1. TOP
  2. オーストラリア 留学
  3. オーストラリア留学の持ち物リスト徹底解説!

オーストラリア留学の持ち物リスト徹底解説!

オーストラリアに留学するときに持って行くべきもの、また持って行った方がよいものには、大きく分けると渡航関係品、日用品、機器類、文房具類、衣類、健康・衛生用品に分けられます。

ここではこれらの持参品を分類別にまとめ、なぜ持って行った方が良いのか、その理由を解説します。

リストに上げた者の中で黄色でハイライトしたものは持って行くべき物、青は現地で買うと高く付くので持て行った方が良いもの、そしてそれ以外は持って行くと便利なものです。

 

オーストラリア留学の際の渡航関係の持ち物リスト

持ち物名

理由

ビザのコピー

これらの書類はメールで送られてきますが、提示を求めれる際に、もしスマートフォーンが何かの理由で使えなくなったりすると提示することができません。
そうした万一のことを考えて紙のコピーを用意しましょう。

航空券コピー

入学許可証

海外旅行保険証/
留学生健康保険証 (OSHC)

海外旅行保険証は、海外渡航の際に不測の出来事が発生した時の損害を賠償してくれるものです。旅行保険は渡航時の不測事態に対応してくれるもので、渡航先で病気やけがをした時の治療費のカバーも含まれている場合がほとんどです。
ただし、オーストラリアの場合はさらに留学生健康保険(OSHC)への加入が義務付けられているため、この2つの保険への加入が必要です。
保険会社によっては留学生向けのセット保険も用意しているところがあります。

国際運転免許証

国際運転免許証はオーストラリア国内で車を運転するときにはもちろん必要ですが、運転する可能性がない時でも、IDとして使うことができます。
そのため日本の運転免許をもっている場合は国際運転免許証に書き換えて持っていきましょう。

証明書用写真

証明書用の写真、つまりパスポートサイズの写真は何かにつけ必要な物です。
オーストラリアでも郵便局や薬局で作ってもらえますが、10ドル以上かかるため、
日本から持って行った方が良いでしょう。

国際学生証(ISIC)

国際学生証は、日本で大学に在学している場合にその大学から発行してもらえます。
国際学生証があると、公共交通機関を利用する場合の運賃や観光施設の入場料が割引になる場合があります。

ユースホテル会員証

留学中に旅行することも多いと思います。そんな時に役に立つのがユースホステル会員証です。
この会員証はオンラインで申し込みが可能です。詳しくは、「ジャパンユースホステルガイド」サイトをご覧ください。
(http://www.jyh.or.jp/membership/index.html)

オーストラリアドル

オーストラリアに到着して生活に慣れるまでにオーストラリアドルをキャッシュで持っていることをおすすめします。
クレジットカードでも払えますが、慣れないうちはキャッシュが便利です。

日本円

日本円はオーストラリアから帰国したばかりの時に使うためです。
オーストラリアドルを現地で日本円に両替してもらうと損する場合が多いので、少額でも良いのでかばんの隅に入れておいてください。

 

オーストラリア留学の際の電子機器の持ち物リスト

持ち物名

理由

パソコン

現地でも購入できますが、日本語環境にしたり自分の望むような環境にしたりするには、生活や言葉に慣れないうちは容易ではないため、日本で使い慣れたものを持って行きましょう。

スマートフォン

スマートフォンも現地で購入できますが、値段が高いので持って行きましょう。
SIMフリーならばSIMを入れ替えるだけで使用可能となります。
SIMフリーでない場合でもwifiの環境があれば使えます。

