ピックアップ
オーストラリアの食べ物、地元のものだけでなく世界のエスニック料理が楽しめる

インターネットで「オーストラリアの食べ物」を検索すると「まずい」という評価をしている記事がかなりあり驚きました。

実際にはオーストラリアの食べ物はバラエティーに富んでおり、良く知られていない側面がたくさんあるのです。

具体的には、肉、野菜、乳製品そして海の幸である海産物が豊富で、また世界各国から移住した様々な民族が作り出す世界中のエスニック料理を楽しむこともできます。

それだけでなく、様々なトレンドのある変化にとんだ食文化、そんなオーストラリアの食べ物事情をご紹介します。

 

Contents

オーストラリアの食べ物 ‐ ユニークな食品

以下にご紹介する食べ物はオーストラリアに特有なものでお土産としても人気があります。

 

ベジマイト

ベジマイトはイースト菌に多量の塩を混ぜて作ったもので、それだけで食べるとイースト菌の独特なにおいと塩辛さで決しておいしいものだとは言えない製品です。

そのため普通はバターをたくさん塗ったトーストに少量だけつけて食べます。イースト菌の匂いがバターの匂いとうまく調和します。

ベジマイトはビタミンBが豊富なため、家庭では子供にも食べさせることが多いです。

 

ヌテラ

ヌテラはチョコレート味のペースト状の食べ物で、パンにぬって食べるのが一般的です。

 

ビーフジャーキー

ビーフジャーキーは、アメリカでも販売されていますが、2000年にBSE問題が発生してからはアメリカやカナダのビーフジャーキーは日本に持ち込めなくなりました。

オーストラリアからのものは検査証明書があれば日本への持ち込みは可能です。

 

カンガルージャーキー

カンガルージャーキーはオーストラリアにしか売っていないものです。ビーフジャーキーほどくせがなく食べやすいのが特徴です。

 

ティムタム

ティムタムは今ではオーストラリアのお土産としてお馴染になったチョコレートビスケットです。

定番はオリジナル、ダークチョコ、ホワイトチョコ、キャラメル、ダブルコートの5種類で限定版としてメシナ塩入キャラメル&バニラ、メシナブラックフォレスト、メシナチョコミント、メシナココナツ&ライチの4種類があります。

 

Sponsored Link

オーストラリアの食べ物 ‐ 渡航時に持ち込みできない食べ物

オーストラリアには特有の動植物が生息しているため、こうした動植物の生態に悪影響を及ぼさないよう、海外からの持ち込み品には厳しい規制が掛けられています。

オーストラリアに到着すると、税関申告書を係の人に渡し審査を仰ぐことになります。その際に、持っているのに申告しないで見つかると高額の罰金を課せられます。

以下は食べ物の形状別の最大持ち込み可能重量です。

  • 固形食品:10kg
  • 液体:10リットル
  • 液状の濃縮食品:2リットル
  • 乾燥食品:2kg
  • スパイス類:1kg

食べ物の種類別持ち込み制限についての詳細は以下をご参照ください。

 

卵・卵加工品

卵自体の持ち込みは調理してあっても生であっても禁止されていますが、卵を使った食品でも次のような条件を満たさない場合は持ち込むことができません。

・室内温度で6ヶ月以上保存が可能であること

・製品として作られ包装されていること

・量として1㎏以下であること

・商業目的ではなく、持ち込む本人が消費すること

つまり、日本で一般的なショップで販売されているビスケットやカステラなどは申告の必要がなく、持ち込み可能ということになります。

ただ、中国系の人が食べる月餅ですが、この中には卵が使われていて一時すべて取り上げられたのですが、最近では肉が使われていない限り上述の条件を満たしていれば持ち込み可能ということになっています。

 

乳製品

乳製品で一番持ち込みが多いのがヨーグルトや乳幼児用の粉ミルクですが、乳製品は「国際獣疫事務局(OIE)」とオーストラリア政府の農業省が認めた国や地域で生産された製品であれば持ち込むことができます。

ただし、許されている持ち込み量は液体濃縮品の場合2ℓ、乾燥品の場合は2㎏までですが、実際に乳幼児を同伴して渡航している場合は、更に哺乳瓶に入ったミルクとベビーフード1個(開封済みでも良い)の持ち込みも可能です。

 

関係機関で認められた国及び地域 (口蹄疫が発生していない国)

出典元:The World Organisation for Animal Health (OIE)

 

肉製品

肉製品の持ち込みには食べ物の中でも最も厳しい規制が敷かれています。

肉製品の持ち込みは口蹄疫の発生していない国(上のリスト参照)からの持ち込みに限定されていますが、こうした国からの持ち込みであっても、更に細かい規制があります。

まず、瓶詰、缶詰、レトルト食品であることが必要で、エキスやブイヨンなどの液体の場合は、肉片や動物性油などが含まれていないこと、そして6か月以上常温で保存ができることが条件になります。

またジャーキーなどの乾燥肉は商業的に生産され(自家製ではない)、常温で6か月以上の保存が可能の場合にのみ持ち込みが可能です。

それ以外の肉製品の持ち込みはどのような加工形態であれ禁止されています。

 

魚介類

魚介類の持ち込みに関しては、大きくサケ科の魚及び魚製品とそれ以外の魚及び魚製品とに分けられます。

サケ科の魚及び魚製品は、缶詰、瓶詰、レトルトのいずれかの形態で十分に減菌加工され、商業的な目的のために製造されているものは持ち込みは可能です。

更に、缶詰の場合に減菌加工がされていなくても、頭と内臓が取り除かれてあれば、切り身、塩漬け、乾物、燻製などの持ち込みも可能です。

但し切り身の場合は一切れ450g以下であることが必要です。

サケ科の魚及び魚製品以外の魚及び魚製品では、内臓と頭を取り除いてあり、常温保存ができるように準備されているものに限り持ち込みが可能です。

但し、量としては5㎏までで、家畜などへの使用は認められずあくまで持ち込む本人が食べるために持ち込むという場合にかぎります。

明太子やキャビアのような魚の卵に関しては、商業的に生産されたもののみ持ち込みが可能ですが、サケ科の魚の卵は持ち込むことができません。

その他、出汁に使う魚の粉末などは持ち込み可能です。

 

