1. TOP
  2. マレーシア 空港 
  3. クアラルンプール空港のタクシー利用方法と注意点
Sponsored Link

クアラルンプール空港のタクシー利用方法と注意点

クアラルンプールのタクシー料金は日本と比べてかなり安く、最も待ち時間の少ない便利な移動方法です。

しかし、慣れない海外で利用するタクシーに不安や緊張は付きもの、この記事ではクアラルンプールでのタクシーの種類や、利用方法に関する情報と注意すべき点などを詳しくまとめています。

初めてクアラルンプールに行く方や、タクシーを利用する予定がある方はぜひ参考にしてください。

 

Sponsored Link




タクシーの種類

マレーシアのタクシーには、料金体系に3つの種類があります。

まずはその違いを知っておきましょう。

 

チケット制

クアラルンプール国際空港、KLセントラル駅などの主要駅にはチケット制タクシーがあり、目的地ごとに金額が決まっている前払い制になり、一切の追加料金が無くチップなども支払う必要はありません。

利用方法はカウンターで目的地までのチケットを購入し、タクシー乗車後は目的地に着いたらチケットの半券をドライバーに渡すだけでOKです。

念のためタクシーに乗車してすぐでは無く、目的地に着いてから渡すように注意すると良いでしょう。

明朗な会計制度は安心度が高く、クレジットカードの利用も可能なため、観光客などに人気の制度です。

メリットは料金交渉の手間が無く、ぼったくりなどの被害にあいづらいこと、デメリットはメーター制や交渉制より多少割高になる可能性があることです。

料金は目的地だけでなく車種によっても異なり、以下で詳しく紹介しています。

 

メーター制

メーター制は日本のタクシーと同様のシステムで、空港や主要駅以外ではほとんどがメーター制になります。

初乗りは通常RM3ですが、高級ホテルなどでタクシーを呼ぶとエグゼクティブタクシーまたはプレミアムタクシーと言われる高級タクシーがくることがあります。

高級タクシーはキレイで乗り心地も良いですが、通常タクシーの倍の金額RM6必要になるため、希望があれば前もって伝えておくと安心です。

 

交渉制

観光地などでタクシーを捕まえると交渉制の場合が多いです。

メーター制との見分け方は、ドライバーに目的地を伝えた時に返答がOKなどでなく金額だった場合が交渉制になります。

最もぼったくりに合いやすいのは交渉制のタクシーなので、価格が希望に合わなければ断っても問題ありません。

交渉制は日本では馴染みがなく面倒に感じるかもしれませんが、マレーシアでは地元の人も活用している一般的な方法なので、楽しみながら利用できると良いですね。

 

Sponsored Link




クアラルンプール空港のタクシー

空港からのタクシーに乗る場合、メータータクシーの利用も可能ですが、安心感や確実性からチケット制のクーポンタクシーを選ぶ方が多いです。

乗り場はKLIAターミナルの場合Lower level(地上階)、KLIA2ターミナルの場合Level1(1階)となり、イミグレーションや荷物の受け取りを済ませて進むと、タクシー乗り場の方向を示す看板がたくさんあるので、看板を目印に進めば簡単に乗り場へは到着します。

乗り場ではチケット制のクーポンタクシーを利用したい方は「Coupon Taxi」の表示を、メーター制のタクシーを利用したい方は「Metered Taxi」という表示を目印にすると良いでしょう。

 

料金の目安

ここでは、空港からクアラルンプール市内までのタクシー料金の目安を、チケット制のクーポンタクシーとメータータクシーの2種類・車種ごとに紹介します。

※あくまで2018年1月時点の参考料金のため、今後変更になる可能性もあります。

 

チケット制

チケット制のタクシーには、3種類の車種があります。

最も安価なBudget(バジェット)タイプは定員3名の普通乗用車、Premier(プレミア)タイプは定員4名でバジェットよりキレイな高級車、Family(ファミリー)タイプは最大8名乗車可能な大型車になります。

 

クアラルンプール市内までの目安料金は

Budget(バジェット)RM84.30

Premier(プレミア)RM118.70

Family(ファミリー)RM233.10

24:00~6:00の間は深夜割増料金が発生し、上記に+50%料金が加算されます。

 

価格重視の方にはBudget(バジェット)タイプが、少しでもキレイなタクシーに乗りたいという方にはPremier(プレミア)タイプ、大人数での利用にはFamily(ファミリー)タイプがオススメです。

 