変圧器

オーストラリアの電圧は24Vですから変電機能がない電気製品などをそのまま使うと焼き切れたり小爆発を起こしたりし、危険です。
この場合には変圧器が必要になります。

交換プラグ

変圧器が備わっている機器でもオーストラリアのプラグは日本のプラグとは形状が異なり、ハの形をしています。そのため交換プラグが必要になります。

ポータブル充電器

ポータブル充電器は必需品ではありませんが持っていくと便利なものです。それはオーストラリアで購入すると高額になるからです。

デジタルカメラ

今ではスマフォが高機能になりデジタルカメラを使う人も少なくなりましたが、それでも高品質な写真を撮りたいという人も多いと思います。
オーストラリアでも売っていますが、かなり高額のため、必要ならば日本から持って行った方が良いでしょう。

 

オーストラリア留学の際の文房具類の持ち物リスト

持ち物名

理由

筆記用具/

事務用品

筆記用具、ホッチキス、穴あけなどの文房具は日本の物に限るとは、海外で生活したことのある人なら誰しもが感じることです。
たぶん世界中で日本の文房具ほど使いやすく質の良い文房具は他にないでしょう。
そのため、ちょっとしゃれたペンなどはお土産にしても喜ばれます。

スケジュール帳/

手帳

今ではスケジュールもスマフォで管理している人が多いと思いますが、もし紙のスケジュール表を使っているのなら、これもやはり日本の物を持って行った方が良いでしょう。
オーストラリアではそれほど工夫されたスケジュール帳は手に入りません。

電子辞書

電子辞書と聞いて、スマフォでやるからいいと思うかもしれませんが、留学するときには言葉を調べる頻度が違います。
授業中にちょっと傍らに置いておけば言葉を調べるのも便利です。

家族や日本の写真

家族や日本の写真は、現地の人とコミュニケーションを図るときに役に立ちます。
つまり会話をスムースにしてくれる役割を果してくれるのです。
また英語の授業などでプレゼンをやるときにも役に立つでしょう。
ですから印刷したものを持って行った方が使い勝手が良いということになります。

世界地図

世界地図を持って行った方がいいのは、これもコミュニケーションで役に立つからです。
オーストラリア人は地理に弱いと言われており、日本がどこにあるかも知らない人もいるようです。
そんな時に世界地図を広げて見せれば、理解が深まると言うものです。
スマフォでも見せられますが、紙の世界地図を持っていけば一度にたくさんの人とコミュニケーションを図ることができます。

 

オーストラリア留学の際の日用品の持ち物リスト

持ち物名

理由

コンタクトレンズ/メガネ

コンタクトレンズはオーストラリアでは高額で、日本人の瞳のサイズに合わない物もあります。そのため、使い慣れているブランド品の補充を持って行った方が良いでしょう。

歯ブラシ

オーストラリアの歯ブラシは一般的にブラシの部分が日本の物よりかなり大きくなっています。日本で小さ目のものに慣れている人は日本の歯ブラシを何本か持っていくと良いでしょう

スリッパ

オーストラリアでは、基本的には家の中でも靴を履く習慣になっています。ですからホームステイに滞在する人は必要ないかもしれませんが、自分自身が靴ではいやだとか、アパートや寮で靴を脱いで生活したいという人はスリッパを持って行った方が良いでしょう。
オーストラリアでもスリッパを売っていますが、重めで靴に近い感覚があり、日本のスリッパほど履き心地は良くありません。

洗濯ネット

下着などのデリケートな衣類を選択するのには日本製の洗濯ネットを持って行った方が良いでしょう。
ただし、日本系の100円ショップが進出してきているので、滞在先近くにあればそこでも買うことができます。

ポケットティッシュ

日本では街を歩けばポケットティッシュがただでもらえたりしますが、オーストラリアではそのようなことがなく、しかもポケットティッシュを持ち歩く習慣がないので、買うとしても高く付きます。

折りたたみの傘

オーストラリアに来て驚くことの一つが、雨でも平気で濡れて歩いて入る人が多いことです。「雨は単なる水に過ぎない」そうです。
そのためか、売っている折り畳み式の傘は大きめで重いのです。
日本のような軽くて丈夫な傘を使いたい場合は持って行くことをおすすめします。