種・ナッツ類

種類の持ち込みは種の種類により制限が変わります。詳しい内容は農業省の「バイオセキュリティ」のサイトに行き、そこのサーチのところに関連の種の名前を入力すると持ち込みに関する条件が明示されます。

ナッツの関しては、商業的に生産され包装されていれば生のナッツであっても2㎏まで持ち込みが可能です。

ただし、ナッツの殻は取り除かれていることが条件です。ローストなど火を通したナッツの場合は問題なく持ち込みができます。

 

野菜、くだもの、穀物

野菜、くだものは、生である場合また未調理で冷凍してある場合、持ち込みが禁止されています。この中には漢方薬なども含まれます。

ただ、乾燥してある場合は種や根っこや皮がなければ持ち込みが可能ですが、申告が必要で、さらに検査も受けなければいけません。

豆類については、乾燥しているので持ち込み可能と思われがちですが、持ち込みが可能なのは製粉された場合だけで、未調理の場合は持ち込み不可です。

玄米などの穀物類は皮がないことが条件ですが、検疫処理をし持ち込み許可を取得する必要があります。

ただし、ぬかは持ち込むことができません。生精米は申告し10㎏まで持ち込み可能です。

 

Sponsored Link

オーストラリアの食べ物 ‐ 家庭の食生活

オーストラリアの家庭での食生活と一口に言っても、民族の数だけ食生活の形態の数もあるのですが、ここではオーストラリアで大多数を占めるイギリス系の家庭の食生活をご紹介します。

 

オーストラリアの朝食

朝食では主に次のような食べ物を食べます。もちろん毎日すべての物を食べるわけではなくこの中から好きな物を選んで食べるわけですが、一番簡単なシリアルにミルクを掛けて食べるのがもっとも一般的です。

・シリアル    ・ベーコン&エッグ    ・焼きトマト    ・オムレツ

・トースト    ・ジュース    ・コーヒーまたは紅茶

 

オーストラリアの昼食

伝統的な昼食はサンドイッチやラップですが、最近ではエスニック料理店で持ち帰りのできる簡単な料理を提供しているところが増えているので、そうしたショップでランチを買う人もいます。

ラップはラップロールのことで、インドのナンという薄いパンに野菜やハム、チキンなどを入れてそれを丸めたものです。

 

オーストラリアの夕食

夕食で食べる物は、ステーキ類が多いですが、その他にもオーブンを利用したローストやキャセロール、エスニック料理の影響を受けた炒め物やスパゲティ、そしてカレー料理なども広まっています。

その他、オーストラリアの家庭ではBBQが人気です。大抵どこの家にも裏庭があるので、天気の良い日に炭やガスで肉や野菜を焼いて食べます。

以前は味を何もつけないで焼いた後に塩コショウやケチャップなどを掛けて食べるやり方が一般的でしたが、エスニック料理の影響で、味付けしてから焼く方法に変わってきています。

BBQで肉や野菜を焼くのは通常男性の仕事で、女性はBBQの時に一緒に食べるサラダやデザートを準備します。

 

オーストラリアの食べ物 ‐ 家庭での習慣

オーストラリアでは、普通の食卓でもテーブルに花やキャンドルを飾ったり、ナイフやフォークなどを食べる前にセットして並べておいたりと、ただ食べるだけではなく、食べるときの雰囲気を楽しみます。

それを助けるのがアルコールで、「The globe and mail」によるとオーストラリアのワインの消費量は世界で10位になっています。

オーストラリアの家庭では、世界のほとんどの国でそうであるように料理は普通女性がしますが、後片付けや食器洗いは男性や子供の仕事になっています。

食器を洗ったあとは、食器をざるに置いておかないで、すぐにふきんで水をふき取って戸棚にしまいます。キッチンをいつもすっきりと片付いている状態に保つための習慣です。

 

Sponsored Link

オーストラリアの食べ物 ‐ 食文化におけるブーム

オーストラリアの食文化で最近ブームになっているものをご紹介します。

 

オーストラリアではテレビの料理番組の影響による料理ブーム

現在オーストラリアは料理ブームです。この火付け役となったのが、なんと、20年前から10年間ほど放送された日本の料理番組「料理の鉄人」です。

日本語を英語に吹き替えて放送したもので、その後オーストラリア版の「料理の鉄人」も作られましたが、日本人が作り出す「威厳」がオーストラリア人にはマッチせず、数回放送しただけで終わってしまいました。

ところがそれからしばらくするとイギリス発の料理番組「マスターシェフ」をオーストラリア版にしたものが放送され、これが大ヒットになりました。

これは料理のコンテストの番組ですが、一般から20人ほどの参加者を募り13週間かけて料理を競うもので毎年行われます。

この番組のおかげで家庭で料理をする人が増え食品産業が成長しました。

スーパーマーケットに並ぶものを見ると10年前とは比べ物にならないほど、バラエティーに富んだ食品が並ぶようになりました。

 

オーストラリアの食材や料理の宅配がブーム

オーストラリアの料理ブームから生まれた「食」への関心の一環として、最近トレンドになっているのが食べ物の配達です。配達の種類には2種類あります。

1つ目は食材の宅配です。これはレシピに基づいて食材を切って準備しそれを注文した家庭に宅配するものです。

受け取った人は火を通すだけで新鮮な料理を味わうことができます。

買い物や食材を準備する時間が節約できるので、少量の食材しか必要としない独身者や忙しい人に人気があります。

2つ目はレストランの料理の出前です。

元々はピザの出前から始まったのですが、最近ではウーバーの普及により出前サービスを提供するレストランも増えました。

また、テーブルや椅子を置かないで出前を専門にしているレストランも出現しています。

 

オーストラリアでは肥満増加に対する健康料理がブーム

オーストラリアでは、アジアのエスニック料理が入ってくる前までは、ステーキ、ポテトチップ、アイスクリームなどのカロリーの高い食べ物を中心とした食生活が主流で、肥満の人がたくさんいました。

