトランジットホテルや、ウェルネススパで宿泊が可能なことを紹介してきましたが、空港内にはカプセルホテルである「カプスール・バイ・コンテナホテル」や、空港外KLIA2の目の前の「チューンホテル2」、KLIAから徒歩10分(送迎あり)の「サマサマホテル」など、宿泊施設が充実しています。

プライベートスペースでゆっくりしたい方、乗り継ぎまでの時間が長く仮眠を取りたい方には、ラウンジの利用のほか、宿泊施設を利用されるのもオススメです。

クアラルンプール空港周辺の宿泊施設については「クアラルンプール空港のホテル情報完全ガイド!」詳しくまとめられています。

 

ラウンジ以外の時間の過ごし方

クアラルンプール空港はショッピングモールと隣接しており、24時間営業の飲食店も多いため、何時に利用しても施設の利用に困ることはありません。

マクドナルドやバーガーキング、ケンタッキー、スターバックスなど、馴染みのあるお店も多く、ファーストフード店やカフェでwifiを利用しながらゆっくりと過ごすのも良いでしょう。

また、カフェを利用せずとも空港内では無料のwifiが利用可能なため、wifiが一番の目的であれば、空港内のほとんどの場所で利用は可能です。

回線の速度は無料の公共wifiよりもラウンジなどの方が速く、スムーズに利用できます。

乗り継ぎの待ち時間が日中になるのであれば、三井アウトレットパークが空港から車で10分の距離にあり、8:20~24:00の間で無料シャトルバス約20分間隔で運行しています。

三井アウトレットパークや空港で大きな荷物の預かり所を利用することもできるので、時間をかけずに空港外に出て買い物をしたいという方にオススメです。

 

ラウンジを利用しようと思うきっかけは、空港での待ち時間をゆったり快適に過ごしたい、wifi環境が安定している所でパソコン作業を進めたい、誰かに連絡したい、シャワーを浴びたい、トランジットまでの待ち時間が長くて持て余してしまったなど、ここに書ききれないほど様々です。

しかし、クアラルンプール空港にはたくさんのラウンジがあるほか、ラウンジ以外の施設も充実しているので、どんな方も快適に過ごすことができます。

長時間空港に滞在するケースは、トランジットなどの乗継便までの待ち時間が一番多いかと思いますが、ぜひこの記事を読んで、より快適に過ごすためにお役立てください。

Sponsored Link




Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

担当

その他の記事  記事一覧

  • クアラルンプール空港の免税店・手続方法とショップリスト

  • クアラルンプール空港のタクシー利用方法と注意点

  • クアラルンプール国際空港から市内へのアクセス方法

  • クアラルンプール空港での乗り継ぎ(トランジット)方法と過ごし方

関連記事

  • クアラルンプール空港のタクシー利用方法と注意点

  • クアラルンプール国際空港から市内へのアクセス方法

  • クアラルンプール空港での乗り継ぎ(トランジット)方法と過ごし方

  • クアラルンプール空港のホテル情報完全ガイド!

  • クアラルンプール空港の免税店・手続方法とショップリスト