1. TOP
  2. タイ 生活
  3. タイの家賃!都市別の相場や支払い方法など詳しくご紹介します!
Sponsored Link

タイの家賃!都市別の相場や支払い方法など詳しくご紹介します!

タイ 生活   426 Views

タイの物価は日本の1/3程度で、タイの賃貸物件においては家賃が日本の1/3〜1/2しかからず、基本的に日本よりも内装が綺麗なので、日本以上に居住環境が良いと言えます。

タイで快適に暮らすためには住む場所が非常に重要となりますし、家賃に関して気になる方が多いと思いますので、当ページではタイの住居や家賃について詳しくご説明します。

 

タイにおける住居形態

まず、タイの住宅形態に関してですが、タイで泊まることができる宿泊施設には「ゲストハウス」と「ホテル」、賃貸物件としては「アパート」、「コンドミニアム」、「一戸建て」があります。

 

賃料

特徴

ゲストハウス

日100B〜

観光客向けの単発宿泊施設。1室を複数で共有するドミトリーと1人部屋の2タイプがある。

ホテル

日200B〜

観光客向けの単発宿泊施設。ゲストハウスよりも間取りが広く、衛生環境が良く、設備が整っている。

アパート(一般)

月5,000B〜

日本のハイツやアパートに相当する賃貸物件。1年または2年単位の契約が基本となる。

コンドミニアム

月10,000B〜

日本のマンションに相当する賃貸物件。アパートよりも衛生環境が良く、設備が充実している。(高価なところはプール・ジム付き)1年または2年単位の契約が基本となる。

一戸建て

月30,000B〜

長期滞在者・移住者向けの物件。各都市の中心部には少ないが、郊外では空き家が多く存在する。1年または2年単位の契約が基本となる。

※円/バーツの最新為替レートはYahoo!ファイナンスでご確認ください。

ゲストハウスはいわゆる「安宿」で、間取りが狭く、また最低限の設備しか整っていませんが、その分宿泊料が格安に設定されていますので、節約される方にうってつけの宿泊施設と言えます。

ホテルはゲストハウスよりも間取りが広く、設備・セキュリティーともに充実した宿泊施設で、宿泊料の幅が非常に広いものの、比較的安価なところでも快適に泊まることができるので、観光旅行などでタイに短期滞在される方だけでなく、中期滞在・長期滞在される方にもお勧めです。

 

タイのアパート

タイのアパートは、日本のハイツやコーポ、アパートなどの低階層の賃貸物件に相当し、安いところでは月5,000Bから借りることができます。

月5,000Bのアパートはワンルーム(スタジオタイプ)が多く、基本的にはエアコンのほか、最低限の家具(ベッドやクローゼットなど)以外は設置されていません。

衛生環境やセキュリティーに関しては良好とは言えませんが、住み心地が良く、コストパフォーマンスが非常に高いので、予算が少ない方にうってつけと言えるでしょう。

また、タイのアパートには「サービスアパート」と呼ばれる、一般的なアパートとホテルの中間にあたる賃貸物件も存在し、掃除や洗濯、朝食などホテルのようなサービスを受けることができます。

このようなサービスが受けられるほか、フロントスタッフが常駐していたり、家賃に光熱水費が含まれていることもあって、一般的なアパートよりも家賃はかなり高く設定され、安いところでも月15,000Bほどかかります。

一般的なアパートと比べて衛生環境が良いところが多く、至れり尽くせりのサービスを受けることができますので、忙しい留学生や就労者にお勧めの賃貸物件です。

 

タイのコンドミニアム

コンドミニアムは日本のマンションに相当する高階層の賃貸物件で、安いところでは月10,000Bから借りることができます。

コンドミニアムには家具一式が備わっているところが多く、また衛生環境が良く、警備員が常駐しているなど、さまざまな面において一般的なアパートを上回ります。

また、プールやジムなどが備わっているところもありますので、アミューズメントにおいても居住環境は申し分ありません。

周囲の環境における衛生やセキュリティーの問題から、日本と同様に低層階の方が家賃が安く、高層階になるほど家賃が上がっていきます。

タイではデング熱をはじめとする蚊を媒体とした病気の発症リスクがあり、ウイルスを持つ蚊は主に夜に活動することから、低層階では蚊を媒体とした病気にかかる可能性が高まりますので、せっかくコンドミニアムに住むのでしたら、少し割高になっても高階層を借りることを強くお勧めします。