メーター制

メーター制タクシーにも3種類あり、チケット制とは車種がやや異なります。

一番安価なのはチケット制同様Budget(バジェット)タイプ、車体は赤一色のものや、赤と白や緑などのツートンカラーが多いですが、黄色や紫のものもあり特に規定は定まっていないようです。

中間の金額に当たるのがTEKS1M(個人タクシー)、個人タクシーのため車種やボディカラーは様々ですが、外から見て分かるように「TEKS1M」という記載が必ずあります。

最も高いのがExecutive(エグゼクティブ)タイプ、高級ホテルなどでよく見られ、青いボディカラーが特徴で「ブルータクシー」とも呼ばれています。

 

各車種ごとの目安料金は下記になります。

 

Budget(バジェット)

  • 初乗り運賃 RM3.00
  • 距離運賃 RM0.25/200メートル
  • 時間運賃 RM0.25/36秒

 

TEKS1M(個人タクシー)

  • 初乗り運賃 RM4.00
  • 距離運賃 RM0.35/200メートル
  • 時間運賃 RM0.30/36秒

 

Executive(エグゼクティブ)

  • 初乗り運賃 RM6.00
  • 距離運賃 RM0.20/100メートル
  • 時間運賃 RM0.20/21秒

 

※上記の料金に更に追加料金が発生する場合があります。

  • チケット制同様、24:00~6:00は深夜料金となり50%増し
  • 予約して利用する場合+RM2.00
  • 高速や有料道路の通行料は実費を乗客が負担
  • 空港の乗り場で一般タクシー利用料RM4が別途必要

 

空港からクアラルンプール市内までの高速代を含めた目安料金は、Budget(バジェット)RM75~100、TEKS1M(個人タクシー)RM100~130、Executive(エグゼクティブ)RM130~150ほどです。

 

タクシーはメーター制でもチケット制でも同様のルートを利用することが多く、クアラルンプール市内までの移動の所要時間は60分ほどが目安となります。

 

Sponsored Link




タクシー利用時の注意点

マレーシアでタクシーを安全に利用するために、知っておきたい注意点を5つ紹介しています。

 

①無許可の白タクに乗らない

きちんと営業許可を受けたタクシーは、車体上部にTeksiのサインがあり、ナンバープレートでも見分けがつくようになっています。

白地に黒文字のナンバーが営業許可を受けたタクシーであり、黒地に白文字のナンバーであれば個人の自家用車です。

メーター制・交渉制のタクシーを利用する場合、無許可の白タクには乗らないように注意しましょう。

 

②チケット制タクシーでは追加料金を支払わない

チケット制のクーポンタクシーでは、高速料金やガソリン代などすべて含まれています。

稀に要求されるケースがありますが、毅然とした態度で断りましょう。

チップも基本的に支払う必要はありません。

お世話になったのでどうしても渡したいという時以外は良いですが、極力控えた方が良いでしょう。

誰かが支払ってしまうと同様の被害が拡大してしまうので気を付けましょう。

 

③ぼったくり交渉制タクシーは乗車せずに断る

交渉制のタクシーで法外な値段を提示された場合、その場で断って違うタクシーを探しましょう。

また、きちんとした料金の提示が無く、メーターを倒さないタクシーにも乗らない方が安心です。

手放しで安心して乗車せず、走り出す前にきちんと交渉し、おかしいと思ったら断ることや、交渉が済むまで乗らないことも大切です。

 

④知らない人との相乗りは断る

知らない人との相乗りをするよう要求された場合は、必ず断りましょう。

相乗りしてきた人と運転手がグルになって、事件やトラブルに見舞われるというケースもありえます。

 

⑤一人での乗車には十分注意する

特に夜遅くや女性1人での利用はなるべく避けた方が安心です。

どうしても必要な場合は、信用のおける場所(利用したレストラン、ホテルのフロントなど)でタクシーを呼んでもらう、もしくは以下で紹介しているような配車アプリを利用するのもオススメです。

いい運転手さんに出会ったら、名刺をもらっておいて、繰り返し利用するのも良いでしょう。

人気のない道路などで、流しのタクシーに乗車するのは極力避けるようにしましょう。

 

配車アプリ

配車アプリはスマホなどにアプリをダウンロードをし、アプリを利用して配車を依頼するサービスです。

wifiなどの電波が必要になりますが、前もって料金やルートを確認した状態で依頼ができ、現金・クレジット決済から選べます。

一般的なタクシーよりも支払いやその他のトラブルが少なく、マレーシアでは政府も推奨するサービスとなっています。

更に通常のタクシーより安くなることもあり、待ち時間が少ないこと、料金が事前に確認できること、ドライバーの評価を確認してから依頼できるなど、利用のメリットの多さから徐々に人気が高まっています。

