1. TOP
  2. タイ 観光
  3. バンコク観光のおすすめルート!寺院や市場など効率的に廻るコース
Sponsored Link

バンコク観光のおすすめルート!寺院や市場など効率的に廻るコース

タイ 観光   1,592 Views

バンコクには、名所と言える観光スポットが多いこともあって、特にバンコクが初めての方は、どのような場所を観光すれば良いのか迷うことでしょう。

また、どのような交通手段があるのか、効率的に観光するにはどの交通手段を使えば良いのか、分からない方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、バンコクの交通手段や、観光すべきおすすめのスポット、おすすめの観光ルートなどについて詳しくご紹介します。

初めてバンコクを観光される方は特に、最後までお読みいただき、観光プランの参考にしていただければと思います。

 

Sponsored Link




Contents

バンコク観光のおすすめ時期と季節

まずはバンコクを観光するおすすめの時期と季節についてお話します。

バンコクは、日本のように春・夏・秋・冬という四季はなく、「乾季」と「雨季」の2シーズンしかありません。

乾季は「11月〜5月」、雨季は「6月〜10月」で、年中を通して最高気温はほとんど変わりませんが、最低気温や湿度・降雨日数が異なります。

月別

気温

最高気温

最低気温

1月

35℃

17℃

2月

35.5℃

27℃

3月

36℃

25℃

4月

38℃

25℃

5月

39℃

24℃

6月

37.5℃

24.5℃

7月

37℃

24.5℃

8月

37℃

24.5℃

9月

36℃

24.5℃

10月

35℃

24℃

11月

36℃

23.5℃

12月

36℃

20℃

 

月別

平均温度

平均湿度

降雨日数

1月

26℃

60%

1日

2月

28℃

75%

2日

3月

29.5℃

75%

2日

4月

31℃

70%

2日

5月

31.5℃

70%

12日

6月

30℃

75%

18日

7月

29.5℃

75%

18日

8月

29℃

80%

25日

9月

29℃

80%

20日

10月

28.5℃

80%

20日

11月

29℃

70%

7日

12月

27.5℃

65%

3日

バンコクの雨期は、日本の「梅雨」のようにジメジメした感じは少なく、梅雨と比べると快適に過ごせますが、「スコール」と呼ばれる豪雨が降ります。

スコールが降ると、外にいられず観光どころではないので、雨季はできるだけ避けるのが得策です。

乾季の中でも11月〜2月は気温的に過ごしやすく、また雨もあまり降らないので、バンコクを旅行するなら11月〜2月が最もおすすめです。

 

Sponsored Link




バンコクの主要観光エリアと地図

バンコクを効率的に観光するために、観光地が密集するエリアを知っておく必要があります。

バンコクの観光地が密集しているエリアは、下図にある「王宮周辺」「サイアム周辺」「シーロム周辺」「スクンビット周辺」「チャトチャック公園周辺」。

この5つのエリア内にある観光地をまとめてプランに組み込むことで、効率的に観光することができます。

さまざまな場所を縦横無尽に駆け巡るのも楽しいものですが、4泊5日など短期的に観光される方は、移動の時間を減らし、効率的に観光するのが良いかと思います。

 

バンコク観光のための交通手段

バンコクの観光には、徒歩だけでは不可能なので、必ず何かしらの交通機関を利用することになります。

バンコクで利用できる主な交通機関は、「バイタク」「トゥクトゥク」「タクシー」「バス」「電車(BTS・MRT)」の5つ。

バイタク

正式名称は「バイクタクシー」。バイクの後ろに乗って移動できる交通手段。利用可能人数は基本的に1人で、格安かつスムーズに移動できる。

トゥクトゥク

東南アジアを代表する「三輪自動車」。振動は避けられないものの、後部に座席が用意されているため、乗り心地は比較的に快適。バンコクの観光で最も利用頻度の高い交通手段となりえる。

タクシー

日本のタクシーと同様。振動がないため、乗り心地は非常に快適。バイタクやトゥクトゥクよりも割高ではあるが、快適に移動したいという方には最適な交通手段となる。

バス

主にタイ人が利用しているが、乗車料が7B〜(エアコンなし)と非常に安いため、節約には最適だが、バンコク初めての方は難易度が高い。

電車(BTS・MRT)

バンコクの電車にはスカイトレインと呼ばれる高架鉄道のBTS、地下鉄のMRTがある。どちらもサイアム(駅)を中心として広範囲に路線が敷かれている。駅に近い観光地へ行くのに便利。