タイのコンドミニアムの詳細は、「タイでのコンドミニアムの賃貸、購入・売却(投資目的)方法」にてご確認ください。

 

タイの一戸建て

タイの長期滞在者が住居は、基本的にアパートかコンドミニアムになりますが、年単位で借りられる一戸建ての住宅も存在し、安いところでは月30,000Bから借りることができます。

ただし、バンコクやチェンマイ、プーケット、パタヤなどの主要・観光都市には少なく、また都市中心部にはほとんどありませんので、一戸建てを借りる場合には主に郊外や地方都市に住むことになります。

賃貸として契約できるだけでなく、マイホームとして一戸建てを購入することもでき、安いところでは2,000,000Bほどで購入可能で、標準クラスで3,000,000~4,000,000Bほど。

しかし、タイでは外国人が土地を所有することができず、一戸建てを購入したとしても完全にマイホーム化することはできないので、ご注意ください。(会社名義での土地の所有は可能)

 

タイの主要都市別の家賃相場差

このように、タイでの住居にはさまざまなものがありますが、ひとえに賃貸といっても立地や間取り、設備・セキュリティーなどによって家賃は大きく異なります。

また、タイの主要・観光都市であるバンコク、チェンマイ、プーケット、パタヤの各都市において若干ながら家賃相場に差がみられます。

主要・観光都市

家賃相場の高低差

空き物件数

バンコク

やや高い

多い

チェンマイ

安い

やや多い

プーケット

高い

やや少ない

パタヤ

やや安い

やや少ない

バンコクには住居が非常に多く、タイの中で最も家賃幅の大きい都市で、地方都市並みに安い賃貸がある一方で、富裕層を対象とした高級賃貸も数多く存在します。

チェンマイは北部に位置するタイで2番目に経済が発展している都市ですが、観光地として目立ったところが少ないせいか、バンコクと比較すると家賃はかなり安く設定されています。

プーケットはタイ有数のリゾート地であることから、全体的にバンコクよりも家賃がやや高く、ビーチに近い賃貸ほど高値に設定されています。

パタヤもリゾート都市ではありますが、プーケットよりも知名度が低く、就職地としては閑散としていますので、家賃は総じてやや安く設定されています。

 

タイの主要都市別における人気の居住エリア

バンコク、チェンマイ、パタヤの4つがタイの主要・観光都市になりますが、いずれの都市でも賃貸によって家賃が大きく異なりますので、居心地のよい居住環境を手に入れるためにも、しっかりとリサーチした上で、予算や条件に見合ったところを借りることが大切です。

また、居住エリアの選択も非常に大切で、安価な家賃に惹かれて微妙な立地にある賃貸を借りてしまうと、日常生活において不便を感じかねません。

各都市には日本人の住居者が多いエリアが存在し、基本的にその周囲には日本人向けの施設や飲食店が建ち並んでいますので、タイ初心者やタイでの賃貸契約が初めてという方は、人気エリアにある賃貸に住むのが良いかと思います。

主要・観光都市

人気のエリア

バンコク

スクンビット通り(Sukhumvit Rd)

チェンマイ

ニマンヘミン通り(Nimmanhaemin Rd)

ホイケオ通り(Huay Kaew Rd)

プーケット

パトン地区(Patong)

プーケットタウン(Phuket Town)

ラワイ地区(Rawai)

パタヤ

セントラルパタヤ(Central Pattaya)

ナクルア地区(Naklua)

人気エリアにある賃貸はやや割高となっていますが、よく分からないエリアよりも安心して暮らすことができますので、検討してみてください。

なお、以下にてバンコク、チェンマイ、プーケット、パタヤの4都市における賃貸(コンドミニアム)の家賃相場をご紹介します。

 

バンコクにおける賃貸の家賃相場

まずバンコクの賃貸ですが、バンコクで日本人に最も人気の高いエリアが「スクンビット通り」で、居住する日本人が多いことから、このエリアの一部は日本人街とまで称されています。