スイスアーミーナイフ

留学に限らず、旅行に行くときには持って行く人も多いのではないでしょうか。
ただし、機内への持ち込みは出来ませんので、預け荷物の中に入れてください。

便座カバー

日本で冬に暖かいトイレに慣れてしまった人にはオーストラリアの冬のトイレはかなり厳しいのではないかと思います。
寒いと言っても5度くらいにしか下がりませんが、それでも暖かいトイレが良いと言うのなら、ぜひ持って行ってください。

サングラス

オーストラリアでは太陽光線がかなり強いので、サングラスは必需品です。

裁縫道具

裁縫道具セットは海外旅行の際の持ち物リストの定番になっていますが、留学の場合もやはり持って行った方が良いでしょう。

 

オーストラリア留学の際の衣類の持ち物リスト

持ち物名

理由

上着

・カーディガン

・ヒートテック

・ウルトラライトダウン   など

暑いと思われがちなオーストラリアですが、ゴールドコースト以南の地域では、真夏でも夕方になると気温が下がります。
そのため、カーディガンやジャケットなどの衣類が必要です。
また中央部の山岳地帯では冬になると雪が降るので、スキーを楽しみたい人はスキー用のコートやズボンも持って行った方が良いでしょう。

下着

オーストラリアでは下着は男性なら下着なしまたはシングレット、女性ならブラ以外は身に付けないことが多いので、売っている種類も少ないし、サイズも合わないことが多いのです。下着は日本の物を持って行くことをおすすめします。

ワンピース/

ドレス

オーストラリアで売っている洋服には小さいサイズもあり、Tシャツやブラウス、スカートなどは問題ないのですが、ワンピースとなると日本人が着るとウエストラインが下がってしまうものがほとんどです。
それは現地で売っているワンピースやドレスが西洋人の体形に合わせて作ってあるためなのですが、オーストラリアではパーティーやディナでドレスを着ることが多いので日本から何着か持って行くことをおすすめします。

靴も日本の靴に勝る靴はないと思います。
履き慣れたものを何足か持って行ってください。

ビーチサンダル

ビーチサンダルは、昔メルボルンでオリンピックが開かれたときに日本人の水泳チームが履いていて、それから一般のオーストラリア人の間にも広まったものなのですが、このビーチサンダル(Thongソングと呼ばれています)、オーストラリアでもっとも履かれている履物なのではないでしょうか。
ビーチやプールだけでなくちょっとした買い物にもビーチサンダルで出かける人も多いし、家の中でスリッパ代わりに使っている人もいます。

帽子

太陽光線の強いオーストラリアでは帽子は必需品です。現地の人は強い光線に慣れているのでかぶらなくても平気な人も多いですが、日本からいきなりやってきて炎天下に30分もいようものなら日射病になる可能性もあります。

タイツ/

ストッキング

タイツもストッキングも日本のものほど質が良くないので、
すぐに破けてしまいます。
日本製品の持参をおすすめします。

小さ目のバッグ

パーティやディナで正装する場合は普通のバッグではなく小さ目のストラップの着いていないバッグを手に抱えて持って行くのが習慣になっています。

 

オーストラリア留学の際の健康・衛生関係の持ち物リスト

持ち物名

理由

薬類
・アレルギー剤

・解熱剤

・痛み止め

・風邪

・薬整腸剤

・目薬 

・ビタミン剤

・軟膏     など

薬類はすべて日本で使っていて自分に合ったものを持って行ってください。
こちらで売っているものは体調に合わない物もあり、また錠剤はサイズが大きく飲み込みにくいものが多いです。
一度、花粉症の人にオーストラリアのアレルギーの錠剤をあげたのですが、しばらくすると脈拍数が激しくなったことがありました。
住み慣れていくうちに自分に合ったものを見つけていくこともできますが、滞在期間が短い時や、慣れないうちは、日本の慣れたものを使うことがベストです。