この中で簡単かつ便利に利用できるのが「トゥクトゥク」と「タクシー」です。

いずれも路上で乗下車しますので、目的地へスムーズに移動することができます。

他の交通機関よりもやや割高になってしまいますが、移動に時間をかけたくないという方は、トゥクトゥクとタクシーを利用することをおすすめします。

また、電車(BTS・MRT)も便利な移動手段です。

有名な観光地の中には、駅から徒歩圏内にあるところが多く、さらに一日を通して乗車率が低いので、快適に移動することができます。

主要な移動手段にしなくても、経験の一つとして利用するのも良いでしょう。

 

バンコクを効率的に観光するためのおすすめのホテル宿泊地

既述のように、バンコクの観光地が密集しているエリアは、「「王宮周辺」「サイアム周辺」「シーロム周辺」「スクンビット周辺」「チャトチャック公園周辺」の5つ。

この5つのエリアの中心に位置するのが「サイアム周辺」なので、サイアム周辺を拠点にすると効率的に観光できます。

また、サイアム周辺の主要駅であるサイアム駅を基点に、BTSとMRTの路線が敷かれていますので、BTSとMRTを利用する場合も非常に便利です。

引用:Service Routes : BTSC

また、居住地として人気の「スクンビット周辺」も観光の拠点として最適。

上図に記載のBTSの駅であれば、「サイアム駅」「ナナ駅(E3)」「アソーク駅(E4)」、「プロンポン駅(E5)」の近隣にあるホテルがおすすめです。

 

Sponsored Link




バンコク観光のおすすめスポット①「寺院」

それでは、バンコクで観光すべきおすすめのスポットを、「寺院」からご紹介していきます。

タイは仏教の国であることから、首都であるバンコクの至るところに仏教寺院が存在します。

数ある寺院の中でも特に観光していただきたいのが、バンコク3大寺院である「ワット・プラケオ」「ワット・ポー」「ワット・アルン」。

この3つの寺院は、バンコクで特に由緒正しく格式の高い寺院なので、バンコクの歴史や文化を知るために、必ず訪れておきましょう。

 

ワット・プラケオ

エリア

王宮周辺

住所

2 Na Phra Lan Rd, Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200

拝観時間

8時30分〜15時30分(営業日:毎日)

入場料

500B

※バーツ/円の最新為替相場はYahoo!ファイナンスなどでご確認ください。

 

ワット・ポー

エリア

王宮周辺

住所

2 Sanamchai Road Grand Palace Subdistrict Pranakorn District BANGKOK 10200

拝観時間

8時00分〜18時00分(営業日:毎日)

入場料

200B

 

ワット・アルン(暁の寺)

エリア

王宮周辺

住所

158 Thanon Wang Doem, Khwaeng Wat Arun, Khet Bangkok Yai, Krung Thep Maha Nakhon 10600

拝観時間

7時30分〜17時30分(営業日:毎日)

入場料

50B

いずれも「王宮周辺」にありますので、1日でまとめて観光すると効率的です。

 

バンコク観光のおすすめスポット②「博物館」

タイ・バンコクの歴史や文化を知る上で寺院は外せない観光スポットですが、より具体的に歴史・文化を学ぶなら「博物館」もおすすめです。

バンコクで最も規模の大きな「バンコク国立博物館」では、古代の彫刻や王家ゆかりの品々、仏像・ヒンドゥー神像などの宗教美術品など、貴重な品が展示されています。

毎週水曜・木曜日の9:30から約2時間、日本人ボランティアによる無料の日本語ガイドがありますので、都合があえば利用すると良いでしょう。

また、「ラッタナーコシン歴史展示館」も訪れるに値する観光スポットです。

こちらでは、およそ200年前から現在に至るまでのタイ・バンコクの歴史や文化に関する、展示品や写真、映像などを観覧することができます。

タイ・バンコクの歴史・文化を知りたい方は、両方もしくはどちらかを観光プランに組んでおきましょう。

 

バンコク国立博物館

エリア

王宮周辺

住所

4 Na Phra That Alley, Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200

営業時間

8時00分~19時00分(営業日:水〜日)

入館料

200B

 

ラッタナーコシン歴史展示館

エリア

王宮エリア

住所

100 Ratchdamneon Klang Rd., Bowonniwet, Phra Nakhon, Bangkok 10200

営業時間

11時00分〜20時00分(営業日:火〜日)