エスニック料理が入ってきてからはこのような食生活はずいぶん改善されましたが、それでもまだ日本とは比べものにならないほど肥満で悩む人がたくさんいます。

そこで始まったのが、肥満の人のために栄養素を調合して調理したダイエット料理の宅配サービスです。

 

オーストラリアではベジタリアン料理がブーム

ここ10年位ブームになっているのがベリタリアン料理ですが、ベジタリアンには3つのタイプがあります。

1つ目は仏教徒、2つ目は体質的に肉を食べれない人、3つ目は動物愛護の立場から肉を食べない人です。

スーパーマーケットではこうした人達のために、ベジタリアン食品のコーナーを設けて、特別に加工した食品を販売しています。

このコーナーには日本の豆腐と大して違わない豆腐も売られています。

またレストランでも、ベジタリアン料理がメニューに載っている所も多く、ベジタリアン専門のレストランもあります。

こうした専門のレストランではベジタリアンでなくても十分味わえるようなおいしい料理がたくさん用意されています。

ベジタリアン料理のレストランには2つのタイプがあります。一つは仏教徒向けのレストランで、このタイプのレストランでは、豆腐を鶏肉や豚肉のように仕立てて野菜といっしょに炒め中華風にしたものが多くメニューにあがっています。

もう一つのタイプのベジタリアン専門のレストランは一般のベジタリアン用で、こうしたレストランではチーズや卵(卵を動物の一種とみなさない場合が多い)と野菜を組み合わせた料理を提供しています。

 

Sponsored Link

オーストラリアの食べ物 ‐ 食材の買い物

食材の買い物は一般的なスーパーマーケットで大抵の物は手に入りますが、エスニック料理に必要なものの中には、専門の食材店に行かないと手に入らない物もあります。

エスニック食材店の主なものは、日本食店、アジア全般食材店、中国食材店、ベトナム食材店、インド食材店、イスラム食材店、イタリア食材店などです。

その他主に週末に開くマーケットが各地にあり、地元の食材などが手に入ります。

オーストラリア各地にあるスーパマーケットはすべてチェーン店で、ウールワース(Woolworths)、コールズ(Coles)、アルディ(ALDI)があります。この中でウールワースとコールズでは日本食を初め、アジアの食材も売っています。

ただ売っている種類はごく限られたものですから、本格的なエスニックの食材はやはり専門の食材店に行く必要があります。

上述の2つのスーパーで売っている日本食は、のり、みそ、インスタント味噌汁、長期保存パックの豆腐(新鮮な豆腐はベジタリアンのコーナーにあります)、麺類(インスタントラーメン、うどん、そばなど)、パン粉、インスタントカレー粉、わさび、マヨネーズ、しょうゆ、米 などです。

 

日本食材店および日本食材を売っているアジア食材店

シドニー

東京マート
住所:Shop 27, Northbridge Plaza133 Sailors Bay Road, Northbridge NSW 2063
電話番号: 02 9958-6860
公式サイト:junpacific.com/tokyomart/

コンビニ8
住所:303 Pitt St., Sydney
電話番号:02-9269-0556

夢屋
住所:Shop 2, 34-48 Alexander St., Crows Nest
電話番号:02 9439 3784

姉川商店
住所:1 Wilkes Ave, Artarmon, NSW
電話番号:9904-7313

ラッキーマート
住所:2 Wilkes Ave, Artarmon
電話番号:9413-2200

 

メルボルン

日本食材店

Fuji Mart Melbourne

34 Elizabeth St, Melbourne

(03) 9826 5839

公式サイト:http://www.junpacific.com/fujimartmel/

 

Tokyo Hometown Japanese Supermarket

41/45 A'Beckett St, Melbourne

(03) 9671 4548

公式サイト:https://www.facebook.com/TokyoHometownJapaneseSupermarket/

 

Hinoki Japanese Pantry

279 Smith St, Fitzroy

公式サイト:http://hinoki.com.au/

 

Merry season

211 La Trobe St, Melbourne

公式サイト:http://www.206bourkestreet.com/store/merry-seasons/

 

Suzuran

1025-1027 Burke Road, Camberwell

(03) 9882 2349

公式サイト:http://suzuran.com.au/contents/grocery

 

日本食材を売っているアジア食材店

 

Hometown Asian Supermarket

2/422-440 Elizabeth Street, Melbourne

 

KT Mart

600 Elizabeth St, Melbourne

公式サイト:http://www.ktmartmall.com.au/

 

ブリスベン

Fuji Mart (日本食材店)

Buranda Village

264 Ipswich Rd ·

 (07) 3172 7021

 

Genki Mart (アジア食材店)

3/24 S Pine Rd ·

(07) 3161 0511

 

アデレード

Little Tokyo (日本食材店)

Central Market Arcade, 2A Victoria Square Arcade, Adelaide

(08) 8231 2255

公式サイト: littletokyo.com.au/

 

Kim Wang Asian Grocery (日本食材を扱っているアジア食材店)

Central Market Flowers, 62-63 Grote St, Adelaide

(08) 8410 1555

 

パース

Fuji Mart

14/29 Station St, Subiaco WA 6008
Facebook:https://www.facebook.com/FujiMartPerth/

 

Nippon Food Supplies

Shop 26,Crossways Shopping Center,180 Rokeby Rd,Subiaco,WA 6008
公式サイト:http://www.nipponfoodsupplies.com.au/
Facebook:https://www.facebook.com/Nipponfoodsupplies/timeline

 

Loi's Eastern Supermart

125 Barrack St,Perth WA 6000
公式サイト:http://www.lion-oriental.com/

 

Yee Seng Oriental Supermarket(アジア食材店)

Mega Blacks Business Centre 36 Hulme St,Myaree WA 6154

 

Sponsored Link

オーストラリアの食べ物 ‐ オーストラリアの典型的なレストラン

オーストラリアの典型的なレストランでは、肉料理、海産物料理が食べられます。

メニューは、前菜、メイン、デザート、コーヒー/お茶の4コースくらいに分かれていますが、これらを全部注文する必要はありません。

最低限必要なのはメインコースの料理でその他はオプションです。

レストランによっては、前菜をメインとしてオーダーを取ってくれるところもあります。

料理は、日本とは違ってコースごとに出てきます。最初はこのやり方がもの足りなく感じる人もいるようですが、慣れてくると一つ一つの料理をじっくり味わうことができます。

 