また、スクンビット通りは非常に長いものの、日本人が住むエリアは限定的で、主にBTSのアソーク駅からオンヌット駅までの区域に集中しています。

コンドミニアムの家賃相場(スクンビット通り)

間取り

最低クラス

標準クラス

スタジオ

10,000B

15,000〜20,000B

1ベッドルーム

13,000B

20,000〜25,000B

2ベッドルーム

18,000B

25,000〜30,000B

3ベッドルーム

22,000B

30,000〜35,000B

バンコクにおける日本人の人気エリアであるスクンビット通りには、数多くのコンドミニアムが存在し、安いところのスタジオタイプ(ワンルーム)では12,000Bが相場で、もちろんこれより安いコンドミニアムもたくさんあります。

また、間取りが広くなるほど、高層階になるほど家賃が高くなっていきます。

日本では築年数が新しいほど大幅に家賃が高くなっていきますが、タイでは上昇幅が少なく、基本的には立地が良く設備が充実している賃貸ほど高額になります。

なお、バンコクのコンドミニアムに関する詳細は、「バンコクのコンドミニアム!格安物件の見つけ方と賃貸・売買の手引き」をご覧ください。

 

チェンマイにおける賃貸の家賃相場

チェンマイで日本人に最も人気の高いエリアが「ニマンヘミン通り」で、この通りは雑貨屋や洋服屋、レストランなどの小規模店が多く建ち並ぶチェンマイ屈指のオシャレスポットです。

また、旧市街からチェンマイ大学付近に延びる「ホイケオ通り」の人気も高く、この通り沿いや周辺には多くの日本人が居住しています。

コンドミニアムの家賃相場(ニマンヘミン通り、ホイケオ通り)

間取り

最低クラス

標準クラス

スタジオ

6,000B

10,000〜13,000B

1ベッドルーム

8,000B

13,000〜16,000B

2ベッドルーム

11,000B

16,000〜19,000B

3ベッドルーム

14,000B

19,000〜22,000B

チェンマイは観光地として目立ったところが少ないためか、タイで2番目に発展した都市でありながらも家賃は非常に安価です。

また、間取りが広くなっても家賃の上昇幅はそれほど大きくありませんので、予算に余裕があれば居心地を重視して少し広い部屋を借りると良いでしょう。

 

プーケットにおける賃貸の家賃相場

プーケットにおいては、西部に位置する「パトン地区」、東部に位置する中心街の「プーケットタウン」、最南部に位置する「ラワイ地区」が日本人に人気のエリアです。

パトン地区とプーケットタウンはプーケット有数の観光スポットであることから、高級なコンドミニアムが多く、平均すると家賃は高く設定されていますが、安いところも数多く存在しますので、予算が少ない方でも住むことは十分可能です。

コンドミニアムの家賃相場(パトン地区、プーケットタウン、ラワイ地区)

間取り

最低クラス

標準クラス

スタジオ

12,000B

17,000〜22,000B

1ベッドルーム

15,000B

22,000〜27,000B

2ベッドルーム

20,000B

27,000〜32,000B

3ベッドルーム

25,000B

32,000〜37,000B

ただし、プーケットはバンコクよりも圧倒的にコンドミニアムの軒数が少なく、安く条件の良いところは早々に埋まってしまいます。

また、プーケットのコンドミニアムはスタジオタイプまたは1ベッドルームが多い一方、2ベッドルーム以上の間取りの広いところはかなり少数で、全体的に高額になっていますので、ご家族で住む場合にはアパートの方が良いかもしれません。

なお、プーケットには賃貸仲介業者がほとんどありません。

基本的には自分の足で探す形になりますので、さまざまなエリアに出向いて入居募集の張り紙から電話をするか、フロントスタッフに直接お尋ねください。

 

パタヤにおける賃貸の家賃相場

パタヤでは、主に中心部の「セントラルパタヤ」と北部の「ナクルア地区」が日本人に人気のエリアとなっています。

コンドミニアムの家賃相場(セントラルパタヤ、ナクルア地区)