耳かき

オーストラリアでは、一般に耳の中は触るべきではないと考えられているため、綿棒で軽くそうじするくらいです。
そのため耳かきは売っていません。

使い捨てマスク

マスクはアジアの国特有なもので、オーストラリアではマスクを使う人は、手術に立ち会う医者や看護婦だけで一般の人が使うことはありません。
そのためマスクは入手が困難です。ぜひ持って行ってください。

化粧品/

シャンプー/

石鹸

化粧品、シャンプー、石鹸もブランドが変わると肌に合わないことがよくあります。
アレルギーの強い人は日本で使い慣れたものを持って行ってください。

肩こり用シップ

肩こりなどに使うシップ類はアジア系の店に行くと売っていますが、普通の薬局やスーパーでは売っていないので持って行った方が良いでしょう。

ボディタオル

表面がざらざらしたボディタオルもオーストラリアでは使わない人がほとんどです。
オーストラリア人はスポンジや普通のタオルで体を洗います。
日本の物を持って行ってください。

 

オーストラリア留学の際のその他の持ち物リスト

持ち物名

理由

クレジットカード

オーストラリアはクレジットカードやデビットカードで買い物をする国です。
キャッシュを使う人もいますが、年々減っています。
ですから、日本で1枚くらいはクレジットカードを作って持って行ってください。
クレジットカードはVISAカードか MASTERカードが一般的です。

おみやげ

おみやげはホームステイする場合には持って行った方が良いでしょう。
ただ、オーストラリア人は高価な物を受け取ることに慣れていないので、一般的なもので十分ですが、オーストラリアではなかなか手に入らないようなものが好まれます。
日本のお菓子は人気がありますが、あんこ物は避けた方がよいでしょう。
あんこの材料であるあずきは豆ですが、豆はこちらでは料理に使われることはあってもお菓子に使うことはないからです。

日本食

日本食は、日本食品店や一部スーパーでも売っていますが値段が高いことと品数が少ないという理由から、持って行けるものなら持って行った方が良いでしょう。
ただし、カップラーメンはどこででも売っているので持ってくる必要はありません。

タバコ

オーストラリアは世界一タバコ規制の厳しい国です。建物内では吸えないところがほとんどで、屋外でも入り口付近では吸えないなどの規制がありますから、日本ほど喫煙の自由度は高くないのです。
それでもどうしても吸いたいと場合は、日本から持って行った方が良いでしょう。
それは規制に伴って、タバコの値段が25本入りでAU$25(約2000円)と大変高くなっているからです。免税で一人50本まで持って行けることになっています。

 

まとめ

以上のリストをご覧になってお分かりになったと思いますが、必ず持って行くべきものは全体として半分くらいしかありません。

それ以外の物は、日本の生活レベルを維持したい場合に持って行った方が良いものです。

逆を言えば、「郷に入っては郷に従え」で、日本の生活から離れてオーストラリアの異文化を体験してみるのもよいかもしれません。

ただしその場合でも、健康と安全にかかわる基本的な物だけは忘れないよう持参すること、そしてオーストラリアで買うと高く付いてしまい財政的に不利になるようなものは日本から持って行くようにすることが得策だと言えるでしょう。

 

なお、オーストラリアの留学に関する全般的な情報は「オーストラリア留学完全ガイド」で詳しい内容をお伝えしています。

ぜひ、ご参考ください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シンガポール移住生活&観光&ビジネス singainfo.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

シンガポール

シンガポール

その他の記事  記事一覧

  • オーストラリア留学の大学及び職業教育専門学校について

  • オーストラリア留学の持ち物リスト徹底解説!

  • オーストラリアの大学を完全解説!

  • オーストラリア留学完全ガイド

関連記事

  • オーストラリアの大学ランキング

  • オーストラリア留学完全ガイド

  • オーストラリア語学留学ガイド 

  • オーストラリア留学に必要な費用について

  • オーストラリアの大学を完全解説!

  • オーストラリア留学の大学及び職業教育専門学校について