オーストラリアの肉料理 ‐家畜の肉

オーストラリアでは家畜の放牧が盛んなため、レストランでは牛、豚、羊、ニワトリ、アヒルの肉を扱っています。

大抵はグリル、ロースト、スチームなど、簡単に調理したものにレストランご自慢のソースを掛けて食べます。

オーストラリアのビーフは日本にも輸出されていますが、その一方で1995年に日本から連れて来た和牛の人気が高まり、オーストラリア和牛協会なるものが結成され、和牛はオーストラリア全土に広まるようになりました。

日本でもお馴染のあの脂の乗った柔らかい和牛料理をメニューに載せているレストランも増えています。

 

オーストラリアの肉料理 ‐野生の動物の肉

日本でもイノシシなどの肉を食べる人もいますが、オーストラリアで食用に使われる野生の動物の肉はカンガルー、鹿、ウサギ、ワニ、エミューなどです。鹿やワニは養殖している場合もあります。

こうした肉は特定のレストランに行かないといけませんが、この中で以外においしいのがワニの肉です。

味はチキン、舌触りは魚のようでちょうどウナギのような食感です。

ちなみに、筆者はワニだと知らずに食べ、食べ終わった後にワニだったと言われどきりとしたことがあります。

 

オーストラリアのシーフード

海に囲まれたオーストラリアでは海産物も豊富です。魚はまぐろ、サーモン、いわし、鯛、イカ、エビなど大抵の物は取れますが、ユニークでおいしいのがバラマンディという川の魚です。

昔はクィーンズランドにしか生育していなかったので高価な物だったのですが、今では養殖するようになったので身近なものになりました。

シーフードの中で魚類は大抵のレストランでも扱っていますが、エビ、イカ、貝類はシーフードの専門店の方が種類も多く、調理の仕方にも工夫があります。

中でも日本のイセエビより2倍か3倍大きいロブスターやクレイフィッシュと呼ばれる大エビはシーフードの専門店でないと食べられません。この大エビは普通ガーリックバターなどで焼いて食べます。

その他のシーフードの食べ方としては、刺身にして食べるものもありますが、一度スチームしてから冷やして食べたり、グリルにしたり、てんぷらにして食べます。

シーフードレストランで楽しめるのが、プラターと呼ばれる大皿に何種類ものシーフードを盛った料理です。

味付けはなく、塩コショウ、ドレッシングなどを付けて食べます。

プラターには冷たい料理と熱い料理の2種類があります。白ワインやビールを飲みながらのシーフードプラターは格別です。

 

オーストラリアのサイドディッシュ

サイドディッシュは肉料理やシーフードといっしょに食べる副菜のことで、普通はポテトチップ、ウェッジ(ポテトチップよりジャガイモを厚めに切って油であげたもの)、マッシュポテト、サラダ、蒸した野菜(ニンジン、インゲン、ブロッコリー、カリフラワーなど)などが付きます。レストランではこのうちのどれか一つを選ぶ場合があります。

 

オーストラリアのデザート

オーストラリアのデザートはかなりヘビーです。

というのも、前菜やメインの料理にほとんど砂糖を使わないため、その分デザートにたくさんの砂糖を使うのです。

デザートの主なものとしては、アイスクリーム、プリン、チョコレートムース、テラミツ、パブロバなどがあります。

最近ではアートの要素を降り入れて美しく盛り付けたデザートが増えています。

量は少なく、値段も高いのですが、アートとして楽しみながら食べるのがトレンドになっています。

 

オーストラリアのワイン

オーストラリアにはワインの産地がたくさんあり、選ぶのに困るほどブランドも多くなっています。

ただ種類としては、大きく赤か白かという分け方をします。普通は肉料理には赤ワインが魚には白ワインが合うと言われています。

 

Sponsored Link

オーストラリアの食べ物 ‐ エスニック料理

オーストラリアにはざっと見渡しただけでも50以上の民族が移住して住んでいるため、世界中の様々な料理が楽しめます。

特に人気のあるのが中国料理、イタリア料理、ギリシャ料理、ベトナム料理、タイ料理、韓国料理、マレーシア料理、日本料理、インド料理、フランス料理、スペイン料理などです。(順不同)

一見、それぞれ本国に行って食べた方がおいしいのではと思われがちですが、オーストラリア人の口に合うように工夫してあるせいか、おいしいレストランが多いです。

この中で、一つの通りを独占する形でエスニック街を作ってレストランを構えているエスニック料理について詳細をご紹介します。

 

オーストラリアの中華料理

世界中大きな都市に行けばどこにでもあるのが中国街ですが、オーストラリアでは中国料理店は中国街に限らず、どこの小さな町に行ってもあります。

日本の中華料理とは少し違い、品数が多いのが特徴です。

また昼食の時間帯に開かれる飲茶(ヤムチャ)も人気があります。

飲茶ではシュウマイや肉まんのように肉、エビ、野菜を小麦粉の皮で包んで蒸した料理が多いですがそのほかにも煮込み料理も多く、通常はお茶を飲みながら食べます。

オーストラリアの中華街

シドニー:Dixon Street と Sussex Street

メルボルン:Little Burke Street., Melbourne

ブリスベン: Fortitude Valley内, Brisbane

ゴールドコースト: Davenport Streetと Young Street

アデレード:Adelaide Central Markets内

パース:Roe Street, Northbridge

 

オーストラリアのイタリア料理

オーストラリアで有名なイタリア街はメルボルンのライゴンス通り(Lygon Street)です。広い歩道にはテーブルと椅子を外に出した「テラス席」が並び、イタリアの雰囲気がいっぱいです。

メニューはお馴染のパスタ、ピザやトマトをふんだんに使った肉や魚介類料理ですが、アンティパストと言われるハムやセラミ、プロシュートなどを大皿に盛った前菜もおいしいです。