間取り

最低クラス

標準クラス

スタジオ

8,000B

13,000〜17,000B

1ベッドルーム

10,000B

17,000〜22,000B

2ベッドルーム

14,000B

22,000〜25,000B

3ベッドルーム

18,000B

25,000〜28,000B

パタヤのコンドミニアムはバンコクよりもやや安く、スタジオタイプなら5,000Bや6,000Bのところも多々あります。

また、中心部(セントラルパタヤ)に近づくほど、ビーチに近づくほど家賃が高くなりますが、パタヤはそれほど大きな都市ではないので、こだわりがなければ立地に関してはそれほど気にしなくても良いかと思います。

なお、ここまでに紹介したバンコク、チェンマイ、プーケット、パタヤにおける家賃相場は平均値であって、当然安いところも高いところもあります。

どの都市でも5,000B程度の安価なコンドミニアムもありますので、予算が少ない方は時間をかけて探してみてください。

ただし、安い物件はそれなりの理由があって低賃料に設定していますので、何が理由であるのかをしっかりと把握した上で契約するようにしましょう。

 

タイでの賃貸契約の初期費用

日本でも賃貸契約の際に家賃の前払いに加えて、さまざまな初期費用がかかりますが、それはタイでも同様です。

ただし、日本とはやや異なり、日本では敷金と礼金を支払うのが一般的であるものの、タイでは敷金(デポジット)のみで、礼金という商習慣はありません。

また、基本的には鍵交換費用や保険会社の代理費用などもかからず、主にタイでの賃貸契約時の初期費用は「家賃1か月」+「敷金(家賃2か月分)」のみとなります。

初期費用の支払い方法には、現金、銀行振込、クレジットカードなどがありますが、仲介業者を通す場合でも直接オーナーと交渉する場合でも、対面での契約となりますので、基本的に初期費用は現金払いとなります。

敷金に関しては、日本と同様にデポジットという形で退去時の補修費にあてられ、補修費が敷金で支払った額を下回れば差額分が返却されます。

アパートやコンドミニアムなどの賃貸には、最低契約期間が設けられており、その期間以内に解約すると敷金は返却されませんので、ご注意ください。

 

タイでの家賃支払い方法

タイでの家賃の支払いは、主に「現金手渡し」、「銀行振込」、「クレジットカード」の3つの方法があります。

契約する賃貸の種類や物件よって支払い方法が大きく異なりますが、割合としては現金手渡しが20%、銀行振込が70%、クレジットカードが10%くらいでしょうか。

なお、近年では、サービスアパートではクレジットカードが主流で、コンドミニアムではほとんどが銀行振込による支払い方法がとられています。

 

タイの家賃を「現金手渡し」で支払う場合

賃貸物件にオーナーが常駐している、オーナーが支払い日に賃貸物件に来訪する、受け取り役の代理人がいる、主にこれらのケースでは現金手渡しによる家賃の支払いが可能です。

ただし、現金手渡しはあまりメジャーではなく、支払い証明がないことがほとんどで、少なからずリスクがつきまといますので、他の支払い方法があれば現金手渡しはできる限り避けるようにしましょう。

特に代理人(職員など)に手渡す場合には受領トラブルの危険がありますので、現金手渡しを選ぶ場合には必ずオーナーに渡すようにしてください。

 

タイの家賃を「銀行振込」で支払う場合

アパートにしろコンドミニアムにしろ、住居の形態を問わず、タイでは銀行振込が一般的な支払い方法です。

銀行振込としては、たとえタイの口座を持っていても引き落としができないので、基本的にはCDM(入金ができるATM)または銀行の窓口にて振り込む形になります。

CDMとは「Cash Deposit」の表記がある入金専用のATMのことで、バンコク銀行内などに設置されています。

画面の言語は英語またはタイ語となりますが、入金操作はさほど難しくありませんので、簡単に銀行振込をしたいという方はCDMを利用すると良いでしょう。

なお、CDMを利用する場合には入金証明となる「レシート(領収書)」が最後に出てきます。忘れずに取って保管しておいてください。

銀行の窓口でも家賃の振込が可能で、タイの銀行口座を持っていなくても問題なく振り込むことができます。

CDMを利用する際には自分で操作しなければなりませんが、銀行の窓口であれば職員が代わって処理してくれますので、不安な方は銀行の窓口で振り込むのが良いかと思います。