入館料

100B

いずれも「王宮周辺」にありますので、前述の3大寺院とあわせて観光すると効率的です。

 

Sponsored Link




バンコク観光のおすすめスポット③「デパート・市場」

バンコクで買い物するなら、さまざまなブランドが入居する「デパート」、そしてローカル感あふれる「市場」は外せません。

近年、バンコクの経済が急速に成長していることもあって、世界的に有名なさまざまなブランドがバンコクに進出し、主に「サイアムパラゴン」などの大型デパートに入居しています。

なので、日本では販売されていないブランド品をお求めでしたら、バンコクのデパートに立ち寄ってみてください。

また、バンコクに住むタイ人・外国人御用達の「MBKセンター」もおすすめです。

ここでは、バンコクのローカル品が多く販売されており、中には掘り出し物もありますので、お土産の購入先としても最適です。

さらにディープなバンコクを堪能したいという方は、「水上マーケット」や「ナイトマーケット」に行ってみましょう。

売られている製品がローカル品であるのはもちろん、雰囲気自体もローカル感あふれています。

 

サイアムパラゴン(デパート)

エリア

サイアム周辺

最寄駅

BTSサイアム駅

住所

991 Rama 1 Road, Pathumwan, Bangkok 10330

営業時間

10時00分~22時00分(営業日:毎日)

 

MBKセンター(デパート)

エリア

サイアム周辺

最寄駅

BTSナショナルスタジアム駅

住所

Phayathai Rd, Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330

営業時間

10時00分~22時00分(営業日:毎日)

 

セントラル・ワールド・プラザ(デパート)

エリア

サイアム周辺

最寄駅

サイアム駅、チットロム駅

住所

999/9 Rama I Rd, Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330

営業時間

10時00分~22時00分(営業日:毎日)

 

タリンチャン 水上マーケット

移動時間

バンコク中心地からバスで約30分

住所

300 Soi Chak Phra 17, Khwaeng Khlong Chak Phra, Khet Taling Chan, Krung Thep Maha Nakhon 10170

営業時間

8時00分~17時00分(営業日:土日)

 

アジアティーク ザ リバーフロント(ナイトマーケット)

エリア

シーロム周辺

最寄駅

サパーンタクシン駅

住所

2194, Charoen Krung Road | Wat Phraya Krai, Bang Kho Laem, Bangkok 10120

営業時間

17時00分~00時00分(営業日:毎日)

 

ロットファイ ラチャダー(ナイトマーケット)

エリア

サイアム周辺

最寄駅

MRTタイ文化センター駅

住所

Ratcadaphisek Road, Bangkok 10400

営業時間

17時00分~1時00分(営業日:火〜日)

バンコクには名所と言えるデパート・市場が数多く存在しますが、せっかくなら「タリンチャン 水上マーケット」と「ロットファイ ラチャダー」の2か所に行ってみてください。

この2か所は、バンコクならではのローカル感が漂っていますので、“バンコクにいる”ということを強く実感できます。

 

バンコク観光のおすすめスポット④「動物園」

寺院や市場など、バンコクの定番観光スポットだけでなく、少し雰囲気を変えて「動物園」に行ってみるのもおすすめです。

バンコクには、放し飼いの動物たちを間近で見られるオープン型の「サファリワールド」と、一般的な動物園の「ドゥシット動物園」があります。

特に行っていただきたいのがサファリワールドですが、バンコクから少し遠く移動に時間がかかりますので、観光日数が短い方はドゥシット動物園が良いでしょう。

ドゥシット動物園は、バンコク市内のアクセスの良い場所にあり、さらに入場料が大人150Bと格安でありながら、衛生環境が良く、動物の種類が豊富で生き生きしています。

外国人観光客があまりいない穴場的な観光地になりますので、ぜひ行ってみてください。

 

サファリワールド

エリア

クローンサームワー(バンコク郊外)

住所

99 Thanon Panya Intra, Khwaeng Sam Wa Tawan Tok, Khet Khlong Sam Wa, Krung Thep Maha Nakhon 10510

営業時間

9時00分〜17時00分(営業日:毎日)

入園料

サファリパーク(大人1,000B 子供900B)

マリンパーク(大人1,200B 子供1,000B)

セット料金(大人1,400B 子供1,100B)

 

ドゥシット動物園

エリア

王宮周辺

住所

71 ถนน พระรามที่ 5 Khwaeng Dusit, Khet Dusit, Krung Thep Maha Nakhon 10300

営業時間

8時00分〜18時00分(営業日:毎日)