ライゴンストリートにはレストランだけでなくイタリアのアイスクリーム「ジェラティ」の店やケーキ屋、映画館などもありにぎやかな所です。

また「400 Gradi」というレストランのピザは2014年にイタリアで開かれた国際ピザコンテストで1位に選ばれています。

イタリアレストランは、中国料理と同じようにイタリア街の他にもオーストラリア各地の殆どの町にあります。

 

オーストラリアのギリシャ料理

ギリシャ料理にもイタリアの前菜に当たるものがありますが、イタリア料理と違うのはギリシャ料理ではタコやイカなどを酢漬けにしたものやオリーブ、干しトマトなどをパンと一緒に食べることです。

ギリシャ料理は全般的に海産物を使ったものが多く、チーズやサラダなどあっさりした味の料理が多いです。ギリシャ街で有名なのはメルボルンのローンズデール通り(Lonsdale Street) にあるものです。

 

オーストラリアのベトナム料理

ベトナム料理はヌクマㇺと呼ばれる魚醬をベースにした料理で、生野菜をふんだんに使うのが特徴です。

麺類もおいしく、麺類専門のレストランもあります。

また最近ではベトナムのロールパンに肉や野菜を挟んだ「バケット」が人気を呼んでいます。

ベトナム街はシドニーとメルボルンに大きなものがあります。

シドニーではキャブラマタ(Cabramatta)というエリア全体がベトナム人のコミュニティーになっています。

メルボルンではリッチモンド(Richmond)、フッツクレー (Footscray)、スプリングベール (Springvale)の3か所に分かれています。

 

オーストラリアのその他のエスニック料理店

その他のエスニック料理店は、街を形成してはいませんが、オーストラリアの各都市の至る所にあります。

ある人はオーストラリアに仕事で長期滞在していたのですが、毎晩異なるエスニック料理店に行き、世界中の料理を楽しんだと言っていました。

 

Sponsored Link

オーストラリアの食べ物 ‐ オーストラリアのトップレストラン

オーストラリアで外食をする際のレストランは数多くあり、そのすべてをご紹介することは不可能に近いため、ここではオーストラリアで権威あるレストランガイドブック「グッド・フード(Good Food)」に基づいて、推薦されたレストランのいくつかをご紹介します。

これまでのガイドブックは38年前にビクトリア州で出版されたのが最初ですが、その後シドニー、ブリスベンとそれぞれ独自のガイドブックを発行していました。

現在手元にある2018版のガイドブックはオーストラリア全体をまとめた完全ガイドで、今回が初版になります。

「グッド・フード」では、上位入賞を果たした500以上のレストランを紹介しています。

そのうちの半分以上は「創作料理」のレストランです。

これをみると、いかにオーストラリアで料理が人気になっているかがわかると思います。

 

ガイドブックの評価の表し方

ガイドブックでの評価は、基準に基づき各レストランに20点までのスコアをつけ選びますが、レストランの数が多いニューサウスウェールズ州とビクトリア州ではガイドブックに載るためには少なくとも14点取れれば良いですが、他州のレストランでは競争が少ないため最低15点が必要です。

高いスコアを獲得したレストランは点数に併せて、シェフ帽のアイコン()でランク付けされます。(ホテルの「☆」と同じような取扱いです。)

14:良い(帽なし)

15:大変良い(1つ帽)

16:素晴らしい(2つ帽)

17:優秀(2つ帽)

18:卓越している(3つ帽)

19:信じがたいほど素晴らしい(3つ帽)

20:完璧(4つ帽)

4つ帽を取ったレストランはないため、以下、3つ帽と2つ帽を取ったレストランをご紹介します。

2帽を取ったレストランの内、スコアが16点代のものは料理のタイプとサイトのリンク先のみの紹介になります。

これらのリンク先は英語のものしかない場合がほとんどですがご了承ください。

なおここでご紹介するレストランはすべて高級レストランであるため、価格は一般的なレストランより高めになっています。

メインコースで見ると3つ帽レストランでは$40以上で、2つ帽レストランでは$20~40になっています。ただし、これはあくまでも目安です。

 

3つ帽評価のレストラン

ニューサウスウェールズ州

 

キー

シドニー湾のオペラハウスを望む抜群の立地に建てられたレストランで土曜日のディナは6か月前に予約が必要です。

タレントシェフのピーター・ギルモア経営のレストランです。

正式名称:QUAY

料理の種類:創作料理

住所:Upper Level, Overseas Passenger Terminal, Sydney, NSW

電話番号:+61-(0)2-9251-5600

公式サイト:quay.com.au

営業日:ランチ‐金・土・日、ディナ:毎日

ガイドブックのスコア:18.5/20

 

セピア(Sepia)

シドニーのタウンホール近くにあるレストランです。ワインのセレクションも高く評価されています。

正式名称:SEPIA

料理の種類:創作料理

住所:201 Sussex Street, Sydney, NSW

電話番号:+61-(0)2-9283-1990

公式サイト:sepiarestaurant.com.au

営業日:ランチ‐金・土、ディナ‐火~土

ガイドブックのスコア:18.5/20

 

クィーンズランド州

アーベン

野菜料理がおいしいブリスベン市内にあるレストランです。スナック料理が楽しめます。

正式名称:URBANE

料理の種類:創作料理

住所:181 Mary St, Brisbane, QLD

電話番号:+61-(0)7-3229-2271

公式サイト:urbanerestaurant.com

営業日:ディナ‐木・金・土

ガイドブックのスコア:18/20

 

ビクトリア州

アティカ

メルボルンの静かな郊外にあるビクトリア州で最も有名なレストランです。

正式名称:ATTICA

料理の種類:創作料理

住所:74 Glen Eira Rd., Ripponlea, VIC

電話番号:+61-(0)3-9530-0111

公式サイト:attica.com.au

営業日:ディナ‐火~土

ガイドブックのスコア:18.5/20

 