 

タイの家賃を「クレジットカード」で支払う場合

一般的なアパートやコンドミニアムでは基本的に利用できませんが、サービスアパートではクレジットカード払いができるところが多々あります。

現金手渡しではトラブルが起こる可能性がありますし、銀行振込ではCDMまたは銀行に直接来訪する手間がかかりますが、クレジットカードならトラブルもなく、手間もかかりません。

基本的にはサービスアパート限定になりますが、支払い方法としては非常に便利なので、サービスアパートを借りる方でクレジットカードをお持ちなら、クレジットカードによる支払いをお勧めします。

 

タイでの家賃収入(不動産購入)について

タイでは外国人が土地を所有することはできませんが、コンドミニアムなどの分譲住宅の一部を購入することが可能で、分譲住宅の一部を購入することで家賃収入を得ることができます。

近年、タイに長期滞在される方や移住される方が増加しており、コンドミニアムの需要も増加傾向にありますので、多くの日本人が家賃収入を目的としてコンドミニアムを購入しています。

ご自身で購入したコンドミニアムに住むこともできますので、住んだ後に賃貸しして家賃収入を得るのも良いでしょう。

不動産購入のメリット

  • 投資額が安い
  • 税金などの維持費が安い
  • 中古物件としての値下がり幅が小さい

不動産購入のデメリット

  • 維持管理が大変なことが多い
  • 供給過剰リスクがある

タイで家賃収入の獲得を実現するためにかかる費用(不動産購入費用)は、日本と比べて圧倒的に安く、新築や条件の良いコンドミニアムでも500,000Bくらいから購入することができます。

また、日本では物件の築年数が古くなると大幅に価値が下がってしまいますが、タイでは築年数が古くなっても値下がりしにくく、条件の良い物件では需要に応じて値上がりする可能性もあります。

その一方で、エアコンや水道などの設置物が故障した際には、基本的にタイの業者に修理を依頼する必要がありますので、タイ語が話せない方やタイのことを深く知らないという方は、トラブルを起こす、またはトラブルに巻き込まれることがあるかもしれません。

また、供給過剰に伴って空室が続く可能性もありますので、しっかりとリサーチした上でタイの不動産を購入することをお勧めします。

 

タイの家賃に関するまとめ

タイの賃貸は非常に安く、アパートであれば5,000Bくらいのところが多々ありますし、10,000Bのところではセキュリティーがしっかりしており、物件によってはプールやジムが設備されています。

居住環境は概ね良好で、スタジオタイプの部屋でも室内は十分広いので、快適に暮らすことができるでしょう。

快適な居住環境を手に入れるためには、立地や設備、衛生環境など、さまざまなことを考慮する必要がありますので、賃貸探しにじっくりと時間をかけることをお勧めします。

なお、タイの賃貸物件に関しては、他ページで詳しく解説しています。

タイの賃貸に関しては「タイの賃貸物件(アパート・コンドミニアム)選びや探し方など徹底解説!」をお読みください。

また、バンコクの賃貸に関しては「バンコクの賃貸物件の相場や人気・おすすめエリアなど詳しくご紹介!」にまとめています。併せてお読みください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

担当

担当

その他の記事  記事一覧

  • タイひとり旅!危険性や費用・予算、男性・女性おすすめの観光地など徹底解説!

  • バンコク観光のおすすめルート!寺院や市場など効率的に廻るコース

  • タイの観光名所!バンコク・チェンマイ・アユタヤなど各地の名所を完全網羅!

  • タイの観光地!人気・有名な観光地から穴場のビーチ・島まで完全網羅!

関連記事

  • バンコクのコンドミニアム!格安・高級物件の探し方と賃貸・売買の手引き

  • バンコクの賃貸物件の相場や人気・おすすめエリアなど詳しくご紹介!

  • タイで暮らす際の仕事や費用・お金など全てを徹底解説!

  • タイの生活費や物価(1ヶ月・家賃・食費・光熱費・医療費など)

  • タイに住む際の費用・仕事・メリット・ビザ・方法など全てお伝えいたします!

  • タイのコンドミニアムの賃貸、購入・売却(投資目的)方法