入園料

大人150B

子供70B

なお、「バンコクの観光地!定番・穴場・おすすめ・行き方・人気スポットを徹底解説!」でも、楽しめる観光スポットをご紹介していますので、併せてお読みください。

 

Sponsored Link




バンコク観光のおすすめスポット⑤「マッサージ・スパ」

バンコクを観光すると、気温の暑さなど環境の変化から時には疲れてしまうことでしょう。

そんな時には、マッサージやスパといったリラクゼーション施設を利用することをおすすめします。

バンコクには、タイの伝統的な“タイ式マッサージ”を受けられる店舗が非常に多く、施術内容は全身、頭・肩、足のみなどさまざまです。

また、バンコクのスパにおける施術レベルが高いので、短時間のコースであっても大幅に疲れがとれることでしょう。

バンコクの至るところにマッサージ店がありますが、中でもおすすめなのがワット・ポー境内にある「ワット・ポーマッサージ」。

ワット・ポーマッサージは、タイ式マッサージの総本山であることから、境内にあるワット・ポーマッサージでは高いレベルの施術が受けられます。

ワット・ポーを訪れる際には、併せて境内でマッサージを受けてみてはいかがでしょうか。

スパにおいては、外国人旅行者、とりわけ日本人に人気の高い「ヘルスランド」がおすすめです。

 

ワット・ポーマッサージ ワット・ポー境内(マッサージ)

エリア

王宮周辺

住所

2 Sanamchai Road Grand Palace Subdistrict Pranakorn District BANGKOK 10200

営業時間

8時00分〜18時00分(営業日;毎日)

 

ワット・ポーマッサージ 直営サロン39(マッサージ)

エリア

スクンビット周辺

最寄駅

BTSプロンポン駅

住所

1/54-55 Soi39 Sukhumvit Rd, Bangkok 10110

営業時間

9時00分〜22時30分(月火水木)

9時00分〜23時00分(金土日)

 

MAY Massage(マッサージ)

エリア

スクンビット周辺

最寄駅

BTSアソーク駅

住所

24/12 Sukhumvit Soi 23, Bangkok

営業時間

9時00分〜0時00分(営業日:毎日)

 

オアシススパ スクンビット31(スパ)

エリア

スクンビット周辺

最寄駅

BTSプロンポン駅

住所

64 Soi Sawasdee, Sukhumvit 31, Wattana, Bangkok

営業時間

10時00分〜22時00分(営業日:毎日)

 

オアシススパ スクンビット51(スパ)

エリア

スクンビット周辺

最寄駅

BTSプロンポン駅

住所

88 Sukhumvit 51 Road Wattana, Bangkok

営業時間

10時00分〜22時00分(営業日:毎日)

 

MY SPA(スパ)

エリア

スクンビット周辺

最寄駅

BTSアソーク駅

住所

3F Timese Square Building, Sukhumvit Soi 12-14, Sukhumvit Rd., Bangkok 10110

営業時間

9時00分〜22時00分(営業日:毎日)

 

ヘルスランド アソーク店(スパ)

エリア

スクンビット周辺

最寄駅

BTSアソーク駅

住所

55/5 Soi Sukhumvit 21, Khwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110

営業時間

9時00分〜23時00分(営業日:毎日)

 

ヘルスランド サトーン店(スパ)

エリア

シーロム周辺

最寄駅

BTSチョンノンシー駅

住所

120 N Sathon Rd, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500

営業時間

9時00分〜23時00分(営業日:毎日)

上記のほかにも、バンコクには数えきれないほど多くのマッサージ店、スパがあります。

特定の店舗に行くのも良いのですが、観光の途中で見つけたローカルな店舗で施術を受けてみるのも面白いので、疲れた際には最寄りの店舗に行ってみましょう。

トゥクトゥクやタクシーを利用する場合には、ドライバーに尋ねるとおすすめの店舗を教えてくれます。

 

Sponsored Link




バンコク観光のおすすめ夜スポット⑥「ディナー・ルーフトップバー」

タイ料理は日本人の舌に良く合うほか、美味しい「ディナー」をいただけるレストランが数多く存在します。

また、バンコクの夜景は非常に美しく、その夜景を一望できる「ルーフトップバー」も多々あります。

観光のついでに見つけたお店に立ち寄るもの良いですが、バンコクを楽しむなら、いくつかのお店を事前に選んでおくことをおすすめします。

 