ブリ―

ビクトリア州の西にあるグレートオーシャンロード近くにある世界的にも名を知られたレストランです。

通常混みあうので(月)のランチが少しゆったりできておすすめです。

正式名称:BRAE

料理の種類:創作料理

住所:4285 Cape Otway Rd, Birregurra, VIC

電話番号:+61-(0)3-5236-2226

公式サイト:braerestaurant.com

営業日:ランチ‐土~月、ディナ‐木~土

ガイドブックのスコア:18.5/20

 

ミナミシマ

日本人寿司シェフの南嶋さんの「おまかせメニュー」が人気です。

メルボルンの中心街の東側にある内装がシンプルなレストランです。

正式名称:MINAMISHIMA

料理の種類:日本料理

住所:4 Lord St., Richmond, VIC

電話番号:+61-(0)3-9429-5180

公式サイト:minamishima.com.au

営業日:ディナ‐火~土

ガイドブックのスコア:18/20

 

2つ帽評価でスコアが17点代のレストラン

オーストラリア首都特別区

 

オーバジン

首都キャンベラにあるレストランで、料理だけでなくチーズやおいしいとの評判です。

正式名称:AUBERGINE

料理の種類:創作料理

住所:18 Barker St., Griffith, ACT

電話番号:+61-(0)2-6260-8666

公式サイト:aubergine.com.au

営業日:ディナ‐月~土

ガイドブックのスコア:17/20

 

ニューサウスウェールズ州

ベネロング

タレントシェフのピーター・ギルモア経営のレストランで、観光スポットであるシドニーオペラハウス内にあります。

正式名称:BENNELONG

料理の種類:創作料理

住所:シドニーオペラハウス内

電話番号:+61-(0)2-9240-8000

公式サイト:bennelong.com.au

営業日:ランチ‐金~日、ディナ‐毎日

ガイドブックのスコア:17/20

 

ベントリー・レストラン&バー

炭火焼のビーフ料理が人気のシドニーの市街地のレストランです。

正式名称:BENTLEY RESTAURANT & BAR

料理の種類:創作料理

住所:Corner Pitt & Hunter St., Sydney

電話番号:+61-(0)28214-0505

公式サイト:thebentley.com.au

営業日:ランチ‐月~金、ディナ‐月~土

ガイドブックのスコア:17/20

 

ザ・ブリッジルーム

シドニー市街地にある落ち着いた雰囲気のレストランです。

正式名称:THE BRIDGE ROOM

料理の種類:創作料理

住所:44 Bridge St., Sydney, NSW

電話番号:+61-(0)2-9247-7000

公式サイト:thebridgeroom.com.au

営業日:ランチ‐火~金(10月~12月、月~金)、ディナ‐火~土

ガイドブックのスコア:17.5/20

 

シラス

シドニーで有名なシーフードのレストランです。窓からの眺めも素晴らしいですが、天井には1950年製のボートが飾られ独特の雰囲気を醸し出しています。

正式名称:CIRRUS

料理の種類:シーフード

住所:23 Barangaroo Ave., Barangaroo, NSW

電話番号:+61-(0)2-9220-0111

公式サイト:cirrusdining.com.au

営業日:ランチ・ディナ共毎日営業

ガイドブックのスコア:17/20

 

エスト

正式名称:EST

料理の種類:創作料理

住所:Level 1, The Establishment, Sydney, NSW

電話番号:+61-(0)2-9240-3000

公式サイト:merivale.com.au/est

営業日:ランチ‐月~金、ディナ‐月~土

ガイドブックのスコア:17/20

 

ルミダイニング

シドニーのパイロモント埠頭にあるレストランで、毎週金曜日限定の5コースのランチがおすすめです。

正式名称:LUMI DINING

料理の種類:創作料理

住所:56 Pirrama Rd., Pyrmong, NSW

電話番号:+61-(0)2-9571-1999

公式サイト:lumidining.com

営業日:ランチ‐金~日、ディナ‐水~日

ガイドブックのスコア:17/20

 

モモフクセイオボ

元々はラーメンのチェーン店でしたが、2015年からシェフが変わり、現在ではシェフ自身が子供のころに食べた料理を中心に提供しています。14コースのお試しメニューが人気です。

正式名称:MOMOFUKU SEIOBO

料理の種類:創作料理

住所:The Star, 80 Pyrmont St, NSW

電話番号:+61-(0)2-9657-9169

公式サイト:seiobo.momofuku.com

営業日:ランチ‐土、ディナ‐月~土

ガイドブックのスコア:17.5/20

 

オーメジョアットザスピット

ボートでもアクセスできるシドニーの埠頭に面したレストランで、スナック料理が自慢です。

正式名称:ORMEGGIO AT THE SPIT

料理の種類:イタリア料理

住所:D’Albora Marinas, The Spit, Spit Rd, Mosman, NSW

電話番号:+61-(0)2-9969-4088

公式サイト:ormeggio.com.au

営業日:ランチ‐金~日、ディナ‐水~日

ガイドブックのスコア:17.5/20

 

ピルアットフレッシュウォーター

地中海に浮かぶイタリアの「サルデニア島」のモダン料理が楽しめるレストランです。

正式名称:PILU AT FRESHWATER 

料理の種類:イタリア料理

住所:End of Moore, Rd, Freshwater, NSW

電話番号:+61-(0)2-9938-3331

公式サイト:pilu.com.au

営業日:ランチ‐火~日、ディナ‐火~土

ガイドブックのスコア:17/20

 

シックスペニー

シドニーの西部郊外にあるシンプルがテーマのレストランです。おすすめはランチメニュー。

正式名称:SIXPENNY

料理の種類:創作料理

住所:83 Percival Rd., Stanmore, NSW

電話番号:+61-(0)2-9572-6666

公式サイト:sixpenny.com.au

営業日:ランチ‐土~日、ディナ‐水~土

ガイドブックのスコア:17.5/20

 

テツヤズ

オーストラリアでおなじみになった日本人シェフ和久田哲也氏が経営するレストランです。

世界のベストレストラン50にも何度も選ばれており、2005年には4位になっています。

正式名称:TETSUYA’S

料理の種類:日本料理

住所:529 Kent St., Sydney, NSW

電話番号:+61-(0)2-9267-2900

公式サイト:tetsuyas.com

営業日:ランチ‐土、ディナ‐火~土

ガイドブックのスコア:17/20

 

ビクトリア州

カトラー&Co

レストランの建物は前と後ろに分かれていて、前側はカジュアル的で、後側はビジネス関係者用のフォーマルなディナ向きです。

正式名称:CUTLER & CO.