ただし、配車サービスを利用したからと言って100%安全が確保されているわけでは無いので、特に1人で利用される場合は十分に注意しましょう。

現在は配車アプリが2種類あり、機能は似通っているため、利用者の好みで使い分けられています。

 

・GRAB(グラブ)

東南アジア8カ国(シンガポール・マレーシア・インドネシア・タイ・ベトナム・フィリピン・ミヤンマー・カンボジア)154都市で利用可能な配車サービスで、利用規模は拡大中です。

 

GRAB(グラブ)の特徴

  • タイプを選べる(Grab Car個人ドライバー、Grab Taxiタクシー、Grab Bikeバイクタクシー、Grab Share相乗りタクシーなど)
  • マレーシア人が創業しシンガポールに本社があるためアジアでの人気が高い
  • アプリは日本語対応していないため、英語などの案内を見ながら操作が必要
  • 目的地の詳細が設定しづらく、口頭で説明が必要な場合がある
  • キャンセル・変更が不可
  • 呼び出し手数料が発生する

GRAB公式サイト→https://www.grab.com/sg/

 

・UBER(ウーバー)

世界82カ国・632都市で利用可能、今や世界的に有名なサービスで、利用規模は現在も拡大中、日本でも一部の地域で利用されています。

 

UBAR(ウーバー)の特徴

  • 日本も対象国のため、アプリが日本語対応
  • 目的地などの設定が細かくできるため、乗車後追加で説明する手間が少ない
  • 手数料が無い
  • 途中で変更や申込後キャンセルができる(キャンセル料あり)
  • タクシーでなく一般の運転手のみ(車タイプは選べる)

 

UBER公式サイト→https://www.uber.com/ja-JP/fare-estimate/

 

料金は車タイプによっても異なるため、GRAB(グラブ)・UBAR(ウーバー)どちらが安いかは一概には言えません。

会話に不安があればUBERが、一般の運転手ではなくタクシーを配車したいのであればGRABが好まれています。

また、「どちらかはすぐ手配できるが、どちらかは時間がかかる」ということもありえるため、どちらのアプリもダウンロードし、併用している利用者も増加しています。

 

上記のタクシーや配車アプリ以外にも、クアラルンプール空港からクアラルンプール市内までの様々な移動方法や料金、所要時間などの詳しい情報を「クアラルンプール国際空港から市内へのアクセス方法」にてお伝えしています。

 

Sponsored Link




貸切・チャータータクシーについて

単純にクアラルンプール空港⇔ホテル間などの移動だけでなく、いくつか観光スポットなどを周りたい場合に人気があるのが、タクシーの貸切・チャーターです。

もちろん空港送迎のみをチャーターで依頼することもできますが、貸切は4時間~・半日・一日などが選べ、最大6名乗車可能なワゴンや、希望に合わせて大型バスの手配も可能です。

ドライバーのみの依頼だけでなく、日本語ガイドの搭乗を追加で依頼することもできるので、移動や言葉などに不安がある方に最適です。

予算はRM400~、後は車のサイズや貸切時間、ガイドの有無、目的地などにより変動します。

 

参考サイト

クアラルンプール 貸切チャーター あなた流に自由に観光<半日・1日/日本語ガイド>

クアラルンプールでの貸切チャーター予約|空港送迎・プライベートガイド、専用車手配

 

地元の方から観光客まで、幅広く利用者がいることから種類も多いクアラルンプールのタクシーですが、上手く使えば他の乗り物より待ち時間無く、価格もお得に移動ができる可能性もあります。

クアラルンプールのタクシーの料金形態や種類、手配方法、注意点などを理解し、この記事が少しでも安全で楽しい旅のお役に立てれば幸いです。

Sponsored Link




Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

担当

担当

その他の記事  記事一覧

  • クアラルンプール空港の免税店・手続方法とショップリスト

  • クアラルンプール空港のタクシー利用方法と注意点

  • クアラルンプール国際空港から市内へのアクセス方法

  • クアラルンプール空港での乗り継ぎ(トランジット)方法と過ごし方

関連記事

  • クアラルンプール国際空港から市内へのアクセス方法

  • クアラルンプール空港での乗り継ぎ(トランジット)方法と過ごし方

  • クアラルンプール空港のラウンジ完全ガイド!

  • クアラルンプール空港の免税店・手続方法とショップリスト

  • クアラルンプール空港のホテル情報完全ガイド!