Issaya Siamese Club(レストラン)

エリア

シーロム周辺

最寄駅

MRTクロントゥーイ駅

住所

4 ซอย ศรีอักษร Chuea Phloeng Rd, Thung Maha Mek, Sathon, Bangkok 10120

営業時間

11時30分〜14時30分、18時00分〜22時30分(営業日:毎日)

電話番号

+66 2 672 9040

 

Bo.Lan(レストラン)

エリア

スクンビット周辺

最寄駅

トンロー駅

住所

24 Sukhumvit 53 Alley, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110

営業時間

12時00分〜14時30分、18時00分〜22時30分(土日)

18時00分〜22時30分(火水木金)

電話番号

+66 2 260 2962

 

バーン カニタ(レストラン)

エリア

スクンビット周辺

最寄駅

BTSアソーク駅

MRTスクンビット駅

住所

36/1 Soi Sukhumvit 23, Sukhumvit Road Klongtoey Nua, Wattana, Khwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110

営業時間

11時00分〜23時00分(営業日:毎日)

電話番号

+66 2 258 4128

 

ザ ローカル(レストラン)

エリア

スクンビット周辺

最寄駅

BTSアソーク駅

MRTスクンビット駅

住所

32-32/1 ซอย สุขุมวิท23 Khlong Toei, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110

営業時間

11時30分〜14時30分、17時30分〜23時00分(営業日:毎日)

電話番号

+66 2 664 0664

 

Steve Cafe & Cuisine(レストラン)

エリア

王宮周辺

住所

68 Sri Ayudhaya Road Khwaeng Wachira Phayaban, Khet Dusit, Krung Thep Maha Nakhon 10300

営業時間

11時00分〜22時30分(営業日:毎日)

電話番号

+66 2 281 0915

 

KOKO(レストラン)

エリア

サイアム周辺

最寄駅

BTSサイアム駅

住所

262/2 Soi Siam Square Soi 3, Rama 1 Road, Pathum Wan Subdistrict, Pathum Wan District., Bangkok

営業時間

11時00分〜21時00分(営業日:毎日)

 

Pe Aor(レストラン)

エリア

サイアム周辺

最寄駅

BTSラチャテウィー駅

住所

68/11 Phetchaburi 7 Alley, Khwaeng Thung Phaya Thai, Khet Ratchathewi, Krung Thep Maha Nakhon 10400

営業時間

+66 2 612 9013

電話番号

10時00分〜22時00分(火〜日)

 

スカイバー(ルーフトップバー)

エリア

シーロム周辺

最寄駅

BTSスラサック駅

住所

1055 Silom Rd, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500

営業時間

18時00分〜1時00分(営業日:毎日)

電話番号

+66 2 624 9999

 

Red Sky Bar(ルーフトップバー)

エリア

サイアム周辺

最寄駅

BTSサイアム駅

住所

Centara Grand at CentralWorld 56F, Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330

営業時間

16時00分〜1時00分(営業日:毎日)

電話番号

+66 2 100 6255

 

Octave Rooftop Lounge & Bar(ルーフトップバー)

エリア

スクンビット周辺

最寄駅

BTSトンロー駅

住所

57 Sukhumvit Rd, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110

営業時間

17時00分〜2時00分(営業日:毎日)

電話番号

+66 2 797 0000

 

Vanilla Sky(ルーフトップバー)

エリア

スクンビット周辺

最寄駅

BTSプロンポン駅

住所

1 Sukhumvit 24 Alley, Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110

営業時間

17時00分〜2時00分(営業日:毎日)

電話番号

+66 2 011 1111

 

Sponsored Link




バンコク観光のおすすめ夜スポット⑦「ナイトクラブ・ゴーゴーバー」

バンコクの夜の楽しみ方には、上述のようにレストランやルーフトップバーもありますが、バンコクの雰囲気を堪能したい方は、「ナイトクラブ」と「ゴーゴーバー」がおすすめです。

バンコクには歓楽街が数多く存在し、どこも比較的にアクセスが良いので、気軽に楽しむことができます。

ナイトクラブは少々騒がしく、人気のところでは混雑しているため、そういった環境が苦手であれば、ゴーゴーバーのみ利用すると良いでしょう。

ゴーゴーバーなら、割と落ち着いた環境の中で、お酒を飲みながらダンサーの華麗な姿をみて楽しむことができます。

ゴーゴーバーの多くが男性向けになりますが、パッポン通りを中心に、女性向けの「ゴーゴーボーイ」もありますので、女性の方はゴーゴーボーイに行ってみてください。

 