料理の種類:創作料理

住所:55-57 Gertrude St., Fitzroy, VIC

電話番号:+61-(0)3-9419-4888

公式サイト:cutlerandco.com.au

営業日:ランチ‐日、ディナ‐火~日

ガイドブックのスコア:17/20

 

ダイナーバイヘストンブルーメンタル

正式名称:DINNER BY HESTON BLUMENTHAL

料理の種類:創作料理

住所:Level 3, Crown Towers, 8 Whiteman St., Southbank, VIC

電話番号:+61-(0)3-8582-2061

公式サイト:dinner by heston

営業日:ランチ‐金~日、ディナ‐毎日

ガイドブックのスコア:17/20

 

フェン

ビクトリア州の西の南オーストラリアとの境寄りにあるレストランです。レストランの隣にはホテルも完備しています。

正式名称:FEN

料理の種類:創作料理

住所:22 Sackville St., Port Fairy, VIC

電話番号:+61-(0)3-5568-3229

公式サイト:fenportfairy.com.au

営業日:ディナ‐火~土

ガイドブックのスコア:17/20

 

グロッシーフロレンティーノアップステアーズ

メルボルンの歩行者天国にあるレストランで、アラカルトのメニューがおすすめです。

正式名称:GROSSI FLORENTINO UPSTAIRS

料理の種類:イタリア料理

住所:80 Bourke St., Melbourne, VIC

電話番号:+61-(0)3-9662-1811

公式サイト:grossi.com.au

営業日:ランチ‐月~金、ディナ‐月~土

ガイドブックのスコア:17/20

 

イグニ

ビクトリア州の第2の都市ジローンにあるレストランです。5~11コースの創作料理が楽しめます。

正式名称:IGNI

料理の種類:創作料理

住所:Ryan Place, Geelong, VIC

電話番号:+61-(0)3-5222-2266

公式サイト:restaurantigni.com

営業日:ランチ‐金~日、ディナ‐木~土

ガイドブックのスコア:17/20

 

レークハウス

ビクトリア州の北の温泉スポットにあるレストランです。

レストランのテラスから近くの湖が見下ろせる抜群のロケーションが魅力です。

ホテルもあり結婚式の会場として人気があります。

正式名称:LAKE HOUSE

料理の種類:創作料理

住所:4 King St., Daylesford, VIC

電話番号:+61-(0)3-5348-3329

公式サイト:lakehouse.com.au

営業日:ランチ、ディナ‐毎日営業

ガイドブックのスコア:17.5/20

 

ルーメ

メルボルンの市街地の南側にあるレストランです。斬新的な料理が人気です。

正式名称:LUME

料理の種類:創作料理

住所:226 Conventry St., South Melbourne, VIC

電話番号:+61-(0)3-9690-0185

公式サイト:restaurantlume.com

営業日:ランチ‐土、ディナ‐火~土

ガイドブックのスコア:17/20

 

プロベナンス

メルボルンから200kmほど北東に行ったところにあるレストランです。

日本料理をテーマとした創作料理を提供しています。

正式名称:PROVENANCE

料理の種類:創作料理

住所:86 Ford St., Beechworth, VIC

電話番号:+61-(0)3-5728-1786

公式サイト:theprovenance.com.au

営業日:ディナ‐水~日(冬場は木~日)

ガイドブックのスコア:17/20

 

ヴーデモンデ

超高層ビルリアルトタワーの55階にあるレストランです。

昔の展望台を改築したため窓からはメルボルンの街が一望できます。タレントシェフのシャノン・ベネットが経営しています。

正式名称:VUE DE MONDE

料理の種類:創作料理

住所:Level 55 Rialto Towers, 525 Collins St., Melbourne, VIC

電話番号:+61-(0)3-9691-3888

公式サイト:vuedemonde.com.au

営業日:ランチ‐木~日、ディナ‐毎日

ガイドブックのスコア:17.5/20

 

ウッドランドハウス

昔の豪邸内にあるエレガントなレストランです。一般の料理の他においしいベジタリアン料理も楽しめます。

正式名称:WOODLAND HOUSE

料理の種類:創作料理

住所:78 Williams Rd., Prahran, VIC

電話番号:+61-(0)3-9525-2178

公式サイト:woodlandhouse.com.au

営業日:ランチ‐木・金、ディナ‐火~土

ガイドブックのスコア:17/20

 

クィーンズランド州

アリアブリスベン

ブリスベンの市街地の川辺に作られたレストランです。ステーキの種類が魅力的です。

正式名称:ARIA BRISBANE

料理の種類:創作料理

住所:Eagle Street Pier, 1 Eagle St., Brisbane, QLD

電話番号:+61-(0)7-3233-2555

公式サイト:ariarestaurant.com

営業日:ランチ‐月~金、ディナ‐毎日

ガイドブックのスコア:17/20

 

エスクワイア

正式名称:ESQUIRE

ブリスベンの川辺にあるレストランです。バラエティーに富んだソースや調味料を使った料理が人気です。

料理の種類:創作料理

住所:145 Eagle St., Brisbane, QLD

電話番号:+61-(0)7-3220-2123

公式サイト:esquire.net.au

営業日:ランチ‐火~金、ディナ‐火~土

ガイドブックのスコア:17.5/20

 

南オーストラリア州

アデレードの市街地にあるレストランです。貝柱を使った料理が人気です。

正式名称:RESTAURANT ORANA

料理の種類:創作料理

住所:Level 1, 285 Rundle St., Adelaide, SA

電話番号:+61-(0)8-8232-3444

公式サイト:restaurantorana.com

営業日:ランチ‐金、ディナ‐火~土

ガイドブックのスコア:17/20

 