KU DE TA BANGKOK(ナイトクラブ)

エリア

シーロム周辺

最寄駅

BTSチョンノンシー駅

住所

Sathorn Square Tower 39FL 98 Sathorn Square Building, North Sathorn Road Silom, Bang Rak, Bangkok 10500

営業時間

21時00分~2時00分(営業日:水〜日)

 

Levels Club & Lounge(ナイトクラブ)

エリア

スクンビット周辺

最寄駅

BTSトンロー駅

住所

35 Sukhumvit Soi 11 Khwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110

営業時間

21時00分~3時30分(営業日:毎日)

 

Route66(ナイトクラブ)

エリア

スクンビット周辺

最寄駅

MRTペチャブリ駅

住所

29/33 – 48 Soi Soonvijai Rama 9 Rd. | Royal City Avenue, Bangkok

営業時間

20時00分~2時00分(営業日:毎日)

 

ソイカウボーイ(ゴーゴーバー)

エリア

スクンビット周辺

最寄駅

BTSアソーク駅

住所

Soi Cowboy, Khwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110

営業時間

17時00分~2時00分(店舗による)

 

ナナプラザ(ゴーゴーバー)

エリア

スクンビット周辺

最寄駅

BTSナナ駅

住所

4 Sukhumvit Rd Khlong Toei Nuea, Watthana Bangkok 10110

営業時間

17時00分~2時00分(店舗による)

 

パッポン通り(ゴーゴーバー)

エリア

シーロム周辺

最寄駅

BTSサラデーン駅

住所

Thanon Patpong 1, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500

営業時間

17時00分~2時00分(店舗による)

女性向けのゴーゴーボーイにおいては、パッポン通り界隈にある「New Screw Boy」と「DREAM BOY」がおすすめ。

なお、バンコクのナイトスポットに関する詳細は、「バンコクの観光を夜楽しむおすすめのスポット完全ガイド!」でご確認ください。

 

Sponsored Link




バンコク3日間のおすすめ観光ルート・コース

このように、バンコクには数多くの観光スポットがありますが、どの観光スポットを廻ればいいのか、どういうルートを選べば良いのか、分からないという方は多いはずです。

なので、当項では4泊5日(観光3日間)の旅行と仮定して、既出の観光スポットを厳選しながら、効率的に廻れるおすすめのルートをご紹介します。

 

バンコク1日目の観光ルート

―1日目―

  1. バンコク国立博物館
  2. ワット・プラケオ(寺院)
  3. ワット・アルン(寺院)
  4. ワット・ポー(寺院)
  5. スカイバー(ルーフトップバー)

まず1日目ですが、朝から観光できると仮定した場合、バンコクの歴史や文化を知るために、博物館と寺院を廻るプランを組んでみました。

変化に乏しい部分はありますが、いずれも王宮周辺にありますので、観光日数の短い方は効率を重視して、あわせて廻ると良いかと思います。

ワット・ポーでは、境内にマッサージを受けられるワット・ポーマッサージがあります。

疲れた体を癒すために、施術を受けることをおすすめします。

この日はかなり疲れると思いますので、観光はこのくらいに抑えて、夜はルーフトップバーでゆっくりしながら、バンコクの夜景を楽しんでください。

 

バンコク2日目の観光ルート

―2日目―

  1. タリンチャン 水上マーケット
  2. サイアムパラゴン(デパート)
  3. MBKセンター(デパート)
  4. ナナプラザ(ゴーゴーバー)
  5. Levels Club & Lounge(ナイトクラブ)

2日目は、買い物と夜遊びを組み込んだプランになります。

水上マーケットは、日本では体験することができないため、必ず訪れていただきたい観光スポットです。

移動に少し時間がかかりますが、「タリンチャン」ならバンコク中心部から車(タクシーやバスなど)で約30分と、他の水上マーケットよりも身近にあります。

水上マーケットは他にもありますが、観光日数が短い方は、最も気軽に行けるタリンチャンに行ってみてください。

デパートにおいては、近代的な「サイアムパラゴン」と庶民的な「MBKセンター」の両方を廻ると良いでしょう。

市場・デパートで買い物が終わると、夜は「ナナプラザ」にあるゴーゴーバー、そしてナイトクラブの「Levels Club & Lounge」などで、夜のバンコクを存分に楽しみましょう。

 

バンコク3日目の観光ルート

―3日目―

  1. サファリワールド
  2. ロットファイ ラチャダー(ナイトマーケット)
  3. ヘルスランド アソーク店(スパ)

3日目は、これまでと少し趣向を変えて、朝からタイ随一の動物園である「サファリワールド」をプランに組み込みました。

園内バスに乗りながら、生き生きとした動物たちを見るのはとても楽しく、ほとんどの方が満足のいく観光になるはずです。

バンコク中心部から車(タクシーやバスなど)で約1時間かかりますが、かなり楽しめますので、足を運んでみてください。

サファリワールドでは1日中遊べますので、夕方頃にバンコク市内に帰ってくるとして、その後はバンコク最大級のナイトマーケットである「ロットファイ ラチャダー」に向かいます。

ロットファイ ラチャダーは、バンコク最大級のローカルナイトマーケットで、タイ人から外国人旅行者まで、毎晩多くの人で賑わっています。

主にローカル品が売られていますので、お土産を買い忘れた場合には、ここで購入すると良いかと思います。

そして最後に、バンコクの締めとして「ヘルスランド」などのスパに行き、観光の疲れを取りましょう。

 

バンコクでおすすめのお土産

最後に、バンコクでおすすめのお土産をご紹介します。

まず、お土産選びのポイントですが、喜ばれるお土産は基本的に「その国、その都市でしか買えない物」です。

日本で簡単に買える物を人にあげても、“旅行感”や“特別感”がないので、できる限りタイ・バンコクでしか買えない物、または日本では手に入りにくい物を探しましょう。

このポイントをもとにすると、バンコクのおすすめのお土産は、大きく分けて「食料品」「スキンケア用品」「衣類」の4つです。

この中から、渡す相手の趣味や嗜好を考慮して、選びましょう。

 

喜ばれるバンコクのお土産① ドライフルーツ

バンコクのおすすめのお土産の1つ目は、「ドライフルーツ」です。

バンコクは年間を通して暑いことから、豊富な果物が育ち、日本にはない珍しい果物も数多く販売されています。

その中でもお土産として特におすすめなのが、「マンゴー」のドライフルーツです。

マンゴーであれば嫌いな人が非常に少なく、またバンコクで売られているマンゴーのドライフルーツは甘く、それでいて低価格で購入できますので、お土産にぴったりです。

ほかにも、渡す人の好みに合わせて「ドリアン」や「キウイ」、「パパイヤ」など、他のドライフルーツでも良いでしょう。

なお、バンコクでドライフルーツが買える定番のお店は、サイアムパラゴンなどの大型デパートなどに入居している「Fareeda Dried Fruits」です。

 

喜ばれるバンコクのお土産② レトルト食品

バンコクで売られているタイ料理の「レトルト食品」もおすすめです。

タイ料理といえば、ガパオやパッタイ、トムヤムクンなどが有名。

これらのレトルト食品は、日本の食料品店でも売られていますが、本場タイの味を完全再現できているとは言えません。

やはり本場の味が一番美味しく、日本では手に入りにくいので、食べることが好きな方には、タイ料理のレトルト食品が喜ばれるでしょう。

 

喜ばれるバンコクのお土産③ 調味料

料理が好きな方には、タイ料理によく使われる「調味料」がおすすめです。

チリソースやナンプラーなど定番の調味料であれば、日本でも購入することができますが、シーズニングソースやタオチオ、カピなどはなかなか手に入りません。

ほかにも、ナムプリックパオやタマリンドペースト、シーイウダムなど、日本では手に入りにくい調味料は、料理が好きな方にかなり喜ばれます。

デパートの食料品コーナーや市場、スーパー、コンビニなどで売られているので、お土産に購入してはいかがでしょうか。

 

喜ばれるバンコクのお土産④ ビール

タイで有名なビールに、シンハー、チャーン、レオなどがあります。

いずれも日本で購入可能ですが、輸入規制の関係上、バンコクで売られているタイビールと、日本で売られているタイビールの味が異なります。

ビールが好きな方は、やはり本場の味を求めますので、バンコク現地でビールを購入してプレゼントすると大いに喜ばれるでしょう。

なお、シンハー、チャーン、レオの3銘柄は、味は違えど日本で割と簡単に手に入りますが、有名でないアーチャーやフェダーブリュー、チアーズは日本で入手困難です。

このような日本で入手しにくいタイビールを購入するのも良いかと思います。

 