2つ帽の評価でスコアが16点代のレストラン

オーストラリア首都特別区

オットマン・クイジン

正式名称:OTTOMAN CUISINE

料理の種類:トルコ料理

公式サイト:ottomancuisine.com.au

 

ニューサウスウェールズ州

アリア

正式名称:ARIA

料理の種類:創作料理

公式サイト:ariarestaurant.com/sydney

 

オートマタ

正式名称:AUTOMATA

料理の種類:創作料理

公式サイト:automata.com.au

 

ビオタダイニング

正式名称:BIOTA DINING

料理の種類:創作料理

公式サイト:biotadining.com

 

エステル

正式名称:ESTER

料理の種類:創作料理

公式サイト:ester-restaurant.com.au

 

ファイアードア

正式名称:FIREDOOR

料理の種類:創作料理

公式サイト:firedoor.com.au

 

フリート

正式名称:FLEET

料理の種類:創作料理

公式サイト:fleet-restaurant.com.au

 

フレッズ

正式名称:FRED’S

料理の種類:創作料理

公式サイト:merivale.com.au/freds

 

アイスバーグズダイニングルーム&バー

正式名称:ICEBERGS DINING & BAR

料理の種類:イタリア料理

公式サイト:idrb.com

 

ルチオズ

正式名称:LUCIO’S

料理の種類:イタリア料理

公式サイト:ipsqualitymeats.com

 

モノポール

正式名称:MONOPOLE

料理の種類:創作料理

公式サイト:monopolesydney.com.au

 

ミスターウォン

正式名称:MR. WONG

料理の種類:中華料理

公式サイト:merivale.com.au/mrwong

 

ミューズレストラン

正式名称:MUSE RESTAURANT

料理の種類:創作料理

公式サイト:musedining.com.au

 

オスシレートワイルドリー

正式名称:OSCILATE WILDLY

料理の種類:創作料理

公式サイト:oscillatewildly.com.au

 

ポルテーノ

正式名称:PORTENO

料理の種類:アルゼンチン料理

公式サイト:porteno.com.au

 

レストランヒューバート

正式名称:RESTAURANT HUBERT

料理の種類:フランス料理

公式サイト:restauranthubert.com

 

ロックプールバー&グリル

正式名称:ROCKPOOL BAR &GRILL

料理の種類:ステーキ料理

公式サイト:rockpoolbarandgrill.com

 

セントピーター

正式名称:SAINT PETER

料理の種類:シーフード料理

公式サイト:saintpeter.com.au

 

ビクトリア州

コーダ

正式名称:CODA

料理の種類:モダンアジア料理

公式サイト:codarestaurant.com.au

 

エステレバイスコットピケット

正式名称:ESTELLE BY SCOTT PICKETT

料理の種類:創作料理

公式サイト:estellebysp.com

 

エザード

正式名称:EZARD

料理の種類:創作料理

公式サイト:ezard.com.au

 

フラワードラム

正式名称:FLOWER DRUM

料理の種類:中華料理

公式サイト:flowerdrum.melbourne

 

クロキスメ

正式名称:KURO KISUME

料理の種類:日本料理

公式サイト:kisume.com

 

オーマイ

正式名称:O.MY

料理の種類:創作料理

公式サイト:omyrestaurant.com.au

 

ロックプールバー&グリル

正式名称:ROCKPOOL BAR & GRILL

料理の種類:ステーキ料理

公式サイト:rockpoolbarandgrill.com.au

 

ロゼッタ

正式名称:ROSETTA

料理の種類:イタリア料理

公式サイト:rosettarestaurant.com.au

 

セントクリスピン

正式名称:SAINT CRISPIN

料理の種類:創作料理

公式サイト:saintcrispin.com.au

 

スパイステンプル

正式名称:SPICE TEMPLE

料理の種類:中華料理

公式サイト:spicetemple.com.au

 

テンミニッツバイトラクター

正式名称:TEN MINUTES BY TRACTOR

料理の種類:創作料理

公式サイト:tenminutesbytractor.com.au

 

クイーンズランド州

ジェラーズビストロ

正式名称:GERARD’S BISTRO

料理の種類:中近東料理

公式サイト:gerardsbistro.com.au

 

ゴマレストラン

正式名称:GOMA RESTAURANT

料理の種類:創作料理

公式サイト:qagoma.qld.gov.au/eat

 

ストークハウスQ

正式名称:STOKEHOUSE Q

料理の種類:創作料理

公式サイト:stokehouseq.com.au

 

ワサビ

正式名称:WASABI

料理の種類:日本料理

公式サイト:wasabisb.com

 

南オーストラリア州

ヘントリーファーム

正式名称:HENTLEY FARM

料理の種類:創作料理

公式サイト:hentleyfarm.com.au

 

マギルイステートレストラン

正式名称:MAGILL ESTATE RESTAURANT

料理の種類:創作料理

公式サイト:magillestaterestaurant.com

 

タスマニア州

ジ・アグラリアンキッチンイータリー&ストア

正式名称:THE AGRARIAN KITCHEN EATERY & STORE

料理の種類:創作料理

公式サイト:theagrariankitchen.com

 

西オーストラリア州

カレンワインズ

正式名称:CULLEN WINES

料理の種類:創作料理

公式サイト:cullenwines.com.au

 

ヴァッセフェリックス

正式名称:VASSE FELIX

料理の種類:創作料理

公式サイト:vassefelix.com.au

 

オーストラリアの食べ物 ‐ まとめ

オーストラリアの食べ物について、特有な食べ物や持ち込み制限、また家庭での食文化や現在のトレンド、そしてレストランの案内などをまとめてみました。

個人的に、日本に帰国した時は日本料理を満喫しますが、しばらくすると恋しく思うのがオースラリアの多様性に富んだ食べ物です。

食材店やレストランはもちろん市街地に多いですが、そこだけに留まらず少し郊外にも足を延ばしてオーストラリアのユニークな食文化を楽しんでみてください。

オーストラリアの食べ物に関しては「オーストラリアの料理の美味しさや特徴、おすすめ最新情報をお伝えします!」および「オーストラリアの食事マナーやおすすめ、値段など徹底解説!」でも詳しい内容をお伝えしています。
<