喜ばれるバンコクのお土産⑤ お香・アロマ

年間を通して気温が暑く、香りに気を使う人が多いこともあって、タイではお香やアロマが人気の高い製品となっています。

また、日本でもお香やアロマは、プレゼント品として非常に人気が高いことから、バンコク旅行のお土産に最適と言えるでしょう。

お香やアロマは、ローカル市場で安く売られていますが、お土産ということで、デパートなどで売られている見た目的にオシャレなものを選ぶのが良いかと思います。

販売店においては、タイ人から非常に人気の高い「アカリコ」がおすすめです。

 

喜ばれるバンコクのお土産⑥ スキンケア用品

女性に最も喜ばれるであろうバンコクのお土産が、スキンケア用品です。

タイ人女性は美容に敏感であることから、「THANN」「PUNPURI」「DIVANA」をはじめ、タイ発祥の多くのブランドが高品質なスキンケア用品を製造・販売しています。

自然素材にこだわった肌に優しいものが多く、高品質でありながらも安く購入できますので、女性へのお土産としてうってつけです。

お土産を渡す相手が女性であれば、ボディクリームやマッサージオイル、石鹸など、タイでしか買えないスキンケア用品の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

喜ばれるバンコクのお土産⑦ シルク

広く周知されていませんが、タイでは工芸品の一つとして「シルク」が非常に有名で、その品質は世界的にも認められています。

特に高評価を得ているのが、”タイのシルク王”と呼ばれたジム・トンプソン氏の意思を紡ぐ、「ジム・トンプソン店」です。

エリア

サイアム周辺

最寄駅

BTSナショナルスタジアム駅

住所

6, Soi Kasem San 2, Rama 1 Road | Wang Mai, Pathum Wan, Bangkok 10330

営業時間

9時00分〜18時00分(営業日:毎日)

本店は、上記の住所にある「ジム・トンプソンの家」に併設されていますが、支店は主にサイアムパラゴンなどの大型デパートに入居しています。

レディース製品だけでなく、シャツやネクタイなどのメンズ製品も豊富に販売されていますので、男性へのお土産にもおすすめです。

 

喜ばれるバンコクのお土産⑧ タイパンツ

バンコク旅行の定番と言える「タイパンツ」。

履き心地が非常に良く、部屋着やパジャマなどさまざまな用途に使えることから、老若男女を問わず喜ばれること間違いありません。

着脱の難しい腰巻タイプや奇抜なデザインではなく、シンプルなものを選ぶのがおすすめ。

なお、ローカル市場やナイトマーケットで売られている100〜200Bのタイパンツは、基本的に洗濯すると色落ち・色移りします。

渡す際に色落ち、色移りすることをしっかりと伝えておきましょう。

 

Sponsored Link




バンコク観光に関するまとめ

バンコクには、定番から穴場まで、楽しく観光できるスポットが数多く存在します。

当ページでおすすめの観光スポットと3日間のルートをご紹介しましたが、もちろんどこに行って何をするかは自由です。

また、入念に観光ルートを計画したり、観光の途中で計画変更するのも旅行の楽しいところ。

バンコクの名所!定番から穴場まで絶対に訪れるべき観光地を一挙にご紹介!」も併せてお読みいただき、まずは楽しみながら観光ルートを計画してみてください。

そして、渡航後はその計画に準じて観光するのは別として、バンコクを存分に楽しんでいただければと思います。

Sponsored Link




\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

担当

その他の記事  記事一覧

  • タイの石鹸でお土産におすすめの種類・ブランドを一挙にご紹介!

  • タイの電源・プラグ・コンセント事情と変換プラグ・変圧器の必要性

  • タイのタクシー!色の違いや料金相場、乗り方、安全性など完全解説!

  • タイでの食事!文化やおすすめの店、マナー・注意点など全てをご紹介!

関連記事

  • バンコクの名所!定番から穴場まで絶対に訪れるべき観光地を一挙にご紹介!

  • バンコクの観光地!定番・穴場・おすすめ・行き方・人気スポットを徹底解説!

  • タイひとり旅!危険性や費用・予算、男性・女性おすすめの観光地など徹底解説!

  • タイの観光地!人気・有名な観光地から穴場のビーチ・島まで完全網羅!

  • タイの観光名所!バンコク・チェンマイ・アユタヤなど各地の名所を完全網羅!

  • タイの夜!気温や治安、おすすめの観光/娯楽スポットなど詳しくご紹介!